お題:綺麗なお金 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1156字

曾祖母の綺麗な石
 母方の曾祖母は、僕が物心ついた頃には既に寝たきりで、末期はぼけたようになっていた。
 五歳の時、僕が両親に連れられて見舞いに行くと、僕の頭を優しくなでながら「お小遣いだよ」と言って、何かをくれた。
 それはつるつるに磨かれたような綺麗な丸い石で、「それで飴玉を買いなさい」と曾祖母はふにゃふにゃと笑う。僕はその石に強く惹かれたけれど、幼児とは言え何となく憚るようなものがあって、曾祖母と背後に立つ両親の顔を見比べたりした。
 「もらっておきなさい」と父が言ったので、僕はお礼を言ってポケットに石をしまった。すると、「しぃちゃん、しぃちゃんが来るからね」と曾祖母は何度も繰り返した。
 それが僕の、曾祖母に関する最後の記憶だ。それから一か月も経たない内に亡くなり、僕はお葬式というものを初めて体験したのだった。

 それから五年以上経った小学校五年生の頃、僕は小学校の林間学校でとある山に行った。
 「自然を学校に!」というふれこみのキャンプ場で、本当に山とロッジぐらいしかない辺鄙な場所で、子ども心に「街の方がいいな」と思わせるような場所だった。
 周囲の山は登山道が整備されていて、奥に行けば滝なんかもあった。一定の場所からは奥に入らないよう立ち入り禁止のロープがあって、というかそれは急な斜面に張られているので、腕白な子どもであっても絶対に立ち入らないであろうところだった。
 僕らは「好きに遊んでいい」と大人が言うので、仕方なしに鬼ごっこを始めた。当時、クラスでの一番人気の遊びはサッカーだったけど、ボール遊びは「禁止」で、山を使った遊びをしなくてはならなかったから。
 逃げる内に、僕はいつの間にか一人、うら寂しい場所に出ていた。少し開けた展望台のような場所で、打ち捨てられたようなベンチがポツンとあった。その向こうは斜面で、周りは柵に囲まれている。
 こんなところがあったのか。結構いい眺めだな。そんなことを考えながら僕がベンチに近付くと、不意に奥の茂みから子どもが現れた。
 クラスメイトか、と思ったけれど、そうじゃなかった。見たことのない子だった。
 いや、顔は分からなかったのだ。何せ、きつねの面をつけていたから。服装は着物のようで、時代劇の子どもが着ているようなものをまとっていた。
「おうい」
 きつね面はそう呼びかけてきた。
「おうい、おうい」
 僕はたじろいで逃げ出そうとしたが、足は動かない。
「飴いらんか。珠もたんか」
「飴? 珠?」
 僕が尋ね返すと、きつね面は同じことを繰り返す。
 その時、僕はハッとした。曾祖母のことを不意に思い出したのだ。
「飴!」
 そう言うと、きつね面は、面を被っているのに心底残念そうな口調で「しぃちゃんの友達だったか」とだけこぼして消えたのだ。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:まちや お題:綺麗なお金 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:546字
生まれた時からおれは暴力と酒と性の香りが充満した場所にいた。この街には教会や修道院なんていう施設がないので、おれの親が生まれたばかりの親をあろうことか街で一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:未来の税理士 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:863字
西暦22××年現在、紙の書籍は全く割にあわない過去の遺物と化している。正規のルートで出版し売れたとすると、その売上利益にかかる所得税が電子書籍の数倍にも及ぶのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:汚い蟻 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:811字
夜。仕事で疲れた私は電車に揺られていた。終電なので人は少ない。窓には痩せこけた顔が映る。あまりに老けて見えたので、思わず自分の年齢が飛んでしまった。俺は二十七歳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:汚い蟻 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1062字
蟻が群がる理由は餌を求めたり、巣を作るためである。 鉄壁と呼ばれる鉄蟻の巣が硬いのは、溶接蟻と、運搬蟻の強さといえよう。「……我々にもあの技術があれば戦えると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黄色い沈黙 ※未完
作者:匿名さん お題:黄色い沈黙 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:648字
ふらっと立ち寄った誰かの個展で、なんとなく気になった絵があった。 名も知らない誰かさんの書いた、何の変哲もない絵。 一面の田舎道の中に、ただ一輪ひまわりのよう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
SILENCE ※未完
作者:辛ぇなぁ 富士口勇生 お題:黄色い沈黙 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:569字
目が覚めて真っ先に目に飛び込んできたのは黄色いペンキらしきもので書かれた「SILENCE」という文字だった。英語には自信がないがおそらく「沈黙」という意味だろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月海の魔導師 お題:秋の天使 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:638字
前回のお題も入ってます「ねぇあんたどうすんの?」そんな声が暗い部屋の中で聞こえていた。俺がそっちを見るとパソコンの光でかろうじて顔が確認できた。「んー向こうが出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天賦の才 ※未完
作者:形成れい お題:情熱的な男の子 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:879字
冴えている人間と冴えない人間が世の中にはいる。 こういう簡単なことに気付いたのは、小学生の時からだった。その頃の僕は勉強は並、運動はやや苦手、見た目も並、とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:楽観的な太陽 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:826字
「こんなもの使うなんて正気とは思えない」 地表の雪に冷やされて地下壕内の壁はひんやりと、内部を冷蔵庫のように冷やす。 バンカーの最奥にある指令所も例外ではなく冷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒い冒険 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:780字
おれは首を傾げた。いつも通り仕事を終えたおれは終電にギリギリ滑り込んで、適当な席に腰を下ろしたはずだった。疲れて眠ってしまったのだろうか。しかし駅を出た記憶も 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ぐちゃぐちゃの妻 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1173字
「君を妻に会わせよう」と田川さんはわたしを自宅に呼んだ。 田川さんは大学の先輩だ。同じ学部で同じサークル、彼女が途切れたことのないモテる人だった。 確かにルッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:かっこいい花 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1145字
「かっこいい花を作ればいいんだよ」 男性客に花屋に来てもらいたい、という案件に対し、同じチームの先輩が出した答えがそれだった。「かっこいい花、というキャッチコピ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:都会の事件 必須要素:大学受験 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2947字 評価:0人
ここもか。わたしはため息を吐いた。 ドアの窓越しに見える自習室の中は人でいっぱいだ。シャープペンシルを動かす音や呼吸音、それぐらいで静かなはずなのに、伝わって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どこかの川 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1058字
川の夢をよく見る。大抵は石ころだらけの川べりに立っている。対岸は靄が出ていて見えない。 それがいつも同じ川だと気付いたのは、最近のことだ。同じような夢をよく見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:苦い秋雨 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1212字
彼女が手料理を作ってくれるというので、ワクワクして家を訪ねた。「待っててね、今作るから」 手伝うよ、という俺を押しとどめて、彼女は台所に立った。「ところで何を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:イギリス式の仕事 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1055字
「くさかべ荘」というアパートは、立地が悪いのか心霊現象に悩まされ続けていた。 近所の神社に相談し、お祓いもしてみたが効果がない。ならば、と高名な霊能者だという 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:くさいコウモリ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1067字
正義のヒーロー・ムルシエラルゴは、闇夜に紛れて敵を討つということを信条とした、暗殺者や怪盗に近い性質を持っている。 黒衣をまとい、代名詞ともいうべきコウモリ型 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:誰かの悲しみ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:981字
夕暮れの海でその人は、長い棒のようなものを波打ち際に突き刺しては砂をほじくっていた。「何をしているんですか?」 尋ねると、彼は日に焼けた顔をこちらに向けた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:わたしの嫌いな妻 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1041字
「妻のことが嫌いなんです」 俺の職場のある後輩が、居酒屋でぽつりとそう言った。 こいつは社会人2年目で大学の頃から付き合っていたという彼女と結婚、それから確か3 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ロシア式の許し 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:901字
「すみません、で済むと思ってんのか?」 きらびやかな装飾の施された部屋、ソファの上にふんぞり返る人相の悪い壮年の男は、自分の足元に這いつくばるように土下座する男 〈続きを読む〉