お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:868字

近距離
「もしもし」
 受話器を取って応答した瞬間、電話はぷっつりと切れた。ああ、いつもの電話だな、と、私は思う。
 この無言電話はいたずらではない。叔父からの生存確認の電話である。
 きっかり夜の10時。……厄介なことに、これを無視し続けていると、警察沙汰になりかねない。1度うっかり外出している間に、そんなことがあった。
 別に、自由が制限されているわけではなく、携帯電話というものがあるから、別に外出していても構わないのだ。ただ、10時の電話に出ないと厄介なことになる。
 少しでもしゃべったらどうなのか、と思うのはもうあきらめた。多分、叔父の常識は可聴域を超えているのだ。
 叔父はひどく人見知りで、なによりも人間が嫌いである。

 叔父の人間嫌いは常軌を逸している。
 仕事で学校に出かける以外にはほとんど外出などすることはなく、鍵はかかりっぱなしだ。インターフォンはそのままただ錆びておかせるためにあるかのようだ。
 考えてみれば、会話らしき会話が発生したことはない。

 第一、私は叔父の家に下宿しているのである。一言直接ノックでもすれば事足りるのではないか。

「ねえ、おかしくない?」
「おかしい……」
「おかしいね……」
 久しぶりに顔を合わせた父と母は心配そうに顔を見合わせた。叔父なら大丈夫か、と快く送り出してくれたのは、叔父ならプラスマイナス0であるからノーカウント、ということらしい。
 確かに叔父は全くもって私に干渉することはない。しかし、同じ家に住んでいてほとんど顔を合わせることはない、というのは不思議である。
「電話なんてする人じゃないのに」
 そこか、と思った。
「まあ、確かによろしくとは言ったけど……」
「人は変わるもんだねえ」
 父と母はのんびり言った。
 あの無言電話は、よほど特別なはからいらしかった。
「兄さんが電話なんてものさわれるとは思ってなかったな。なんだよ、ただ単に出ないだけなのか。使い方を知らないと思ってたんだけどな」
 10時の電話が鳴ったが、切れた。帰省を思い出したのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
うそ!? ※未完
作者:カミジョー@女子中学生かも? お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:181 人 文字数:344字
その日はひどく暑い日だった。ひぐらしが騒々しく鳴きわめき、空にはペンキをぶちまけたように真っ青な空と、ギラギラとアスファルトを灼く太陽。そんな中で、ポケットの中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:280 人 文字数:1031字
『話聞いてないよね』 最早断定並の強さで言われて、ようやく意識が浮上する。辛うじて聞き取れた言葉に、果たして肯定するべきか建前だけでも否定しておくべきかと緩く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:刹駈 お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:368 人 文字数:632字
「みゅんみゅん☆ こちらは魔法小生メディカル☆せっちゃん テレフォンサービス ~クラスのみんなにはないしょだよっ~だみゅん☆ コレを聞いてくれてるってことは、み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:305 人 文字数:29字
>よぉ!プール行こうぜ!!>いや、暑いからいいわ… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白蓮 華依夜@冬コミ原稿なう お題:夏の電話 必須要素:佐々木 制限時間:15分 読者:211 人 文字数:631字
蒸し暑い夜に、突然鳴った電話。ディスプレイを見ると、名前は幼馴染からの佐々木からだった。「よう。電話してくるなんて珍しいな」 高校に入ってからと言うもの、お互 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
師走の街 ※未完
作者:匿名さん お題:来年の唇 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:277字
ひゅうと音を立てながら街を通り抜ける風に、師走の香りを感じた。赤と緑の派手派手しい装飾に彩られた街を、足早に駆けていく。肌寒さと同時に飾り立てられる街並みは昔か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:すごい伝説 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:834字
ものすごく昔、まだ世界がなんか暗かった頃のはなし。とても強い神様となんか恐ろしい大魔王が戦って相打ちになって死んだ。そしてうまく説明できないけどなんかがどーにか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:表田 圭 お題:うるさいダンス 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:557字
足下で子猫が遊んでいる。くるくる、くるくる。自分の尻尾を無邪気に追いかけている。前足が尻尾に伸びる度、空ぶった爪がフローリングの床を叩いた。 俺は飼い始めたば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:遅すぎたにおい 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1238字
「これは……遅すぎたにおいがするぜ……!!」「ーーあ、ああっ……!!」オーブンを開けるとそこにはーー黒。一面の黒が広がっていた。焦げたにおいが溢れ出し、キッチン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:永遠の高給取り 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:748字
砂漠のただなかにオアシスのふりをして、その施設はある。遭難者の願望をそのまま投影したかのような憩いの地だ。水場のかたわらにヤシの木が生え、アロハ服の案内人が出 〈続きを読む〉

ぽつタイプライターの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:明日の天国 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:521字
水晶玉に映った私は、そりゃあもうへべれけに酔っぱらっていて、陽気そうにげらげら笑っていた。ああ、なんと愚かな! この虚像を見ているからこそ、酒が我慢できるとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お茶会 ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:奇妙なお茶 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:536字
「匙の先が上に向いているやつは睡眠薬が入っているので、飲まないように」 事前にそう伝えておいたはずだったが、娘はこちらを挑発するように睨み、真っ白い手を一番に盆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:重い貯金 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:965字
「なあ、俺の分まで生きろったって、お前はそこで死んだわけだろう。それなのに、お前の分なんてあったのか?」 友の幽霊は消えてくれなかった。ただにっこりと笑っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:悲観的な天国 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:753字
背景、この手紙をあなたが読んでいるということは、たぶん私は死んでしまったのだと思います。 天国にいると思います。 ぬくぬくしていると思います。「……」 師匠の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:美しい火 必須要素:5000字以上 制限時間:1時間 読者:67 人 文字数:1690字 評価:4人
午後10時。私とコーヒー巡査は民家を徘徊し、あちこちでマッチを擦っていた。 小さな風がぴゅうと地面を滑りぬけていく。寒空の中、火を扱うのはなかなか難しい。10 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:もしかして猫 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:939字
成長とともにゆっくりとアスペクト比を狂わせていった縞猫だった猫は、ぽたぽたと焼けたおせんべいがまだらになるように模様がばらけていた。 指で毛をすくわせてかろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
楽観 ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:楽観的な凶器 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:812字
「まあ、なんとかなるでしょう」 その呪いの剣はよくしゃべるのであるが、常に前向きなことを述べるのだった。「なるようになるのですって」「黙れ」 ストゥルは剣を振っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:かっこ悪い錬金術 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:1280字
「ねぇ、おじさん、お薬を頂戴よ」「だめだ、癖になるだろう」 私はなるべく小声で言ったが、ガキはローブの裾から離れてくれなかった。「ねえ! お薬! ったら!」「わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:君の息子 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:719字
よくできた息子だった。俺の子だとは思えないくらい賢い息子だった。 できるがゆえにすべてが白々しかった。俺の息子が「父さん」と呼ぶときの”父さん”は、なんだか白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:どうあがいても計画 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:1312字
「元気そうでよかったよ」 1年前に妻を不慮の事故で亡くした友人は、やはり少しばかりやつれてはいたけれど、今はすっかり復調したように思われた。 偶然立ち寄ったとい 〈続きを読む〉