お題:輝く略奪 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:539字
[削除]

略奪の目的
友人の彼氏を略奪した。
案外あっさりしたものだった。
酔ったフリして倒れかかったら1発で攻略完了。
「クラクラする」という視界はハッキリと男を映し出す。
どぎまぎしたような顔をして、ワンチャンあるかもなんて思っていたのかな。
彼女には悪いなとは思うもののこんな程度の男なら友人には相応しくなかっただろう。丁度いいか。
ホテルへ誘導して服を脱ぐ。男は我慢がきかないかのように、待ってましたとばかりに押し倒す。
汚らわしい。
じゃあ何で私がこんなことをやっているかは分からない。
やってみたら大丈夫かもと思ったのかもしれないしただの憂さ晴らしだったかもしれない。
どっちにしろ私は行為の最中嫌悪感しか抱かなかった。
頭のおかしな女だと自分でも思う。
でも、どうしても止められないのだ。
彼女はそのことは知らない。
私はいつものように話して『彼氏』との惚気を聞くだけ。
彼女を騙すのだけは慣れないし、罪悪感が離れない。
もしかしたら私は彼女への罪悪感でしか生きる実感ができないのかもしれない。
略奪して良かったことなんてひとつもない。
でも、すべてを知った時のあなたの顔は、今までやってきたことすべてを良かったと思わせた。
あなたに付けられた平手のあとが私の頬でジンジンとうずいている
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:種 一@はじめ_TRPG お題:輝く略奪 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:383字
まっ、待って、またお題おかしいwwwスマホから昔々あるところに、子供の寝物語にも使われるくらい有名で怖い海賊がいました。その海賊は大変珍しい事に幼い少女が船長を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛いお天気雨 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:513字
雨は嫌いだ。特にこうやって晴れている日に、いきなり降り付けてくる天気雨は。 まるで人をあざ笑うような雨だ。こんなに晴れているのに。 学校の帰り道、神社に受験の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まどろみ#ゆ お題:おいでよ投資 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:407字
「投資大歓迎!」「きっと儲かる!」「未来の貴方は大富豪様!」という中々の謳い文句を見た。誰がこんな会社の株買うんだ・・・と思っていたが、以外と集まっているらしい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:RA907 お題:近い小説合宿 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:432字
筆が進まないのは自宅のあるアパートが合宿の拠点なせいだ。「ここ俺の住んでるアパートなんだけど」何人かの前でそう言ってしまったのが不味かった。当然の権利のように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨待ちとかげ お題:蓋然性のあるババァ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:634字
「そうなるべきなんだよ」 老婆はしたり顔でそう言った。 身にまとうのは黒い地味なローブ。 まがった腰、しょぼくれた目、膨れた鼻、意地悪げな表情。 魔法使いと呼ば 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:そらとぶししゃも お題:穏やかな母性 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:671字
そもそも、母性とはいったいなんなのか。「そういや最近、バブみやら何やらよく聞くようになった気がするんだけど、あれってなんなん?母性の対義語?」「え。しらねーけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:裏切りの借金 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1348字
「あなたはわたしに対して、5000万円の借金を負っていることは忘れていないよね?」 突然の彼女の言葉に、俺は吹き出しそうになった。「5000万円!?」 バカな、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そらとぶししゃも お題:裏切りの借金 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:556字
思えば、逃げてばかりの人生でした。 ある時は夢を語ったこの口で、またある時は挫折を嘯き。 苦しいことを前にしては、勝手に自分を追いつめて、勝手に体を痛めつけま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
迎え ※未完
作者:美亜@夢百合草庵 お題:彼のババァ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:363字
運転席で徹がぼやいた。「そいや、こんくらいの時だったな。バァさんが、初めて出てったのは」入道雲が峠の向こうで輝いていた。彼は眩しそうに目を細めていた。冷房を効か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
海風 ※未完
作者:まどろみ#ゆ お題:あいつの海風 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:431字
いつものように教室でだるい授業を聴きながす毎日。授業とは私にとって退屈でしかないもの。中学生の私はそう考えていた。考えなくても分かるもの。自分が授業を聞いてだる 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ダイナミックな策略 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:567字
ジムが相当、血が苦手だということがわかった。小鉄がちょっと指先を切って、盛り上がってきた血を見ただけで飛び退って壁にぶち当たって硬直し、そのまま気を失ったから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた略奪 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:529字
人は人の物を奪って生き残る。それがこの世界の摂理であり倫理であった。だがある時、とある国の王がある提案した。 「このまま人が奪い合いを続ければいずれ人は滅びる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の略奪 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:498字
ズバァン! そんな音が響いた直後、俺の前に立っていた男が赤い液体を撒き散らしながら行かに倒れた。 「嘘だろ・・・・・・そんな・・・・・・」 今まで一緒に戦って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:意外な悪意 制限時間:4時間 読者:4 人 文字数:1802字
クスクス、クスクス…… 教室の至るところから笑い声が聴こえてくる。それは仲良しなクラスのお遊び。少なくとも、中学生の男子、晴はそう思っていた。 今、クラスでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの監禁 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:1684字
何故、私は個々にいるの? 目が覚めた時には、薄暗い闇しかなかった。しかし闇の中にいたのは14歳の少女、このみだけではなかった。闇の中にいたのは様々な人々。中に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ反逆 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:457字
暖かな羊水に満たされた世界で生きていることに気がついた。まだ小魚のような姿で手足の形も整っていなかった。 何も見えないし聞こえなかったけど、暖かったし時折感じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕のぐりぐり 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:913字
"Show business" いわゆる娯楽産業の方向性がこれまでになくそうなっています。 既存の娯楽がInternetという娯楽と争うことになったのが理由で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:綺麗な味 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:849字
僕がその『味』を表現したって、おそらく彼女は再び僕に見向きもせず自分の世界に足をどっぷりとつからせてしまうだろう。 彼女は昔からそうだった。 授業の間も、自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放課後のおに ※未完
作者:匿名さん お題:地獄の顔 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:408字
西陽が差し込む放課後の教室で、僕は女の子と2人きりだった。委員会が一緒とか、何か用事を頼まれたとかじゃない。ましてつきあっているわけでもないのに、なんとなくい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
君の記憶 ※未完
作者:匿名さん お題:灰色の夕日 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:874字
君の笑顔が曇るのは、決まって私が過去の思い出を語る時だった。小学校の遠足、中学校の部活動、初恋の人、懐かしい菓子の味。そんなものを語る時、君はいつだって陽だまり 〈続きを読む〉