お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:868字

近距離
「もしもし」
 受話器を取って応答した瞬間、電話はぷっつりと切れた。ああ、いつもの電話だな、と、私は思う。
 この無言電話はいたずらではない。叔父からの生存確認の電話である。
 きっかり夜の10時。……厄介なことに、これを無視し続けていると、警察沙汰になりかねない。1度うっかり外出している間に、そんなことがあった。
 別に、自由が制限されているわけではなく、携帯電話というものがあるから、別に外出していても構わないのだ。ただ、10時の電話に出ないと厄介なことになる。
 少しでもしゃべったらどうなのか、と思うのはもうあきらめた。多分、叔父の常識は可聴域を超えているのだ。
 叔父はひどく人見知りで、なによりも人間が嫌いである。

 叔父の人間嫌いは常軌を逸している。
 仕事で学校に出かける以外にはほとんど外出などすることはなく、鍵はかかりっぱなしだ。インターフォンはそのままただ錆びておかせるためにあるかのようだ。
 考えてみれば、会話らしき会話が発生したことはない。

 第一、私は叔父の家に下宿しているのである。一言直接ノックでもすれば事足りるのではないか。

「ねえ、おかしくない?」
「おかしい……」
「おかしいね……」
 久しぶりに顔を合わせた父と母は心配そうに顔を見合わせた。叔父なら大丈夫か、と快く送り出してくれたのは、叔父ならプラスマイナス0であるからノーカウント、ということらしい。
 確かに叔父は全くもって私に干渉することはない。しかし、同じ家に住んでいてほとんど顔を合わせることはない、というのは不思議である。
「電話なんてする人じゃないのに」
 そこか、と思った。
「まあ、確かによろしくとは言ったけど……」
「人は変わるもんだねえ」
 父と母はのんびり言った。
 あの無言電話は、よほど特別なはからいらしかった。
「兄さんが電話なんてものさわれるとは思ってなかったな。なんだよ、ただ単に出ないだけなのか。使い方を知らないと思ってたんだけどな」
 10時の電話が鳴ったが、切れた。帰省を思い出したのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
うそ!? ※未完
作者:カミジョー@女子中学生かも? お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:202 人 文字数:344字
その日はひどく暑い日だった。ひぐらしが騒々しく鳴きわめき、空にはペンキをぶちまけたように真っ青な空と、ギラギラとアスファルトを灼く太陽。そんな中で、ポケットの中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:301 人 文字数:1031字
『話聞いてないよね』 最早断定並の強さで言われて、ようやく意識が浮上する。辛うじて聞き取れた言葉に、果たして肯定するべきか建前だけでも否定しておくべきかと緩く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:刹駈 お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:393 人 文字数:632字
「みゅんみゅん☆ こちらは魔法小生メディカル☆せっちゃん テレフォンサービス ~クラスのみんなにはないしょだよっ~だみゅん☆ コレを聞いてくれてるってことは、み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:317 人 文字数:29字
>よぉ!プール行こうぜ!!>いや、暑いからいいわ… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白蓮 華依夜@冬コミ原稿なう お題:夏の電話 必須要素:佐々木 制限時間:15分 読者:232 人 文字数:631字
蒸し暑い夜に、突然鳴った電話。ディスプレイを見ると、名前は幼馴染からの佐々木からだった。「よう。電話してくるなんて珍しいな」 高校に入ってからと言うもの、お互 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:すごい彼氏 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:163字
凄い彼氏と雪どんな人といたら幸せだろう雪はそんなことを思いながら今の彼氏とデートしていた雪は悪い女を自覚していた歩きながら次なる彼氏を探していたのだ途中、右側に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:求めていたのは食堂 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:4986字
数か月前まで読んでいた小説の中の主人公は、随分と厭世主義だった。こんな世の中は嫌だ、こんな世界、何かが間違っている、と、そう思いながら過ごしているような、そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡月@練習 お題:犯人は川 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:298字
川、と、ダイイングメッセージにはあった。川島?山川?名前に川が入った人間の犯行か……と、調査したものの、めぼしい周辺人物はいなかった。なら、凶器か?被害者の死因 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:興奮した発言 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:848字
ありきたりな日常。こんな日々がずっと続くのだと、そう思っていた。しかし、不変的な日常なんてものは存在しない。あるのはただ、出会いというの名の元に在り続ける小さな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まどろみ#ゆ お題:激しい暴力 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:477字
「痛い」「体を動かす度に痛い、そして甚振られる」「虐待親め...○ねばいい」あの日々は地獄だった。「だった」と過去形に物事を語れる今の私は素晴らしい。暴力なき生 〈続きを読む〉

ぽつタイプライターの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:大人の計画 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:868字
「14歳で不老不死になる」、と決意して、気が付けば42歳になっていた。 若いといえばまだ若い。これからの人生の中では、今が一番若い。 目の前の石の入ったフラスコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:有名な眠り 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1095字
「まるで死んでいるみたいだな」 ホルツの声は震えていた。語尾に、「死んでいるように見えるが、生きている」というニュアンスがにじんでいた。目の前のジョアンは、たし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:犬の友人 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:1246字
俺が前足で、アイツが後ろ足。そういう役割分担だった。 墓を荒らして、俺が死体にロープを引っかける。そしてそのままずるずるひっぱる。それで、アイツが後ろ足を持つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:愛と憎しみの情事 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1049字
焼けるように背中が痛んだかと思うと、私の背中に突起が生えていました。何事かと思って数センチ引き抜くと、ようやくナイフだということが分かりました。ぽたぽたと血液 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
既読スキップ ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:うへへ、表情 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:620字
同じ話を二度と聞くことができない。 同じ内容の話を聞くと、早回しの動画みたいに、びゅんびゅんと耳元を過ぎ去ってゆくのだ。何を行ったのか理解はできるけれども、す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:絵描きの家 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:524字
絵描きの家の窓は、絵の具でできていた。繊細な筆遣いがいもしない太陽を照らしている。絵描きはざらざらした布で表面の絵具をこそぎとり、ハイライトをくわえた。 絵描 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:愛の秘部 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1049字
兄の遺言書にはセロテープで家の鍵が同封されていた。本文は特になかった。タイトルもなかった。それは本当にただの白い事務用の封筒だった。 たぶん、死ぬ気なんてなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:楽しかった芸術 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:847字
行き先の道には、白く点々と石が続いていた。道標はすでになく、森は黒々としていた。そういえば昔、おかげで家に帰れず、道に迷ったことがある。 お使いの途中で、まだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:いわゆる税理士 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:1160字
「それではもらっていきますね……」 悪魔の声は、ぼそぼそとした声だった。顔をあげもしない。ひょいとなにかつまむようにひねると、体がすこし軽くなった。これぞ魂の重 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター お題:光の手 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:391字
ぐい、と何かに引っ張られるような感触がして、私は後ろ向きにこけた。目の前をギロチンが横切っていった。運が良い、というには作為があった。誰かが自分をその場にとど 〈続きを読む〉