お題:愛すべき小説家たち 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:840字

隣人さんは吸血鬼

何故かログアウトされていたので、前のお題で書きます。
お題 夜の人

時刻は二十時。そろそろお隣さんが動き出す時間だ。案の定、隣の部屋からガサゴソと音が聞こえてきた。
やっと起きたみたい。
鏡の前に行き、身だしなみを整えた。
露出の多い服装。線の細い身体が映る。何度も女の子みたいと馬鹿にされてきて、コンプレックスだったもの。
けれど、今はそれで良かったと思っている。
一応とティッシュをポケットに入れて、僕は隣の部屋に向かった。

僕の隣人さんは夜行性だ。
同時にアパートの管理人をしている。このアパートには僕と隣人さんしかいないというのは、入居して初めて知ったことだ。
一人暮らしを始めるにあたり、学生の身ではあまりお金が用意出来なかった。そんな時、特別に安い物件を見つけた。それがここだった。
曰く付きの物件らしかったが、他を選ぶ余裕もなかった。曰くと言っても自殺やら殺人の類ではないと聞いたことも、僕の契約を後押しした。
幽霊とか妖怪なんているわけがないと、あの時の僕は思っていた。

実際、曰く付きだったんだけれど。
というより、僕は今“曰く”の前にいる。

曰くとは、隣人さんのことだった。
僕の隣人さんは俗に言う吸血鬼というものだった。
では何故、自分から会いに行く間柄になったのか。

入居初日、お隣さんに挨拶に行った僕が見たのは小学生くらいの女の子。目の下には濃い隈があった。
不機嫌そうな目を向けていた。
背丈の関係上、彼女は足から上に目線を動かしていき、最後に僕の顔を見た。

僕の運命はこの時変わってしまったのだろう。

「か、可愛い……」

か細い呟きが聞こえたかと思うと、彼女は僕に飛びついてきた。
僕は首を掴まれ、小さい女の子とは思えない力で扉の内側に引き倒された。
あまりの出来事に、僕は動転して動けなかった。
その間に彼女は僕の首筋を舐めて、鋭利な牙を突き立てた。

「ふふ。お前、気に入った」

僕は何故か彼女に気に入られてしまったのである。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:免れた別れ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:730字
ぼーっとしているせいか、よく自動ドアに挟まる。気配の薄い人間にはセンサーが反応しないのか、まず開けてもらえないことも多く、いざ開いたと思えば通り抜けるまえに閉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:打算的な道 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:139字
こうすればこうなるだろうそういう計算のもと行動してみるそんな癖が僕にあったしかしこうすればこうなるだろうそういう打算に基づいた行動は相手に見抜かれているように思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【マジ吉】 お題:僕と高給取り 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:503字
面白味のない機械音が、鼓動と同じ間隔で、パタンパタンと音を鳴らしている。高身長で口の達者な茶髪。明らかに社内規則に違反した髪色をしているくせに、業績を回復させた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名もなき星 お題:部屋とYシャツとお嬢様 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:551字
「白がいいのよ、それもとびっきりの」まるで今から歌いだしそうな声色で彼女はそう私に告げた。簡易なベッドとテーブルだけの部屋に敷き詰められたYシャツたち。何故こん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:気高い秋 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:886字
秋になると思い出すことがある。それは、夕方の色をした川縁だったり、美味しそうにふわふわと揺れるススキの束だったり。その中でも唯一無二の記憶は、実家の縁側で寝そ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
針と糸 ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:楽しかった外資系企業 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:308字
それは記憶の紡績工場。いまなお続く老舗のお店。暗い暗い暗い暗い、しかし光る絹の糸。あすこが貴方の居場所でしょうよ。解こうとしても解けないんだもの。御誂え向き。嗚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:見憶えのある耳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1332字
大学時代の田中という友人がとんでもないことになっていた。 SNS上でコンタクトを取ってきたので、気楽に「じゃあ久しぶりに会って飲もう」と言ったのが間違いだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの彼氏 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:137字
昴はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」昴は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて昴はほっ 〈続きを読む〉

むにゃむにゃ@即興の即興 小説


ユーザーアイコン
女子校 ※未完
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:強い事故 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:585字
初夏とは言えないような暑さが襲う教室。カーテンが時折なびく。辛うじて風がある程度だ。 みんな校則など知ったことかと、ワイシャツのボタンは二つ三つ開けており、外 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:無意識の声 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:629字
小さい影がいつも私の後ろをついて歩くのです。特に害を与えられることはありません。てくてくと後ろを歩いてくるだけなのです。話しかけたこともありますが、答えが返っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:鳥の青春 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:832字
お題 僕の好きな汁 ベッドで寝てる男の子。部屋は暗い。月明かりが窓から差し込み、部屋は青く浮かび上がっている。 布団は盛り上がっていた。くぐもった音だが、中で何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:打算的な交わり 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:267字
「愛してるよ」 ベッドの上での情熱的な交わりの裏で、男は冷静に考えていた。次はどこに行かされるのかと。 男の下で乱れる女。攻めを中断しているせいか、今は切なげな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:阿修羅コメディ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:566字
自分会議というものを知っているだろうか。不二子不二雄先生の作品にある短編だ。それは、未来から過去までの自分が一堂に会して話し合うというものである。では、阿修羅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:暑いサラリーマン 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:905字
ある時から非常に暑がりになった。確か会社に急いでいる時、電車が遅延したため降りてから走って向かっていた。とても車が通りそうにない、細い道。信号は離れたところに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:同性愛の土地 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:549字
叶わない想いだと思っていた。 私にはお姉ちゃんがいる。幼馴染で一つ上のお姉ちゃんが。昔っからいつも一緒に遊んでいた。大勢で遊ぶのも楽しかったが、私は二人きりの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:愛と死のこだわり 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:420字
「あなたは、愛のために○ねる?」 本を読む手を止めて、彼女は尋ねた。 とても珍しいことだ。普段は読み終わるまで顔を上げないのに。 彼女は返答を期待していない。言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:イタリア式の青春 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:359字
昼休み。日は頭上にカンカン照りであった。中庭に出たが誰も人がいない。分かっていて来ているのだ。校舎の影、風通りの良い場所。涼しいここは少年だけの秘密の空間であっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:群馬のアルパカ 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:585字
「アルパカです。日本で野生のアルパカが発見されました!」こんなニュースがあったのは一週間。その時は何を馬鹿なと思っていた。どうせ動物園とかから逃げて来たのだろう 〈続きを読む〉