お題:愛すべき小説家たち 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:840字

隣人さんは吸血鬼

何故かログアウトされていたので、前のお題で書きます。
お題 夜の人

時刻は二十時。そろそろお隣さんが動き出す時間だ。案の定、隣の部屋からガサゴソと音が聞こえてきた。
やっと起きたみたい。
鏡の前に行き、身だしなみを整えた。
露出の多い服装。線の細い身体が映る。何度も女の子みたいと馬鹿にされてきて、コンプレックスだったもの。
けれど、今はそれで良かったと思っている。
一応とティッシュをポケットに入れて、僕は隣の部屋に向かった。

僕の隣人さんは夜行性だ。
同時にアパートの管理人をしている。このアパートには僕と隣人さんしかいないというのは、入居して初めて知ったことだ。
一人暮らしを始めるにあたり、学生の身ではあまりお金が用意出来なかった。そんな時、特別に安い物件を見つけた。それがここだった。
曰く付きの物件らしかったが、他を選ぶ余裕もなかった。曰くと言っても自殺やら殺人の類ではないと聞いたことも、僕の契約を後押しした。
幽霊とか妖怪なんているわけがないと、あの時の僕は思っていた。

実際、曰く付きだったんだけれど。
というより、僕は今“曰く”の前にいる。

曰くとは、隣人さんのことだった。
僕の隣人さんは俗に言う吸血鬼というものだった。
では何故、自分から会いに行く間柄になったのか。

入居初日、お隣さんに挨拶に行った僕が見たのは小学生くらいの女の子。目の下には濃い隈があった。
不機嫌そうな目を向けていた。
背丈の関係上、彼女は足から上に目線を動かしていき、最後に僕の顔を見た。

僕の運命はこの時変わってしまったのだろう。

「か、可愛い……」

か細い呟きが聞こえたかと思うと、彼女は僕に飛びついてきた。
僕は首を掴まれ、小さい女の子とは思えない力で扉の内側に引き倒された。
あまりの出来事に、僕は動転して動けなかった。
その間に彼女は僕の首筋を舐めて、鋭利な牙を突き立てた。

「ふふ。お前、気に入った」

僕は何故か彼女に気に入られてしまったのである。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒尽くめの罪人 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:221字
僕は闇夜に乗じて動く。闇に埋もれるように上から下まで全部黒。コーディネートとか買う服の選択にも困らない。すべて黒だからだ。 どうせ暗いんだから色なんてどうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:うわ・・・私の年収、故郷 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1022字
開拓時代とは、基本的にどの年代においてもおおらかな時代である。なんといっても、結果さえ出せばだれもが一夜にして億万長者になれる時代、あるいは終の棲家と安定した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:うへへ、女祭り! 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:755字
池の傍に座り込んで餌をやっていれば誰でも人気者の気分が味わえる。水面から口を出してぱくぱくせっついてくる鯉は、我先にとほかを押しのけんばかりの勢いである。 雑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デコ弁当 ※未完
作者:雷藤和太郎 お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:867字
「あ、ありがとう」 周りのクラスメイトがざわついたのも無理はない。俺の目の前には学年でもかなり目立つギャルが立っていて、その手にはクロスに包まれた弁当が提げられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ロケット お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:818字
前山丹波駅の東口を出て正面、ホテルニュータンバ沿いの通りを歩いて2つ目の信号を右に。少し狭い路地を進んだところのコンビニエンスストア隣に、そこはある。 気を付 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:833字
勇者、山田花子は暴虐者としても知られていた。魔物たちは山田花子によって見るも無残な目にあい、成敗されていた。その世界の悪は山田花子の名を聞けば即座に震え上がり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1134字
ドラッグパーティで、コカイン粉末の後にヘロインタバコを吸った僕は、ジミ・ヘンドリクスが舞台の上でギターを使ってファイア・パーティした時に会場を盛り上げたファイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:ゆるふわな善 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1261字
一日一善をしなさい。 少女は毎日のように小さなとても見えない気遣いをし続けた。 誰かが忘れた落とし物を交番や、落とし物入れにいれたり、消し忘れの黒板を消してあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:少年の恋人 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1003字
あの日の少年は今はどこにいるのだろう。私はふと、そんなことを思った。これは私が中学生だった頃の話だ。隣の空き家に1組の家族が引っ越してきた。そこには、子供が1人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少年の恋人 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:900字
「やぁ、今日も来てくれたね」 ベッドに横たわる少年の儚げな笑顔は風が吹けば飛びそうな程に軽くて。 その奥底にある苦痛が透けて見えそうなくらいだった。「最近はそこ 〈続きを読む〉

むにゃむにゃ@即興の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:走るぺろぺろ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:880字
「はぁはぁ……。ま、待ってよお嬢ちゃん。ほんの少し、ちょぴっとだけだからさあ」「い、いや。来ないでください」「ぐふふ。さっきからそんなことばっかり言ってさあ…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:愛すべき小説家たち 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:840字
何故かログアウトされていたので、前のお題で書きます。お題 夜の人時刻は二十時。そろそろお隣さんが動き出す時間だ。案の定、隣の部屋からガサゴソと音が聞こえてきた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:弱い負傷 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:927字
ああ、これはもうダメだろうな。少年は腕の傷を見て思った。ぱっくりと傷が開き、絶え間なく血を吐き出し続けている。収まるどころか傷口は余計に開いていき、血の量も増え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:出来損ないの小説の書き方 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:828字
深夜零時をまわった頃。しんと静まった家にただ一つ、タイピング音がした。ある部屋から音はする。暗い廊下だが微かに光が見えた。ドアの隙間から漏れ出たものだった。部屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:美しい発言 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1050字
私は生徒会長だ。みんなの前で美辞麗句を吐き、教師や真面目な生徒会役員のご機嫌をとるのが仕事。そのため周りの人たちからは、私は真面目で凛とした人物だと見られている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:少年の正義 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:790字
少年は正しかった。いつ、どんな場合に於いても。少年は正しすぎた。小さい頃は少年にも友人はいた。けれど、時が経つにつれだんだんと離れていった。少年は、友人もその他 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:日本式の彼 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:851字
主菜、ご飯、味噌汁と順に箸を伸ばす。一口一口よく噛んで飲み込む。十分に味わって食べているようだ。対する私は、気に入った品があると一点食べ。ろくに噛みもせず飲み込 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:打算的な同性愛 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:963字
ベッドで眠りこける男二人。布団ははだけており、肌色がよく見えた。二人とも服は着ていなかった。シーツも乱れ、行為の激しさを物語っていた。窓側の男性は中性的な顔立ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
乗り合わせ ※未完
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:男同士の列車 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:448字
電車は鉄橋を渡る。車窓からは山が見えた。山肌は赤や黄に埋もれていた。眼下を見ると川があり、色とりどりの落ち葉が流れていた。水面には夕焼けが映りこみ、落ち葉の色と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:寒いぷにぷに 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:484字
肌を刺す寒さ。窓から見える庭も真っ白。弟が作ったであろう雪だるまが、日陰にいた。よくこの寒い中遊びにいけるなあ。私なんかこたつからも出られない。普通に入っている 〈続きを読む〉