お題:去年のスキル 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:333字
[削除]

※未完
『スターウォーズ』というシリーズ物の映画を叔父は好んでいた。平成生まれの私としては何も珍しいところのないSF映画だったが、その映画の初作の公開時は叔父にとって衝撃だったのだ。・・・
「こんな感じでいいかな?」私はキーボードの打つ手を止め、椅子の背もたれにもたれかかった。自身が週刊誌で連載しているコラムが不完全ながら出来上がった。あとは、編集にファックスで送るだけだ。私は、野上徹というペンネームを持つ作家である。去年まで趣味だった執筆業は、作品が賞を受賞してから、本業になった。ピロピロ、ピロピロ!携帯からメールの着信音が鳴った。開くと、次の文章が記されていた。お前が受賞した作品、『エンドロールの懺悔』は、盗作だ。「は?」思わず声が出る。盗作なんて、していないに
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:さやはな お題:去年のスキル 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:469字
新年、このオンラインゲームには毎年変わる特殊スキルがある。ひとりにつき一つ、与えられその種類も多岐にわたる。ある人は火属性の創作魔法が使えるようになるスキル、ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:去年のスキル 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:699字
世の中には色んなスキルがある。俊足、や空中浮遊、家事育児掃除といった生活お役立ちのものまで多種多様だ。極端なところだと火炎放射や瞬間冷却なども存在するが、取り扱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:去年のスキル 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:688字
趣味はまだわかる。だが特技は何ですか、と聞かれたときは答えに詰まってしまう。「ううーん……。」「提出それいつまでだっけ。」「明日。」期限間近の白いプリントと机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もみじα お題:去年のスキル 必須要素:挽き肉 制限時間:15分 読者:366 人 文字数:348字
透明な水の流れのような日々を、息を殺して静かにやりすごしている。時間が身体にひたひたと沁み込んでくるせいで、意識の輪郭はいつもぼやけて青みがかっている。半分まど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:原稿好き好き超愛してる お題:純白の、と彼女は言った 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1092字
それは微かな呼吸の震えだった。 僕は大きく伸びをして、彼女の気配を視界から消し去った。彼女のことを一秒でも考えたくなかったからだ。「……ねえ、聞こえてるの」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さなぎ お題:女同士のキス 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:867字
春代さんは物心ついたときからの親友でした。私たちは隣の家に住み、学校へ上がるのも一緒なら恋をするのも同時期、そしてお嫁に行ったのも同じ年のことでした。 私はす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かに お題:私が愛した天才 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:514字
私の恋人は天才ピアニストである。彼がグランドピアノで奏であげる繊細かつ大胆な音色は、コンサートホールにやってきた観衆を深い感動へと誘う。しかし、彼には一つ特殊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:10の映画 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:209 人 文字数:958字
新宿御苑の帰り、気まぐれにバルト9に入って映画館にエレベーターで上がった。ここでは昔なんかの映画を観た記憶があったのだけど、それがなんなのか思い出せなかった。映 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:寒い逃亡犯 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:173 人 文字数:1371字
よし、来た。 今こそがその時であるとばかりに《時》がまさにお膳立てをしてくれたのである。 殺人に至る心理とはいかほどのものか。 時として衝動的に、時として理知 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
俺の負債 ※未完
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:冷たい消費者金融 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:1484字
ノーローンというのがある。ある一定期間までに金を返せば金利が発生しないというもの。どうしても金が必要になってそのローンを利用した。サラ金に入ると、中にはペンギン 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:素朴な医者 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:304字
父につき沿って、病院に行った。父が何かの検査に連れて行かれたところで、私だけ病室に呼ばれた。半年、それが父に残された時間だという。病状はかなり悪く、どんな治療は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
解散 ※未完
作者:匿名さん お題:男の解散 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:605字
「もう、今日で辞めにしよう」 俺たち四人が帰路を歩いているとき、そう口を開いたのはタクトだった。 誰も返事はしなかった。いつかこんな日は来るだろう、そうずっと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい男祭り! 制限時間:4時間 読者:7 人 文字数:194字
そもそもこの強盗の計画は彼女が言い出したことだった。 ほかの男たちにも、同じようなことをやっているに違いない。 彼女との出会いを思い出す。 ナウい男祭り!とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とある峠で ※未完
作者:匿名さん お題:恋の悪魔 必須要素: 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:796字
とある峠を、軽トラックは音を立てながら走りすぎる。後ろにはパトカー、この峠を逃げられるかどうかが山場だ。助手席では、俺の愛するカレンが目をぎゅっとつぶっている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃのもこもこ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:840字
「ねぇ、ぐちゃぐちゃのもこもこって何?」バンと大きな音をたてて自室の扉が開く。入ってきたのはトラブルメーカーである我が妹、優理だ。これまでも数々の面倒事を起こし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実のガール 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:1100字
「――実は私、女じゃないんだ」「……はっ?」 突然の告白に驚いて、予想外の声が出る。「あなたには悪いけれど、この姿の方が、近づけると想ってね」「だ、だって、おか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の水たまり 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:521字
僕の家は街のはずれにあった.普通小学校では集団登校が基本だが,まわりに家がなかったので,”みんなの通学路”に入るまでは必然的に一人で歩くことになった.僕はその一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
補習組 ※未完
作者:匿名さん お題:楽観的な野球 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:327字
ポン、とボールが頭に当たった。予想だにしていなかった訪問者に僕はパニックに陥った。「ゴメン!!」 聞き覚えがありすぎる声に驚いて、振り返った。「建! お前何し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:837字
おとうさんはとてもがんばりやさんです。わたしがしょうがっこうにいくよりいっつもまえにかいしゃにいっています。おとうさんがかえってくるのはいつもわたしがねたあと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された負傷 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:167字
胸の中心から淡く痛みがはしる。きれいで柔らかな薄桃色の石を突き込まれたように、あばらの奥ではっきりと、むず痒く鳴った。その頬が僕の前で『だけ』桜のように色付くと 〈続きを読む〉