お題:地獄の昼 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1024字

ピンクのゲ○
 楽しかった給食の時間は地獄と化した。
 僕は廊下に立ちつくし、窓から中の様子を見ている。
 隣では杉山さんが座り込んで震えている。武田くんも焦点の定まらない目をしている。石井さんは僕と同じように教室の中を見ているけど、何だかその目はまっすぐで、きっと僕とは違うことを考えているのだろう。
 教室の中は、今や給食のメニュー、コッペパンとおひたしと肉じゃがと牛乳と、廊下にいる四人以外のクラスメイトと担任の先生合わせて26名、机と椅子とランドセルと掲示物とその他小学校の教室にあるもの全部、そしてそれをぐちゃぐちゃにかき混ぜるピンク色をしたゲル状物質の海になっていた。
 ピンクのゲル状物質は、どこからそんな力がかかっているのか、ゆっくりと時計回りに回っている。ゲル状物質が回る度に、中にいる具、つまりは机とか椅子とか給食とか先生やクラスメイトといった人間とかを、グズグズに溶かして一緒くたにしていく。
 さっきまで浮いていた大島君の坊主頭も、もう見えない。ゲル状物質のかさはいよいよ増してきて、開いている外に面した方の窓からそろそろ流れ出すんではなかろうか。
「窓、閉めた方がいいかもね」
 石井さんがボソリと言った。意外や、同じことを考えていた。
「アレは意志を持っている。だから、外に出たら人を襲うかもしれない」
 その言葉に、杉山さんが「ひぃっ」と小さく悲鳴を上げた。目の前の惨状はともかく、せっかく逃げ果せたのに、という意味の「ひぃっ」だろう。
「アレは、一体、なんなんだよ……」
 武田くんは石井さんの顔を仰いだ。体格の大きい彼だが、座り込んでいる以上に今は小さく見える。本来は小心者なのかもしれない。
「わからない。でも、明確に意思を持っている」
「わからない、ってお前……」
 立ち上がろうとして、しかし武田くんは上手くそうできなかった。腰が抜けてしまっているのだろうか、少し震えている。
「わからないのだから、仕方ないでしょう」
 石井さんの瞳は、何だか僕らとは違うと思っていたけれど、その理由がわかった気がする。
 彼女は、目の前で起こっていることに対して酷く無感情なのだ。
 僕や武田くん、杉山さんは廊下側の席だから脱出できた。それでも、あの列に座っていた全員ではない。対して、石井さんは真ん中の方の席に座っていた。
「危険だということしか、わからないわよ」
 あのピンクのゲルは、石井さんの口から吐き出されたものなのだ。

 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:免れた別れ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:730字
ぼーっとしているせいか、よく自動ドアに挟まる。気配の薄い人間にはセンサーが反応しないのか、まず開けてもらえないことも多く、いざ開いたと思えば通り抜けるまえに閉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:打算的な道 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:139字
こうすればこうなるだろうそういう計算のもと行動してみるそんな癖が僕にあったしかしこうすればこうなるだろうそういう打算に基づいた行動は相手に見抜かれているように思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【マジ吉】 お題:僕と高給取り 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:503字
面白味のない機械音が、鼓動と同じ間隔で、パタンパタンと音を鳴らしている。高身長で口の達者な茶髪。明らかに社内規則に違反した髪色をしているくせに、業績を回復させた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名もなき星 お題:部屋とYシャツとお嬢様 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:551字
「白がいいのよ、それもとびっきりの」まるで今から歌いだしそうな声色で彼女はそう私に告げた。簡易なベッドとテーブルだけの部屋に敷き詰められたYシャツたち。何故こん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:気高い秋 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:886字
秋になると思い出すことがある。それは、夕方の色をした川縁だったり、美味しそうにふわふわと揺れるススキの束だったり。その中でも唯一無二の記憶は、実家の縁側で寝そ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
針と糸 ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:楽しかった外資系企業 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:308字
それは記憶の紡績工場。いまなお続く老舗のお店。暗い暗い暗い暗い、しかし光る絹の糸。あすこが貴方の居場所でしょうよ。解こうとしても解けないんだもの。御誂え向き。嗚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの彼氏 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:137字
昴はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」昴は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて昴はほっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:見憶えのある本 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:399字
伸ばした指先をじっと見つめる。視線の先には、薄汚れた古い本があった。屋敷の中でも、誰も来ない書庫の一番奥。なぜか、私はその本を知っていた。ただ、中身が思い出せな 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:真実のラーメン 必須要素:うへへ 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:3749字 評価:1人
ラーメンはいつの間にか、高尚なものになってしまったのかもしれない。 空前のラーメンブームは、全国にたくさんのラーメン屋を開店させてきた。現在では、人口の7倍近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:見憶えのある耳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1332字
大学時代の田中という友人がとんでもないことになっていた。 SNS上でコンタクトを取ってきたので、気楽に「じゃあ久しぶりに会って飲もう」と言ったのが間違いだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記録にないいたずら 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1174字
「……もしもし?」 午後10時、鳴り響いた電話の受話器を取って、わたしは呼びかけた。「……、……、……」 返事がない。ゴボゴボというようなくぐもった音だけが聞こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:宿命のコウモリ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:989字
この世の「悪の組織」という連中は、何故かコウモリのモチーフを好んでいる。 複数の「悪の組織」から改造人間の発注を受ける「キマイラファクトリー」にも、月に1体か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:苦し紛れの失踪 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1117字
「まずいな……」 文芸部部長・金子は狭い部室を見渡してぽつりと漏らした。部室には彼以外に誰もいない。いや、誰も来なくなった。 文芸部には七人の部員がいる。それぞ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:汚れた狐 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:956字
「ごん、お前だったのか。いつも栗をくれたのは」 これがやりたい、とある狐は思った。 別に銃で撃たれて死にたいわけではなく、人間にショックを与えてやろうと、こう考 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:やわらかい道 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1467字
固い道を歩き続けると、足が疲れるものだ。 たまにはやわらかい道を歩いたっていいんだよ、とわたしの恩師は言った。「というわけで、ここが世界一やわらかい道です」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:有名な昼 必須要素:唾液 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:4200字 評価:1人
いくら美人が作ってるからって、こんなのは異常だ。 佐々木フミカはスパイスの臭気漂う会議室を見渡した。 フミカの勤める会社は、お昼時になると二つある会議室の内の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:優秀な本 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1513字
「この本は非常に優秀な本よ」 彼女は自慢げに一冊の本を掲げて見せる。「何せ、武器になるんだもの」 本はカヴァーがかかっていて書名は見えないが、どうやら大きさと厚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:左の神話 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1057字
左利きの人は天才が多い。 そういう風潮が、南タモツは嫌いだった。 彼は左利きであるが、ちっとも天才ではなかった。 それなのに、人は左利きであるというだけで、タ 〈続きを読む〉