お題:去年のスキル 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:688字

特技欄を抹消する仕事に就くと供述しており ※未完
趣味はまだわかる。
だが特技は何ですか、と聞かれたときは答えに詰まってしまう。

「ううーん……。」
「提出それいつまでだっけ。」
「明日。」

期限間近の白いプリントと机に向かって格闘しながら答える。
将来履歴書なんかを書くときにこれ全部埋めれてる何かと楽だぞ
なんて説明とともに配布されたそれは、まあ履歴書とまではいかないが
それに似たようなことを尋ねてくるアンケートのようなもので、
これを見て私たち新入生と担任が軽い面談を行うらしい。

「私は一応掃除って書いたけど。」
「ああ~日課だもんねえ、神社の境内毎日おそうじするのえらい……。」
「まあしばらくは寮だから境内の掃除はできないけどなあ。」

実家が神社である友人、奈月はもうそのプリントに記入すべきところは記入しているらしく、
特に何をするでもなく机に向かっている。
つまり付き合わせてしまっているので、なんとか迅速に終わらせたいと思っているが、
そううまくはいかないもので。

「んん~~~っだめだ去年年賀状作りだ!って言って紙漉きしたら上手にできたことしか
 出てこないよお~~っ!」
「も、もうそれでいいんじゃないか……?」
「だって面談で紙漉きについて聞かれても答えられないじゃない!
 それ一回きりしかやったことないのに!」
「これって面談中の話題作りだろ、気にせず書けばいいのに……。」

やいやいと騒いでも答えが出ず、結局のところ紙漉きについて、
去年一回だけやったらうまく行きましたと記入しておいたが、
面談で思いのほか突っ込まれ、担任とは打ち解けたもののなんとも微妙な気分になってしまった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:去年のスキル 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:699字
世の中には色んなスキルがある。俊足、や空中浮遊、家事育児掃除といった生活お役立ちのものまで多種多様だ。極端なところだと火炎放射や瞬間冷却なども存在するが、取り扱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:去年のスキル 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:519字
「あぁ、もうこんな時期か…」俺、釜中傀頭(かまなか かいと)は、平凡なサラリーマンである。去年の今ごろ、俺は、在る会社の研修を受けていた。今思い出しても苦労した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さやはな お題:去年のスキル 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:469字
新年、このオンラインゲームには毎年変わる特殊スキルがある。ひとりにつき一つ、与えられその種類も多岐にわたる。ある人は火属性の創作魔法が使えるようになるスキル、ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:去年のスキル 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:333字
『スターウォーズ』というシリーズ物の映画を叔父は好んでいた。平成生まれの私としては何も珍しいところのないSF映画だったが、その映画の初作の公開時は叔父にとって衝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もみじα お題:去年のスキル 必須要素:挽き肉 制限時間:15分 読者:366 人 文字数:348字
透明な水の流れのような日々を、息を殺して静かにやりすごしている。時間が身体にひたひたと沁み込んでくるせいで、意識の輪郭はいつもぼやけて青みがかっている。半分まど 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:赤い父 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:465字
その男は常に赤い衣を身につけていた。家にいるときは常に赤い寝巻きで過ごし、外出するときは赤のガウンと赤のズボンに着替える。そして白い大きな袋にたくさんのプレゼン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放課後デート ※未完
作者:砂糖指輪 お題:馬鹿な彼女 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:599字
「葵ってさぁ、好きな曲とかってある?」 お腹がすいたとごねる彼女をつれて入ったらマックで、僕はポテトで彼女はハンバーガーを頼んだ。夕飯が入らなくなるよって言った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:寒い祖父 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:965字
祖父の訃報に接したのは、担当作家の締切に遅れた原稿を待ちながらイライラしている時だった。上京し、編集者として仕事に忙殺されて10年、一度も祖父に会いにいっていな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
涙の味 ※未完
作者:akishinohonobu お題:早い味 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:714字
速度が肝心だと何度も言い聞かせた。止まることはそれ敗北と知れ、とコーチが何度も言っていた。反芻する。リフレイン。繰り返す。鼓動は限界まで高まっていて、足はまるで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
解散 ※未完
作者:匿名さん お題:男の解散 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:605字
「もう、今日で辞めにしよう」 俺たち四人が帰路を歩いているとき、そう口を開いたのはタクトだった。 誰も返事はしなかった。いつかこんな日は来るだろう、そうずっと思 〈続きを読む〉

たまきっぱいの即興 小説


ユーザーアイコン
道で遭う ※未完
作者:たまきっぱい お題:緑の道 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:3200字
うろ覚えの記憶だけで動くんじゃなかったな、と思うのは大体動いた後なので手遅れだ。いつも同じことを繰り返している気がするけど、今回は特にひどい。森のようなところで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
八百万分の一 ※未完
作者:たまきっぱい お題:奇妙な民話 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:675字
祖母は優しい人で、物語が大好きだった。色々な話を聞かせてくれたのは自分が幼少期の話で、何年か前に祖母は亡くなっているのだが、好きだった話のひとつが「はぐれの唐傘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:今度の高給取り 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:716字
どうしてこんなことになったのか。いや、事の始まりから考えていけばおかしくは……とも思ったけどやっぱりどこかがおかしいと思う。始まりとしてはまず、彼氏ができた。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不在阻止 ※未完
作者:たまきっぱい お題:生かされた春 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:743字
『死ぬならその前に楽しいことパーっとやろう!』廃ビルの屋上から今まさに飛び降りようとする人間にかける第一声がそれなのか、とか、お前は誰なんだ、とか疑問が頭を駆け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:薄汚い電車 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:703字
薄暗い蛍光灯が点滅している。接触が悪いのか、切れかけなのか分からないが、自分にはどうしようもない。そんな灯りのせいかもしれないが、電車の中のシートも吊り革も窓も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:ゆるふわなピアニスト 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:727字
急勾配な坂の一番上にある大きな家。普通の家なら表札がある部分には銀色のプレートがはめ込んであり、『雪野ピアノ教室』と刻まれている。最初ここに来たときに一番に思っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:去年のスキル 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:688字
趣味はまだわかる。だが特技は何ですか、と聞かれたときは答えに詰まってしまう。「ううーん……。」「提出それいつまでだっけ。」「明日。」期限間近の白いプリントと机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:未熟な嘘 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:611字
嘘をつくのが上手くなった人間は、自分が今話していることが本当なのかどうかすらわからなくなる。そんなことをどこかの誰かが言っていた。聞いたのは随分と昔の話で、忘れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:輝く百合 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1013字
むせかえるように暑い温室の中で、汗だくになりながら作業をしている。一人は花に水をやっていて、もう一人は花の枯れ葉を取ったり鉢の中の雑草を引いたりしていたが、単調 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:不幸な神話 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:694字
「不幸の定義?」また難儀なテーマ持ってくんな、と頭を抱えるが、まあ大事な話でもあるだろう。そうだなあ、とぼんやり空を見つめながらぽつぽつと話し始める。世界の全員 〈続きを読む〉