お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:868字

近距離
「もしもし」
 受話器を取って応答した瞬間、電話はぷっつりと切れた。ああ、いつもの電話だな、と、私は思う。
 この無言電話はいたずらではない。叔父からの生存確認の電話である。
 きっかり夜の10時。……厄介なことに、これを無視し続けていると、警察沙汰になりかねない。1度うっかり外出している間に、そんなことがあった。
 別に、自由が制限されているわけではなく、携帯電話というものがあるから、別に外出していても構わないのだ。ただ、10時の電話に出ないと厄介なことになる。
 少しでもしゃべったらどうなのか、と思うのはもうあきらめた。多分、叔父の常識は可聴域を超えているのだ。
 叔父はひどく人見知りで、なによりも人間が嫌いである。

 叔父の人間嫌いは常軌を逸している。
 仕事で学校に出かける以外にはほとんど外出などすることはなく、鍵はかかりっぱなしだ。インターフォンはそのままただ錆びておかせるためにあるかのようだ。
 考えてみれば、会話らしき会話が発生したことはない。

 第一、私は叔父の家に下宿しているのである。一言直接ノックでもすれば事足りるのではないか。

「ねえ、おかしくない?」
「おかしい……」
「おかしいね……」
 久しぶりに顔を合わせた父と母は心配そうに顔を見合わせた。叔父なら大丈夫か、と快く送り出してくれたのは、叔父ならプラスマイナス0であるからノーカウント、ということらしい。
 確かに叔父は全くもって私に干渉することはない。しかし、同じ家に住んでいてほとんど顔を合わせることはない、というのは不思議である。
「電話なんてする人じゃないのに」
 そこか、と思った。
「まあ、確かによろしくとは言ったけど……」
「人は変わるもんだねえ」
 父と母はのんびり言った。
 あの無言電話は、よほど特別なはからいらしかった。
「兄さんが電話なんてものさわれるとは思ってなかったな。なんだよ、ただ単に出ないだけなのか。使い方を知らないと思ってたんだけどな」
 10時の電話が鳴ったが、切れた。帰省を思い出したのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
うそ!? ※未完
作者:カミジョー@女子中学生かも? お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:172 人 文字数:344字
その日はひどく暑い日だった。ひぐらしが騒々しく鳴きわめき、空にはペンキをぶちまけたように真っ青な空と、ギラギラとアスファルトを灼く太陽。そんな中で、ポケットの中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:270 人 文字数:1031字
『話聞いてないよね』 最早断定並の強さで言われて、ようやく意識が浮上する。辛うじて聞き取れた言葉に、果たして肯定するべきか建前だけでも否定しておくべきかと緩く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:刹駈 お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:360 人 文字数:632字
「みゅんみゅん☆ こちらは魔法小生メディカル☆せっちゃん テレフォンサービス ~クラスのみんなにはないしょだよっ~だみゅん☆ コレを聞いてくれてるってことは、み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:292 人 文字数:29字
>よぉ!プール行こうぜ!!>いや、暑いからいいわ… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白蓮 華依夜@冬コミ原稿なう お題:夏の電話 必須要素:佐々木 制限時間:15分 読者:200 人 文字数:631字
蒸し暑い夜に、突然鳴った電話。ディスプレイを見ると、名前は幼馴染からの佐々木からだった。「よう。電話してくるなんて珍しいな」 高校に入ってからと言うもの、お互 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:らしる お題:輝く天才 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:801字
いつの日からだろう。空に太陽が昇らなくなったのは。「俺がやるしかないんだ。だって俺は天才だろ」「待てよ。皆野光。確かにお前は天才だ。お前は世界一だ。けど、お前が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天才未満 ※未完
作者:匿名さん お題:輝く天才 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:533字
彼女は間違いなく天才だった。 年齢の問題から“神童”という立場に甘んじてはいたが、その才能はこの先彼女の人生を喰い潰して更に輝くものだと誰もかれもが確信してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:庵二/あんじ お題:ゆるふわな躍動 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:842字
「おれね、明日しんじゃうんです」「は?」秋も本番に入ってきた十月下旬、四月になれば桃色の花が視界を埋め尽くす木々の下、境界を示す縁の上を両手を広げて歩く生徒はな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:ゆるふわな躍動 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:550字
ゆるやかで、柔らかな、白い結晶が空から舞い降りた。 それは天使の囁きか、空の哀しみか。冷たくて、体温だけで触れると溶ける氷の芸術。 雪だ。 とても綺麗で。 と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高いにわか雨 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:972字
「今日の降水確率は.....」お天気お姉さんとやらが、朝に似合わない高い声で今日の天気を告げていた。気象予報士も顔で選ぶ時代になったか、とつぶやく。それを聞いた 〈続きを読む〉

ぽつタイプライターの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:清いぬめぬめ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1047字
雨の日の次の日は、田舎道のあちこちにナメクジが這って歩いたような跡が地面にくっついている。蛇人間の足跡みたいなものだ。ずるずるずるずるとそれは畑のあぜ道を通っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
そでのした ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:右の悪役 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:566字
それ、と袖口から花がぼろぼろこぼれだしてならなかった。私は驚いて立ちすくんだが、目の前の迷子は泣くのをやめてぱあと顔を輝かせた。「ありがとう!」 そう言って花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:わたしの好きな食事 必須要素:佐々木 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:810字 評価:1人
夕飯について思いをはせながら大手スーパーでからんからんと買い物カートを押していた私は、冷蔵庫の残りと財布の中身、今日の気力と、それからフライパンの重さを総合し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:マイナーなヒロイン 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:861字
整ったネイルの施されたピンク色の爪が伸びていって、私の本棚から一冊の本を抜き取った。ぽっかりと開いた隙間を埋めるように文庫本が倒れた。 手に取った本は面白くな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:俺はダンジョン 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:969字
宝探しに相棒はつきものだ。ガキにしては勘が良いし、はしっこいので重宝している。ただ、どうしてもいけ好かないのは、たまに押しても引いてもびくともしないくらいに頑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:どこかの汗 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:635字
ぱたり、汗がコンクリートに染みる。夏の暑さのせいにするまでもなく、その日は大雨が降っていた。「ニコラ!」 ケティーが震える声で仲間だった人物の名を呼んだ。聞こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:俺の海風 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:654字
魔法使いには風の名前が分かるらしい。 あいにく俺はそういうことがわからないから、どの潮風も同じようなものだ。どちらかといえば、この後雨が降るとか、船の進路にど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:1000の克服 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:885字
「なあ、あんた、砂を食べるって本当なのか」「砂を食べてガラスを吐く」私は適当に答えた。「当然唇がずたずたになるのでそれはやらないことにしている。めったに。ほかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:赤いジジィ 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:752字
「老人になった貴様の夢を見たんだがな」 イニスは病室のイスに腰かけた。 腰までの長い髪が腰のベルトに巻き込まれていた。黒いローブを着ているからよくわかるのだ。透 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:大きな平和 必須要素:豚骨ラーメン 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:790字 評価:0人
「平和ですね」「まあね」 サワラーン様は着ぐるみの頭部を脱ぐようにとんがり帽子を外した。それから長ったらしいローブをぐるぐると両手で巻くようにしてひとつの塊にし 〈続きを読む〉