お題:ラストは誰か 必須要素:首相 制限時間:1時間 読者:117 人 文字数:3285字 評価:0人

彼らは事故をよく見た
「事故死です」

震える唇で、手術用の手袋を暖炉方面に放りながら前原が言った。

「専門の知識があるわけではありません、必要な設備もありません、けれど、私が知る範囲において、あれが殺人だと考えることはできません」

山荘の中の雰囲気が、それでわずかに緩んだ。
とはいえ、誰もまだ喋らない、誰もがまだ重々しいままの空気を拭えない。

「……どうするの、あれ」

地面を見つめたまま、明美が言った。
三角座りの、独白にちかい言葉に対し、誰も返答しない。

「……余分な寝袋はありませんか?」
「どうだろ、調べてみるよ」

苦渋に満ちた前原の質問に、俺はそう返して立ち上がる。
管理人は、ここにはいない。勝手に調べることになるだろう。

立ち上がり動く俺を、幾人かの視線が追い掛けた。
機械的な動作だろうが、どこかしら羨ましさを伴っていた。

「――」

俺は少しだけ、窓の外を見る。
吹雪がガラスを叩き、一切の白だけを情報として返した。風速はまるで弱まっていない。

「……雪山の山荘に閉じ込められるとか……」

しかも、人死にまで出るとか――
他人事ならともかく、自分で体験するとなると、まったく楽しくは無かった。


一人で旅をするのが好きだった。
誰も自分を知らない、顔を会わせる全員が初対面――その感覚が田舎暮らしをしていると新鮮で、やっと自由に呼吸できる気分になる。
知らぬ間に嵌められた枷がひとつ、音もなく緩むかのような。
たまに起きるアクシデントも、狭い範囲で暮らしていては、決して味わうことのできない体験で、いくら周囲の人間が止めようとも、この趣味を止めるつもりは無かった。

この雪山に来たのも、だから登山目的というよりも寄り道のようなものだった。
山を目指さず、一泊だけして下山しようか。

『事故』が起きたのは、そんなときだった。

吹雪の起きる前、まだ雲の動きが早くなろうかというとき、星空を見るため山本が外へと出かけた。
防寒具を着込んではいたが、少しでも暖を取るためか、小屋を背にしながら夜空を見上げる。
彼が最後に見た星座がなにかは知らない、だが、鋭利な氷の切っ先を見たことは間違いない。
凶器と化した氷の塊、つららがその目から脳髄へと突き刺さり、その命を奪った。
その様子を、彼の連れである前原は、目撃した。
ホラー映画に出てくるヒロインのような甲高い叫び声が、彼の口から発せられた。そうして俺たちも、事故が起きたことを知ったのだ。


「なんなんだろうな」
「……ようやく話しかけた……」

体育座りのままの明美が、非難の色も無く言った。
相当参っている。

「ひょっとしたら、良く似た別人かとも期待した」
「そんなわけがない……」
「だよな」

小さいコミュニティに、緊密な関係が構築された場所だった。友人ではないものはいても、知らない人間はいなかった。

俺と同じような趣味を持つ明美とは、旅先でごくたまに出会うことがある。
そういうときは、たいていの場合は礼儀正しい無視をお互いに決め込む、いない人間として扱うのが旅先での暗黙のルールだったが、さすがにこれは例外だろう。

とはいえ、それきり話題も無くなり、微妙な沈黙が生じる。
大半の人間が、そうだった。誰も喋れず、言葉を口にできないでいる。

音源といえば二つ、ひとつは妙に一定の抑揚で流れるテレビのニュース、首相がどうだこうだと言っているが、内容に興味がなさすぎて左から右へと音が流れる。
もう一つは、スマホに向かって何かを喋りかけている田野口だ。

「あれ、なにやってんだ?」

明美は少しだけ顔を上げ。

「たぶん、生放送」
「……動画サイトの?」
「おそらくね。知りたければ、訊いてみれば?」
「見知らぬ人間に対して、俺の顔を晒すつもりはないな」

近づけば必然的に生放送参加になりそうだった。
田野口はところどころドモリながらも、事態を矢継ぎ早に説明していた。冷蔵庫から取り出した缶を片手に力説している。
良く電波が届くなと思ったが、考えてみればテレビが映っている。何らかの手段で通信が通っているのだろう。

情報が遮断されていない山荘って、もう密室とかじゃないよなぁ――

「外から助けが来ない、外へ脱出することができない、ここに篭っているしかないのは、変わらないでしょ?」

どうやら口に出していたらしかった。
俺は決まりが悪くなり、誤魔化すように後頭部を掻いた。

ピイピイ――と甲高い音がしたのは、そんな時だ。どうやら、田野口のスマホの充電が切れているらしい。やたらと煩い設定にしているなと非難の目を向ける先で、やはり立て板に水のように状況を説明し、「死体とか見せれるわけないだろバカかよ、っていうかマジだから嘘じゃないから明日新聞に乗るから、そういう野暮なこと言ってるのはさぁ、そりゃ信じらんないからだろうけど――」と視聴者らしき相手とやりとりをし、充電器を片手にコンセントへと向かい――

「……あ?」

その体が、痙攣した。
一秒か二秒、俺は茫然とした。その茫然とする間は、あまりに致命的だった。
田野口が、糸の切れた人形のように、崩れ落ちた。身を守る素振りの一切ない、危険な倒れ方だった。
焦げ臭い、厭なニオイが発生した。コンセントからは、断続的なバチィという音が発生し、缶がコロコロと転がり中身を床へとぶちまけた。

「感電……?」

明美の呆然とした言葉が、一人減った山荘の中で、やけに響いた。



事故が続いた。事故死は起き続けた。
山荘内の、予備の寝袋は本来とは違う使用方法をされ続けた。
もうすべて使い果たしてしまった。
それだけの数の――事故、アクシデント、不幸な偶然――

目の前で目撃したのだ、それが本当だと俺は知っている。だが、

「本当にか、本当にそうなのか?」

何かの意図があるんじゃないか。誰かしら犯人がいるんじゃないか。いや、そうであって欲しい。

「――」

明美は、俺の二の腕を握ったまま、もう返事もしない。
無理も無かった。

――この吹雪が止めば、あるいは朝日が昇り、捜索隊と警察が来てくれれば、きっと大丈夫です――

青い顔で、明らかに自身でも信じ切れていない顔で、無理に笑いながら言った前原は、物言わぬモノとなって、今はもう倒れている。
その姿を覆ってやるシーツも寝袋も無かった。

俺たちは身を寄せ合って、可能な限り縮こまっていた。
何もかもが凶器と成り得た。何もかもがコッチの命を奪う可能性のあるものだった。
殺人犯がいた方がまだマシだと思えた。
少なくとも、その人間をどうにかすれば事態は収まる。
だが、これは、原因がない。
呪いを相手にしているかのように、捉えどころというものがなかった。

「ねえ……」
「なんだ」
「偶然、なのかな」

当たり前だろ、悔しいけどな――
そう言おうとした口が止まった。

明美を見る、そこに、ある種の共犯者を見つけたような救いがあった。

「……旅先で、いろんなアクシデントを、見たことは無い?」
「――」
「たまたまなんだな、って私、思ってた。狭い所から出たら、思っても見ないことが起きるんだって」
「――」
「本当に、そうだったのかな……?」

人が死ぬ様子を見たことは無い。これが初めてだ。
だが、色々な出来事が起きるのを、確かに俺は見た。

狭い中では、決して見ることのできないアクシデント。
だが、あれは、彼らにとってもそうであるはずで、滅多に起きないことで――

「なんで皆、毎回出るのを、旅するのを止めるんだろうって、思ってたんだ」

俺が暮らしていた、明美が暮らしていたあの場所、なんの変哲もない。
だが、それは、本当に?

「ねえ――」

ほとんど泣きそうな顔で、彼女は言う。

「私とあなた、どっちが、より事故を起こしやすいのかな?」

俺は――
俺は生き残りたいのかどうかも、よくわからなくなっていた。
もし、生き残ったら、俺が犯人だった。



作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ラストは誰か 必須要素:首相 制限時間:1時間 読者:199 人 文字数:2352字 評価:1人
修学旅行の夜、学年の何人かで、消灯時間を過ぎてから百物語をしようということになった。 とはいえ、百話も話をするとなると一話三分と考えても五時間はかかる。 それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:ラストは誰か 必須要素:首相 制限時間:1時間 読者:110 人 文字数:3902字 評価:0人
「戦場に……女、だと?」 これだから、戦いなんて嫌いだ。戦う事が嫌いだという事実と戦う事はまた別の事で、それは痛いのが嫌だと同じような理屈でもって僕に戦う事を強 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ラストは誰か 必須要素:首相 制限時間:1時間 読者:134 人 文字数:2577字 評価:0人
柄にもなく遺書なんて残してみた。ただ、その遺書というものの書き方がわからなかったので、「本日はお日柄もよく」なんて言葉で始まる長文を書いてしまった。便せんにして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:抹茶飯盒 お題:ラストは誰か 必須要素:首相 制限時間:1時間 読者:128 人 文字数:1149字 評価:0人
血生臭さが際立つ部屋に僕はいた。「こんな光景……なんど見ても慣れねぇや。」 ある日、僕のもとに一通の手紙が届いた。普通では見ないであろう珍しい色の、やけに大き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:ラストは誰か 必須要素:首相 制限時間:1時間 読者:117 人 文字数:3285字 評価:0人
「事故死です」震える唇で、手術用の手袋を暖炉方面に放りながら前原が言った。「専門の知識があるわけではありません、必要な設備もありません、けれど、私が知る範囲にお 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:ラストは誰か 必須要素:首相 制限時間:1時間 読者:110 人 文字数:2507字 評価:0人
奪還作戦は17時にはじまった。武装集団が逃亡手段の用意と身代金の受け渡しを要求した時刻が18時だから、猶予は1時間となる。某国の主導者、といっても、文化も政治 〈続きを読む〉

inoutの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:inout お題:近い蟻 必須要素:文末は全て「!」 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:3303字 評価:0人
「やあやあ、まずは来てくれて感謝したい、などと言うと大仰すぎるだろうか、それでも君がこうして校舎裏などという寂れた場所にまで来てくれたことについて吾輩は大変に感 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:僕の宇宙 必須要素:純文学 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:3242字 評価:1人
僕は宇宙をまたにかける凄いヒーローで、手にした銃はすごい威力で、この公園は僕のものだった。「だから出てけ!」白いお城とお花畑となんか美形の奴がいるような『領域』 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:捨てられた不動産 必須要素:日本人使用不可 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:2883字 評価:0人
「……なあ」「なんでしょう」「あれはいったい、なんだ?」「長城ですよ?」「それはわかってる。そうじゃなく、あれを、一体どうやって設置した?」「不動産法ですよ」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:消えた天才 必須要素:若者使用不可 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:3143字 評価:0人
『天才』が消えた。もうどこにもいなくなっていた。あのふよふよと浮かんでいた光は五年三組のどこを探しても見当たらず、永久に消えてしまった。「誰だよ」一番最初にこの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:フォロワーのお金 必須要素:コミティア 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:3422字 評価:1人
コミティアとは言うまでもなく年4回行われる決闘のことである。つまりは殺し合いだ。闘技場などにおける剣闘士の戦い用と違う点は2点。魔術の使用による対決が主であるこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:彼が愛した狼 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:3160字 評価:0人
また、出たんですか――!彼がそう叫ぶと同時に両の拳は机に叩きつけられていた。震動にバランスを崩した弁当箱が海老のしっぽを離脱させながら落ちるが、床よりも前に彼の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:昨日のつるつる 必須要素:日本人使用不可 制限時間:1時間 読者:51 人 文字数:3950字 評価:1人
木製のテーブルに、これまた木製のジョッキを叩きつけて口まわりの泡を拭う。どれだけエールを飲んだところで、まったく酔うことなどできない。くそ、なんでだ――その言葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:重い海辺 必須要素:にゃんまげ 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:2859字 評価:0人
「なにしてんの?」「海を見ています」「こぉんな暗くて何にも見えない夜なのに?」「風情があっていいですよ」「馬鹿?」「ええ、馬鹿なことをしています」「ふぅん……」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:3249字 評価:1人
門がある。巨大だが簡素であり、儀礼的なものにすぎない。その左右には壁もなければ仕切りもない。ただの象徴としての門だった。彼女は、ふん、と鼻を鳴らした。初等科生徒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:小説家の娼婦 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:81 人 文字数:3216字 評価:2人
蒸し暑さを風がさらうのを、ぷらぷらと揺らしたサンダルに感じていた。初夏の風はどこか億劫そうだ。小高い丘で、ただ彼は茫然と空を見上げていた。つい先ほどまで書いてい 〈続きを読む〉