お題:簡単な小説家たち 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:1049字

名称なんていらないよ
個人的な話で、しかも「中二病かよ」と思われるような話で恐縮ではあるのだが、

私は、小説家という名称が好きではない。で、勘違いしないでほしいので、すぐに書くけどそれは自分をそれにあてはめた場合ということである。他人が小説家を名乗っていようが、それはどうでもいい。

私は私自身を小説家という風に呼称するのが、そのように考えるのが好きではないということである。

というわけで私は小説家ではない。私が自分を小説家ではないといっているのだから、小説家であるはずがない。小説家になろうというサイトを利用して、そこにも幾分か何かをアップしているが、小説家になろうというサイトは、

ここにアップしたら小説家です。

と決定しているわけではない。その部分は任意であるはずである。国民の三大義務に、投票の義務がないような話である。小説家かもしかしたら小説家ではないかもしれない。ということであるはずである。

その点、私ははっきりしている。私は小説家ではない。小説家になろうに投稿はしているが、小説家ではない。

ちなみに好きではない理由を上げるのは避ける。その理由はまったくチープで、粗末なものだ。人殺した後にどうして殺したか?その理由を述べるようなものだ。嫌なものは嫌。それだけで十分だと思う。

で、

そんなことをこないだつい、こちらの即興小説のバトル終わり、ラウンジで書いてしまった。

和椅子地下:私は小説家ではないです。そう言われると恥ずかしいし、嫌なんです。

と書いてしまった。

要らない補足だろうけど、バトルというのは土曜日の夜十時に開かれるあれである。夜十時、実家の父親だったらとっくに寝ている時間である。深夜という認識の人もいるかもしれない。十時に始まって最速で終わるのは十一時、十時五十五分頃に始めたらほぼ日付が変わる間近に終わる。

そんな状態の時、つまり深夜のあっぱっぱーなテンションの状態の時に書いてしまった。逆に言えばそういう時間だから書いたともいえる。

ただ一つはっきりしているのは、そんな状態の時、そんなことを書くのは愚である。

頭が悪いですと言っているようなものである。

私は後悔した。

「死にたい!」

ってストレートに思った。好きです!ってストレートに告白するくらいストレートに思った。

が、

次の日、そのような意見に同調する方がいた。

「私も嫌いです」

「私もです」

みたいな感じで。

それで少しほっとした。

嘘。

すごいほっとした。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:クズ お題:簡単な小説家たち 制限時間:15分 読者:244 人 文字数:651字
何処でもない地面をずうっと俯いたままで歩き続ける。灰色で、暗くて、霜柱が所々あって、乾燥している地面を歩き続ける。先は見えなかった。何処から歩いているのかも覚え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:意外な熱帯魚 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:416字
タイの田舎町に、魚のお祭りっていうのがあるんですよ。居酒屋のカウンター席で、隣に座ったおやじが話しかけてきた。箸の先に、なんだかわからない魚の切れ端をつまんで、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:幼い音 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:386字
ピンと背筋が伸びるような凛とした音というのが第一印象だった。長く細く、そして美しい指が鍵盤の上で踊っている。思わずため息がこぼれる。自分とは違う……。 自分も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:楽観的な冤罪 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:646字
まさか、こんなことで。とも思ったが、これはきっとひとつのきっかけに過ぎなかったのだと思う。前々から彼女には、僕に対して思うところがあったのだ。僕にとってはとるに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:臆病なお天気雨 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:745字
山間部に住んでいた私にしたら、当たり前のことで何とも思ってなかった。「晴れなのに雨が降ってるんだね」東北なまりで私の隣を歩く転校生。太陽の下に降る雨を不思議そう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:タサオカ お題:賢い狂気 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:869字
バーサーカーと呼ばれる職種があるのを皆さんご存知だろうか?狂戦士、詠んで字のごとく狂える戦士のことである。彼らが前衛に居れば大変頼もしいだろう、敵はこちらに攻撃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:今の絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:808字
白が一番早く無くなることが多いと先生はいっていたけれど、僕の場合は黒だった。 図工の時間で一番好きなのは、自由に絵を描いていいといわれたときだ。クラスの皆は犬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の父 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:1182字
「洗濯物一緒にしないでって何度も言ってるでしょ! なんで何回言っても分からないの!?」 私がそう言うと父はいつも決まって「すまん」と言うだけで、本当に反省してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:女の弔い 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:762字
なぜ泣かないのかと問う人は、悲しみの表現方法が涙だけだと思いこんでいるのだろうか。 それをいったのは夫の親戚だった。この日が私と初対面ということは、夫の生前も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い子犬 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:903字
犬を買った。 別に高くも安くもない、普通の雑種犬だ。 私自身、これといって犬にこだわりもないので、何でもよかったのだ。ただ、半世紀以上生きてきて、父と母もなく 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:清い蟻 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1048字
野菜とキノコが食べたくなったので、スーパーに行ってそういうカット野菜の袋を買った。有識者的な人たちがカット野菜には栄養が無いと言っているらしいが、そういうことを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:8月の夜中 必須要素:時限爆弾 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:984字
たまに食べ物の賞味期限の中に、その月だけを書いている食べ物がある。「これは8月のいつなんだ!」初めてそういうたぐいの食べ物を見つけたとき、私はそう思って、上記の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:美しいぬめぬめ 必須要素:山田が犯人 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:737字
朝、学校に一番乗りみたいな事をしてみると、学校のいたるところにぬめぬめがあった。ぬめぬめっていうのはつまり、ぬめぬめだ。透明、ところどころに半透明、気泡なんかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:フハハハハ!それは暴走 必須要素:セリフ無し 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1121字
ここ数年、寝たきりだった家のばあさまが、突然快活に動き出した。寝たきりで、己の力では立つこともままならなかったのに、突然得体のしれない花柄の田舎の押し入れにある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:シンプルな娼婦 必須要素:新約聖書 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:946字
娼婦のような仕事は世界最古の仕事だと、何かで読んだか見たか、聞いたか忘れたけどもとにかく得たことがある。その日私は娼婦の方を呼んだ。知り合いに呼ぶんだったらどれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:近い蟻 必須要素:文末は全て「!」 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:3157字 評価:1人
「じゃあ、新人の方、報告書を提出して今日は終わりです」パイセンの死神さんはそういううと、じゃあ私はお先でーすと言ってロッカールーム兼シャワールームの方にはけてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:可愛い仕事 必須要素:右の上履き 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:915字
ある種の妖精というのはいたずらをその生の主目的としているらしい。「あ、妖精だ」ティッシュを出そうと思ってポケットを探ると、リトマス試験紙の切れ端が落ちてきて、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:壊れかけの顔 必須要素:自動車保険 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:962字
車を買って、コストコに行こうとした道中、バックミラーを確認したところ、後部座席に人が見えた。「なんでだよ!なんでなんだよ!?」私はその事実にとても驚いてしまった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:調和した何でも屋 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:771字
電車で行かなくてはいけない場所の人に依頼を受けて、現地に行ってみると、そこは思いのほかすでに涼し気で、都心のあたりとはずいぶんと違った。「涼し!」木々もすでに真 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:彼女とコメディ 必須要素:マイナスドライバー 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1149字
ある日家に帰ると、葉先さんがマイナスドライバーをもって立っていた。しかも葉先さんはマイナスドライバーをアサシンとか、殺し屋とか、そういう感じで持っていて、そんで 〈続きを読む〉