お題:簡単な小説家たち 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:1049字

名称なんていらないよ
個人的な話で、しかも「中二病かよ」と思われるような話で恐縮ではあるのだが、

私は、小説家という名称が好きではない。で、勘違いしないでほしいので、すぐに書くけどそれは自分をそれにあてはめた場合ということである。他人が小説家を名乗っていようが、それはどうでもいい。

私は私自身を小説家という風に呼称するのが、そのように考えるのが好きではないということである。

というわけで私は小説家ではない。私が自分を小説家ではないといっているのだから、小説家であるはずがない。小説家になろうというサイトを利用して、そこにも幾分か何かをアップしているが、小説家になろうというサイトは、

ここにアップしたら小説家です。

と決定しているわけではない。その部分は任意であるはずである。国民の三大義務に、投票の義務がないような話である。小説家かもしかしたら小説家ではないかもしれない。ということであるはずである。

その点、私ははっきりしている。私は小説家ではない。小説家になろうに投稿はしているが、小説家ではない。

ちなみに好きではない理由を上げるのは避ける。その理由はまったくチープで、粗末なものだ。人殺した後にどうして殺したか?その理由を述べるようなものだ。嫌なものは嫌。それだけで十分だと思う。

で、

そんなことをこないだつい、こちらの即興小説のバトル終わり、ラウンジで書いてしまった。

和椅子地下:私は小説家ではないです。そう言われると恥ずかしいし、嫌なんです。

と書いてしまった。

要らない補足だろうけど、バトルというのは土曜日の夜十時に開かれるあれである。夜十時、実家の父親だったらとっくに寝ている時間である。深夜という認識の人もいるかもしれない。十時に始まって最速で終わるのは十一時、十時五十五分頃に始めたらほぼ日付が変わる間近に終わる。

そんな状態の時、つまり深夜のあっぱっぱーなテンションの状態の時に書いてしまった。逆に言えばそういう時間だから書いたともいえる。

ただ一つはっきりしているのは、そんな状態の時、そんなことを書くのは愚である。

頭が悪いですと言っているようなものである。

私は後悔した。

「死にたい!」

ってストレートに思った。好きです!ってストレートに告白するくらいストレートに思った。

が、

次の日、そのような意見に同調する方がいた。

「私も嫌いです」

「私もです」

みたいな感じで。

それで少しほっとした。

嘘。

すごいほっとした。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:クズ お題:簡単な小説家たち 制限時間:15分 読者:217 人 文字数:651字
何処でもない地面をずうっと俯いたままで歩き続ける。灰色で、暗くて、霜柱が所々あって、乾燥している地面を歩き続ける。先は見えなかった。何処から歩いているのかも覚え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まいねまいご お題:かたい運命 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1195字
「将来なりたいものはあるか」暇そうにウェーブのかかった髪を指先で弄りながら、生徒会長の彼女はこちらに質問を投げかけてきた。「べつに、適当にサラリーマンになります 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まいねまいご お題:群馬の経歴 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1088字
「田舎者」と呼ばれる人生が嫌であった。「群馬で広大な畑を有する主要農家の長男」に生まれてしまった自分の人生において、この二つ名である「田舎者」と出会ったのは高校 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:表田 圭 お題:あきれた英霊 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:693字
ふよふよと風船のように浮かぶ男が、墓の上でこちらを見下ろす。にやにやと随分楽しそうで、僕は眉を潜めずにはいられなかった。 墓の前に集まった親戚数人が、墓の掃除 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神野 お題:右の狸 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:587字
今日もまた、右隣の高原くんの頭の上に耳が生えている。茶色で三角の耳だ。一応、人としての耳も残っている。クラス替えが行われてから5日目だが、この姿を見るのはもう1 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:右の狸 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:714字
俺の同居人は嘘つきさ、なんて言っても誰も信じてくれやしない。なんたってすんごく愛想が良い。すぐに誰とでも友達になる。 今日も酒場で男が一人、意気投合して家にや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mitsuka*** お題:右の狸 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:497字
あのときは、30歳まであと10年あると思っていた。いま、10年後は40歳だ。10年前と何か変わったことがあるかと言えば、何もなくて、一生を一本の線だとしたらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:イギリス式の内側 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:911字
誰も傷つけずに国を守れるなら、人情なんていらない。ただ武器を持って殲滅するのがいい。血にまみれた街中は間違いなく美しいものだろう。 かつての世界がそうだったよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
絵師の道具 ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:絵描きの武器 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:259字
祖父の絵描き道具はほこりと共に屋根裏の隅に散乱していた。それらの品を見ていると、いまになってありありと思い出が浮かび上がってくる。パレットの緑の絵具は、すべて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ お題:わたしの嫌いなロボット 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:868字
これは、白の騎士"ユリウス"と黒の剣士"アルボス"による戦いの記録を残した叙事詩である…side:Arv思えばいつもそうだった誰かに助けを求めても、誰ひとりとし 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:美しい神様 必須要素:脂肪吸引 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:794字
家の実家の仏壇には神様がいらっしゃる。いや、嘘とかじゃなくて。おばあちゃんとかから聞いた話とかでもなくて、数年前に流行ったトイレとかじゃなくて。仏壇には神様がい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:複雑な即興小説 必須要素:靴紐 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:759字
年末も差し迫った昨今、長年使ってきていた家の鍵についていたストラップがちぎれて落ちた。「わあー」不吉な感じがしたかしなかったかと言えば、した方に該当する。チェッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:私のにおい 必須要素:携帯 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:890字
毎晩、毎晩、幽体離脱をするための作業を行っていた甲斐があってこのたび見事に幽体離した。「うわあ、ほんとに自分が見える」幽体離脱した私は、布団で寝ている私のことを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:イタリア式の昼 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1129字
二階で漫画なんぞを読んでいると、下の階から、「ごはんー」と、僕を呼ぶ声が聞こえた。おお、もうそんな時間か、時計を見ると昼前三十分という感じで、あらまあ、時間が何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:天才の墓 必須要素:山田が犯人 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:846字
野菜とかの植物も最近では工場で作られているらしいという話を聞いて、興奮した。「何それ、えー」聞くところによると、滅菌室みたいなところで本棚みたいなのがすごい並ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:鈍い小説家 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:3135字 評価:0人
地元情報誌を眺めていると、「一人がけソファ、ほぼ新品同様+三十インチのテレビ、ほぼ新品同様で三千円、直接取りにこれる方なら無料」という記載があり、「ああああああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:女のぬめぬめ 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:880字
散歩していると、昨日まで何もなかったところに、博物館みたいな角ばった施設ができていた。「これはなんぞ」角ばった建物が好きな私だったので、慎重を期して近寄ってみる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:かたい微笑み 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:883字
ある知り合いが入院したというのをラインで知らせられた。ラインで知らせてくるという事は、まあ、そんなに重大な事ではないんだろうと思って、まあ私はいつものようにもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:大好きなふわふわ 必須要素:幼女 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1014字
即興小説に向かおうと、思った矢先の出来事である。私がパソコンに向かい、ブックマークしている即興小説トレーニングをクリックし、いざ挑戦を押そうとしたとき、外から、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:生きている団欒 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:803字
家々に団欒がいる。団欒というのは、家族で集まってテレビなどを見ながら楽し気に食事をすることだと思われがちだが、実はそれは正しくない。正しくないという事もないんだ 〈続きを読む〉