お題:2つの錬金術 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:256字
[削除]

ほしい、喉から手が出るほど。 ※未完
私は小さい頃から器用な方だったらしい。
らしい、というのも、周りから言われていたからで、自分で器用だとは思っていなかった。
周りをふと見たときに自分はどうやら割とそつなく物事をこなすタイプだと気づいたのは、そう出ない子達に僻み半分で指摘されてからである。

自分では普通にやっているつもりなのに。
それが尚更気に食わないのだろう、そうわかってからも器用な性格らしい私は手加減を覚えた。

そんなことをしてる内にだんだんと人に興味がなくなり、何となくで物事を進め、目立たないように生きてきた。

そんな私の楽しみは
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:非公認魔法少女 お題:2つの錬金術 制限時間:30分 読者:229 人 文字数:1095字
「胡散臭い、本当に君は胡散臭い」 煙草の煙を燻らせながら溜め息を吐いたのは小説家。狭い室内で煙たいからやめておくれと返され、わざとらしくひときわ大きな煙を吐き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風雷雨シロ お題:2つの錬金術 制限時間:30分 読者:221 人 文字数:925字
世の中には、不可思議なものがたくさんある。どんな勇猛果敢な者や大きな像ですらも瞬時に死に至らしめる毒薬。病もせずに、永久の命を与えられるといわれる霊薬。その極端 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:中野 お題:混沌の軽犯罪 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:463字
はい、小指落ちました! さらば私の堅気人生!「……うーん、あんまり実感がありません」 どうだよ、お嬢ちゃん。ニマニマと私に尋ねるヒゲ角刈りに、私は素直に答えま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:混沌の軽犯罪 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:883字
「マリーナに誰も使っていない船が浮かんでいるから行ってみよう」と知り合いに言われて、なんだ?なんだなんだ。ってなった。「行ってみようって、別に行かなくていいんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:恋の父 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:989字
普段、実家からの連絡は携帯を介して行われる。携帯である理由は、大体の場合母親が連絡をしてくるためである。父からの連絡というのはめったに来ない。父が電話を好まない 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:馬鹿な戦争 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1242字
初めて食った人間は、年若い兵士だった。奴の小指はカレーの味がした。 馬鹿な戦争もあったもので、国力がこちらの10分の一もないのに、その恒星間国家は我が巨大な帝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:高貴な海風 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:474字
潮風が気持ち良い丘の上で、ぼくたちは並んで座っていた。項垂れる彼女を支えるように抱き寄せるぼくは、内心とてもドキドキしていたし、ワクワクもしていた。「ねえ、見え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:輝く就職 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:411字
クーラーの一つもついていないこの部屋で、スーツ姿の私は額に流れる汗を拭った。 この夏の最高気温を今現在更新中だとしても疑うことはなかっただろう。 椅子に腰かけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:恐ろしい女祭り! 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:145 人 文字数:664字
世にも恐ろしい祭りがあるのだという。ある寒村に古くから伝わる風習で、祭りは三年に一度、夏と秋の間の晴れた満月の夜に行われる。それは豊穣を願う祭りだったと、言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ドP お題:孤独な踊り 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:172 人 文字数:695字
父の右手には小指がない。昔若い頃、旋盤の機械で吹っ飛ばしたらしい。それが祟りその職を追われ、ついでに母にも逃げられたらしい。その時私は、ようやく一人で立てるほど 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000の小説訓練 制限時間:2時間 読者:0 人 文字数:905字
俺の親父は、小説家だ。近頃、長編の新刊を出したとかで世間の注目を浴びている。 そんな父親を持つ俺だが、仕事はフリーのライター。全然売れないし、ぶっちゃけバイト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:100の汁 制限時間:4時間 読者:1 人 文字数:1066字
アタシの母親は、料理上手なヒトだった。母さんが居たときは、毎日毎日食卓にはいくつもの料理が並んでいた。どんなに疲れて帰ってきても、母さんが作った夕飯を前にすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
エイの愛 ※未完
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 必須要素:プチ整形 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:436字
そのエイは意を決して海底美容外科に飛び込んだ。出迎えたのは白衣を着た初老のシュモクザメだった。気怠そうに安楽椅子に座り、左右に広がった頭部の両端に据えられている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛、それは恋人 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:543字
「ねぇ、あなたは誰?」…はっと目を覚ます。夢を見ていた。誰か、それも自分が見たことも聞いたこともない、現実では知り得ない女性の。「お前が誰だよ…?」大学生活を快 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺とキス 必須要素:義眼 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2158字
「...なあ」彼の義手を手入れしてる私を見て、呆れたように彼が言った。「なに?」「こんな俺と居て、気持ち悪くねーの?」「...さあね。少なくとも、今君から離れた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:斬新な青春 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:1444字
私が、十五,六の頃だったか。私の祖父母の家の近所には鬱蒼とした雑木林があった。光が差さず暗いことから、化け物林と呼ばれていたこと、そこに私に恋した一人の女性が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:理想的な春雨 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:746字
アジア地域でよく食べられるものらしい。原料は、国によって違うが、芋デンプンや緑豆デンプンなどから作られる。その人の好みによって、理想的な春雨が違うということだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれは誤解 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:219字
「明日、また会いにきますね」それが、彼女……木古内楓が僕に残した最後の言葉だった。その「明日」は、猛吹雪という天候で訪れた。まるで、襲いかかるように吹き付ける雪 〈続きを読む〉