お題:斬新な野球 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:901字

プロレスベースボール
 超人野球漫画で魔球などの現実離れしたものが出てくると辟易するくせに、それでは極めて一般的な身体能力しか有さない人間たちのみで繰り広げられる野球漫画を見ると面白さを見いだせない俺は、そもそも野球漫画というものと馬が合わないのだろう。
 しかしそんな俺でも、ある野球漫画だけは面白いと思えた。
 それは『プロレスベースボール』という野球漫画だ。

 この漫画、困ったことに野球をしない。
 正確には野球と呼ばれる球技が確かに存在し、プロリーグがあり、人々の多くはそれを見て熱中するわけだが、実際には資本を出すプロモーターによって勝敗が決する、いわば「立ち合いは強く当たって後は流れで」的な野球界なのである。
 人々がそれでも野球に熱中できるわけは、プレーヤーの誰もが「真剣に野球を行っているように演じるプロ」であるからで、野球自体の上手さもさることながら、試合運びをプロモーターの期待通りに盛り上げることにも心血を注ぐ演者でもあるからだ。
 ここが非常に面白いところで、この場面では必ずホームランを打たなければならない、そういう風にドラマが作られるべきであるとなっているところで、プレーヤーが未熟な場合ホームランにならないことが起こってしまう。すると、観客は「試合運びが上手くないこと」にガッカリするわけで、その尻拭いをするために、様々な部分で修正を行う必要がある。
 例えばホームランにすべき球が凡庸なレフトフライになったとしたら。守備側が単純にエラーをしてしまえば観客としては面白くない。レフトはキャッチをするが、そこからのタッチアップ返球がわずかに反れる。わずかに反れたものが積み重なりキャッチャーとランナーが激突。ランナーは生還し、キャッチャーは次の打席で本来打つはずだったヒットをふいにする。それを見ていた外国人選手が乱闘を起こす……など。
 バタフライエフェクトという言葉があるが、この『プロレスベースボール』は、期待される試合運びが存在し、そこに予定不和が現れることによって必然的にバタフライエフェクトが起こりやすくなる環境が作られる。現実に行われる野球とはまた違う真剣勝負が見られるのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:斬新な野球 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:930字
西暦20××年、人類の中に突如出現し瞬く間に頭角をあらわしてきた超能力所持者がスポーツ界にまで進出したことで、野球の風景も随分の様変わりしていた。アナウンサー( 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:斬新な野球 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:520字
僕は高校野球部員の拓也だ。小学生の頃から野球をやっていて高校に入ってからも野球を続けていたいと思っていた。だから野球部に入った…のだが…。この高校の野球部は少し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とおり お題:斬新な野球 制限時間:15分 読者:324 人 文字数:618字
言葉のキャッチボールとはよく言ったものだと思う。「平川さん、こちらの書類に不備がありましたので午後までに訂正をお願いします」俺の職場には凄いやつがいる。やつ、と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:免れた別れ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:730字
ぼーっとしているせいか、よく自動ドアに挟まる。気配の薄い人間にはセンサーが反応しないのか、まず開けてもらえないことも多く、いざ開いたと思えば通り抜けるまえに閉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:打算的な道 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:139字
こうすればこうなるだろうそういう計算のもと行動してみるそんな癖が僕にあったしかしこうすればこうなるだろうそういう打算に基づいた行動は相手に見抜かれているように思 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:【マジ吉】 お題:僕と高給取り 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:503字
面白味のない機械音が、鼓動と同じ間隔で、パタンパタンと音を鳴らしている。高身長で口の達者な茶髪。明らかに社内規則に違反した髪色をしているくせに、業績を回復させた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名もなき星 お題:部屋とYシャツとお嬢様 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:551字
「白がいいのよ、それもとびっきりの」まるで今から歌いだしそうな声色で彼女はそう私に告げた。簡易なベッドとテーブルだけの部屋に敷き詰められたYシャツたち。何故こん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:気高い秋 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:886字
秋になると思い出すことがある。それは、夕方の色をした川縁だったり、美味しそうにふわふわと揺れるススキの束だったり。その中でも唯一無二の記憶は、実家の縁側で寝そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
針と糸 ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:楽しかった外資系企業 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:308字
それは記憶の紡績工場。いまなお続く老舗のお店。暗い暗い暗い暗い、しかし光る絹の糸。あすこが貴方の居場所でしょうよ。解こうとしても解けないんだもの。御誂え向き。嗚 〈続きを読む〉

雷藤和太郎@バーチャルピエロの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:疲れた宗教 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1165字
「音楽を聞く?」「そう、音楽を聞く」 ハンバーガーショップの不安定な丸椅子に座って、キミコはにっこりと笑った。「ただ音楽を聞くだけの宗教なんて、聞いたこと無いよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:くさい町 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1047字
「この時期になると、通学路が臭くなるから嫌なのよね」 昨晩降った雨が、アスファルトにイチョウの葉を貼りつかせている。イチョウの葉だけならまだしも、紅葉の時期にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:僕の好きな電車 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:984字
総武線快速は嫌いだった。 あの電車は市川も船橋も止まるのに、肝心の本八幡に止まらないのだ。 おかげでどんなに総武線が速かろうが僕は快速を用いるのは嫌だったし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:あいつと魔王 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1042字
俺の彼女はカラスになって飛んでいった。 デパ地下のパン屋でアルバイトをしていた気立てのいい女の子だった。「パン屋だから、普段はつけられないんだ。ゴメンね」 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:男同士の挫折 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:962字
「告白は成功したのか?」 何か不安なことや悩みがあると、わざと遠回りをするように防波堤の上をトボトボと帰る癖が宗次郎にあることを、真は知っていた。 だから、その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:めっちゃ冤罪 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1016字
「アタシのプリン、食べたでしょ?」 妹の千恵里が僕を睨む。 冷蔵庫の中にあったプリンを、僕が食べたことになっているのだ。それは蓋の上に油性マジックで千恵里が印を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
説明文(仮) ※未完
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:計算ずくめの人体 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:764字
タット、というダンスを知っていますか? 踊るということを、これを読むあなたがどのように想像しているかは分かりません。アイドルの歌の添え物程度に思っている人もい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
循環 ※未完
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:破天荒な幻想 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:758字
誰もが一度は考えることだ。 際限なく広がる宇宙は、私たちの身体を構成する原子のごく一部で、ミクロとマクロは循環するように繋がっている。 物質の最小単位の原子の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:少女の血痕 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:828字
落雷で目覚めると、外は横殴りの雨であった。闇夜にうるさいほどの豪雨だ。 あばら家のような山小屋で、しけた毛布を掛けられている。 俺は毛布を払うように身体を起こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:阿修羅小説トレーニング 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1345字
「なんだこのお題」「なんだ、って阿修羅小説トレーニングだろ」「いや、どんなトレーニングっていうか、ワケ分かんないだろ」「きっと阿修羅小説について練習しろって事な 〈続きを読む〉