お題:彼と音 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:411字
[削除]

暗闇の中の頼り
彼はいつも私の手を掴んでる。光を持たない彼の頼りは、耳に聞こえる音、そして私なんだ。
幼い頃からそうしてきた。彼を遠ざける人達と違って、彼に手を差し伸べる私はいつも偉いねと褒められていた。
手を繋いだまま大人になった。私は彼の手を握り、ホテルの一室に導いた。
ベッドに腰掛けて、繋いだ手を私の胸元に当てた。
「わかる?ドキドキしてる」
彼に言った。彼は答えた。
「柔らかい。ところてんみたいだ」
おかしな例えに私は笑った。意味もないのに気恥ずかしさから電気を消して、私は服を脱ぎ彼に覆いかぶさった。
「怖い。何をするの」
彼は怯えて言った。
「お互いに初めてだね。でもわかるでしょ」
彼の服を捲り上げ、指で体をなぞった。
「嫌だ!」
彼は私を押しのけて、ベッドを降り、部屋から出て行った。
真っ暗闇の部屋で私は彼の去っていく慌ただしい音を聞いていた。追いかけようとして、ベッドから落ちた。手を伸ばしたが、彼の手は無かった。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:benny お題:可愛い負傷 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:317字
「お兄ちゃん!公園行こうよ!」妹に強く誘われ、俺は仕方なく彼女を連れていった。ベンチでスマホをやっていれば時間はつぶれるので、疲れるまで一人で遊ばせてやろうと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:人妻の人々 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:301字
僕にとって明日が地獄になることは予想ができたことであったし、どどめ色でひらひらしている趣味の悪い服を上機嫌に着比べているママを見るとそれは間違いなく現実になる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:空前絶後の花 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:171 人 文字数:992字
想像力の必要のない職業と言うのは意外と少ない。しかし想像力と言うのも困りものだ。まったくもって取りに足らない些細な点でも一石を投じた池の波紋のように、吁、古池 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:あきれた友人 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:193 人 文字数:1215字
ところてん、と聞くと、人は何を想像するだろうか?もちろん食べ物を想像するのがまずベターだけど、でも彼の地、約束の地、ピクシブでは一定の数を持つタグとしても機能し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リソタソ お題:大好きな能力者 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:263 人 文字数:721字
私の彼氏は超能力者だ。一体どんな超能力なのか、私は知らない。でも、彼はいつもところてんを鼻から垂らしていることからところてんに関連した超能力だと思う。「ふがふ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:彼の職業 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:213 人 文字数:723字
いつになく雲が低く泳いでいる。風は、どうも遅く感じる。景色はどんよりとしているし、なんだったら街行く人の足取りも重いように見える。金曜日の夜は誰もが浮かれている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 13carnate お題:彼の職業 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:204 人 文字数:646字
この街の夏の風物詩といえば、通りのいたる所に出現するところてん売りの屋台だ。甘味専門の屋台もあれば、酢醤油一本のところもあるし、一般的な味付けは全部そろえた店や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:二十三時の少年 お題:小説家たちの戦争 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:204 人 文字数:570字
畢竟、語るに落ちるとはこのことであろうか。知性と恥性をかなぐり捨てた糞味噌の争いも此れにて一旦の終わりを迎えようとしていた。無論、まだ序の序すら迎えてはいない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はめこみショーン お題:スポーツの決別 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:171 人 文字数:557字
「先輩、本当に引退しちゃうんすか?」「そろそろ、この体も解放してやらなくちゃな」「まだまだ、できるでしょ」「体はまだできるかも知れないけどな」「じゃあ、やりまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季 お題:団地妻の衝撃 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:206 人 文字数:264字
「団地妻いりませんか」 スーツ姿の女性が、玄関前でインターホン越しに言った。「団地妻ってなんですか」「ギタリストというのは、高身長で待っていて性欲をもてあますと 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:素朴な医者 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:304字
父につき沿って、病院に行った。父が何かの検査に連れて行かれたところで、私だけ病室に呼ばれた。半年、それが父に残された時間だという。病状はかなり悪く、どんな治療は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
解散 ※未完
作者:匿名さん お題:男の解散 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:605字
「もう、今日で辞めにしよう」 俺たち四人が帰路を歩いているとき、そう口を開いたのはタクトだった。 誰も返事はしなかった。いつかこんな日は来るだろう、そうずっと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい男祭り! 制限時間:4時間 読者:7 人 文字数:194字
そもそもこの強盗の計画は彼女が言い出したことだった。 ほかの男たちにも、同じようなことをやっているに違いない。 彼女との出会いを思い出す。 ナウい男祭り!とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とある峠で ※未完
作者:匿名さん お題:恋の悪魔 必須要素: 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:796字
とある峠を、軽トラックは音を立てながら走りすぎる。後ろにはパトカー、この峠を逃げられるかどうかが山場だ。助手席では、俺の愛するカレンが目をぎゅっとつぶっている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃのもこもこ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:840字
「ねぇ、ぐちゃぐちゃのもこもこって何?」バンと大きな音をたてて自室の扉が開く。入ってきたのはトラブルメーカーである我が妹、優理だ。これまでも数々の面倒事を起こし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実のガール 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:1100字
「――実は私、女じゃないんだ」「……はっ?」 突然の告白に驚いて、予想外の声が出る。「あなたには悪いけれど、この姿の方が、近づけると想ってね」「だ、だって、おか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の水たまり 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:521字
僕の家は街のはずれにあった.普通小学校では集団登校が基本だが,まわりに家がなかったので,”みんなの通学路”に入るまでは必然的に一人で歩くことになった.僕はその一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
補習組 ※未完
作者:匿名さん お題:楽観的な野球 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:327字
ポン、とボールが頭に当たった。予想だにしていなかった訪問者に僕はパニックに陥った。「ゴメン!!」 聞き覚えがありすぎる声に驚いて、振り返った。「建! お前何し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:837字
おとうさんはとてもがんばりやさんです。わたしがしょうがっこうにいくよりいっつもまえにかいしゃにいっています。おとうさんがかえってくるのはいつもわたしがねたあと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された負傷 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:167字
胸の中心から淡く痛みがはしる。きれいで柔らかな薄桃色の石を突き込まれたように、あばらの奥ではっきりと、むず痒く鳴った。その頬が僕の前で『だけ』桜のように色付くと 〈続きを読む〉