お題:綺麗なお金 制限時間:15分 読者:148 人 文字数:1156字

曾祖母の綺麗な石
 母方の曾祖母は、僕が物心ついた頃には既に寝たきりで、末期はぼけたようになっていた。
 五歳の時、僕が両親に連れられて見舞いに行くと、僕の頭を優しくなでながら「お小遣いだよ」と言って、何かをくれた。
 それはつるつるに磨かれたような綺麗な丸い石で、「それで飴玉を買いなさい」と曾祖母はふにゃふにゃと笑う。僕はその石に強く惹かれたけれど、幼児とは言え何となく憚るようなものがあって、曾祖母と背後に立つ両親の顔を見比べたりした。
 「もらっておきなさい」と父が言ったので、僕はお礼を言ってポケットに石をしまった。すると、「しぃちゃん、しぃちゃんが来るからね」と曾祖母は何度も繰り返した。
 それが僕の、曾祖母に関する最後の記憶だ。それから一か月も経たない内に亡くなり、僕はお葬式というものを初めて体験したのだった。

 それから五年以上経った小学校五年生の頃、僕は小学校の林間学校でとある山に行った。
 「自然を学校に!」というふれこみのキャンプ場で、本当に山とロッジぐらいしかない辺鄙な場所で、子ども心に「街の方がいいな」と思わせるような場所だった。
 周囲の山は登山道が整備されていて、奥に行けば滝なんかもあった。一定の場所からは奥に入らないよう立ち入り禁止のロープがあって、というかそれは急な斜面に張られているので、腕白な子どもであっても絶対に立ち入らないであろうところだった。
 僕らは「好きに遊んでいい」と大人が言うので、仕方なしに鬼ごっこを始めた。当時、クラスでの一番人気の遊びはサッカーだったけど、ボール遊びは「禁止」で、山を使った遊びをしなくてはならなかったから。
 逃げる内に、僕はいつの間にか一人、うら寂しい場所に出ていた。少し開けた展望台のような場所で、打ち捨てられたようなベンチがポツンとあった。その向こうは斜面で、周りは柵に囲まれている。
 こんなところがあったのか。結構いい眺めだな。そんなことを考えながら僕がベンチに近付くと、不意に奥の茂みから子どもが現れた。
 クラスメイトか、と思ったけれど、そうじゃなかった。見たことのない子だった。
 いや、顔は分からなかったのだ。何せ、きつねの面をつけていたから。服装は着物のようで、時代劇の子どもが着ているようなものをまとっていた。
「おうい」
 きつね面はそう呼びかけてきた。
「おうい、おうい」
 僕はたじろいで逃げ出そうとしたが、足は動かない。
「飴いらんか。珠もたんか」
「飴? 珠?」
 僕が尋ね返すと、きつね面は同じことを繰り返す。
 その時、僕はハッとした。曾祖母のことを不意に思い出したのだ。
「飴!」
 そう言うと、きつね面は、面を被っているのに心底残念そうな口調で「しぃちゃんの友達だったか」とだけこぼして消えたのだ。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:まちや お題:綺麗なお金 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:546字
生まれた時からおれは暴力と酒と性の香りが充満した場所にいた。この街には教会や修道院なんていう施設がないので、おれの親が生まれたばかりの親をあろうことか街で一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛いお天気雨 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:513字
雨は嫌いだ。特にこうやって晴れている日に、いきなり降り付けてくる天気雨は。 まるで人をあざ笑うような雨だ。こんなに晴れているのに。 学校の帰り道、神社に受験の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まどろみ#ゆ お題:おいでよ投資 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:407字
「投資大歓迎!」「きっと儲かる!」「未来の貴方は大富豪様!」という中々の謳い文句を見た。誰がこんな会社の株買うんだ・・・と思っていたが、以外と集まっているらしい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた略奪 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:529字
人は人の物を奪って生き残る。それがこの世界の摂理であり倫理であった。だがある時、とある国の王がある提案した。 「このまま人が奪い合いを続ければいずれ人は滅びる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:RA907 お題:近い小説合宿 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:432字
筆が進まないのは自宅のあるアパートが合宿の拠点なせいだ。「ここ俺の住んでるアパートなんだけど」何人かの前でそう言ってしまったのが不味かった。当然の権利のように 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の略奪 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:498字
ズバァン! そんな音が響いた直後、俺の前に立っていた男が赤い液体を撒き散らしながら行かに倒れた。 「嘘だろ・・・・・・そんな・・・・・・」 今まで一緒に戦って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨待ちとかげ お題:蓋然性のあるババァ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:634字
「そうなるべきなんだよ」 老婆はしたり顔でそう言った。 身にまとうのは黒い地味なローブ。 まがった腰、しょぼくれた目、膨れた鼻、意地悪げな表情。 魔法使いと呼ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そらとぶししゃも お題:穏やかな母性 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:671字
そもそも、母性とはいったいなんなのか。「そういや最近、バブみやら何やらよく聞くようになった気がするんだけど、あれってなんなん?母性の対義語?」「え。しらねーけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そらとぶししゃも お題:裏切りの借金 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:556字
思えば、逃げてばかりの人生でした。 ある時は夢を語ったこの口で、またある時は挫折を嘯き。 苦しいことを前にしては、勝手に自分を追いつめて、勝手に体を痛めつけま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
迎え ※未完
作者:美亜@夢百合草庵 お題:彼のババァ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:363字
運転席で徹がぼやいた。「そいや、こんくらいの時だったな。バァさんが、初めて出てったのは」入道雲が峠の向こうで輝いていた。彼は眩しそうに目を細めていた。冷房を効か 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:裏切りの借金 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1348字
「あなたはわたしに対して、5000万円の借金を負っていることは忘れていないよね?」 突然の彼女の言葉に、俺は吹き出しそうになった。「5000万円!?」 バカな、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:明るい王 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1186字
手が冷たい人は心が温かい、という。 ならば、手が温かい人は心が冷たいのだろうか。「この理論でいくとさ、心が明るい人はどこが暗くなるんだろう?」 そもそもが、た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:重い海辺 必須要素:にゃんまげ 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:3935字 評価:0人
「にゃんまげおじさん、って知ってる?」 唐突にそう尋ねられて、わたしは「は?」とハルナの横顔を見た。 ビーチパラソルの下、ハルナの瞳は海の方を見つめている。 波 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:死にぞこないの動揺 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1196字
我が家の近所には「自殺マンション」と呼ばれている場所がある。 15階建てのマンションで、その物騒なあだ名の通り、飛び降り自殺が非常に多い。 まあ、「非常に多い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:私と血液 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1109字
わたしが中学生の頃、「吸血鬼」と陰であだ名されていた子がいた。 人と目を合わせないネクラな感じの子で、青白い不健康そうな肌は、正にそのあだ名の通りだった。 「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:淡い夜風 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1176字
「一本杉を夜風が揺らす時、彦乃辻に人食い鬼が現れる」 うちの地域で語られる、古式ゆかしいこの伝説が、まさか本当だったなんて。 目の前で繰り広げられる陰惨な光景に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:正しいお金 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1416字
「このお金の使い方はできそこないだ、楽しめないよ」 会社の先輩のおごりで焼き肉を食べていたら、突然隣のテーブルから知らない男がそう言ってきた。「いや、誰ですあん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:難しい成熟 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1128字
「新しい物語ができたから、聞いてくれるかしら?」「いいわよ、やりなさい」 大鷺高校文芸部所属の真倉エミリは、部活動の一環としてオリジナルの絵本や紙芝居を近隣の保 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:3450字 評価:0人
俺が中学一年生の頃、学校でスリングショットが流行ったことがある。 スリングショットというのは、いわゆる「パチ○コ」のことだ。大人が朝から列なして、くわえタバコ 〈続きを読む〉