お題:輝く略奪 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:539字
[削除]

略奪の目的
友人の彼氏を略奪した。
案外あっさりしたものだった。
酔ったフリして倒れかかったら1発で攻略完了。
「クラクラする」という視界はハッキリと男を映し出す。
どぎまぎしたような顔をして、ワンチャンあるかもなんて思っていたのかな。
彼女には悪いなとは思うもののこんな程度の男なら友人には相応しくなかっただろう。丁度いいか。
ホテルへ誘導して服を脱ぐ。男は我慢がきかないかのように、待ってましたとばかりに押し倒す。
汚らわしい。
じゃあ何で私がこんなことをやっているかは分からない。
やってみたら大丈夫かもと思ったのかもしれないしただの憂さ晴らしだったかもしれない。
どっちにしろ私は行為の最中嫌悪感しか抱かなかった。
頭のおかしな女だと自分でも思う。
でも、どうしても止められないのだ。
彼女はそのことは知らない。
私はいつものように話して『彼氏』との惚気を聞くだけ。
彼女を騙すのだけは慣れないし、罪悪感が離れない。
もしかしたら私は彼女への罪悪感でしか生きる実感ができないのかもしれない。
略奪して良かったことなんてひとつもない。
でも、すべてを知った時のあなたの顔は、今までやってきたことすべてを良かったと思わせた。
あなたに付けられた平手のあとが私の頬でジンジンとうずいている
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:種 一@はじめ_TRPG お題:輝く略奪 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:383字
まっ、待って、またお題おかしいwwwスマホから昔々あるところに、子供の寝物語にも使われるくらい有名で怖い海賊がいました。その海賊は大変珍しい事に幼い少女が船長を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キュオン お題:輝く魚 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:523字
きらりきらりと魚たちが水中にその鱗をきらめかせている。太陽の光を反射した一瞬のその輝きは彼らの短い生そのもののよう。この広い深い海をきらりきらり必死に生きる彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:永遠の部屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1108字
目をあける。目を閉じる。さぁ、起床の時間だ。僕は朝起きるときのこの動作をいつも欠かさない。そうした後の、窓の外の景色は朝日を燦燦と讃えていて神々しく見えてくる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:哀れな夕飯 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:754字
裏手の林で捕まえた子羊をローストしておいしくいただいた。小洒落た言い方をしてみたが、ようは直火で焼いただけだ。じっさい、その肉が羊であったかもよくわからない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:紡木 詠士*小説家になろう お題:純粋な戦争 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:373字
「いただきます」開始の号令により3年2組の昼食が始まる。今日の給食は豪華であった。ご飯、牛乳、ピーマンの肉詰め、ごぼうサラダ、わかめスープ、デザートにクレープ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:九夜月 お題:儚い体 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:521字
駅のホームでふと何気なく目をひくものがあった。なんの、特別なものではない女の子の笑顔。隣の彼氏に向けられた笑顔は、私には輝いて見えて特別に眩しかった。将来私も結 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こあら お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:790字
僕は作曲者だ。ピアノに手を置き、頭の中で音楽を作りながら指で実際に奏でていく。その音たちを紙に書き込んでいき、僕の音は作られる。僕は楽しい音楽が好きだ。跳ねるよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夜のピアニスト 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:898字
ただ彼女はピアノを奏でているだけなのだ。そのことが、何だか急に愛しく思えてきた。 深夜二時に音楽室に行くと、ピアノを弾いている女生徒の幽霊がいる。 たったそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鬼龍院asanuma お題:夜のピアニスト 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:709字
金曜日の夜は、華やかである。 ここ、スターダストラウンジは都会の夜景が一望できるバーで、夜のデートスポットとしてカップルによく利用されている。今日は金曜日の夜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:淡い世界 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:920字
ゆらぐ光、ほどける輪郭、網膜に滲む世界、水彩絵の具を使えば優しい人だと思ってもらえるんじゃないかと、そんな妄執に囚われたのはいったいいつのことだったのか。おそ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年のテロリスト 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:230字
とりとめのない話をしていたら、いつの間にか物騒な話になっていた。酒の席の話だから、もちろん本気度は低い。「で、会社の団体に働きかけてさ、会社に飛行機突っ込ませ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの水たまり 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:553字
じっとつぶらな瞳で、空が映る水たまりを見下ろしているアルパカがいる。飼育員だから、もうもふもふしたい気もおこらないのだけれども、そのまま動かないそいつが気にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かゆくなる父 必須要素:1000字以上 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1788字
私の父親は子供のころ、虫博士になることを夢見ていたようだ。 父親は見事、その夢を叶え、現在、とある企業に就職し趣味で学んできた毒についての知識を生かして虫よけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最弱の粉雪 必須要素:ホモ 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:278字
俺はこのクラスで最も弱い存在だ。体も貧弱で、頭も良いわけではないし、ルックスだって良くない。唯一の救いは、俺が通っているのは男子校で、女子の目を気にしなくても良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見知らぬ料理 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:394字
今日は久しぶりに家族と寿司屋に出かけた。特にお祝い事ではないが、弟が寿司食べたい!と先週から騒いでいたので、それを見かねたお父さんが、先週オープンしたばかりの寿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:423字
暗闇の中でピアノの音が響いている.音は目の前の音楽室から聞こえてきているようだ.今はもう真夜中だ,こんな時間にピアノがなっているのはおかしい.おかしいといえばな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
偽装の事実 ※未完
作者:匿名さん お題:打算的な恋愛 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:652字
目の前で糸からぶら下げた五円玉をゆらゆらされても、私の心はまったく揺れない。相手である親友が真剣な、必死な顔をしていたから、私は気乗りしない本音を隠して、真面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生きている汗 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:571字
「はっ...はっ...」これでもかと言うほどカッと照りつける太陽の下で俺は必死に走っていた。 10キロ走った時点で足を止め、ゆっくり歩いて荒い息を沈めていようと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい笑い声 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:639字
時代遅れの笑い方だね、と妹に言われた。 「は?マジ受けるんですけど~!笑い方に時代も何もなくね?」「だからその反応が時代遅れなんだよ、姉ちゃん」妹はひどく恥ず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:822字
この街は雪がひでぇ。毎日、夜寝る前にどんなに頑張って雪かきをしても朝になれば1mもの白い壁が街を覆い尽くす。この街の住人の朝はこの忌々しい雪を家の前と主要道路か 〈続きを読む〉