お題:神の裏切り 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:761字

さすがに聖書ではないと思うんだけど
 これは僕が高校二年生の時の話なんだけど……まあちょっと聞いて欲しい。
 僕のいた学校は普通校で、頭が良いわけでもなければ、特に荒れているわけでもなかった。だから同期にも飛び抜けた奴がそういなくって……一言で言ってしまえばつまらない奴が多かった。残念ながら僕だってその例外じゃなくって……何事においても『中の中』みたいな人間だった。まあ、僕の話は置いといて……そういう学校に限って、自分を変わったように見せようっていう人間が出てきてしまう。根が普通なのに、無理に出る杭を演じるのは見ていてとても痛々しかった。ファッションと称して無駄に制服を着崩すかっこ付けや……いやそういうのはまだマシとも言える。一番痛々しかったのは中二病の奴かな……。二年と三年の時クラスが一緒だったんだけど……確か長澤だったか……中嶋だったか…………え? 全然違うって? いや、仲良くしていたわけでもなかったからさ、名前もうろ覚えなんだよね。ただ、その奇行が一つだけ記憶に残っていて……。普段から哲学者が書いた本の訳書を休み時間に開いているようなやつだったんだけど……あれはバレンタインデーの日だったなあ。これまた一段と分厚い本を広げていたんだよね。誰が書いた本かは覚えてないなあ。とにかく、本人はそれが知的に見えると思ってて、バレンタインにできる精一杯のカッコつけだったんだろうね。休み時間のたびにその本を開いているのを周囲の男子は陰で笑っていたけどね……。で、本人としてはそのアピールを以ってバレンタインにチョコをもらうつもりだったんだろうけど……結局下校まで、チョコはおろか彼に話しかける人間すらいなかった。そしたら、放課後に……急に「神は死んだ!」と言って立ち上がり、カバンを荒々しく取って帰って行ったんだよね……。あれは面白かったなあ……。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒尽くめの罪人 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:221字
僕は闇夜に乗じて動く。闇に埋もれるように上から下まで全部黒。コーディネートとか買う服の選択にも困らない。すべて黒だからだ。 どうせ暗いんだから色なんてどうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:うわ・・・私の年収、故郷 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1022字
開拓時代とは、基本的にどの年代においてもおおらかな時代である。なんといっても、結果さえ出せばだれもが一夜にして億万長者になれる時代、あるいは終の棲家と安定した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:うへへ、女祭り! 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:755字
池の傍に座り込んで餌をやっていれば誰でも人気者の気分が味わえる。水面から口を出してぱくぱくせっついてくる鯉は、我先にとほかを押しのけんばかりの勢いである。 雑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デコ弁当 ※未完
作者:雷藤和太郎 お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:867字
「あ、ありがとう」 周りのクラスメイトがざわついたのも無理はない。俺の目の前には学年でもかなり目立つギャルが立っていて、その手にはクロスに包まれた弁当が提げられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ロケット お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:818字
前山丹波駅の東口を出て正面、ホテルニュータンバ沿いの通りを歩いて2つ目の信号を右に。少し狭い路地を進んだところのコンビニエンスストア隣に、そこはある。 気を付 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:833字
勇者、山田花子は暴虐者としても知られていた。魔物たちは山田花子によって見るも無残な目にあい、成敗されていた。その世界の悪は山田花子の名を聞けば即座に震え上がり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1134字
ドラッグパーティで、コカイン粉末の後にヘロインタバコを吸った僕は、ジミ・ヘンドリクスが舞台の上でギターを使ってファイア・パーティした時に会場を盛り上げたファイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:ゆるふわな善 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1261字
一日一善をしなさい。 少女は毎日のように小さなとても見えない気遣いをし続けた。 誰かが忘れた落とし物を交番や、落とし物入れにいれたり、消し忘れの黒板を消してあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:少年の恋人 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1003字
あの日の少年は今はどこにいるのだろう。私はふと、そんなことを思った。これは私が中学生だった頃の話だ。隣の空き家に1組の家族が引っ越してきた。そこには、子供が1人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少年の恋人 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:900字
「やぁ、今日も来てくれたね」 ベッドに横たわる少年の儚げな笑顔は風が吹けば飛びそうな程に軽くて。 その奥底にある苦痛が透けて見えそうなくらいだった。「最近はそこ 〈続きを読む〉

臆病監督の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:天国の闇 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:450字
雨の降る帰り道だった。わかりやすいぐらいにセンチメンタルな空だった。 喪服姿の女性が傘を差し、娘と思しき少女を連れて歩いているのとすれ違った。年端も行かない少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:神の裏切り 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:761字
これは僕が高校二年生の時の話なんだけど……まあちょっと聞いて欲しい。 僕のいた学校は普通校で、頭が良いわけでもなければ、特に荒れているわけでもなかった。だから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:殺された狂気 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:897字
私の兄はバンドを組んでいました。 少しだけ私の話をします。少しだけというのは、少ししか話す内容がないからです。 私は平凡な人間です。高校生三年生で、両親と、七 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:男同士の音 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:629字
私は男性成人向けの映像作品(通称:エロ動画)を見ることを趣味としている者である。 酒の席などで「男しかいないから」とついその事について溢してしまうと、男なら皆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:2つの秀才 必須要素:正月 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:486字
秀才というのは天才とは違う。どこが違うかについていえば、秀才は後天的なもの、天才は先天的なものである。もちろん、秀才になるためにもある程度の素質は問われるかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:オチはロボット 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:845字
「聞いてくれよ」 足で回転椅子を蹴り、デスクから180度回転する。昼休みではないが、これぐらいの雑談は許されてしかるべきだろう。いい加減、二・五次元のコードを書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:美しい第三極 必須要素:外国語・外来語禁止 制限時間:15分 読者:149 人 文字数:867字
日本が一八五八年に鎖国を解いてから何年経つだろうか。 歴史は繰り返すというが、私のいる『日本』は再び鎖国を敷いている。 しかし、歴史が繰り返すには少し早過ぎる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:鈍い喪失 制限時間:15分 読者:162 人 文字数:560字
私はヘッドホンを外した。 多くの人間が『いま』を失う。 大切なものを壊してしまって、二度と元通りにならない――とか。 恋人と別れてしまって、二度と会えない―― 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:宿命の喜び 制限時間:15分 読者:196 人 文字数:1738字
「こう、電動歯ブラシがあったと」 僕は壇上でとうとうと語る。「それを、こう、掴んで、こう?」 僕は学生たちに問いかける。 しかしそれは残念ながら学生たちの心には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:安い孤独 制限時間:15分 読者:227 人 文字数:803字
22世紀を境目にして起きた圧倒的な人口爆発。前世紀ですら地球に人間が溢れているといわれていたのに、現在起きているのは限界を超えた超過密状態。地上には隙間なく住 〈続きを読む〉