お題:宿命の川 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:578字

川沿いの最期
霧雨のなか、私はひとり、川沿いを歩く。ほんの少しの口笛と一緒に。うちの生徒の姿は最早ないし、出歩く人だってこの時間は少ない。だって平日の真っ昼間。こんな時間に歩く制服姿のほうがイカれてる。
「今日、午後から結果だけ取りに行きますから」
私は昨夜、そう担任のおじさんに連絡を入れておいた。返答を待つまでもなく、言うことだけ言って電話は切った。
勝手なハモりを旋律に付け加える。青春の一コマ、幼馴染との関係の変化を歌ったポップ。イヤホンのなかだけでハモる私の歌。たぶん側から聞いたらズレにズレたデタラメなメロディ。
テストの結果くらい見たいじゃない、なんて思って1週間ぶりに制服に袖を通した。久しぶりに下げた鞄が私の右肩に食い込む。左肩は既に痛くて鞄の重量に耐えさせようとも思わない。
「春はなー、紫外線やばいんよー」
呑気な声が蘇る。ハル、なんて名前の春が嫌いな不思議ちゃん。家出常習犯。変に気があうのはきっと逸れものだからなんだろう。
ああ、そういえばこんな会話したんだっけな。自転車どこやったっけ。たしか、2人してのんびり遅刻した5月の晴れた朝。無頓着な私と、神経質なまでに気を使うハル。
ま、だからなのかもしれないな。
学校抜けるのは私が先さ。じゃあね、学校。私は呟いて、校門をくぐる。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:宿命の川 制限時間:15分 読者:134 人 文字数:970字
どうしても、うまくいかない。 俺は目の前で横たわる女の死体を見てつぶやく。 この女が死んでしまうのは、もう三度目だ。 また時間を遡行しても、同じ結果が待ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:免れた別れ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:730字
ぼーっとしているせいか、よく自動ドアに挟まる。気配の薄い人間にはセンサーが反応しないのか、まず開けてもらえないことも多く、いざ開いたと思えば通り抜けるまえに閉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:打算的な道 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:139字
こうすればこうなるだろうそういう計算のもと行動してみるそんな癖が僕にあったしかしこうすればこうなるだろうそういう打算に基づいた行動は相手に見抜かれているように思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【マジ吉】 お題:僕と高給取り 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:503字
面白味のない機械音が、鼓動と同じ間隔で、パタンパタンと音を鳴らしている。高身長で口の達者な茶髪。明らかに社内規則に違反した髪色をしているくせに、業績を回復させた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名もなき星 お題:部屋とYシャツとお嬢様 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:551字
「白がいいのよ、それもとびっきりの」まるで今から歌いだしそうな声色で彼女はそう私に告げた。簡易なベッドとテーブルだけの部屋に敷き詰められたYシャツたち。何故こん 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:気高い秋 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:886字
秋になると思い出すことがある。それは、夕方の色をした川縁だったり、美味しそうにふわふわと揺れるススキの束だったり。その中でも唯一無二の記憶は、実家の縁側で寝そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
針と糸 ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:楽しかった外資系企業 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:308字
それは記憶の紡績工場。いまなお続く老舗のお店。暗い暗い暗い暗い、しかし光る絹の糸。あすこが貴方の居場所でしょうよ。解こうとしても解けないんだもの。御誂え向き。嗚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:見憶えのある耳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1332字
大学時代の田中という友人がとんでもないことになっていた。 SNS上でコンタクトを取ってきたので、気楽に「じゃあ久しぶりに会って飲もう」と言ったのが間違いだった 〈続きを読む〉

ミアの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ミア お題:宿命の川 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:578字
霧雨のなか、私はひとり、川沿いを歩く。ほんの少しの口笛と一緒に。うちの生徒の姿は最早ないし、出歩く人だってこの時間は少ない。だって平日の真っ昼間。こんな時間に 〈続きを読む〉