お題:小説家の血 必須要素:Twitter 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:463字

売れない小説家 ※未完
「これも駄目、か・・・」

高校生小説家としてデビューしたが、売れたのは1作目だけ。
その後は鳴かず飛ばずで低空飛行を続けること10年。
書く速度がそれなりに早く、仕事を選ばなかったおかげで、なんとか小説家一本で続けられていたが、俺は正直限界にきていた。

「やばいな・・・・もう、金がない」

小説家はヒット作こそ出れば問題ないが、出なければフリーター並の生活となる。
俺の生活は自分の作品の人気と同じく、ここ10年ずっと低空飛行だ。

「しかし、今更これ以外の仕事はできない」

元々父子家庭で生活に余裕がなく、学力も下だった俺は、小説家デビューの話に真っ先に飛びついた。
そのまま、会社・社会を知らずに25歳。
父も去年病気で亡くなり、今更サラリーマンは難しい。

「はあ・・・」

気分転換に公園のベンチで書いていたが、一向に話が進まない。
Twitterでも眺めようと、スマホを開いたところ、

「あのー〇〇先生ですよね?」

俺はとある少女と出会った。


それが生き別れた母であり、小説家だったのは後の話だ。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
物語の毒 ※未完
作者:Kamîyama お題:小説家の血 必須要素:変なにおい 制限時間:15分 読者:241 人 文字数:797字
「武瑠屯さん、あなた朝波の新人賞、入選されたんですって?」 椎名郁人こと武瑠屯は、バラック小屋の影からの声にびくりと身を震わせた。 「ねぇ、武瑠屯さん」 そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:小説家の血 必須要素:変なにおい 制限時間:15分 読者:236 人 文字数:808字
例えば、全人類に例外なく番号が振られて、ただの一人の例外も無く全員の体の何らかの部分にタグを埋め込まれて、体には人口赤血球とか人口白血球とかを入れられて、思考と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:戦争と接吻 必須要素:Twitter 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:331字
遠い昔、わたしが生まれるずっとずっと前。おばあちゃんがまだ小さな子どもでおばあちゃんのママの背中におんぶされていた頃、となりのとなりの国で戦争があった。ある日海 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:呉葉@6/13 お題:茶色いアパート 必須要素:Twitter 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:598字
古びたアパートだった。どこからともなく隙間風が入り込んできて冬は寒いし、昨今騒がれる温暖化のせいで扇風機の身で乗り切るには夏は暑すぎる。そんなあばら家に、住んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:煙草と娘 必須要素:Twitter 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:901字
いつからだろうか、煙草という存在を、そこまでかっこいいものと思わなくなったのは。 いつからだろうか、あんなもの吸おうと思うんじゃないと、姉に怒られなくなったの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
夢の天井 ※未完
作者:匿名さん お題:地獄天井 必須要素:Twitter 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1092字
地獄の天井。それが私に迫ってくる。怖い。マグマのように熱い針が、着実に私に近づいてくる。恐怖に目を閉じ、痛みを覚悟する。思い浮かぶのは、友人達や彼氏。両親との楽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:経験のない経験 必須要素:Twitter 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:901字
「あの・・・Twitterとかやってますか?」と、聞かれてジュンってした。股が。ひっ・・・。って思った。そういう時、大抵の場合ラインやってますか?と聞かれるのが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:来年の諦め 必須要素:Twitter 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:834字
自分でも、情けないなと思う。なんとなく検索して見付けてしまったのは、仲の良かった……昔好きだった人のアカウント。 こちらから声を掛けるでもない、ただ、たまにタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:軽いヒロイン 必須要素:Twitter 制限時間:15分 読者:144 人 文字数:394字
-ヒロイン-物語開始時点で主人公と恋人同士であるか物語が進むにつれて恋愛感情を持つようになる女性や、女性への恋愛感情をまだ持っていない主人公に先立って彼への恋愛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:妹ラリスト@小説家になろう お題:穏やかな経歴 必須要素:Twitter 制限時間:15分 読者:198 人 文字数:1126字
人間、誰にでも向き・不向きというものがある。 忍耐強い人、継続力のある人、文章力のある人……僕は残念ながらそのどれにも当てはまらないようであった。 twitt 〈続きを読む〉

Qtenの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:Qten お題:贖罪の極刑 必須要素:十字 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:611字
「これより刑の執行を行う!」荘厳な服を着た執行人が高々に宣言する。周囲を囲む人々がワーワーと声をを挙げて盛り上げる。平民も貴族も関係なく、老若男女さまざま人間た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Qten お題:今日のゲストは風 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:554字
ストア魔法学園。ストア王国民で魔法の才を持つものならば、誰でも通うことが可能な国立学園である。そこの第三実践場で、とある教師と生徒が向かい合っていた。「・・・シ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Qten お題:生かされたところてん 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:630字
俺はうどんが大好きだ。三食うどんは当たり前として、10時と15時のおやつにもうどんを選択する徹底ぶりだ。あののど越しの良さは、どんなに体調が悪くても食べられるし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Qten お題:猫の虫 必須要素:スキンケア 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:548字
「んー、最近肌のハリがよくないなぁ」ペタペタを頬を撫でつつ溜息をつく。肌ツヤに悩む年齢でもないんだけど。。。うーんうーんと悩んでると、ペットの猫のニャン太がすり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Qten お題:官能的な雑踏 必須要素:バツ印 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:611字
「あら、坊や。可愛いわね。お姉さんとお茶でもしない?」「いえ、結構です」やたら露出度の高いお姉さんを避けて道を進む。「そこのBOY! Meと一緒にHotelにG 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Qten お題:ぐふふ、夜 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:591字
「ふふふ」ゴポリ、と鍋が音を立てる。「ふふふふふふふ」黒く、濁った液体。「ふははははははーーー!」白い蒸気をあげて煮えたぎるそれは―――「ねえちゃん焦げてる」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Qten お題:ちっちゃな朝日 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:1時間 読者:111 人 文字数:1358字 評価:0人
20XX年8月の暑い夏、ミナトは東京新宿を歩いていた。眠らない街といわれる東京、その中でもひと際騒がしいはずの新宿そこは今、静寂に包まれていた。時刻は午前4時だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Qten お題:漆黒の闇に包まれし性格 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:506字
「ああーー! ニンゲンばっかりズるい! オレもムソウ」したい!」まるで駄々をこねる子供のように目の前でゴブリンが棍棒を振り回す。人間でいうと30歳くらいの筈なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Qten お題:大人の情事 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:369字
「ふむ・・・どうだった?」「えーっと・・・・・・60点、かな」「なかなか辛口だな」映画館を出た俺たちは、たった今見終わった映画について互いに意見を交わしていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Qten お題:黒尽くめの沈黙 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:400字
『コングラチュレーション。ブラック。相変わらず見事な仕事だったよ』「・・・まあ、今回は楽な方だったからな」機械音声で濁された誉め言葉に気怠く返答を返す。実際、今 〈続きを読む〉