お題:愛すべき小説家たち 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:840字

隣人さんは吸血鬼

何故かログアウトされていたので、前のお題で書きます。
お題 夜の人

時刻は二十時。そろそろお隣さんが動き出す時間だ。案の定、隣の部屋からガサゴソと音が聞こえてきた。
やっと起きたみたい。
鏡の前に行き、身だしなみを整えた。
露出の多い服装。線の細い身体が映る。何度も女の子みたいと馬鹿にされてきて、コンプレックスだったもの。
けれど、今はそれで良かったと思っている。
一応とティッシュをポケットに入れて、僕は隣の部屋に向かった。

僕の隣人さんは夜行性だ。
同時にアパートの管理人をしている。このアパートには僕と隣人さんしかいないというのは、入居して初めて知ったことだ。
一人暮らしを始めるにあたり、学生の身ではあまりお金が用意出来なかった。そんな時、特別に安い物件を見つけた。それがここだった。
曰く付きの物件らしかったが、他を選ぶ余裕もなかった。曰くと言っても自殺やら殺人の類ではないと聞いたことも、僕の契約を後押しした。
幽霊とか妖怪なんているわけがないと、あの時の僕は思っていた。

実際、曰く付きだったんだけれど。
というより、僕は今“曰く”の前にいる。

曰くとは、隣人さんのことだった。
僕の隣人さんは俗に言う吸血鬼というものだった。
では何故、自分から会いに行く間柄になったのか。

入居初日、お隣さんに挨拶に行った僕が見たのは小学生くらいの女の子。目の下には濃い隈があった。
不機嫌そうな目を向けていた。
背丈の関係上、彼女は足から上に目線を動かしていき、最後に僕の顔を見た。

僕の運命はこの時変わってしまったのだろう。

「か、可愛い……」

か細い呟きが聞こえたかと思うと、彼女は僕に飛びついてきた。
僕は首を掴まれ、小さい女の子とは思えない力で扉の内側に引き倒された。
あまりの出来事に、僕は動転して動けなかった。
その間に彼女は僕の首筋を舐めて、鋭利な牙を突き立てた。

「ふふ。お前、気に入った」

僕は何故か彼女に気に入られてしまったのである。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:官能的な武器 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:401字
「君はとても強力な武器を持っているが、すべてを受け入れる覚悟がない」官能的な魅力をもって彼を征服しようなんて、これっぽっちも思ってはいなかったが、彼女はただ頷い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:小説の痛み 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1125字
「その小説は『自己満足』のために書いているの?それとも『承認欲求』のために書いているの?」 清美が真面目な顔で僕に質問してきた。 総合ショッピングモールの一角、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:許せない血 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:265字
わたしが足を踏み入れることができない明るい太陽のもとで、裸足で走り回ることができる娘。わたしと目を合わせたときに、何か理解できぬものを見たような、怯えたような、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:愛、それは愛 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:842字
丸めて捨てた紙が、音を立てて風に滑った。薄っぺらな紙に緑の薄い線で「離婚届」と印されている。ため息をついた。結婚していないのに離婚届とはこれいかに、と思いソファ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:愛、それは愛 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:369字
たいそう大事にされ、可愛がられてきた子どもだったから、自然に人を鍾愛することができるのだろう。愛を育むには一定の時間を要するが、その子は誰にでもなつき、無条件に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:燃える検察官 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:146字
燃えていた。朽ちていた。欠け落ちています昔から。裁判官が、静粛に・静粛に。声を震わせ「静粛に!」。燃える検察官のとなりで、弁護士がわなわなと口を溶かしています。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:燃える検察官 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:994字
ねぇ、私は誰かの役に立ったのだろうか。 守れる人は守れず、人に間違ってると言われ続け、誤解は解けないまま。 いっそのこと死んでしまったほうがいいのだろうか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨雪 お題:楽観的な愛 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:528字
『きみの中にある残り幾何かのささやかな良心に問いかけよう』頭の奥深く。焼けるような体表面上の痛みを無視して、強烈に響く声。神経の遮断は上手くいかずに、ただただ苦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いよや お題:恐ろしい鳥 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:828字
「わ!インコ飼ってるの?可愛いー!」「俺が一人暮らし始めて、すぐに寂しくなって買ったんだよね」「いいなー。可愛い。喋るの?」「うーん、全然なんだよそれが。恐ろし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぬんばー お題:僕が愛した湖 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:760字
仕事の関係で滋賀に行く機会があった。滋賀県草津市。琵琶湖博物館がある市にて仕事を終えた僕は、上司の言葉を思い出した。「よかったら、琵琶湖でも見に行ったらどうだ 〈続きを読む〉

むにゃむにゃ@即興の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:求めていたのは小説 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:966字
物語の中の王子様に憧れた。いつか私を迎えに来てくれる、幼い頃はそう信じていた。成長していくにつれ、現実を知っていった。王子様なんていないということ。でも、理想は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:最後の百合 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:472字
また一本百合が枯れた。花瓶に残されたのは一本だけになってしまった。匂いを嗅ごうと花瓶を近づけようとするも、手がうまく動かない。仕方なく体を寄せるだけにした。窓か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:生かされた解散 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:458字
俺は荒野を走っていた。隣には誰もいない。風を切る音がもの悲しかった。元々は仲間六人といたが、森の真ん中で別れたのだ。追手から逃れるため。諜報部隊として活動してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:最強の帝王 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:813字
先程のが消えてしまったので、お題は違いますがここに。インターネットなどによるアマチュアの活躍。それにより経験、実力をつけてきたアマチュアは、もはやプロと遜色ない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:打算的な宗教 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:223字
宗教というのは信仰から生まれるものだろうが、果たして信仰で成り立っているものなのだろうか。矛盾することを言うかもしれないが、多くを支えるのは信仰である。けれど、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:東京の息子 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:605字
朝起きて何か足りないと思った。 あるべきものがないような、けれど何かは分からない。 気持ちの悪さを感じながらも思い当たる事もないので、切り替えるためシャワーを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:無意識の夕飯 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:406字
「ほら、パパが帰ってきましたよー。ご飯にしましょうね」「パパおかえりー」「ああ、ただいま。夕飯何だい?」「ハンバーグよ。この子と一緒に作ったの」「へぇ。それは楽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:当たり前の靴 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:630字
靴の統一化が為された。より管理をしやすくするためらしい。職業、人種、国によって履く靴を決められた。これは差別だと意義を唱える者もいたが、靴ぐらいならと受け入れる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:生かされた神様 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:382字
信仰により神は存在する。人々は理論で神を発見しようと、科学を発達させた。その結果得られたのは、神なんていないという結論であった。神は死んだーーーいや、そんなこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:苦しみの母性 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:668字
愛の森。名前にちなみ恋人達が多く集まるここであるが、由来は男女間の恋愛とは関係のないものであった。ある所に一人の女がいた。村娘だった彼女は早くに父親を亡くし、貧 〈続きを読む〉