お題:簡単な小説家たち 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:1049字

名称なんていらないよ
個人的な話で、しかも「中二病かよ」と思われるような話で恐縮ではあるのだが、

私は、小説家という名称が好きではない。で、勘違いしないでほしいので、すぐに書くけどそれは自分をそれにあてはめた場合ということである。他人が小説家を名乗っていようが、それはどうでもいい。

私は私自身を小説家という風に呼称するのが、そのように考えるのが好きではないということである。

というわけで私は小説家ではない。私が自分を小説家ではないといっているのだから、小説家であるはずがない。小説家になろうというサイトを利用して、そこにも幾分か何かをアップしているが、小説家になろうというサイトは、

ここにアップしたら小説家です。

と決定しているわけではない。その部分は任意であるはずである。国民の三大義務に、投票の義務がないような話である。小説家かもしかしたら小説家ではないかもしれない。ということであるはずである。

その点、私ははっきりしている。私は小説家ではない。小説家になろうに投稿はしているが、小説家ではない。

ちなみに好きではない理由を上げるのは避ける。その理由はまったくチープで、粗末なものだ。人殺した後にどうして殺したか?その理由を述べるようなものだ。嫌なものは嫌。それだけで十分だと思う。

で、

そんなことをこないだつい、こちらの即興小説のバトル終わり、ラウンジで書いてしまった。

和椅子地下:私は小説家ではないです。そう言われると恥ずかしいし、嫌なんです。

と書いてしまった。

要らない補足だろうけど、バトルというのは土曜日の夜十時に開かれるあれである。夜十時、実家の父親だったらとっくに寝ている時間である。深夜という認識の人もいるかもしれない。十時に始まって最速で終わるのは十一時、十時五十五分頃に始めたらほぼ日付が変わる間近に終わる。

そんな状態の時、つまり深夜のあっぱっぱーなテンションの状態の時に書いてしまった。逆に言えばそういう時間だから書いたともいえる。

ただ一つはっきりしているのは、そんな状態の時、そんなことを書くのは愚である。

頭が悪いですと言っているようなものである。

私は後悔した。

「死にたい!」

ってストレートに思った。好きです!ってストレートに告白するくらいストレートに思った。

が、

次の日、そのような意見に同調する方がいた。

「私も嫌いです」

「私もです」

みたいな感じで。

それで少しほっとした。

嘘。

すごいほっとした。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:クズ お題:簡単な小説家たち 制限時間:15分 読者:223 人 文字数:651字
何処でもない地面をずうっと俯いたままで歩き続ける。灰色で、暗くて、霜柱が所々あって、乾燥している地面を歩き続ける。先は見えなかった。何処から歩いているのかも覚え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:官能的な武器 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:401字
「君はとても強力な武器を持っているが、すべてを受け入れる覚悟がない」官能的な魅力をもって彼を征服しようなんて、これっぽっちも思ってはいなかったが、彼女はただ頷い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:小説の痛み 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1125字
「その小説は『自己満足』のために書いているの?それとも『承認欲求』のために書いているの?」 清美が真面目な顔で僕に質問してきた。 総合ショッピングモールの一角、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:許せない血 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:265字
わたしが足を踏み入れることができない明るい太陽のもとで、裸足で走り回ることができる娘。わたしと目を合わせたときに、何か理解できぬものを見たような、怯えたような、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:愛、それは愛 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:842字
丸めて捨てた紙が、音を立てて風に滑った。薄っぺらな紙に緑の薄い線で「離婚届」と印されている。ため息をついた。結婚していないのに離婚届とはこれいかに、と思いソファ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:愛、それは愛 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:369字
たいそう大事にされ、可愛がられてきた子どもだったから、自然に人を鍾愛することができるのだろう。愛を育むには一定の時間を要するが、その子は誰にでもなつき、無条件に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:燃える検察官 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:146字
燃えていた。朽ちていた。欠け落ちています昔から。裁判官が、静粛に・静粛に。声を震わせ「静粛に!」。燃える検察官のとなりで、弁護士がわなわなと口を溶かしています。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:燃える検察官 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:994字
ねぇ、私は誰かの役に立ったのだろうか。 守れる人は守れず、人に間違ってると言われ続け、誤解は解けないまま。 いっそのこと死んでしまったほうがいいのだろうか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨雪 お題:楽観的な愛 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:528字
『きみの中にある残り幾何かのささやかな良心に問いかけよう』頭の奥深く。焼けるような体表面上の痛みを無視して、強烈に響く声。神経の遮断は上手くいかずに、ただただ苦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いよや お題:恐ろしい鳥 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:828字
「わ!インコ飼ってるの?可愛いー!」「俺が一人暮らし始めて、すぐに寂しくなって買ったんだよね」「いいなー。可愛い。喋るの?」「うーん、全然なんだよそれが。恐ろし 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:俺の秋 必須要素:自殺エンド 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1028字
気持ちが落ち込んでいたりすると、自殺エンドとかも書いて大丈夫なんじゃないかと思うんだけども、たまたま本日はそんな感じでもなく、また即興さんを始めたばかりの頃だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:セクシーなぬめぬめ 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1234字
バレンタインデーもつつがなく終わり、世間はもうひな祭りの準備を始めている。スーパーなどにも、バレンタインのチョコは無くなり、その代わりにひなあられなどが並んでい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:メジャーな愛 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:912字
婚約すると婚約指輪が必要で、結婚すると結婚指輪が必要らしい。「なんですかそれは!?」そういった方面のことに全く無関心だったために、かなり驚いた。言ってみりゃ短期 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:騙された海 必須要素:まいたけ 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1026字
「寒いし鍋をたべよう」そう思って、買い物に出かけた。一口に鍋と言っても様々な鍋の様式がある。ほら、キムチ鍋とかちゃんこ鍋とか、チーズ鍋とかトマト鍋とかカレー鍋と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:苦し紛れの映画 必須要素:悲劇 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:1739字
動揺とかしてしまう自分が嫌いである。「あああー、ももももおもも」ってなるからだ。とはいえ、人間生きていれば動揺くらいするのかもしれない。むしろ動揺しないなんてお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:昨日の汁 必須要素:チョイ役 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:892字
昨日、家にある一番大きな鍋で豚汁を作成した。「寒いし、ショウガとかたくさん入ったトン汁的なものが食べたい」と、思いついたのだけど、でもそれから一二時間グダグダし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:打算的な宗教 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:875字
冬という時期的な問題なのか、あるいはお布団という物理的な問題なのか、もしくはは精神の病なのか自律神経失調症なのか、もしかして全部なのかわからないが、とにかく最近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:優秀な俺 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:935字
お弁当とかのおかずとおかずの間に入っている、両者が交じり合わない様にしている草みたいなのがある。あれがバランだ。俺が即興小説を始めたばかりのころ、このバランって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:不本意な善 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:831字
大宮ルミネの帰り道、サイゼでペペロンチーノとかメロンソーダを飲食してから、家路につくと、その道すがら、「きゃあー」っていう声が聞こえてきた。それが一本道を入った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:日本式の軽犯罪 必須要素:どんでん返し 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:827字
二週連続で、即興バトルを寝過ごしてしまった。「ああん!」起きた時速攻で言語機能も破壊されてしまった。携帯の画面の時計を見た時、私はそういった。ああんって言った。 〈続きを読む〉