お題:綺麗なお金 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:546字

がんじがらめだ ※未完

 生まれた時からおれは暴力と酒と性の香りが充満した場所にいた。この街には教会や修道院なんていう施設がないので、おれの親が生まれたばかりの親をあろうことか街で一番の盛り場の前に捨てていったのだ。さぞかし頭の軽い女だったのだろうと思う。なぜ分かるのかと問われればそんなことしなきゃならないような女は大抵この店で働いているからだ。顔も覚えられないような男に抱かれて酒を飲み、子を産んで捨ててこの街を出ていく。そんな女は少なくない。
 奇跡的にこのキャバレーの支配人の女の香水臭い胸に抱かれ育てられたおれは、今やこの店の用心棒。顔も知らない母親が、もしくは神様が俺に唯一与えたもうたのは決して良いとは言えない目つきと高い身長だ。ステージの上で乳だの足だの放り出して踊る女たちに過ぎた「おいた」を働こうとする男を店の裏に連れて行って追い出すのが仕事で、与えられる報酬は月に20万ほど。この街で暮らしていくには充分すぎる額だが、外で暮らしていくには全然足りない程度のものだ。要するに、ここで飼い殺されて死んでいくのが決まっているのだ。
 酒と、香水と、性。そんなものに塗れた札束を懐にねじ込んで、女どもが暮らす部屋を抜けて自室に向かって、未練がましくむつかしい分厚い本の間に金を未練がましく挟んでいる。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:綺麗なお金 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1156字
母方の曾祖母は、僕が物心ついた頃には既に寝たきりで、末期はぼけたようになっていた。 五歳の時、僕が両親に連れられて見舞いに行くと、僕の頭を優しくなでながら「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:未来の税理士 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:863字
西暦22××年現在、紙の書籍は全く割にあわない過去の遺物と化している。正規のルートで出版し売れたとすると、その売上利益にかかる所得税が電子書籍の数倍にも及ぶのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:汚い蟻 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:811字
夜。仕事で疲れた私は電車に揺られていた。終電なので人は少ない。窓には痩せこけた顔が映る。あまりに老けて見えたので、思わず自分の年齢が飛んでしまった。俺は二十七歳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:汚い蟻 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1062字
蟻が群がる理由は餌を求めたり、巣を作るためである。 鉄壁と呼ばれる鉄蟻の巣が硬いのは、溶接蟻と、運搬蟻の強さといえよう。「……我々にもあの技術があれば戦えると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黄色い沈黙 ※未完
作者:匿名さん お題:黄色い沈黙 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:648字
ふらっと立ち寄った誰かの個展で、なんとなく気になった絵があった。 名も知らない誰かさんの書いた、何の変哲もない絵。 一面の田舎道の中に、ただ一輪ひまわりのよう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
SILENCE ※未完
作者:辛ぇなぁ 富士口勇生 お題:黄色い沈黙 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:569字
目が覚めて真っ先に目に飛び込んできたのは黄色いペンキらしきもので書かれた「SILENCE」という文字だった。英語には自信がないがおそらく「沈黙」という意味だろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月海の魔導師 お題:秋の天使 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:638字
前回のお題も入ってます「ねぇあんたどうすんの?」そんな声が暗い部屋の中で聞こえていた。俺がそっちを見るとパソコンの光でかろうじて顔が確認できた。「んー向こうが出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天賦の才 ※未完
作者:形成れい お題:情熱的な男の子 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:879字
冴えている人間と冴えない人間が世の中にはいる。 こういう簡単なことに気付いたのは、小学生の時からだった。その頃の僕は勉強は並、運動はやや苦手、見た目も並、とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ぐちゃぐちゃの妻 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1173字
「君を妻に会わせよう」と田川さんはわたしを自宅に呼んだ。 田川さんは大学の先輩だ。同じ学部で同じサークル、彼女が途切れたことのないモテる人だった。 確かにルッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:楽観的な太陽 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:826字
「こんなもの使うなんて正気とは思えない」 地表の雪に冷やされて地下壕内の壁はひんやりと、内部を冷蔵庫のように冷やす。 バンカーの最奥にある指令所も例外ではなく冷 〈続きを読む〉

まちやの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:まちや お題:綺麗なお金 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:546字
生まれた時からおれは暴力と酒と性の香りが充満した場所にいた。この街には教会や修道院なんていう施設がないので、おれの親が生まれたばかりの親をあろうことか街で一番 〈続きを読む〉