お題:斬新な野球 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:901字

プロレスベースボール
 超人野球漫画で魔球などの現実離れしたものが出てくると辟易するくせに、それでは極めて一般的な身体能力しか有さない人間たちのみで繰り広げられる野球漫画を見ると面白さを見いだせない俺は、そもそも野球漫画というものと馬が合わないのだろう。
 しかしそんな俺でも、ある野球漫画だけは面白いと思えた。
 それは『プロレスベースボール』という野球漫画だ。

 この漫画、困ったことに野球をしない。
 正確には野球と呼ばれる球技が確かに存在し、プロリーグがあり、人々の多くはそれを見て熱中するわけだが、実際には資本を出すプロモーターによって勝敗が決する、いわば「立ち合いは強く当たって後は流れで」的な野球界なのである。
 人々がそれでも野球に熱中できるわけは、プレーヤーの誰もが「真剣に野球を行っているように演じるプロ」であるからで、野球自体の上手さもさることながら、試合運びをプロモーターの期待通りに盛り上げることにも心血を注ぐ演者でもあるからだ。
 ここが非常に面白いところで、この場面では必ずホームランを打たなければならない、そういう風にドラマが作られるべきであるとなっているところで、プレーヤーが未熟な場合ホームランにならないことが起こってしまう。すると、観客は「試合運びが上手くないこと」にガッカリするわけで、その尻拭いをするために、様々な部分で修正を行う必要がある。
 例えばホームランにすべき球が凡庸なレフトフライになったとしたら。守備側が単純にエラーをしてしまえば観客としては面白くない。レフトはキャッチをするが、そこからのタッチアップ返球がわずかに反れる。わずかに反れたものが積み重なりキャッチャーとランナーが激突。ランナーは生還し、キャッチャーは次の打席で本来打つはずだったヒットをふいにする。それを見ていた外国人選手が乱闘を起こす……など。
 バタフライエフェクトという言葉があるが、この『プロレスベースボール』は、期待される試合運びが存在し、そこに予定不和が現れることによって必然的にバタフライエフェクトが起こりやすくなる環境が作られる。現実に行われる野球とはまた違う真剣勝負が見られるのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:斬新な野球 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:520字
僕は高校野球部員の拓也だ。小学生の頃から野球をやっていて高校に入ってからも野球を続けていたいと思っていた。だから野球部に入った…のだが…。この高校の野球部は少し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とおり お題:斬新な野球 制限時間:15分 読者:285 人 文字数:618字
言葉のキャッチボールとはよく言ったものだと思う。「平川さん、こちらの書類に不備がありましたので午後までに訂正をお願いします」俺の職場には凄いやつがいる。やつ、と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:茶色い小説の書き方 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
なんでこんな会社に勤めたんだろうかと数年前を思い出すが、やっぱりこの仕事しかなかったなと思う。めんどくさいことは不得意だし、淡々と同じことをするのはしようにあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Mazzn1987 お題:茶色い顔 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:486字
エイトビート。 裏拍。 下がるのではなく、スネアのタイミングに弾むように。 西日が差し込むサークル棟の部室で青年はギターを弾いていた。 定期考査を控えた大学の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dソルト@『永久パピルス』 お題:茶色い顔 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:805字
テイラーは地面に張り付いたかのように動かなくなった。肉が、骨がという状態ではない。地面にという絨毯に描かれたグロテスクな模様になったのだ。ナンシーはそれを見てあ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄色い人 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:952字
娘の通っていた幼稚園の参観日に行った時のことだ。 少し時間が早かったので、わたしは娘のいる教室の前に張り出された絵を眺めることにした。 恐らくは、自分と友達を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
壊れた戦車 ※未完
作者:表田 圭 お題:戦争とガールズ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:615字
遊具など一つもない、だだっ広い公園。ベンチがいくつか設置されているくらいで、散歩の途中の老人やランニング中の人、犬と散歩をしている人がぽつりぽつりと点在してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お茶会 ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:奇妙なお茶 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:536字
「匙の先が上に向いているやつは睡眠薬が入っているので、飲まないように」 事前にそう伝えておいたはずだったが、娘はこちらを挑発するように睨み、真っ白い手を一番に盆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神野 お題:やわらかい表情 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:667字
彼女は、いつも何を考えているのか分からない表情をしていた。俺も以前は他のクラスメイトと同じく『人の思考が読めるという理由から恐れられている人』という認識であった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:漆黒の闇に包まれし潮風 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1256字
「なぁどうしてお前に風の名前がついてると思う」 その声に少女は振り向きざまに蹴りを、「そんなのあんたの勝手に決まってるでしょ」 片手で封じる。 戦闘訓練をさせた 〈続きを読む〉

雷藤和太郎の即興 小説


ユーザーアイコン
ねじれる世界 ※未完
作者:雷藤和太郎 お題:ねじれた屍 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:896字
遺体は無残にも水を絞られた雑巾のようにねじられて、その亡骸は実際に干からびていた。「むごい……」 あまりの様子に口をおさえて呟くが、いまいちそれが人間の遺体に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:汚れた魔物 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:860字
倒した魔物の遺物を探っていると、洞窟の奥で何かが動いたような気がした。 薄暗がりの中を凝視すると、何かがうずくまって震えている。 倒した魔物に攫われた人間だろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:興奮したガール 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1014字
僕がゲームをしていると、突然玄関が勢いよく開いて、バタバタバタという音と共に奈緒が部屋へ転がり込んできた。文字通り部屋の扉を開けたと同時にこけたので、マジで転 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
始まらない ※未完
作者:雷藤和太郎 お題:私の公認会計士 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1036字
「……あの」 僕の確定申告書を見て、窓口の女性は固まっていた。「何か、拙いところがありましたか?」「いっ、いえいえいえいえ!」 例年、同じ会計事務所に頼んでいる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:輝く喜び 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:842字
私の家系は特殊な性質をもっている。 生まれてくる子どもは全員女性、一族は婿を迎えて当主とし、家督を継ぐこと。女性しか生まれない、というのはどうやら性質というよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:生きている墓 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:883字
桜の木の下には死体が埋まっている。 美しいフレーズだ。このフレーズを模倣してタイトルにした小説のなんと多いことか。 梶井基次郎の慧眼を物語るフレーズには当然そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:穏やかな小雨 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:976字
「ん」 私が生まれる前のアニメ映画で、こういうシーンを見たことがある。 雨の降る学校の校門で主人公の女の子が途方に暮れていると、男の子が一本しかない傘を差しだす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:私が愛した勇者 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:797字
その犬は、私が知っている中でもっとも賢く、そして勇敢だった。 害獣駆除を専門に山中を巡り、増え過ぎた鹿や猪を狩る私の傍らには常にその犬、次郎がいた。 次郎は雑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:マンネリな宗教 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:800字
アキラは良い奴なんだが、ちょっと宗教的に近寄りがたいものをもっている。 彼自身は無宗教なんだが、その意味合いが他の人が使う無宗教とは違うのだ。アキラの言う無宗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:君の境界 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1004字
徳香は、夕食を鍋にすると必ず不機嫌になる。「だって、あなたは菜箸やおたまを使わずに鍋に直接自分のお箸を突っ込むじゃない」 ちゃぶ台の上にガスコンロを置いて、二 〈続きを読む〉