お題:今度の小説トレーニング 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:1575字

忘れていたこと
 正直ネタが尽きた……。
 悩んで、考えて、悩んで。思いついて。
 また悩んで、考えて。
 以降、それの繰り返しだ。もう10年だ。もう十分だろう。頑張ってきたじゃないか。
 名もそれなりに売れていた頃もあったじゃないか。
 だからもういいんじゃないか?
 僕は自問自答しながら、椅子の背もたれに身を預けた。
 ギシっ、と年期のある椅子は僕ごときの体重でもちゃんと相手してくれる。
 作家生活をはじめて10年。
 売れたのが、それから2年後。そこそこのヒットだった。
 あれから8年。鳴かず飛ばずだ。
 印税も、8年前のヒット作「泣こうぜかっちゃん」だけで持っていたようなものだ。5年以上も鳴かず飛ばずが続けば、いよいよ読者様も僕を忘れていく。
 今じゃほとんどお金は入らない。
 本を出すためには編集者の合格を貰わなければならないが、売れなくなった作家の相手なんざしている暇すらないくらいに忙しいらしい。
 この間、編集社に行ったら、僕が前日に送ったはずの原稿がまとめてゴミ箱に捨ててあった。
 深いため息をつく。
 どんなに考えても、これは売れるという自信のあるネタが思いつかない。
 どんなに書いても、今注目の作家の文章力には到底追いつく気がしない。
 どんなに頑張っても、今さら個性が輝きそうにない。
 やめようかな……。
 実家に帰って、バイトしながら農業して暮らしたほうがいいだろうか。
 頭ばかり使う仕事より、身体を使う仕事のほうが案外楽しいかもしれない。
 無力感を紛らわせたくてネットサーフィンをする。
 執筆の合間もしている。気を紛らわせる方法だ。
「ん? あなたもこれで有名作家に?」
 小説トレーニングのサイトか。
 癖でネタ探しの「小説」を検索したらトップに出てきた。
 今さらだと思ったんだが。
 僕はそのサイトに入ってみた。書いてあるのは当たり前のこと。
 やっていて当然のこと。
 基本と、応用ばかりだ。
 これでも作家デビューしているので、ある程度の文章力は問題ない。感性などのセンスは四十にもなった歳で磨けるとも思えない。
 できることは基礎ばかりだ。設定、プロットなど。
 作家になった今でもやっている。仕事だから。
 でも、作家になった今だからこそ、やっていないと売れる本はできないとわかっている。
 しなくても売れる奴がいるが、生憎その天才という奴じゃなかった。
「……」
 僕は、昔を思い出していた。
 あのときは、ただ好きで書いていた。
 売れ行きとか、ブームとか、そういうものを予め調査してから、世の中の流れに沿った本を狙うようなことはしていなかった。
 有名になりたいのは昔からで。
 読者を意識して書き始めたのは、本当にデビューを目指してからで。
 今は、もう、好きなものを書いているという感覚すらなくなっている。
 前に出した小説だって、推理もの。
 僕は、本当は日常のゆるやかな話が書きたいんだ。でも、編集者にだめだと、それでは売れないと言われて推理小説に変えた。それがまぐれヒットを出したものだから、余計に固執してしまっていた。
「これは、トレーニングだ」
 ぼそりと言ってみる。
「今からはじめるのはただの遊びだ」
 自分の書きたい場面が頭に浮かんだ。不思議と指が動く。立ち上げたメモ帳に入力する設定が止まらなくなる。
 先ほど浮かんだ鮮明な映像が泡沫になってしまう前に、少しでも文章にしようと急ぐ。
「こんなんじゃだめだ」
 僕は紙とペンを取り出した。
 紙に書いていく。
 これだ。
 この感覚だ。
 僕は、紙に絵も設定も、どんどん書き殴っていった。
 学生時代に戻ったようだった。
 それから売れるのは、数年後だけど。
「さて、今度の小説トレーニングは」
 楽しい心は忘れてない。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
凡夫A ※未完
作者:谷川えつ子 お題:めっちゃ凡人 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1622字
Aの人生を語ろうと思えば三行で終わってしまう。何の変哲もない量産団地の一角にこれまた何の変哲もない両親のもとに生まれた。そのまま幼稚園、小中高と通っている。た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
7月28日 ※未完
作者:匿名さん お題:苦し紛れの夏休み 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1052字
午前7時半。スマートホンが定刻を告げる。私は体に半ば巻き付いたタオルケットを剥がして体を起こす。すこしだけ空かした窓からは朝日が差し込み、すでに気の早いセミた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:彼方@アイコン模索中 お題:楽観的な薔薇 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:635字
その人の家の家の庭にはバラが咲いていた。その花の色は思ったよりとても血の色に似ていて、トゲは鋭く白く光っていた。お母さんが好きで手入れしているの、と彼女は教え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:彼女の平和 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:813字
世界樹の女神はかつて天秤の両端に等しく大樹を乗せ、片方だけが重くならぬよう一つずつ生き物を足した。そうして最後に人間が乗せられたが、人はたびたび女神との盟約を犯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:彼方@アイコン模索中 お題:急な感覚 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:626字
そのとき僕たちは、ただ、ゲームをしていただけだった。特定の場所を、自分の陣営の色に染め上げる、現実世界を利用したゲーム。そのイベントに、僕たちは参加していた。そ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:彼方@アイコン模索中 お題:僕と絵画 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:494字
いつの間にか、鉛筆か炭の音しか聞こえなくなった。波の入った紙に4Bを走らせて、一度深呼吸をする。相変わらず脚が安定しない丸椅子に手を置いて、一度あたりを見回す。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
後押し ※未完
作者:蒼井やまと お題:危ない借金 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:495字
言うまでもないことではあるが、借金は危険だ。 金は貨幣経済というヒエラルキーの頂点に座する、いわば顕在化した権力。ちょっと前まで俺たちの社会で物を言わせていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:彼女と誤解 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:739字
林檎は赤で、葡萄は紫。普遍的な目を持つことだけが取り柄の十七歳が、白くもないものが白く見えてしまう、そんな魔法のような錯覚を覚えたのは熱で霞む街並みから遠く離れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:春木のん お題:混沌の食卓 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:733字
少しずつ、物の区別がつかなくなっている自覚があった。 鉛筆をかじってみたり、サンダルを植木鉢に植えてみたり、ベッドの下で寝てみたり。 自分ではわかっているつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:FRIDAY@小説家になろう お題:近い昼下がり 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1782字
一日で最も気温が高くなるのは午後二時である、というのは小学校で学んだ知識だ。三つ子の魂百まで、という話ではないが、そんなちょっとしたことばかり妙に覚えている。 〈続きを読む〉

白風水雪の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:弱い芸術 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1151字
僕らの世界はすでに終わっていた。 生まれてから十年経った誕生日のときだ。両親から告げられた言葉は、この世界の終焉だった。 この世界はすでに滅びが決まっている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:最強の整形 必須要素:コミケ 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1342字
もっと可愛かったらいいのに。 鏡とにらめっこする私は、眉間に寄った皺を解す。今年のコミケはどうしようかと、本気で悩んでいた。 去年、意を決して望んだコミケだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:安いアレ 必須要素:一発ギャグ 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1123字
「ねえ、あれってなんだっけ。ほら、こんなときに便利なやつなんだけどさ」「どんなときだよ」 珍しく二人で帰っている放課後の帰宅路。 僕の隣で歩いているのは、小学校 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:生きているにおい 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:984字
いやあっほい。 楽しくなってまいりましたあ! さて今、私は何をしているのでしょ。 ヒント。 ひとつ、人を探しています。 ひとつ、面倒なので片っ端から知り合いを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:ラストはオチ 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:947字
さあて、張り切っていこうか。 誰に送るわけでもなく、自分を鼓舞した。 眼前には億単位の敵影。こっちは両手にデザートイーグル二丁とサブマガジンが二本だけ。 詰ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
大好きです。 ※未完
作者:白風水雪 お題:栄光の恋愛 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1221字
世界なんてどうでもいい。 そう思っていた時期が自分にもありました。若かった? 違います。それほど大切なものがありませんでした。 今は違います。 世界をどうにか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:近い理由 必須要素:ペロペロ 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:3474字 評価:0人
あいつと俺は、なんとなくだが似ている気がする。† ぼんやり見つめてしまい、やがて俺は当初の目的を思い出して歩き出していた。あいつは今日も自主トレだ。神社の木に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:愛、それは痛み 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1196字
どうしても欲しいものがあった。 けれど、手に入ることが無いと知ったのはいつのことだったか。 気づけば私は一端の大人になっていて、世間との折り合いをつけていく中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:ナウい小説訓練 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1129字
今時の流行とは一体何だろうかと、こんなことで頭を悩ませる自分があほらしいうえに悔しい。 そもそもこんなことになったのは、小説の練習で何か飛躍的に技術の向上でき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:10のジジィ 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1110字
もう戦争が終わって半世紀が経っている。 新聞やテレビでは終戦の日に戦争の残酷さ、無意味さを報じていた。 ここは戦争の終わった、負けた国。 残ったのは国の名と、 〈続きを読む〉