お題:宿命の川 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:578字

川沿いの最期
霧雨のなか、私はひとり、川沿いを歩く。ほんの少しの口笛と一緒に。うちの生徒の姿は最早ないし、出歩く人だってこの時間は少ない。だって平日の真っ昼間。こんな時間に歩く制服姿のほうがイカれてる。
「今日、午後から結果だけ取りに行きますから」
私は昨夜、そう担任のおじさんに連絡を入れておいた。返答を待つまでもなく、言うことだけ言って電話は切った。
勝手なハモりを旋律に付け加える。青春の一コマ、幼馴染との関係の変化を歌ったポップ。イヤホンのなかだけでハモる私の歌。たぶん側から聞いたらズレにズレたデタラメなメロディ。
テストの結果くらい見たいじゃない、なんて思って1週間ぶりに制服に袖を通した。久しぶりに下げた鞄が私の右肩に食い込む。左肩は既に痛くて鞄の重量に耐えさせようとも思わない。
「春はなー、紫外線やばいんよー」
呑気な声が蘇る。ハル、なんて名前の春が嫌いな不思議ちゃん。家出常習犯。変に気があうのはきっと逸れものだからなんだろう。
ああ、そういえばこんな会話したんだっけな。自転車どこやったっけ。たしか、2人してのんびり遅刻した5月の晴れた朝。無頓着な私と、神経質なまでに気を使うハル。
ま、だからなのかもしれないな。
学校抜けるのは私が先さ。じゃあね、学校。私は呟いて、校門をくぐる。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:宿命の川 制限時間:15分 読者:143 人 文字数:970字
どうしても、うまくいかない。 俺は目の前で横たわる女の死体を見てつぶやく。 この女が死んでしまうのは、もう三度目だ。 また時間を遡行しても、同じ結果が待ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:意外な熱帯魚 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:416字
タイの田舎町に、魚のお祭りっていうのがあるんですよ。居酒屋のカウンター席で、隣に座ったおやじが話しかけてきた。箸の先に、なんだかわからない魚の切れ端をつまんで、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:幼い音 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:386字
ピンと背筋が伸びるような凛とした音というのが第一印象だった。長く細く、そして美しい指が鍵盤の上で踊っている。思わずため息がこぼれる。自分とは違う……。 自分も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:楽観的な冤罪 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:646字
まさか、こんなことで。とも思ったが、これはきっとひとつのきっかけに過ぎなかったのだと思う。前々から彼女には、僕に対して思うところがあったのだ。僕にとってはとるに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:臆病なお天気雨 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:745字
山間部に住んでいた私にしたら、当たり前のことで何とも思ってなかった。「晴れなのに雨が降ってるんだね」東北なまりで私の隣を歩く転校生。太陽の下に降る雨を不思議そう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:タサオカ お題:賢い狂気 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:869字
バーサーカーと呼ばれる職種があるのを皆さんご存知だろうか?狂戦士、詠んで字のごとく狂える戦士のことである。彼らが前衛に居れば大変頼もしいだろう、敵はこちらに攻撃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:今の絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:808字
白が一番早く無くなることが多いと先生はいっていたけれど、僕の場合は黒だった。 図工の時間で一番好きなのは、自由に絵を描いていいといわれたときだ。クラスの皆は犬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の父 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:1182字
「洗濯物一緒にしないでって何度も言ってるでしょ! なんで何回言っても分からないの!?」 私がそう言うと父はいつも決まって「すまん」と言うだけで、本当に反省してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:女の弔い 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:762字
なぜ泣かないのかと問う人は、悲しみの表現方法が涙だけだと思いこんでいるのだろうか。 それをいったのは夫の親戚だった。この日が私と初対面ということは、夫の生前も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い子犬 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:903字
犬を買った。 別に高くも安くもない、普通の雑種犬だ。 私自身、これといって犬にこだわりもないので、何でもよかったのだ。ただ、半世紀以上生きてきて、父と母もなく 〈続きを読む〉

ミアの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ミア お題:宿命の川 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:578字
霧雨のなか、私はひとり、川沿いを歩く。ほんの少しの口笛と一緒に。うちの生徒の姿は最早ないし、出歩く人だってこの時間は少ない。だって平日の真っ昼間。こんな時間に 〈続きを読む〉