お題:地獄の昼 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:1024字

ピンクのゲ○
 楽しかった給食の時間は地獄と化した。
 僕は廊下に立ちつくし、窓から中の様子を見ている。
 隣では杉山さんが座り込んで震えている。武田くんも焦点の定まらない目をしている。石井さんは僕と同じように教室の中を見ているけど、何だかその目はまっすぐで、きっと僕とは違うことを考えているのだろう。
 教室の中は、今や給食のメニュー、コッペパンとおひたしと肉じゃがと牛乳と、廊下にいる四人以外のクラスメイトと担任の先生合わせて26名、机と椅子とランドセルと掲示物とその他小学校の教室にあるもの全部、そしてそれをぐちゃぐちゃにかき混ぜるピンク色をしたゲル状物質の海になっていた。
 ピンクのゲル状物質は、どこからそんな力がかかっているのか、ゆっくりと時計回りに回っている。ゲル状物質が回る度に、中にいる具、つまりは机とか椅子とか給食とか先生やクラスメイトといった人間とかを、グズグズに溶かして一緒くたにしていく。
 さっきまで浮いていた大島君の坊主頭も、もう見えない。ゲル状物質のかさはいよいよ増してきて、開いている外に面した方の窓からそろそろ流れ出すんではなかろうか。
「窓、閉めた方がいいかもね」
 石井さんがボソリと言った。意外や、同じことを考えていた。
「アレは意志を持っている。だから、外に出たら人を襲うかもしれない」
 その言葉に、杉山さんが「ひぃっ」と小さく悲鳴を上げた。目の前の惨状はともかく、せっかく逃げ果せたのに、という意味の「ひぃっ」だろう。
「アレは、一体、なんなんだよ……」
 武田くんは石井さんの顔を仰いだ。体格の大きい彼だが、座り込んでいる以上に今は小さく見える。本来は小心者なのかもしれない。
「わからない。でも、明確に意思を持っている」
「わからない、ってお前……」
 立ち上がろうとして、しかし武田くんは上手くそうできなかった。腰が抜けてしまっているのだろうか、少し震えている。
「わからないのだから、仕方ないでしょう」
 石井さんの瞳は、何だか僕らとは違うと思っていたけれど、その理由がわかった気がする。
 彼女は、目の前で起こっていることに対して酷く無感情なのだ。
 僕や武田くん、杉山さんは廊下側の席だから脱出できた。それでも、あの列に座っていた全員ではない。対して、石井さんは真ん中の方の席に座っていた。
「危険だということしか、わからないわよ」
 あのピンクのゲルは、石井さんの口から吐き出されたものなのだ。

 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:まいねまいご お題:かたい運命 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1195字
「将来なりたいものはあるか」暇そうにウェーブのかかった髪を指先で弄りながら、生徒会長の彼女はこちらに質問を投げかけてきた。「べつに、適当にサラリーマンになります 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まいねまいご お題:群馬の経歴 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1088字
「田舎者」と呼ばれる人生が嫌であった。「群馬で広大な畑を有する主要農家の長男」に生まれてしまった自分の人生において、この二つ名である「田舎者」と出会ったのは高校 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:表田 圭 お題:あきれた英霊 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:693字
ふよふよと風船のように浮かぶ男が、墓の上でこちらを見下ろす。にやにやと随分楽しそうで、僕は眉を潜めずにはいられなかった。 墓の前に集まった親戚数人が、墓の掃除 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神野 お題:右の狸 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:587字
今日もまた、右隣の高原くんの頭の上に耳が生えている。茶色で三角の耳だ。一応、人としての耳も残っている。クラス替えが行われてから5日目だが、この姿を見るのはもう1 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:右の狸 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:714字
俺の同居人は嘘つきさ、なんて言っても誰も信じてくれやしない。なんたってすんごく愛想が良い。すぐに誰とでも友達になる。 今日も酒場で男が一人、意気投合して家にや 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:mitsuka*** お題:右の狸 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:497字
あのときは、30歳まであと10年あると思っていた。いま、10年後は40歳だ。10年前と何か変わったことがあるかと言えば、何もなくて、一生を一本の線だとしたらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:イギリス式の内側 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:911字
誰も傷つけずに国を守れるなら、人情なんていらない。ただ武器を持って殲滅するのがいい。血にまみれた街中は間違いなく美しいものだろう。 かつての世界がそうだったよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
絵師の道具 ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:絵描きの武器 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:259字
祖父の絵描き道具はほこりと共に屋根裏の隅に散乱していた。それらの品を見ていると、いまになってありありと思い出が浮かび上がってくる。パレットの緑の絵具は、すべて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ お題:わたしの嫌いなロボット 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:868字
これは、白の騎士"ユリウス"と黒の剣士"アルボス"による戦いの記録を残した叙事詩である…side:Arv思えばいつもそうだった誰かに助けを求めても、誰ひとりとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神野 お題:真紅の怒りをまといし哀れみ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:409字
彼女は、私の前で初めて柔らかい笑みを見せてくれた。思わずどきりとした。心を開いてくれたのかと、喜びかけたところだった。「君は愚かだ」その台詞で彼女の逆鱗に触れて 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:とてつもない傑作 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:910字
「この中には俺の最高傑作のギャグを書いた紙が入ってる」 西戸テルは得意げに一枚の封筒を見せびらかす。「これをタイムカプセルに入れる。20年後、32歳の俺はお笑い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:汚れた男の子 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1127字
何だこれは。玄関を開けて明かりをつけて、わたしはしばしあ然となった。 大して長くない廊下には泥の汚れが転々としていた。明かりに照らされたそれは、足跡――それも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の真実 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1174字
「お化けは本当にいたのよ」 父が亡くなり満中陰が過ぎた後、不意に母はそんなことを言った。「覚えてる? あなたが四歳の時の話よ」 おぼろげではあったが、確かにそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄色い人 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:952字
娘の通っていた幼稚園の参観日に行った時のことだ。 少し時間が早かったので、わたしは娘のいる教室の前に張り出された絵を眺めることにした。 恐らくは、自分と友達を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:今の妹 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:937字
仁藤という男は、常に二股をかけ続けているとんでもないヤツだった。「俺にとって女は単三電池みたいなもんだ」 そんなことを、かつて仁藤は言ったことがある。「普通の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:鈍い小説家 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:3341字 評価:0人
「あのー、すいません」 先生が恐る恐るという感じで手を挙げた。串本夫妻や他の旅行客、刑事たちの視線が一斉に先生に集まる。「僕、犯人分かっちゃいました」 先生は― 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:不思議な外資系企業 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1000字
新しくできた店は「外資系」らしい。そこで働き始めた友人に、早速愚痴られてしまった。「『外資系』って、やっぱりちょっと働きにくいわ……」 確かに、僕も「『外資系 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:楽しい耳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1216字
「ここは楽しい夢の国……。園内ではこちらのイヤーカチューシャをお付け下さい」 彼女とのデートで訪れた「アニマル・ドリーム・パーク」という遊園地、その入り口で俺た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:うへへ、14歳 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1162字
官能小説家・蟻田伊太利亜は憤っていた。 彼は、オタク一般に「ロリ」と呼ばれるタイプのキャラクターを手酷く凌辱する作品を書くことで知られる作家だ。 それ故に、同 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:すごい光景 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1252字
その部屋には、4人の少年少女が集められた。いずれも10代で、丸椅子に座っている。胸元には1~4の番号が振られたバッジをつけていた。 1番のバッジをつけた少年が 〈続きを読む〉