お題:今度の小説トレーニング 制限時間:30分 読者:99 人 文字数:1575字

忘れていたこと
 正直ネタが尽きた……。
 悩んで、考えて、悩んで。思いついて。
 また悩んで、考えて。
 以降、それの繰り返しだ。もう10年だ。もう十分だろう。頑張ってきたじゃないか。
 名もそれなりに売れていた頃もあったじゃないか。
 だからもういいんじゃないか?
 僕は自問自答しながら、椅子の背もたれに身を預けた。
 ギシっ、と年期のある椅子は僕ごときの体重でもちゃんと相手してくれる。
 作家生活をはじめて10年。
 売れたのが、それから2年後。そこそこのヒットだった。
 あれから8年。鳴かず飛ばずだ。
 印税も、8年前のヒット作「泣こうぜかっちゃん」だけで持っていたようなものだ。5年以上も鳴かず飛ばずが続けば、いよいよ読者様も僕を忘れていく。
 今じゃほとんどお金は入らない。
 本を出すためには編集者の合格を貰わなければならないが、売れなくなった作家の相手なんざしている暇すらないくらいに忙しいらしい。
 この間、編集社に行ったら、僕が前日に送ったはずの原稿がまとめてゴミ箱に捨ててあった。
 深いため息をつく。
 どんなに考えても、これは売れるという自信のあるネタが思いつかない。
 どんなに書いても、今注目の作家の文章力には到底追いつく気がしない。
 どんなに頑張っても、今さら個性が輝きそうにない。
 やめようかな……。
 実家に帰って、バイトしながら農業して暮らしたほうがいいだろうか。
 頭ばかり使う仕事より、身体を使う仕事のほうが案外楽しいかもしれない。
 無力感を紛らわせたくてネットサーフィンをする。
 執筆の合間もしている。気を紛らわせる方法だ。
「ん? あなたもこれで有名作家に?」
 小説トレーニングのサイトか。
 癖でネタ探しの「小説」を検索したらトップに出てきた。
 今さらだと思ったんだが。
 僕はそのサイトに入ってみた。書いてあるのは当たり前のこと。
 やっていて当然のこと。
 基本と、応用ばかりだ。
 これでも作家デビューしているので、ある程度の文章力は問題ない。感性などのセンスは四十にもなった歳で磨けるとも思えない。
 できることは基礎ばかりだ。設定、プロットなど。
 作家になった今でもやっている。仕事だから。
 でも、作家になった今だからこそ、やっていないと売れる本はできないとわかっている。
 しなくても売れる奴がいるが、生憎その天才という奴じゃなかった。
「……」
 僕は、昔を思い出していた。
 あのときは、ただ好きで書いていた。
 売れ行きとか、ブームとか、そういうものを予め調査してから、世の中の流れに沿った本を狙うようなことはしていなかった。
 有名になりたいのは昔からで。
 読者を意識して書き始めたのは、本当にデビューを目指してからで。
 今は、もう、好きなものを書いているという感覚すらなくなっている。
 前に出した小説だって、推理もの。
 僕は、本当は日常のゆるやかな話が書きたいんだ。でも、編集者にだめだと、それでは売れないと言われて推理小説に変えた。それがまぐれヒットを出したものだから、余計に固執してしまっていた。
「これは、トレーニングだ」
 ぼそりと言ってみる。
「今からはじめるのはただの遊びだ」
 自分の書きたい場面が頭に浮かんだ。不思議と指が動く。立ち上げたメモ帳に入力する設定が止まらなくなる。
 先ほど浮かんだ鮮明な映像が泡沫になってしまう前に、少しでも文章にしようと急ぐ。
「こんなんじゃだめだ」
 僕は紙とペンを取り出した。
 紙に書いていく。
 これだ。
 この感覚だ。
 僕は、紙に絵も設定も、どんどん書き殴っていった。
 学生時代に戻ったようだった。
 それから売れるのは、数年後だけど。
「さて、今度の小説トレーニングは」
 楽しい心は忘れてない。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:もろはし お題:失敗の失敗 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1400字
今日は私の一生涯を掛けた研究の成果が表れる日だ。幼少期にホーキング博士に憧れて以来、私はブラックホールという存在に夢中になった。それから貪るように物理学の勉強を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失敗の失敗 ※未完
作者:㍿たもりん お題:失敗の失敗 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:996字
中学1年の数学で負の数を習った。マイナスとマイナスを掛けるとプラスになるというのは、当時は直感的に理解できずなかなか馴染めなかった。自分1人の喫煙室に誰か入って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日の交わり 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1715字
深夜2時の交差点のそば、電柱にもたれかかりながらぼんやりと見える星を眺める。郊外の住宅地は、すっかり寝静まり、通りかかる車もない。タクシー代にはこころもとない財 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
友達 ※未完
作者:おっすぃー お題:初めての血 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:503字
彼は優秀な捜査官であった。名はエヴァンス。外宇宙侵略生命体対策室に所属する者、もしくはそれに関連する部署の者で、彼を知らない者はいないだろう。対策室の決して浅く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:600字
「おれ、実は青なんだ。」 神妙な面持ちで彼が言うと、みんながどっと笑った。彼を囲んでいる友人の、お前の血はなに色だーっ!という問いかけへの答えであった。血は赤い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:661字
「とりあえず、小鉄はメスだったと。悪かったな、勝手にオスだと思って小鉄にしてしまった。なんなら、今、変える? 鉄子……」「今の名前で充分だわ」「今の名前がわかり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:右の弁護士 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:2289字
色々あって、妻と離婚することにした。子供の親権や養育費、慰謝料などの相談をするため、僕はそこそこ名のある法律事務所へと足を運んだ。「なるほど」ベテランと思しき弁 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すずめ お題:右の弁護士 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:666字
「私だったら右の弁護士かな」「えーっ、趣味わるぅ」うるせぇよ、と思う。聞かれたから答えたのに趣味が悪いとは何事か、お前がいいって言ったやつの方がよっぽど趣味悪い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:右の弁護士 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1086字
部屋のなかに悲鳴に満ちた言葉が響く。「ああ、くそったれ!」そう叫んだのは弁護士の男だった。「どうしたんです先生?」私は怪訝そうに言葉を発した。「あとちょっとだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さはらさと@鍵開けた お題:捨てられた娘 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:1519字
拾われた時子供は十二歳だった。天の教会の道端に捨てられていたのだ。天の教会は空へ続く虹の麓にある至高の教会だった。世界すべての教会を統べる大いなる教会、それが 〈続きを読む〉

白風水雪の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:忘れたい火事 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:986字
あれがあったからなんて、自分の不幸を語りたくない。 酔いしれて、役者まがいの台詞を吐いて、不運を歌いたくない。 僕は、あのとき愕然と立ち尽くすしかなかった。目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:記憶の性格 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:929字
「はいっ。たった今から始まりました。エミちゃんクイズ~。ほらほら喜べー」「わけわからんうえに五月蠅いし」「わからないのは当然だよ。まだ問題出してないもん。まだ出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:苦し紛れの駄洒落 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:1145字
可愛い女の子とお付き合いしたい。 男子の誰もが一度は思うことだろう。当然、俺もそれに該当しているわけで。「なにか良い案がないか」 クラスの一番人気の女子、早苗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:かっこいい悪魔 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:975字
さてさて、何か面白いことはないだろうか。 人を楽しませ笑わせたい。そんな日だ。 ああ、自己紹介が遅れたね。私は、人間が通称で「悪魔」と呼ぶ存在だ。詳細は、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:消えた軽犯罪 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:1811字
仲の良い男子二人が、昼の休み時間で騒がしくなる教室の傍らで他愛のない会話をしていた。 とはいっても、互いに気心知れた仲で、学校のある日は必ず顔を合わせていて、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:魅惑の吐息 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:1055字
モテたいと思うのは、別に男子に限った話ではない。 私だって、男どもにはちやほやされたい。可愛い、と言われたい。女の子に生まれたのだから。 だからそのための努力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:来年の「えいっ!」 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:1070字
新年早々にいろいろ大変だったような気も。 両親との初詣。私は最寄りの神社まで来ていた。小さいながらに地元民で賑わい、新年早々ちょっとしたお祭り状態だった。 い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:鈍い空想 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:1164字
僕はいったい何になりたかったのかな……。 そう溢して見上げた空は鉛色。 いつまでも僕の求める青が見れないのは、今の僕の心境そのもので。なんだか少し、哀しかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:過去の体験 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:1229字
はっとして、起きた。 夢だったとしばらくして気づく。時計をみて、深夜だと知り、項垂れた。 最悪だ。明日は早出の当番だっていうのに。このままだと、眠気に負けて明 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:弱い芸術 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:1151字
僕らの世界はすでに終わっていた。 生まれてから十年経った誕生日のときだ。両親から告げられた言葉は、この世界の終焉だった。 この世界はすでに滅びが決まっている。 〈続きを読む〉