お題:2つの錬金術 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:256字
[削除]

ほしい、喉から手が出るほど。 ※未完
私は小さい頃から器用な方だったらしい。
らしい、というのも、周りから言われていたからで、自分で器用だとは思っていなかった。
周りをふと見たときに自分はどうやら割とそつなく物事をこなすタイプだと気づいたのは、そう出ない子達に僻み半分で指摘されてからである。

自分では普通にやっているつもりなのに。
それが尚更気に食わないのだろう、そうわかってからも器用な性格らしい私は手加減を覚えた。

そんなことをしてる内にだんだんと人に興味がなくなり、何となくで物事を進め、目立たないように生きてきた。

そんな私の楽しみは
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:非公認魔法少女 お題:2つの錬金術 制限時間:30分 読者:221 人 文字数:1095字
「胡散臭い、本当に君は胡散臭い」 煙草の煙を燻らせながら溜め息を吐いたのは小説家。狭い室内で煙たいからやめておくれと返され、わざとらしくひときわ大きな煙を吐き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風雷雨シロ お題:2つの錬金術 制限時間:30分 読者:212 人 文字数:925字
世の中には、不可思議なものがたくさんある。どんな勇猛果敢な者や大きな像ですらも瞬時に死に至らしめる毒薬。病もせずに、永久の命を与えられるといわれる霊薬。その極端 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:馬鹿な戦争 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:1242字
初めて食った人間は、年若い兵士だった。奴の小指はカレーの味がした。 馬鹿な戦争もあったもので、国力がこちらの10分の一もないのに、その恒星間国家は我が巨大な帝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:高貴な海風 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:474字
潮風が気持ち良い丘の上で、ぼくたちは並んで座っていた。項垂れる彼女を支えるように抱き寄せるぼくは、内心とてもドキドキしていたし、ワクワクもしていた。「ねえ、見え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:輝く就職 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:411字
クーラーの一つもついていないこの部屋で、スーツ姿の私は額に流れる汗を拭った。 この夏の最高気温を今現在更新中だとしても疑うことはなかっただろう。 椅子に腰かけ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:恐ろしい女祭り! 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:664字
世にも恐ろしい祭りがあるのだという。ある寒村に古くから伝わる風習で、祭りは三年に一度、夏と秋の間の晴れた満月の夜に行われる。それは豊穣を願う祭りだったと、言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ドP お題:孤独な踊り 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:148 人 文字数:695字
父の右手には小指がない。昔若い頃、旋盤の機械で吹っ飛ばしたらしい。それが祟りその職を追われ、ついでに母にも逃げられたらしい。その時私は、ようやく一人で立てるほど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒味缶 お題:苦い百合 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:590字
私は、彼女が好きだった。少し野暮ったいというか、あか抜けてない感じのする女の子だったけれど花に水をやる姿が、なぜかいつも明るく華やいで見えた。いつも散歩の途中で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:混沌の彼方 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:160 人 文字数:1035字
「こんなの混沌じゃないよ」雑子はそう言って顔をあげた。彼女は僕の書いた話を読んだ感想を喋ったんだろうと思う。「いや、ちょっと待ってくれ」僕は彼女のことをよく知っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:つけおねぎ ( 'ᾥ' ) お題:怪しいむきだし 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:787字
高校2年生の春は黙示録だ。学校の掲示板に張り出されている組み分け表を眺め、僕はそう感じた。この高校のクラスは全部で4クラスで、学年一の美少女がいる確率は25%。 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:くさい哀れみ 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:525字
私がホームレスの男の出会ったのは、土が凍りつく冬の朝だった。男は小学校の通学路にある大きな橋の高架下に住んでいた。ダンボールを何層にも重ねて造った棲み家は要塞の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:失敗の復讐 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:439字
あずさは、今日の家庭科の料理は絶対に成功させなくてはいけないはずだった。なぜならば、この時間はお菓子作りという名目で、バレンタインのお菓子を作ってもよいことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと結末 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:685字
今日も仕事が終わって漫画喫茶で始発を待つ。私の仕事はしがないガールズバー店員だ。よくわからないおっさんの話をニコニコしながら、セクハラに耐えながら自給1800円 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな魔物 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1013字
窓から差し込む柔らかな日差しが、教室中に降り注ぐ。単調なリズムで読み上げられる古文の調べは、昼食を終えたばかりの生徒たちにゆっくりと、かつ確実に魔物の侵略を許 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
タバコの効能 ※未完
作者:匿名さん お題:煙草と雨 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:767字
根が小心者なのだ。昔から考えすぎるところはあったのかもしれない。考え始めると落ち込んでいくから考えを止めなければならない。落ち込みはじめたら何らかの方法で脳味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の殺し 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:423字
銃口をごりっと額に押し当てた。「これで終わりだ」 あばよ、と引き金を引こうとしたそのとき。銃口を押し当てられているのにもかかわらず、死を覚悟する様子もなく相手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の殺し 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:830字
彼の最期を見た人間はいなかった。ただ一人、彼の甥を除いては。 死ぬ数週間前まで、かれは極めて善良な市民として朗らかに生きていた。隣人には常に優しく、友人には非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
収束する世界 ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな動機 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1728字
童貞を捨てたのは17歳の冬だ。相手はひとつ上の先輩で、顎のラインまでで切りそろえた人形みたいなボブが似合う、目の大きいかわいい人だった。その日は小春日和で、先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと土地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:638字
夏休み、久々に地元に帰ってきた僕は、小学校時代に友人だった安達にあった。小学校時代の安達は、なかなか面白い奴だった。小学2年生で、先生の車に雪玉をぶつけた。小学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失墜 ※未完
作者:匿名さん お題:帝王の裏切り 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1154字
ヴィーシャは死んだよ。アイリッシュのクソ野郎に頭をぶち抜かれて、溝に捨てられてんのを孫が見つけてね。ああ、あんた少し遅かったみたいだね。 ヴィーシャが幼い孫娘 〈続きを読む〉