お題:彼と音 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:411字
[削除]

暗闇の中の頼り
彼はいつも私の手を掴んでる。光を持たない彼の頼りは、耳に聞こえる音、そして私なんだ。
幼い頃からそうしてきた。彼を遠ざける人達と違って、彼に手を差し伸べる私はいつも偉いねと褒められていた。
手を繋いだまま大人になった。私は彼の手を握り、ホテルの一室に導いた。
ベッドに腰掛けて、繋いだ手を私の胸元に当てた。
「わかる?ドキドキしてる」
彼に言った。彼は答えた。
「柔らかい。ところてんみたいだ」
おかしな例えに私は笑った。意味もないのに気恥ずかしさから電気を消して、私は服を脱ぎ彼に覆いかぶさった。
「怖い。何をするの」
彼は怯えて言った。
「お互いに初めてだね。でもわかるでしょ」
彼の服を捲り上げ、指で体をなぞった。
「嫌だ!」
彼は私を押しのけて、ベッドを降り、部屋から出て行った。
真っ暗闇の部屋で私は彼の去っていく慌ただしい音を聞いていた。追いかけようとして、ベッドから落ちた。手を伸ばしたが、彼の手は無かった。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:benny お題:可愛い負傷 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:317字
「お兄ちゃん!公園行こうよ!」妹に強く誘われ、俺は仕方なく彼女を連れていった。ベンチでスマホをやっていれば時間はつぶれるので、疲れるまで一人で遊ばせてやろうと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:人妻の人々 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:301字
僕にとって明日が地獄になることは予想ができたことであったし、どどめ色でひらひらしている趣味の悪い服を上機嫌に着比べているママを見るとそれは間違いなく現実になる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:空前絶後の花 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:136 人 文字数:992字
想像力の必要のない職業と言うのは意外と少ない。しかし想像力と言うのも困りものだ。まったくもって取りに足らない些細な点でも一石を投じた池の波紋のように、吁、古池 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:あきれた友人 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:171 人 文字数:1215字
ところてん、と聞くと、人は何を想像するだろうか?もちろん食べ物を想像するのがまずベターだけど、でも彼の地、約束の地、ピクシブでは一定の数を持つタグとしても機能し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リソタソ お題:大好きな能力者 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:232 人 文字数:721字
私の彼氏は超能力者だ。一体どんな超能力なのか、私は知らない。でも、彼はいつもところてんを鼻から垂らしていることからところてんに関連した超能力だと思う。「ふがふ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:彼の職業 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:723字
いつになく雲が低く泳いでいる。風は、どうも遅く感じる。景色はどんよりとしているし、なんだったら街行く人の足取りも重いように見える。金曜日の夜は誰もが浮かれている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:彼の職業 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:176 人 文字数:646字
この街の夏の風物詩といえば、通りのいたる所に出現するところてん売りの屋台だ。甘味専門の屋台もあれば、酢醤油一本のところもあるし、一般的な味付けは全部そろえた店や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:二十三時の少年 お題:小説家たちの戦争 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:183 人 文字数:570字
畢竟、語るに落ちるとはこのことであろうか。知性と恥性をかなぐり捨てた糞味噌の争いも此れにて一旦の終わりを迎えようとしていた。無論、まだ序の序すら迎えてはいない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はめこみショーン お題:スポーツの決別 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:157 人 文字数:557字
「先輩、本当に引退しちゃうんすか?」「そろそろ、この体も解放してやらなくちゃな」「まだまだ、できるでしょ」「体はまだできるかも知れないけどな」「じゃあ、やりまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:団地妻の衝撃 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:195 人 文字数:264字
「団地妻いりませんか」 スーツ姿の女性が、玄関前でインターホン越しに言った。「団地妻ってなんですか」「ギタリストというのは、高身長で待っていて性欲をもてあますと 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年のテロリスト 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:230字
とりとめのない話をしていたら、いつの間にか物騒な話になっていた。酒の席の話だから、もちろん本気度は低い。「で、会社の団体に働きかけてさ、会社に飛行機突っ込ませ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの水たまり 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:553字
じっとつぶらな瞳で、空が映る水たまりを見下ろしているアルパカがいる。飼育員だから、もうもふもふしたい気もおこらないのだけれども、そのまま動かないそいつが気にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かゆくなる父 必須要素:1000字以上 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1788字
私の父親は子供のころ、虫博士になることを夢見ていたようだ。 父親は見事、その夢を叶え、現在、とある企業に就職し趣味で学んできた毒についての知識を生かして虫よけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最弱の粉雪 必須要素:ホモ 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:278字
俺はこのクラスで最も弱い存在だ。体も貧弱で、頭も良いわけではないし、ルックスだって良くない。唯一の救いは、俺が通っているのは男子校で、女子の目を気にしなくても良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見知らぬ料理 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:394字
今日は久しぶりに家族と寿司屋に出かけた。特にお祝い事ではないが、弟が寿司食べたい!と先週から騒いでいたので、それを見かねたお父さんが、先週オープンしたばかりの寿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:423字
暗闇の中でピアノの音が響いている.音は目の前の音楽室から聞こえてきているようだ.今はもう真夜中だ,こんな時間にピアノがなっているのはおかしい.おかしいといえばな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
偽装の事実 ※未完
作者:匿名さん お題:打算的な恋愛 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:652字
目の前で糸からぶら下げた五円玉をゆらゆらされても、私の心はまったく揺れない。相手である親友が真剣な、必死な顔をしていたから、私は気乗りしない本音を隠して、真面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生きている汗 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:571字
「はっ...はっ...」これでもかと言うほどカッと照りつける太陽の下で俺は必死に走っていた。 10キロ走った時点で足を止め、ゆっくり歩いて荒い息を沈めていようと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい笑い声 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:639字
時代遅れの笑い方だね、と妹に言われた。 「は?マジ受けるんですけど~!笑い方に時代も何もなくね?」「だからその反応が時代遅れなんだよ、姉ちゃん」妹はひどく恥ず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:822字
この街は雪がひでぇ。毎日、夜寝る前にどんなに頑張って雪かきをしても朝になれば1mもの白い壁が街を覆い尽くす。この街の住人の朝はこの忌々しい雪を家の前と主要道路か 〈続きを読む〉