お題:天国の闇 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:450字

てんごく
 雨の降る帰り道だった。わかりやすいぐらいにセンチメンタルな空だった。
 喪服姿の女性が傘を差し、娘と思しき少女を連れて歩いているのとすれ違った。年端も行かない少女は、ただ疲れたという様子で母の手を握ってはブランコのように振り遊んでいる。
「ねえ、おばあちゃんどこいったの?」すれ違いざまに少女の言葉が耳に入った。一体この母親はどう答えるのか。私は会話が聞こえるよう、歩調を緩めた。
「おばあちゃんはね、天国に行ったの」母らしき人物はそう答えた。
 果たして、少女はこの答えで納得しただろうか。少女が「んー」と唸っているのを後ろ手にしながら、私は元の速さで歩き始めた。好奇心ゆえ、本当は二人の会話をもう少し聞いていたい気持ちになったが、流石に後をつけるわけにもいかない。
 死ねば天国に行くというのは、大人からすれば子供だましとも聞こえてしまうような話だが、果たしてあの少女は天国の存在を信じることが出来たのだろうか。
「でもミウは、おばあちゃんとちがうてんごくにいきたいな!」私は思わず振り返った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:免れた別れ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:730字
ぼーっとしているせいか、よく自動ドアに挟まる。気配の薄い人間にはセンサーが反応しないのか、まず開けてもらえないことも多く、いざ開いたと思えば通り抜けるまえに閉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:打算的な道 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:139字
こうすればこうなるだろうそういう計算のもと行動してみるそんな癖が僕にあったしかしこうすればこうなるだろうそういう打算に基づいた行動は相手に見抜かれているように思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【マジ吉】 お題:僕と高給取り 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:503字
面白味のない機械音が、鼓動と同じ間隔で、パタンパタンと音を鳴らしている。高身長で口の達者な茶髪。明らかに社内規則に違反した髪色をしているくせに、業績を回復させた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名もなき星 お題:部屋とYシャツとお嬢様 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:551字
「白がいいのよ、それもとびっきりの」まるで今から歌いだしそうな声色で彼女はそう私に告げた。簡易なベッドとテーブルだけの部屋に敷き詰められたYシャツたち。何故こん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:気高い秋 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:886字
秋になると思い出すことがある。それは、夕方の色をした川縁だったり、美味しそうにふわふわと揺れるススキの束だったり。その中でも唯一無二の記憶は、実家の縁側で寝そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
針と糸 ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:楽しかった外資系企業 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:308字
それは記憶の紡績工場。いまなお続く老舗のお店。暗い暗い暗い暗い、しかし光る絹の糸。あすこが貴方の居場所でしょうよ。解こうとしても解けないんだもの。御誂え向き。嗚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:見憶えのある耳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1332字
大学時代の田中という友人がとんでもないことになっていた。 SNS上でコンタクトを取ってきたので、気楽に「じゃあ久しぶりに会って飲もう」と言ったのが間違いだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの彼氏 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:137字
昴はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」昴は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて昴はほっ 〈続きを読む〉

臆病監督の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:天国の闇 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:450字
雨の降る帰り道だった。わかりやすいぐらいにセンチメンタルな空だった。 喪服姿の女性が傘を差し、娘と思しき少女を連れて歩いているのとすれ違った。年端も行かない少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:神の裏切り 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:761字
これは僕が高校二年生の時の話なんだけど……まあちょっと聞いて欲しい。 僕のいた学校は普通校で、頭が良いわけでもなければ、特に荒れているわけでもなかった。だから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:殺された狂気 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:897字
私の兄はバンドを組んでいました。 少しだけ私の話をします。少しだけというのは、少ししか話す内容がないからです。 私は平凡な人間です。高校生三年生で、両親と、七 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:男同士の音 制限時間:15分 読者:145 人 文字数:629字
私は男性成人向けの映像作品(通称:エロ動画)を見ることを趣味としている者である。 酒の席などで「男しかいないから」とついその事について溢してしまうと、男なら皆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:2つの秀才 必須要素:正月 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:486字
秀才というのは天才とは違う。どこが違うかについていえば、秀才は後天的なもの、天才は先天的なものである。もちろん、秀才になるためにもある程度の素質は問われるかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:オチはロボット 制限時間:15分 読者:173 人 文字数:845字
「聞いてくれよ」 足で回転椅子を蹴り、デスクから180度回転する。昼休みではないが、これぐらいの雑談は許されてしかるべきだろう。いい加減、二・五次元のコードを書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:美しい第三極 必須要素:外国語・外来語禁止 制限時間:15分 読者:192 人 文字数:867字
日本が一八五八年に鎖国を解いてから何年経つだろうか。 歴史は繰り返すというが、私のいる『日本』は再び鎖国を敷いている。 しかし、歴史が繰り返すには少し早過ぎる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:鈍い喪失 制限時間:15分 読者:195 人 文字数:560字
私はヘッドホンを外した。 多くの人間が『いま』を失う。 大切なものを壊してしまって、二度と元通りにならない――とか。 恋人と別れてしまって、二度と会えない―― 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:宿命の喜び 制限時間:15分 読者:231 人 文字数:1738字
「こう、電動歯ブラシがあったと」 僕は壇上でとうとうと語る。「それを、こう、掴んで、こう?」 僕は学生たちに問いかける。 しかしそれは残念ながら学生たちの心には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:安い孤独 制限時間:15分 読者:279 人 文字数:803字
22世紀を境目にして起きた圧倒的な人口爆発。前世紀ですら地球に人間が溢れているといわれていたのに、現在起きているのは限界を超えた超過密状態。地上には隙間なく住 〈続きを読む〉