お題:簡単な小説家たち 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1049字

名称なんていらないよ
個人的な話で、しかも「中二病かよ」と思われるような話で恐縮ではあるのだが、

私は、小説家という名称が好きではない。で、勘違いしないでほしいので、すぐに書くけどそれは自分をそれにあてはめた場合ということである。他人が小説家を名乗っていようが、それはどうでもいい。

私は私自身を小説家という風に呼称するのが、そのように考えるのが好きではないということである。

というわけで私は小説家ではない。私が自分を小説家ではないといっているのだから、小説家であるはずがない。小説家になろうというサイトを利用して、そこにも幾分か何かをアップしているが、小説家になろうというサイトは、

ここにアップしたら小説家です。

と決定しているわけではない。その部分は任意であるはずである。国民の三大義務に、投票の義務がないような話である。小説家かもしかしたら小説家ではないかもしれない。ということであるはずである。

その点、私ははっきりしている。私は小説家ではない。小説家になろうに投稿はしているが、小説家ではない。

ちなみに好きではない理由を上げるのは避ける。その理由はまったくチープで、粗末なものだ。人殺した後にどうして殺したか?その理由を述べるようなものだ。嫌なものは嫌。それだけで十分だと思う。

で、

そんなことをこないだつい、こちらの即興小説のバトル終わり、ラウンジで書いてしまった。

和椅子地下:私は小説家ではないです。そう言われると恥ずかしいし、嫌なんです。

と書いてしまった。

要らない補足だろうけど、バトルというのは土曜日の夜十時に開かれるあれである。夜十時、実家の父親だったらとっくに寝ている時間である。深夜という認識の人もいるかもしれない。十時に始まって最速で終わるのは十一時、十時五十五分頃に始めたらほぼ日付が変わる間近に終わる。

そんな状態の時、つまり深夜のあっぱっぱーなテンションの状態の時に書いてしまった。逆に言えばそういう時間だから書いたともいえる。

ただ一つはっきりしているのは、そんな状態の時、そんなことを書くのは愚である。

頭が悪いですと言っているようなものである。

私は後悔した。

「死にたい!」

ってストレートに思った。好きです!ってストレートに告白するくらいストレートに思った。

が、

次の日、そのような意見に同調する方がいた。

「私も嫌いです」

「私もです」

みたいな感じで。

それで少しほっとした。

嘘。

すごいほっとした。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:クズ お題:簡単な小説家たち 制限時間:15分 読者:241 人 文字数:651字
何処でもない地面をずうっと俯いたままで歩き続ける。灰色で、暗くて、霜柱が所々あって、乾燥している地面を歩き続ける。先は見えなかった。何処から歩いているのかも覚え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:免れた別れ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:730字
ぼーっとしているせいか、よく自動ドアに挟まる。気配の薄い人間にはセンサーが反応しないのか、まず開けてもらえないことも多く、いざ開いたと思えば通り抜けるまえに閉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:打算的な道 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:139字
こうすればこうなるだろうそういう計算のもと行動してみるそんな癖が僕にあったしかしこうすればこうなるだろうそういう打算に基づいた行動は相手に見抜かれているように思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【マジ吉】 お題:僕と高給取り 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:503字
面白味のない機械音が、鼓動と同じ間隔で、パタンパタンと音を鳴らしている。高身長で口の達者な茶髪。明らかに社内規則に違反した髪色をしているくせに、業績を回復させた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名もなき星 お題:部屋とYシャツとお嬢様 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:551字
「白がいいのよ、それもとびっきりの」まるで今から歌いだしそうな声色で彼女はそう私に告げた。簡易なベッドとテーブルだけの部屋に敷き詰められたYシャツたち。何故こん 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:気高い秋 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:886字
秋になると思い出すことがある。それは、夕方の色をした川縁だったり、美味しそうにふわふわと揺れるススキの束だったり。その中でも唯一無二の記憶は、実家の縁側で寝そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
針と糸 ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:楽しかった外資系企業 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:308字
それは記憶の紡績工場。いまなお続く老舗のお店。暗い暗い暗い暗い、しかし光る絹の糸。あすこが貴方の居場所でしょうよ。解こうとしても解けないんだもの。御誂え向き。嗚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:見憶えのある耳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1332字
大学時代の田中という友人がとんでもないことになっていた。 SNS上でコンタクトを取ってきたので、気楽に「じゃあ久しぶりに会って飲もう」と言ったのが間違いだった 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:茶色い銀行 必須要素:阿部寛 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1045字
阿部寛さんのCMの銀行だと思ったら、違った。よく見ると違った。知り合いに、「銀行だったら三菱東京UFJがいいよ」って言われた。正直疑問ではあった。私は、え?いい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ドイツ式の伝説 必須要素: 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:893字
「急にドイツ式とか言われても・・・」困る。とても困るという話だ。もしもこれが即興さんの一発目、しょっぱな。最初にチャレンジした際に出てきたら嫌になってもう2度と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:緑の冥界 必須要素:どんでん返し 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:999字
緑内障っていう病気がどういうものかは知らないが、とにかく眼のなんか病気であるのは知っている。んで、字面だけを見ると、緑がインするって書くので、おそらく視界が緑に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:素晴らしい雑踏 必須要素:靴紐 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:994字
普段、決まった道しか歩かない。理由は、それが一番楽だからだ。しかし将来的に狙撃、スナイピングされるような存在になったとき、それではいけないと思う。私がスナイピン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:楽しかった芸術 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:995字
先週の美術の授業で、美術担当教師が、「来週は、各々好きなものを一つ持ってきてください。それをデッサンします」と言った。その一週間はとても苦悶した。好きなものって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:有名な昼 必須要素:唾液 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:3131字 評価:0人
ふと、本当にふと、思ったことだからあんまり食いつかれても困るんだけども、この世の中には、「月に代わってお仕置きよ」っていう人達がいる。いるでしょ?知り合いの奥さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:天国のオチ 必須要素:カレー 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:998字
家庭の味、カレーライス。もっと言えば母の味といっても差し支えない。と、個人的には思っている。カレー。実家にいたころは毎週日曜日食べていたし、それはつまり略したら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:すごい春雨 必須要素:一発ギャグ 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1060字
西友が5%オフを開催したので、行くことにした。セゾンカードも持っているし、こいつはお酒が飲めるぜしめしめって思った。ちなみに、私の地元県には西友が無いそうなので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:誰かとあの人 必須要素:ギャグ 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:864字
家に帰ると、誰かいた。玄関の三和土に見慣れない靴が置いてあって、一回音がしない様に静かにドアを閉めて、近くのファミマに避難した。無言で非難した。走らずに非難した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:めっちゃ春 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1015字
丸氷一個だけだった時は、特になんとも思わなかったんだけども、最近、なんか、その、ものすごく心がぴょんぴょんする。あ、冷蔵庫の話だ。新しく買った冷蔵庫の冷凍庫の製 〈続きを読む〉