お題:綺麗なお金 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:1156字

曾祖母の綺麗な石
 母方の曾祖母は、僕が物心ついた頃には既に寝たきりで、末期はぼけたようになっていた。
 五歳の時、僕が両親に連れられて見舞いに行くと、僕の頭を優しくなでながら「お小遣いだよ」と言って、何かをくれた。
 それはつるつるに磨かれたような綺麗な丸い石で、「それで飴玉を買いなさい」と曾祖母はふにゃふにゃと笑う。僕はその石に強く惹かれたけれど、幼児とは言え何となく憚るようなものがあって、曾祖母と背後に立つ両親の顔を見比べたりした。
 「もらっておきなさい」と父が言ったので、僕はお礼を言ってポケットに石をしまった。すると、「しぃちゃん、しぃちゃんが来るからね」と曾祖母は何度も繰り返した。
 それが僕の、曾祖母に関する最後の記憶だ。それから一か月も経たない内に亡くなり、僕はお葬式というものを初めて体験したのだった。

 それから五年以上経った小学校五年生の頃、僕は小学校の林間学校でとある山に行った。
 「自然を学校に!」というふれこみのキャンプ場で、本当に山とロッジぐらいしかない辺鄙な場所で、子ども心に「街の方がいいな」と思わせるような場所だった。
 周囲の山は登山道が整備されていて、奥に行けば滝なんかもあった。一定の場所からは奥に入らないよう立ち入り禁止のロープがあって、というかそれは急な斜面に張られているので、腕白な子どもであっても絶対に立ち入らないであろうところだった。
 僕らは「好きに遊んでいい」と大人が言うので、仕方なしに鬼ごっこを始めた。当時、クラスでの一番人気の遊びはサッカーだったけど、ボール遊びは「禁止」で、山を使った遊びをしなくてはならなかったから。
 逃げる内に、僕はいつの間にか一人、うら寂しい場所に出ていた。少し開けた展望台のような場所で、打ち捨てられたようなベンチがポツンとあった。その向こうは斜面で、周りは柵に囲まれている。
 こんなところがあったのか。結構いい眺めだな。そんなことを考えながら僕がベンチに近付くと、不意に奥の茂みから子どもが現れた。
 クラスメイトか、と思ったけれど、そうじゃなかった。見たことのない子だった。
 いや、顔は分からなかったのだ。何せ、きつねの面をつけていたから。服装は着物のようで、時代劇の子どもが着ているようなものをまとっていた。
「おうい」
 きつね面はそう呼びかけてきた。
「おうい、おうい」
 僕はたじろいで逃げ出そうとしたが、足は動かない。
「飴いらんか。珠もたんか」
「飴? 珠?」
 僕が尋ね返すと、きつね面は同じことを繰り返す。
 その時、僕はハッとした。曾祖母のことを不意に思い出したのだ。
「飴!」
 そう言うと、きつね面は、面を被っているのに心底残念そうな口調で「しぃちゃんの友達だったか」とだけこぼして消えたのだ。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:まちや お題:綺麗なお金 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:546字
生まれた時からおれは暴力と酒と性の香りが充満した場所にいた。この街には教会や修道院なんていう施設がないので、おれの親が生まれたばかりの親をあろうことか街で一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:赤い父 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:465字
その男は常に赤い衣を身につけていた。家にいるときは常に赤い寝巻きで過ごし、外出するときは赤のガウンと赤のズボンに着替える。そして白い大きな袋にたくさんのプレゼン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放課後デート ※未完
作者:砂糖指輪 お題:馬鹿な彼女 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:599字
「葵ってさぁ、好きな曲とかってある?」 お腹がすいたとごねる彼女をつれて入ったらマックで、僕はポテトで彼女はハンバーガーを頼んだ。夕飯が入らなくなるよって言った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:寒い祖父 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:965字
祖父の訃報に接したのは、担当作家の締切に遅れた原稿を待ちながらイライラしている時だった。上京し、編集者として仕事に忙殺されて10年、一度も祖父に会いにいっていな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
涙の味 ※未完
作者:akishinohonobu お題:早い味 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:714字
速度が肝心だと何度も言い聞かせた。止まることはそれ敗北と知れ、とコーチが何度も言っていた。反芻する。リフレイン。繰り返す。鼓動は限界まで高まっていて、足はまるで 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
解散 ※未完
作者:匿名さん お題:男の解散 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:605字
「もう、今日で辞めにしよう」 俺たち四人が帰路を歩いているとき、そう口を開いたのはタクトだった。 誰も返事はしなかった。いつかこんな日は来るだろう、そうずっと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:僕の誤解 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:895字
認識の齟齬なんてよくあることだ例えば、君と僕が同じものを見ていたとしても、立場によって見え方は変わってくるそれこそ、僕らが洗脳されていて、同一の個体としてナンバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:僕の誤解 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:519字
電車がホームに入ってくる。そして今日も僕はホームから線路に飛び込むのだ。それは誤解だ。僕が見せている幻影にすぎない。それを分かっていてなお、僕は明日も飛び込むの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:気持ちいいサラリーマン 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1149字
なぜ仕事なんてものがあるのだろうか。 人間だけのものじゃないだろうか。そんな概念で動く生物は、他の生物は生存本能に従い、狩りをする。移動をする。群れをなす。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:気持ちいいサラリーマン 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:341字
不快でないよう、けれど退屈でもないように、注意深く調律された真夏の太陽模倣光。海からの風がさわさわと、立ち並ぶ椰子の木の葉を揺らし、輪郭の強い光と影がサンダル 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:疲れた汁 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1251字
「あの都知事の影響力も落ちてしまったな。あれだけ風が吹いてたっていうのに」 俺は何気なくそうつぶやいたのだが、食堂で向かいに座っていた中本は「しっ!」と怖い顔で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:青い模倣犯 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1062字
赤い全身タイツを身にまとった集団による強盗事件が多発しているらしい。 これは、と思い、俺はテレビやネットの情報を元にそいつらが着ているのと同じようなタイツを取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:頭の中の妄想 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1064字
朝のホームルームで突然、大御所のお笑い芸人兼映画監督みたいな顔の人が白衣を着て出てきて、「みなさんに殺し合いをしてもらいます」と言ったとしたら? 前島くんは調 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:彼女の夏休み 必須要素: 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:3394字 評価:2人
目の大きい少女だな、というのが第一印象だった。 それを上目づかいにこちらに見せてくるのだから、たまらない。「ねえ、おじさん。あたし泊まるとこないんだけど」 俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:誰かと朝日 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1036字
小森くんは吸血鬼なのかもしれない。 リホが真顔でそんなことを言うので、わたしは吹き出してしまった。「だって、初日の出見に行こうってあたしが誘ったのに、来ないっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:とびだせ俺 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1131字
俺はこの世界が作りものだと知っている。 何故なら、常に俺の近くについて回る小さな窓、A4用紙程の大きさのそれに気付いてしまったから。 これはすなわちアレだ、第 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:彼と凶器 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1038字
どうしよう、死んでしまったぞ。 他人事のように、わたしは動かなくなった彼を見下して思った。 ちょっと押しただけなのに、何でこんなことになっちゃうんだろう。人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:謎の血液 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1051字
菜花小学校には、七不思議が伝わっている。 そのどれもが深夜に起こるため、実際に目撃したものは少ない。そのため、七不思議があることを知っていても、信じているもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:不本意な税理士 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:1176字
「合コンで『税理士なんですよー』って言ったら、『へーすごいですね』って言われてそれから話しかけられなくなったんだが」 どういうことだよ、と友人の税理士は机を叩い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:鋭い投資 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1082字
父の教えは「お金は自分への投資になるよう使いなさい」というものだった。 僕も弟も、それを胸に生きてきた。 自らを研鑽することを厭わず、入学試験や資格試験、就職 〈続きを読む〉