お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:868字

近距離
「もしもし」
 受話器を取って応答した瞬間、電話はぷっつりと切れた。ああ、いつもの電話だな、と、私は思う。
 この無言電話はいたずらではない。叔父からの生存確認の電話である。
 きっかり夜の10時。……厄介なことに、これを無視し続けていると、警察沙汰になりかねない。1度うっかり外出している間に、そんなことがあった。
 別に、自由が制限されているわけではなく、携帯電話というものがあるから、別に外出していても構わないのだ。ただ、10時の電話に出ないと厄介なことになる。
 少しでもしゃべったらどうなのか、と思うのはもうあきらめた。多分、叔父の常識は可聴域を超えているのだ。
 叔父はひどく人見知りで、なによりも人間が嫌いである。

 叔父の人間嫌いは常軌を逸している。
 仕事で学校に出かける以外にはほとんど外出などすることはなく、鍵はかかりっぱなしだ。インターフォンはそのままただ錆びておかせるためにあるかのようだ。
 考えてみれば、会話らしき会話が発生したことはない。

 第一、私は叔父の家に下宿しているのである。一言直接ノックでもすれば事足りるのではないか。

「ねえ、おかしくない?」
「おかしい……」
「おかしいね……」
 久しぶりに顔を合わせた父と母は心配そうに顔を見合わせた。叔父なら大丈夫か、と快く送り出してくれたのは、叔父ならプラスマイナス0であるからノーカウント、ということらしい。
 確かに叔父は全くもって私に干渉することはない。しかし、同じ家に住んでいてほとんど顔を合わせることはない、というのは不思議である。
「電話なんてする人じゃないのに」
 そこか、と思った。
「まあ、確かによろしくとは言ったけど……」
「人は変わるもんだねえ」
 父と母はのんびり言った。
 あの無言電話は、よほど特別なはからいらしかった。
「兄さんが電話なんてものさわれるとは思ってなかったな。なんだよ、ただ単に出ないだけなのか。使い方を知らないと思ってたんだけどな」
 10時の電話が鳴ったが、切れた。帰省を思い出したのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
うそ!? ※未完
作者:カミジョー@女子中学生かも? お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:196 人 文字数:344字
その日はひどく暑い日だった。ひぐらしが騒々しく鳴きわめき、空にはペンキをぶちまけたように真っ青な空と、ギラギラとアスファルトを灼く太陽。そんな中で、ポケットの中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:290 人 文字数:1031字
『話聞いてないよね』 最早断定並の強さで言われて、ようやく意識が浮上する。辛うじて聞き取れた言葉に、果たして肯定するべきか建前だけでも否定しておくべきかと緩く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:刹駈 お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:383 人 文字数:632字
「みゅんみゅん☆ こちらは魔法小生メディカル☆せっちゃん テレフォンサービス ~クラスのみんなにはないしょだよっ~だみゅん☆ コレを聞いてくれてるってことは、み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:308 人 文字数:29字
>よぉ!プール行こうぜ!!>いや、暑いからいいわ… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白蓮 華依夜@冬コミ原稿なう お題:夏の電話 必須要素:佐々木 制限時間:15分 読者:219 人 文字数:631字
蒸し暑い夜に、突然鳴った電話。ディスプレイを見ると、名前は幼馴染からの佐々木からだった。「よう。電話してくるなんて珍しいな」 高校に入ってからと言うもの、お互 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:官能的な武器 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:401字
「君はとても強力な武器を持っているが、すべてを受け入れる覚悟がない」官能的な魅力をもって彼を征服しようなんて、これっぽっちも思ってはいなかったが、彼女はただ頷い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:小説の痛み 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1125字
「その小説は『自己満足』のために書いているの?それとも『承認欲求』のために書いているの?」 清美が真面目な顔で僕に質問してきた。 総合ショッピングモールの一角、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:許せない血 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:265字
わたしが足を踏み入れることができない明るい太陽のもとで、裸足で走り回ることができる娘。わたしと目を合わせたときに、何か理解できぬものを見たような、怯えたような、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:愛、それは愛 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:842字
丸めて捨てた紙が、音を立てて風に滑った。薄っぺらな紙に緑の薄い線で「離婚届」と印されている。ため息をついた。結婚していないのに離婚届とはこれいかに、と思いソファ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:愛、それは愛 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:369字
たいそう大事にされ、可愛がられてきた子どもだったから、自然に人を鍾愛することができるのだろう。愛を育むには一定の時間を要するが、その子は誰にでもなつき、無条件に 〈続きを読む〉

ぽつタイプライターの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:重いババァ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:913字
一つ、二つ、三つ。様子の違う封筒が三枚。 孤児院の院長は、封筒を前に頭を抱えた。どの手紙も、要約すれば捨てられた子供の祖母を名乗っている。 祖母が3人。冷静に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:愛と死の踊り 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:928字
オルゴールが砕け散った。水溶性の形容詞を多様していたせいで、美辞麗句は水性絵具のように尾を引いて水面に消えた。 オルゴールを河に投げ込んだ少女は、ことを理解す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:楽しかった目 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:638字
金に困った私は、右目を売り渡すことになった。正確に言えば右目の見る景色を、名前も知らない誰かに明け渡した。 相手の名前はケイリー・ハルトン、76歳。視力を失っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:日本式の娼婦 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:951字
人工知能PLI・C(プリティーキュート)は会員制アダルトチャットで最も成功したAIのチャットレディだ。 相手の好む会話を覚えて、たらたらとテキストに書き起こす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:調和した兄 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:751字
「お兄さんで間違いありませんか」「はあ、まあ、たぶん」 ぐうぐうと病院のベッドで寝こける兄にはほとんど覚えがなかった。ただ、事実としては99.9パーセントそうら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:今日の沈黙 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:471字
「じゃあ、先に口を利いたほうが負けな。では、よーいドン」 はじまりはおせっかいな第三者の喧嘩の仲裁だった。 呪文は至極単純で、「お互いに対して口を利いたほうが負 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:素晴らしい熱帯魚 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:709字
具合が悪くなって洗面所にふらふらと行った。胃の中のものをひっくり返す代わりに、肺から一匹の熱帯魚が零れ落ちてきた。おい、と俺が声をかける間もなく、熱帯魚は水道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
折れた杖 ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:ナウいコンサルタント 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:393字
無理やりな方法で引っこ抜いた聖杖は、私に使われたくないあまりに芯から真っ二つに折れた。ほかの誰かのものになるならば死んでみせましょう、というあんまりな心意気を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:幸福な負傷 必須要素:バナナ 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:1170字 評価:0人
家に帰るなり、芳香化合物の匂いが鼻をつく。「シンディ」 部屋の中では、二足歩行まがいのことをしている樹木が一心に頭を振るっていた。「シンディ!」 私がマッチを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:つまらない野球 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:505字
「ナイス!」父の叫びは叫び声は空しく遠く空へと吸い込まれていった。調子の外れたボールはどこかにすっ飛んで、庭の植木鉢を順番になぎ倒した。「あー。筋は良かった」 〈続きを読む〉