お題:彼と音 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:411字
[削除]

暗闇の中の頼り
彼はいつも私の手を掴んでる。光を持たない彼の頼りは、耳に聞こえる音、そして私なんだ。
幼い頃からそうしてきた。彼を遠ざける人達と違って、彼に手を差し伸べる私はいつも偉いねと褒められていた。
手を繋いだまま大人になった。私は彼の手を握り、ホテルの一室に導いた。
ベッドに腰掛けて、繋いだ手を私の胸元に当てた。
「わかる?ドキドキしてる」
彼に言った。彼は答えた。
「柔らかい。ところてんみたいだ」
おかしな例えに私は笑った。意味もないのに気恥ずかしさから電気を消して、私は服を脱ぎ彼に覆いかぶさった。
「怖い。何をするの」
彼は怯えて言った。
「お互いに初めてだね。でもわかるでしょ」
彼の服を捲り上げ、指で体をなぞった。
「嫌だ!」
彼は私を押しのけて、ベッドを降り、部屋から出て行った。
真っ暗闇の部屋で私は彼の去っていく慌ただしい音を聞いていた。追いかけようとして、ベッドから落ちた。手を伸ばしたが、彼の手は無かった。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:苦しみの光景 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1244字
ところてん突きのなかに小人をいれた。 三日前、テレビの裏でみつけた小人だった。 小人はじぶんをところてん突きのなかにいれたわたしを見上げて、きょとんと目を丸く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:生かされた錬金術 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:946字
最近スーパーでも、ちらほらところてんが出回るようになった。「もう暑い日は暑いもんなあ」ところてんが出回ると、夏の到来が間近なんだなあと感じる。というわけで、今年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:うわ・・・私の年収、小説家 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:1066字
ツイッターのタイムラインには日々いろいろなものが流れてくる。あなたの性格とか、あなたの運命の人とか、そういうのだ。お題箱みたいなのもあるみたいだ。平素ツイッター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:benny お題:可愛い負傷 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:317字
「お兄ちゃん!公園行こうよ!」妹に強く誘われ、俺は仕方なく彼女を連れていった。ベンチでスマホをやっていれば時間はつぶれるので、疲れるまで一人で遊ばせてやろうと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:人妻の人々 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:301字
僕にとって明日が地獄になることは予想ができたことであったし、どどめ色でひらひらしている趣味の悪い服を上機嫌に着比べているママを見るとそれは間違いなく現実になる 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:のら お題:空前絶後の花 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:201 人 文字数:992字
想像力の必要のない職業と言うのは意外と少ない。しかし想像力と言うのも困りものだ。まったくもって取りに足らない些細な点でも一石を投じた池の波紋のように、吁、古池 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:あきれた友人 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:215 人 文字数:1215字
ところてん、と聞くと、人は何を想像するだろうか?もちろん食べ物を想像するのがまずベターだけど、でも彼の地、約束の地、ピクシブでは一定の数を持つタグとしても機能し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リソタソ お題:大好きな能力者 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:302 人 文字数:721字
私の彼氏は超能力者だ。一体どんな超能力なのか、私は知らない。でも、彼はいつもところてんを鼻から垂らしていることからところてんに関連した超能力だと思う。「ふがふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:彼の職業 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:261 人 文字数:723字
いつになく雲が低く泳いでいる。風は、どうも遅く感じる。景色はどんよりとしているし、なんだったら街行く人の足取りも重いように見える。金曜日の夜は誰もが浮かれている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⭕秋牛/七宝明 お題:彼の職業 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:222 人 文字数:646字
この街の夏の風物詩といえば、通りのいたる所に出現するところてん売りの屋台だ。甘味専門の屋台もあれば、酢醤油一本のところもあるし、一般的な味付けは全部そろえた店や 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ダイナミックな策略 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:567字
ジムが相当、血が苦手だということがわかった。小鉄がちょっと指先を切って、盛り上がってきた血を見ただけで飛び退って壁にぶち当たって硬直し、そのまま気を失ったから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた略奪 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:529字
人は人の物を奪って生き残る。それがこの世界の摂理であり倫理であった。だがある時、とある国の王がある提案した。 「このまま人が奪い合いを続ければいずれ人は滅びる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の略奪 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:498字
ズバァン! そんな音が響いた直後、俺の前に立っていた男が赤い液体を撒き散らしながら行かに倒れた。 「嘘だろ・・・・・・そんな・・・・・・」 今まで一緒に戦って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:意外な悪意 制限時間:4時間 読者:4 人 文字数:1802字
クスクス、クスクス…… 教室の至るところから笑い声が聴こえてくる。それは仲良しなクラスのお遊び。少なくとも、中学生の男子、晴はそう思っていた。 今、クラスでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの監禁 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:1684字
何故、私は個々にいるの? 目が覚めた時には、薄暗い闇しかなかった。しかし闇の中にいたのは14歳の少女、このみだけではなかった。闇の中にいたのは様々な人々。中に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ反逆 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:457字
暖かな羊水に満たされた世界で生きていることに気がついた。まだ小魚のような姿で手足の形も整っていなかった。 何も見えないし聞こえなかったけど、暖かったし時折感じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕のぐりぐり 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:913字
"Show business" いわゆる娯楽産業の方向性がこれまでになくそうなっています。 既存の娯楽がInternetという娯楽と争うことになったのが理由で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:綺麗な味 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:849字
僕がその『味』を表現したって、おそらく彼女は再び僕に見向きもせず自分の世界に足をどっぷりとつからせてしまうだろう。 彼女は昔からそうだった。 授業の間も、自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放課後のおに ※未完
作者:匿名さん お題:地獄の顔 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:408字
西陽が差し込む放課後の教室で、僕は女の子と2人きりだった。委員会が一緒とか、何か用事を頼まれたとかじゃない。ましてつきあっているわけでもないのに、なんとなくい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
君の記憶 ※未完
作者:匿名さん お題:灰色の夕日 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:874字
君の笑顔が曇るのは、決まって私が過去の思い出を語る時だった。小学校の遠足、中学校の部活動、初恋の人、懐かしい菓子の味。そんなものを語る時、君はいつだって陽だまり 〈続きを読む〉