お題:2つの錬金術 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:256字
[削除]

ほしい、喉から手が出るほど。 ※未完
私は小さい頃から器用な方だったらしい。
らしい、というのも、周りから言われていたからで、自分で器用だとは思っていなかった。
周りをふと見たときに自分はどうやら割とそつなく物事をこなすタイプだと気づいたのは、そう出ない子達に僻み半分で指摘されてからである。

自分では普通にやっているつもりなのに。
それが尚更気に食わないのだろう、そうわかってからも器用な性格らしい私は手加減を覚えた。

そんなことをしてる内にだんだんと人に興味がなくなり、何となくで物事を進め、目立たないように生きてきた。

そんな私の楽しみは
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:非公認魔法少女 お題:2つの錬金術 制限時間:30分 読者:232 人 文字数:1095字
「胡散臭い、本当に君は胡散臭い」 煙草の煙を燻らせながら溜め息を吐いたのは小説家。狭い室内で煙たいからやめておくれと返され、わざとらしくひときわ大きな煙を吐き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風雷雨シロ お題:2つの錬金術 制限時間:30分 読者:225 人 文字数:925字
世の中には、不可思議なものがたくさんある。どんな勇猛果敢な者や大きな像ですらも瞬時に死に至らしめる毒薬。病もせずに、永久の命を与えられるといわれる霊薬。その極端 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:中野 お題:混沌の軽犯罪 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:463字
はい、小指落ちました! さらば私の堅気人生!「……うーん、あんまり実感がありません」 どうだよ、お嬢ちゃん。ニマニマと私に尋ねるヒゲ角刈りに、私は素直に答えま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:混沌の軽犯罪 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:883字
「マリーナに誰も使っていない船が浮かんでいるから行ってみよう」と知り合いに言われて、なんだ?なんだなんだ。ってなった。「行ってみようって、別に行かなくていいんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:恋の父 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:989字
普段、実家からの連絡は携帯を介して行われる。携帯である理由は、大体の場合母親が連絡をしてくるためである。父からの連絡というのはめったに来ない。父が電話を好まない 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:馬鹿な戦争 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1242字
初めて食った人間は、年若い兵士だった。奴の小指はカレーの味がした。 馬鹿な戦争もあったもので、国力がこちらの10分の一もないのに、その恒星間国家は我が巨大な帝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:高貴な海風 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:474字
潮風が気持ち良い丘の上で、ぼくたちは並んで座っていた。項垂れる彼女を支えるように抱き寄せるぼくは、内心とてもドキドキしていたし、ワクワクもしていた。「ねえ、見え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:輝く就職 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:411字
クーラーの一つもついていないこの部屋で、スーツ姿の私は額に流れる汗を拭った。 この夏の最高気温を今現在更新中だとしても疑うことはなかっただろう。 椅子に腰かけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:恐ろしい女祭り! 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:151 人 文字数:664字
世にも恐ろしい祭りがあるのだという。ある寒村に古くから伝わる風習で、祭りは三年に一度、夏と秋の間の晴れた満月の夜に行われる。それは豊穣を願う祭りだったと、言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ドP お題:孤独な踊り 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:175 人 文字数:695字
父の右手には小指がない。昔若い頃、旋盤の機械で吹っ飛ばしたらしい。それが祟りその職を追われ、ついでに母にも逃げられたらしい。その時私は、ようやく一人で立てるほど 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:禁断の儀式 必須要素:美容整形 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:548字
魔物が跋扈している森の奥深くにその塔はあった。 魔女が住んでいると言われているその塔は、付近の国の民の間では「魔女の塔」と呼ばれ、なんでも願いを叶えてくれる魔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
記録にない唇 ※未完
作者:匿名さん お題:記録にない唇 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:908字
朝、目が覚める。体を触って、起きたことを確かめて。ああ、また。長く眠っていたみたいだ。ーー僕は生まれつき脳に障害があり、24時間、一日分しか物事を覚えておくこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:安全な善意 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:860字
純愛にはピザが欠かせない。 男女の関係とはピザに始まりチリソースに終わる。 真っ赤なルージュのような香辛料的ソースに別れを予感し涙した人も多いだろう。 それく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と結婚 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:388字
「俺と結婚してくれ」「はい…♡♡♡」そうして私たちは結ばれた。やがて子供が生まれ、成長し、大人になって、巣立っていった。老夫婦になってからも、私たちはラブラブな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのは本 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:537字
その本を思い出すことは、いつも私をときめかせた。亡くなった王子様の幽霊が、何故か主人公にだけ見えるようになっちゃって、王子の死後不和になった騎士団の仲を取り持っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
貴族の宿命 ※未完
作者:匿名さん お題:ひねくれた神様 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:545字
ジョーヌ家では、毎週日曜日の朝は教会に行くことになっている。「ねぇ、執事、神様でもひねくれることってあるのかしら」 令嬢であるミモザのこの質問に、執事は彼女の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:知らぬ間の男祭り! 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:857字
「お前も来るよな? この男根祭りに」 そう言って、一枚のチラシを彼は僕の目の前に突き出す。 眼前に広がるは、屈強な肉体を持った裸の男達がまわし一丁で神輿を担いで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
穏やかな恋 ※未完
作者:匿名さん お題:穏やかな愛 必須要素:ラジオ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:500字
朝。私はいつものように起床する。いつものように服を着替えて、いつものように歯を磨いて、いつものようにラジオをつける。そしていつものように朝ごはんを作って食べるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐふふ、殺し 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:284字
深夜、寝静まった住宅街に、くぐもった笑い声と微かな血生臭さが漂っている。ぴちゃ…ぴちゃ…と聞こえる音は他でもない「それ」を明らかに指し示している。ブランコの軋み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
非日常BL ※未完
作者:匿名さん お題:同性愛の水 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:402字
金曜日、俺はジュウゴの家にいた。ジュウゴは後ろから俺に抱きついてきている。「離せったら」「いいじゃんもうちょっとだけ」「いいも何もあるか!」「ケチ」後ろからスリ 〈続きを読む〉