お題:斬新な野球 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:901字

プロレスベースボール
 超人野球漫画で魔球などの現実離れしたものが出てくると辟易するくせに、それでは極めて一般的な身体能力しか有さない人間たちのみで繰り広げられる野球漫画を見ると面白さを見いだせない俺は、そもそも野球漫画というものと馬が合わないのだろう。
 しかしそんな俺でも、ある野球漫画だけは面白いと思えた。
 それは『プロレスベースボール』という野球漫画だ。

 この漫画、困ったことに野球をしない。
 正確には野球と呼ばれる球技が確かに存在し、プロリーグがあり、人々の多くはそれを見て熱中するわけだが、実際には資本を出すプロモーターによって勝敗が決する、いわば「立ち合いは強く当たって後は流れで」的な野球界なのである。
 人々がそれでも野球に熱中できるわけは、プレーヤーの誰もが「真剣に野球を行っているように演じるプロ」であるからで、野球自体の上手さもさることながら、試合運びをプロモーターの期待通りに盛り上げることにも心血を注ぐ演者でもあるからだ。
 ここが非常に面白いところで、この場面では必ずホームランを打たなければならない、そういう風にドラマが作られるべきであるとなっているところで、プレーヤーが未熟な場合ホームランにならないことが起こってしまう。すると、観客は「試合運びが上手くないこと」にガッカリするわけで、その尻拭いをするために、様々な部分で修正を行う必要がある。
 例えばホームランにすべき球が凡庸なレフトフライになったとしたら。守備側が単純にエラーをしてしまえば観客としては面白くない。レフトはキャッチをするが、そこからのタッチアップ返球がわずかに反れる。わずかに反れたものが積み重なりキャッチャーとランナーが激突。ランナーは生還し、キャッチャーは次の打席で本来打つはずだったヒットをふいにする。それを見ていた外国人選手が乱闘を起こす……など。
 バタフライエフェクトという言葉があるが、この『プロレスベースボール』は、期待される試合運びが存在し、そこに予定不和が現れることによって必然的にバタフライエフェクトが起こりやすくなる環境が作られる。現実に行われる野球とはまた違う真剣勝負が見られるのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:斬新な野球 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:520字
僕は高校野球部員の拓也だ。小学生の頃から野球をやっていて高校に入ってからも野球を続けていたいと思っていた。だから野球部に入った…のだが…。この高校の野球部は少し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とおり お題:斬新な野球 制限時間:15分 読者:272 人 文字数:618字
言葉のキャッチボールとはよく言ったものだと思う。「平川さん、こちらの書類に不備がありましたので午後までに訂正をお願いします」俺の職場には凄いやつがいる。やつ、と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒尽くめの罪人 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:221字
僕は闇夜に乗じて動く。闇に埋もれるように上から下まで全部黒。コーディネートとか買う服の選択にも困らない。すべて黒だからだ。 どうせ暗いんだから色なんてどうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:うわ・・・私の年収、故郷 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1022字
開拓時代とは、基本的にどの年代においてもおおらかな時代である。なんといっても、結果さえ出せばだれもが一夜にして億万長者になれる時代、あるいは終の棲家と安定した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:うへへ、女祭り! 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:755字
池の傍に座り込んで餌をやっていれば誰でも人気者の気分が味わえる。水面から口を出してぱくぱくせっついてくる鯉は、我先にとほかを押しのけんばかりの勢いである。 雑 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ロケット お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:818字
前山丹波駅の東口を出て正面、ホテルニュータンバ沿いの通りを歩いて2つ目の信号を右に。少し狭い路地を進んだところのコンビニエンスストア隣に、そこはある。 気を付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:833字
勇者、山田花子は暴虐者としても知られていた。魔物たちは山田花子によって見るも無残な目にあい、成敗されていた。その世界の悪は山田花子の名を聞けば即座に震え上がり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1134字
ドラッグパーティで、コカイン粉末の後にヘロインタバコを吸った僕は、ジミ・ヘンドリクスが舞台の上でギターを使ってファイア・パーティした時に会場を盛り上げたファイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:ゆるふわな善 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1261字
一日一善をしなさい。 少女は毎日のように小さなとても見えない気遣いをし続けた。 誰かが忘れた落とし物を交番や、落とし物入れにいれたり、消し忘れの黒板を消してあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:少年の恋人 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1003字
あの日の少年は今はどこにいるのだろう。私はふと、そんなことを思った。これは私が中学生だった頃の話だ。隣の空き家に1組の家族が引っ越してきた。そこには、子供が1人 〈続きを読む〉

雷藤和太郎の即興 小説


ユーザーアイコン
デコ弁当 ※未完
作者:雷藤和太郎 お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:867字
「あ、ありがとう」 周りのクラスメイトがざわついたのも無理はない。俺の目の前には学年でもかなり目立つギャルが立っていて、その手にはクロスに包まれた弁当が提げられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:斬新な野球 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:901字
超人野球漫画で魔球などの現実離れしたものが出てくると辟易するくせに、それでは極めて一般的な身体能力しか有さない人間たちのみで繰り広げられる野球漫画を見ると面白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
風化する写真 ※未完
作者:雷藤和太郎 お題:奇妙な祖父 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:834字
お父さんが写真を整理しているので、それを横から眺めていたら手伝わされた。「埃っぽいからマスクをして、それからかなり古い写真もあるから慎重にな」 お父さんのお祖 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:間違った夏休み 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:904字
チャンスの女神は前髪しかないという話を聞いたのは、僕が後悔混じりにその話を最も親しい友人の一人に話した時だった。確かに、そういうものなのかも知れない。でもその 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:出来損ないのユートピア 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:736字
錬金術士である主人公の任地は、未開発の無人島だった。 海岸に乱雑に置かれた資材。ギルドによると、主人公の任務は錬金術を使って無人島を人が住める土地にすること。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:知らぬ間の壁 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:867字
深夜一時。 玄関をそっと開けて家に入ると、家内はすっかり寝静まっていた。冷蔵庫の稼働音が聞こえるほどの静寂の中、忍び足でキッチンに向かい、灯りをつける。洗い終 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:左の幻想 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:812字
左利きに天才が多いというのは幻想だ。少なくとも僕はそう思っている。理由は簡単で、僕は単に左利きであることにとても苦労してきたからだ。 社会の多くのものが右利き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:かゆくなる曲 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:763字
「ドラゴン殺し」という職業の人は、ドラゴンを討伐に行くときに必ずハモニカを吹ける楽師をお供に連れて行くという。それまで、ハモニカ吹きの楽師は金のない人間や目の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:ダイナミックな犯人 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:847字
近所の野良猫が一匹、消えたという話が噂になっていた。 その猫は非常にふてぶてしく、また人家に迷惑をかける猫だった。人がいるアパートの部屋に入ってくるのは日常茶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
小と大 ※未完
作者:雷藤和太郎 お題:2つの昼 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:496字
遠くからチャイムが聞こえて、小学校が給食の時間になったのが分かる。 大きく伸びをして、久しぶりにワークチェアから体を離すと、背筋から骨折のような音がした。指が 〈続きを読む〉