お題:去年のスキル 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:333字
[削除]

※未完
『スターウォーズ』というシリーズ物の映画を叔父は好んでいた。平成生まれの私としては何も珍しいところのないSF映画だったが、その映画の初作の公開時は叔父にとって衝撃だったのだ。・・・
「こんな感じでいいかな?」私はキーボードの打つ手を止め、椅子の背もたれにもたれかかった。自身が週刊誌で連載しているコラムが不完全ながら出来上がった。あとは、編集にファックスで送るだけだ。私は、野上徹というペンネームを持つ作家である。去年まで趣味だった執筆業は、作品が賞を受賞してから、本業になった。ピロピロ、ピロピロ!携帯からメールの着信音が鳴った。開くと、次の文章が記されていた。お前が受賞した作品、『エンドロールの懺悔』は、盗作だ。「は?」思わず声が出る。盗作なんて、していないに
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:さやはな お題:去年のスキル 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:469字
新年、このオンラインゲームには毎年変わる特殊スキルがある。ひとりにつき一つ、与えられその種類も多岐にわたる。ある人は火属性の創作魔法が使えるようになるスキル、ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:去年のスキル 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:699字
世の中には色んなスキルがある。俊足、や空中浮遊、家事育児掃除といった生活お役立ちのものまで多種多様だ。極端なところだと火炎放射や瞬間冷却なども存在するが、取り扱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:去年のスキル 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:688字
趣味はまだわかる。だが特技は何ですか、と聞かれたときは答えに詰まってしまう。「ううーん……。」「提出それいつまでだっけ。」「明日。」期限間近の白いプリントと机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もみじα お題:去年のスキル 必須要素:挽き肉 制限時間:15分 読者:393 人 文字数:348字
透明な水の流れのような日々を、息を殺して静かにやりすごしている。時間が身体にひたひたと沁み込んでくるせいで、意識の輪郭はいつもぼやけて青みがかっている。半分まど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作文ノリ ※未完
作者:午睡最中 お題:最弱のむきだし 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:335字
千の、といえばとてつもないような気分になる。とりあえず、千といえばすごいものという感じがする。といっても、これはちょっと昔の言い回しで現代では役不足を感じること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:美しい魔物 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1156字
月並みな話ではあるが、綺麗な薔薇にはとげがあるという。口伝なのか、それともことわざなのかそれすら私にはよくわからないのだけど、とにかく昔からそういうのはよく聞く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:原稿好き好き超愛してる お題:純白の、と彼女は言った 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:1092字
それは微かな呼吸の震えだった。 僕は大きく伸びをして、彼女の気配を視界から消し去った。彼女のことを一秒でも考えたくなかったからだ。「……ねえ、聞こえてるの」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さなぎ お題:女同士のキス 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:867字
春代さんは物心ついたときからの親友でした。私たちは隣の家に住み、学校へ上がるのも一緒なら恋をするのも同時期、そしてお嫁に行ったのも同じ年のことでした。 私はす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かに お題:私が愛した天才 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:514字
私の恋人は天才ピアニストである。彼がグランドピアノで奏であげる繊細かつ大胆な音色は、コンサートホールにやってきた観衆を深い感動へと誘う。しかし、彼には一つ特殊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:10の映画 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:238 人 文字数:958字
新宿御苑の帰り、気まぐれにバルト9に入って映画館にエレベーターで上がった。ここでは昔なんかの映画を観た記憶があったのだけど、それがなんなのか思い出せなかった。映 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ダイナミックな策略 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:567字
ジムが相当、血が苦手だということがわかった。小鉄がちょっと指先を切って、盛り上がってきた血を見ただけで飛び退って壁にぶち当たって硬直し、そのまま気を失ったから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた略奪 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:529字
人は人の物を奪って生き残る。それがこの世界の摂理であり倫理であった。だがある時、とある国の王がある提案した。 「このまま人が奪い合いを続ければいずれ人は滅びる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の略奪 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:498字
ズバァン! そんな音が響いた直後、俺の前に立っていた男が赤い液体を撒き散らしながら行かに倒れた。 「嘘だろ・・・・・・そんな・・・・・・」 今まで一緒に戦って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:意外な悪意 制限時間:4時間 読者:4 人 文字数:1802字
クスクス、クスクス…… 教室の至るところから笑い声が聴こえてくる。それは仲良しなクラスのお遊び。少なくとも、中学生の男子、晴はそう思っていた。 今、クラスでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの監禁 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:1684字
何故、私は個々にいるの? 目が覚めた時には、薄暗い闇しかなかった。しかし闇の中にいたのは14歳の少女、このみだけではなかった。闇の中にいたのは様々な人々。中に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ反逆 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:457字
暖かな羊水に満たされた世界で生きていることに気がついた。まだ小魚のような姿で手足の形も整っていなかった。 何も見えないし聞こえなかったけど、暖かったし時折感じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕のぐりぐり 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:913字
"Show business" いわゆる娯楽産業の方向性がこれまでになくそうなっています。 既存の娯楽がInternetという娯楽と争うことになったのが理由で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:綺麗な味 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:849字
僕がその『味』を表現したって、おそらく彼女は再び僕に見向きもせず自分の世界に足をどっぷりとつからせてしまうだろう。 彼女は昔からそうだった。 授業の間も、自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放課後のおに ※未完
作者:匿名さん お題:地獄の顔 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:408字
西陽が差し込む放課後の教室で、僕は女の子と2人きりだった。委員会が一緒とか、何か用事を頼まれたとかじゃない。ましてつきあっているわけでもないのに、なんとなくい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
君の記憶 ※未完
作者:匿名さん お題:灰色の夕日 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:874字
君の笑顔が曇るのは、決まって私が過去の思い出を語る時だった。小学校の遠足、中学校の部活動、初恋の人、懐かしい菓子の味。そんなものを語る時、君はいつだって陽だまり 〈続きを読む〉