お題:2つの錬金術 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:256字
[削除]

ほしい、喉から手が出るほど。 ※未完
私は小さい頃から器用な方だったらしい。
らしい、というのも、周りから言われていたからで、自分で器用だとは思っていなかった。
周りをふと見たときに自分はどうやら割とそつなく物事をこなすタイプだと気づいたのは、そう出ない子達に僻み半分で指摘されてからである。

自分では普通にやっているつもりなのに。
それが尚更気に食わないのだろう、そうわかってからも器用な性格らしい私は手加減を覚えた。

そんなことをしてる内にだんだんと人に興味がなくなり、何となくで物事を進め、目立たないように生きてきた。

そんな私の楽しみは
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:非公認魔法少女 お題:2つの錬金術 制限時間:30分 読者:219 人 文字数:1095字
「胡散臭い、本当に君は胡散臭い」 煙草の煙を燻らせながら溜め息を吐いたのは小説家。狭い室内で煙たいからやめておくれと返され、わざとらしくひときわ大きな煙を吐き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風雷雨シロ お題:2つの錬金術 制限時間:30分 読者:210 人 文字数:925字
世の中には、不可思議なものがたくさんある。どんな勇猛果敢な者や大きな像ですらも瞬時に死に至らしめる毒薬。病もせずに、永久の命を与えられるといわれる霊薬。その極端 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:馬鹿な戦争 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:1242字
初めて食った人間は、年若い兵士だった。奴の小指はカレーの味がした。 馬鹿な戦争もあったもので、国力がこちらの10分の一もないのに、その恒星間国家は我が巨大な帝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:高貴な海風 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:474字
潮風が気持ち良い丘の上で、ぼくたちは並んで座っていた。項垂れる彼女を支えるように抱き寄せるぼくは、内心とてもドキドキしていたし、ワクワクもしていた。「ねえ、見え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:輝く就職 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:411字
クーラーの一つもついていないこの部屋で、スーツ姿の私は額に流れる汗を拭った。 この夏の最高気温を今現在更新中だとしても疑うことはなかっただろう。 椅子に腰かけ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:⊂((・x・))⊃ お題:恐ろしい女祭り! 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:664字
世にも恐ろしい祭りがあるのだという。ある寒村に古くから伝わる風習で、祭りは三年に一度、夏と秋の間の晴れた満月の夜に行われる。それは豊穣を願う祭りだったと、言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ドP お題:孤独な踊り 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:138 人 文字数:695字
父の右手には小指がない。昔若い頃、旋盤の機械で吹っ飛ばしたらしい。それが祟りその職を追われ、ついでに母にも逃げられたらしい。その時私は、ようやく一人で立てるほど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒味缶 お題:苦い百合 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:590字
私は、彼女が好きだった。少し野暮ったいというか、あか抜けてない感じのする女の子だったけれど花に水をやる姿が、なぜかいつも明るく華やいで見えた。いつも散歩の途中で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:混沌の彼方 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:150 人 文字数:1035字
「こんなの混沌じゃないよ」雑子はそう言って顔をあげた。彼女は僕の書いた話を読んだ感想を喋ったんだろうと思う。「いや、ちょっと待ってくれ」僕は彼女のことをよく知っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:つけおねぎ ( 'ᾥ' ) お題:怪しいむきだし 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:787字
高校2年生の春は黙示録だ。学校の掲示板に張り出されている組み分け表を眺め、僕はそう感じた。この高校のクラスは全部で4クラスで、学年一の美少女がいる確率は25%。 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どうあがいてもユートピア 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:553字
2xxx年、ついに人間は絶滅し、残されたのはロボットだけとなった。彼等は持ち前の学習能力で、なぜ人間が滅んだのかを分析することで生き延びることに成功したのだ。彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
7月28日 ※未完
作者:匿名さん お題:苦し紛れの夏休み 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1052字
午前7時半。スマートホンが定刻を告げる。私は体に半ば巻き付いたタオルケットを剥がして体を起こす。すこしだけ空かした窓からは朝日が差し込み、すでに気の早いセミた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:楽観的な薔薇 必須要素:十字 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:446字
久々に気を張り詰めることなく空を見上げる。ポツリポツリと冷たい雫が頬を伝う。これがピクニックならば生憎の天気と言ったところだが、この天気のお陰で敵の航空機に追い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:急な太陽 必須要素:東京湾 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:766字
海に沈んだ。あまり状況の理解できぬまま、果てしない暗黒な底にするりするりと落ちている。這い上がらないと、そう焦燥におもいながらそれよりもまして無重力空間の気持ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
師走の街 ※未完
作者:匿名さん お題:来年の唇 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:277字
ひゅうと音を立てながら街を通り抜ける風に、師走の香りを感じた。赤と緑の派手派手しい装飾に彩られた街を、足早に駆けていく。肌寒さと同時に飾り立てられる街並みは昔か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:壊れかけの独裁者 制限時間:4時間 読者:7 人 文字数:274字
「起きてください!」誰かが騒いでいる。目を開けようと思えば開けられるが、今は開けたくない。憶測ではあるが、何か嫌なことが起きているに違いないと思い込んでいるから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見憶えのある弁護士 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:430字
見覚えがある。あの弁護士には見覚えがあるぞ。この裁判…猥褻物陳列罪で逮捕された男を弁護しているあの男だ。検事の私はあの男とどこかで会ったことがある。卑劣な男だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の快楽 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:384字
小説の快楽。小説の快楽やと? そんなもんがあるか? 舐めておられるのか? 私はそうは思わない。俺は欠席していたのだから、仕方のないことだ。さあ、コーヒーを入れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なぺろぺろ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:224字
いいかい、落ち着いてよく聞いてくれよ。俺はそこらへんに転がってるようなくだらないペロペロをする奴らとは違うんだ。焦らし、転がし、ねぶり・・・その一挙一動に魂を込 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なぺろぺろ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:423字
「おまえ、そこで何しとんね」 男の声で振り向いて、そこには破れた服、泥だらけの顔、なんてみすぼらしいおっさん。浮浪者であろうか。「おまえ、そこで何しとんね言うと 〈続きを読む〉