お題:地獄の昼 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:1024字

ピンクのゲ○
 楽しかった給食の時間は地獄と化した。
 僕は廊下に立ちつくし、窓から中の様子を見ている。
 隣では杉山さんが座り込んで震えている。武田くんも焦点の定まらない目をしている。石井さんは僕と同じように教室の中を見ているけど、何だかその目はまっすぐで、きっと僕とは違うことを考えているのだろう。
 教室の中は、今や給食のメニュー、コッペパンとおひたしと肉じゃがと牛乳と、廊下にいる四人以外のクラスメイトと担任の先生合わせて26名、机と椅子とランドセルと掲示物とその他小学校の教室にあるもの全部、そしてそれをぐちゃぐちゃにかき混ぜるピンク色をしたゲル状物質の海になっていた。
 ピンクのゲル状物質は、どこからそんな力がかかっているのか、ゆっくりと時計回りに回っている。ゲル状物質が回る度に、中にいる具、つまりは机とか椅子とか給食とか先生やクラスメイトといった人間とかを、グズグズに溶かして一緒くたにしていく。
 さっきまで浮いていた大島君の坊主頭も、もう見えない。ゲル状物質のかさはいよいよ増してきて、開いている外に面した方の窓からそろそろ流れ出すんではなかろうか。
「窓、閉めた方がいいかもね」
 石井さんがボソリと言った。意外や、同じことを考えていた。
「アレは意志を持っている。だから、外に出たら人を襲うかもしれない」
 その言葉に、杉山さんが「ひぃっ」と小さく悲鳴を上げた。目の前の惨状はともかく、せっかく逃げ果せたのに、という意味の「ひぃっ」だろう。
「アレは、一体、なんなんだよ……」
 武田くんは石井さんの顔を仰いだ。体格の大きい彼だが、座り込んでいる以上に今は小さく見える。本来は小心者なのかもしれない。
「わからない。でも、明確に意思を持っている」
「わからない、ってお前……」
 立ち上がろうとして、しかし武田くんは上手くそうできなかった。腰が抜けてしまっているのだろうか、少し震えている。
「わからないのだから、仕方ないでしょう」
 石井さんの瞳は、何だか僕らとは違うと思っていたけれど、その理由がわかった気がする。
 彼女は、目の前で起こっていることに対して酷く無感情なのだ。
 僕や武田くん、杉山さんは廊下側の席だから脱出できた。それでも、あの列に座っていた全員ではない。対して、石井さんは真ん中の方の席に座っていた。
「危険だということしか、わからないわよ」
 あのピンクのゲルは、石井さんの口から吐き出されたものなのだ。

 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:⭕秋牛/七宝明 お題:純粋な犯人 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:706字
「父さん質問があるのだけれども。」姉ちゃんが怒った口調で父さんに詰め寄っていた。「私じゃないぞ。」「まだ何も言ってないでしょ。」即答した父さんに、姉ちゃんが鋭い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:遠い経歴 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:473字
このバーの酒はうまいな。 ここで知り合ったのも何かのよしみだ。 一つ話でもしようじゃないか。何、ちょっとした小話だよ。 ある男の話だ。 そいつが生まれたのはあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
記録にない唇 ※未完
作者:匿名さん お題:記録にない唇 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:908字
朝、目が覚める。体を触って、起きたことを確かめて。ああ、また。長く眠っていたみたいだ。ーー僕は生まれつき脳に障害があり、24時間、一日分しか物事を覚えておくこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と結婚 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:388字
「俺と結婚してくれ」「はい…♡♡♡」そうして私たちは結ばれた。やがて子供が生まれ、成長し、大人になって、巣立っていった。老夫婦になってからも、私たちはラブラブな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのは本 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:537字
その本を思い出すことは、いつも私をときめかせた。亡くなった王子様の幽霊が、何故か主人公にだけ見えるようになっちゃって、王子の死後不和になった騎士団の仲を取り持っ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者: お題:安全な御曹司 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:545字
*お題ガン無視 西暦2050年。 人類は『ロボット三原則』をベースに完璧な論理体系の元に自律行動するロボットを作り上げた。彼らは大いに活躍した。全自動式洗濯機の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:頭の中の経験 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:940字
私はアンドロイドだ。マスターが、かつての恋人を模して作った。その恋人は、不幸にも交通事故で亡くなってしまった。彼女を深く愛していたマスターは、嘆き悲しみながら、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:優秀なババァ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1104字
失敗。その言葉を、どれだけ多くの者が言っただろうか。あれもダメ、これもダメ。結局は一人でから回っていただけだった。…いや、はじめから絡まってなんかいなかった。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:知らぬ間の男祭り! 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:857字
「お前も来るよな? この男根祭りに」 そう言って、一枚のチラシを彼は僕の目の前に突き出す。 眼前に広がるは、屈強な肉体を持った裸の男達がまわし一丁で神輿を担いで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:捨てられたダンス 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:658字
(#37) 身寄りのない人間が生きていくためにはどうすれば良いのだろう。 野垂れ死ぬ方法すら知らない幼い少女が街角で身を小さくして下を向いている。 何日も風呂に 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:遠い恋愛 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1288字
遠距離恋愛というのは、常々成立しないと思っている。 恋人同士なら、傍にいないとダメなのだ。 そう言うと、わたしの彼は笑った。(心配しなくても大丈夫だって。君が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:傷だらけの犯人 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1168字
「俺が中学の時にさ……」 目の前の女子生徒を見てもないような顔で、中村は突然語り出した。俺も、その女子生徒――津村も怪訝な顔でヤツを見た。「教室の机がズタズタの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄金の粉雪 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1293字
僕の住んでいる家の近くの高台の上には、小さな公園がある。公園へと続く石の階段のふもとにベンチと自販機が置かれているのだけれど、小学校の頃の僕は、学校の帰りにそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:近い蟻 必須要素:文末は全て「!」 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:2044字 評価:2人
蟻だ、蟻が近い! 蟻が近くにいる! 1メートル以上ある大きな蟻が、カチカチと顎を鳴らしているのが聞こえる! それは、バイオハザード! ここは、極秘の薬学研究所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:頭の中の始まり 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1239字
自称天才のイデオ博士は、人造人間を造ろうと企んだ。 その動機は、数多くの凡人と同じ理由からである。すなわち、イデオ博士はモテないのだ。「こんなにも天才な博士で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:それいけババァ 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1203字
「今日はゆるキャラのオニババちゃんが来てくれました! みんな拍手で出迎えてください!」 舞台袖から現れたのは、二頭身の着ぐるみだった。最初の内は拍手の音が鳴り響 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:魅惑の俺 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1363字
すごい美人の写真を牛山が持っているらしい。「あの野郎、足元見やがってさ、画像を転送してほしかったら1000円払えって言うんだぜ?」 馬場はそう言って憤慨してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:恥ずかしい別れ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1281字
「去年さ、すっごい恥ずかしい別れ方したんだよ」 シンゴがそんな風に切り出してきたので、ナナミは「モテるアピールかな」とウザったく思いながらも「うんうん、それで? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:有名な空想 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1157字
「先生、校庭にサイクロプドペガミノケンタウロスコーンがいるー」「え、何? もう一回言って」「サイクロプドペガミノケンタウロスコーンだよー」 何を言っているのだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:危ない夜中 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1150字
最近、このあたりは物騒だ。 昨夜も通り魔があったらしい。警察官がたくさんうろうろしていた。 現場となったのは公園で、被害者が倒れていた辺りにはビニールシートが 〈続きを読む〉