お題:10の秋 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:748字

front line
『天高く馬肥ゆる』
「はっはは、いきなり大技か。いいぞ、なかなか見どころがあるな、『10の秋』の異名を持つ男よ。
男は、繰り出された攻撃を躱すと不敵に微笑みながらそう言った。その足は地についておらず、透明な何かの上に立っているかのように宙に浮かんでいる。
対する青年は、鋭い表情で男をにらんでいる。

その二人の間には、空と雲。それらが『無くなっていた』。文字通り、雲が、空ごと何もない空間へと変わっている。瞬時に周りの空気が巻き込まれ、二人をその間合いの中心へ引き寄せるような強い風が吹き始める。
「しかし、なるほど。これはなかなかの威力だ。俺のこの能力……『飛んで火にいる虫』じゃあ、ちいとばかし相性が悪いか」

男はそういうと、何かの合図をした。すると、男の『立つ』場所が徐々に低くなっていき、しまいには男は地面へと降り立った。

「さて、どうするか……。そうだな、『秋』は気象をトリッキーに操るのが得意だ。空を飛ぶのは俺の十八番だったんだが……。それに、この風、『熱』も通用しそうにはねぇな。」

そう独り言をいう男の口ぶりは、どこか楽しそうだ。対する青年は、いまだ男への視線を緩めてはいない。

「しょうがねぇな。別の手で行くか」

そのとたん、男から寒々とした冷気が放たれ始める。青年は、その光景に初めて表情を崩し、目を丸くした。

「おう、やっといい顔になったな。俺が冷気を操つるのがそんなに珍しいか?」

そういう男は楽しそうな口調は崩さず、それでいて先ほどとは比べ物にならない寒々とした殺気をあたりに放ち始める。

「『夏』が操るのが、熱気や生命だけではないってことを、思い出させてやるよ」

にやりと笑った男の体から、無数の青白い何かが、渦巻きながらいくつも放たれ始めた。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:もき お題:10の秋 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:473字
間もなく冬が到来することを告げているかのように、外に出れば肌を刺すような寒さを微かに感じた。10月を冬と呼ぶにはいささか早く、夏がようやく終わり冬に向けての準 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
飛石階段 ※未完
作者:匿名さん お題:免れた不動産 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:791字
「はぁ、なんでこんな面倒なことになってるんだろ」僕は、3万円の入った封筒を握って立ち尽くしていた。高校時代、冴えない三年間を送ってきた僕は、大学進学を気に県外へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこもち お題:3月の14歳 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:663字
14歳といえば中学二年生。中二病真っ盛りなのは当たり前。だからと言ってテレビで見たアクション映画を真似して二階から飛び降りたのはちょっとマズかったかな、なんて独 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:cuckoo@モード紅白 お題:ドイツ式の強奪 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:453字
「ドイツ式の強盗ってのはこうやるもんだ!」とお頭。くるみ割り人形のような服を着て、馬にまたがる。もちろん何とも言えない空気が流れる。俺の記憶違いでなければ、アレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:32 お題:俺のデマ 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:574字
「俺に任せて下さい! 必勝の策があります!」 と、そう言ったのが二時間前。とある悪の組織に所属する戦闘員は自分の発言に早くも後悔していた。「何で首領にあんな事い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:名付けるならばそれはダイエット 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:1194字
7月12日はアマゾンのプライムデーだ。少し前から、そういうのがずっと、ツイッターとかに情報として出ていた。あと、アマゾンに行くとどっかしらにその情報が出ていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:山儀篤史 お題:ゆるふわな社会 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:464字
「あー。えー、そのー……」 僕はそう言って、黒いスーツで強面の男を前に言葉を挟んだ。「それで? 君の特技というか強みというか──そういうものはあるのかい?」 男 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かは帰り道 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:645字
戦いはいつどこでだれと起こるかわからない。そう例えば帰り道。帰り道に呂布が現れるかもしれない。呂布が現れたときいつでも対応できるようにしなければこの時代生きてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まやかしの檻 ※未完
作者:はつ お題:彼の牢屋 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:174 人 文字数:322字
彼はここから一生出ることは叶わないだろうとわらった。檻の中で足枷がジャラリ、と鳴いたように思えた。私はただそれを見つめていた。きっと私にはアクションスターのよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:今日の魔王 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:196 人 文字数:1080字
「おお、勇者良く戻って来てくれた」おなじみの台詞を、よくもスラスラと。赤いマントが、窓から吹き抜ける風によって靡いている。そのマントは俺が、いつ取り戻してきたん 〈続きを読む〉

むそう。の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:むそう。 お題:10の秋 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:748字
『天高く馬肥ゆる』「はっはは、いきなり大技か。いいぞ、なかなか見どころがあるな、『10の秋』の異名を持つ男よ。男は、繰り出された攻撃を躱すと不敵に微笑みながらそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むそう。 お題:鋭いラーメン 必須要素:大阪 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:796字
大阪のとある一角に、一見のラーメン屋さんがある。このお店は、中々に鋭い。何が鋭いかというと、いずれ分かる。私は今、件のラーメン屋さんのカウンターに腰かけている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
金箱 ※未完
作者:むそう。 お題:壊れかけの嘘 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:445字
彼女に、嘘がばれた。正確には何がどう嘘であるのかはばれていない。けれどどうやら、『嘘をついている』という、その事だけはばれてしまったらしい。目下、必死に言い訳と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むそう。 お題:暑い豪雨 制限時間:15分 読者:145 人 文字数:551字
『本日の降水確率は100%、非常に暑い豪雨の日となることでしょう』梅雨も明けかけの初夏の日の午前、この時期としてはあまり変わり映えのしないニュースが流れている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むそう。 お題:最後のしきたり 制限時間:15分 読者:156 人 文字数:335字
「これからあなたには、我が家のしきたりをすべて覚えていただきます。晴れて大きな屋敷の清掃員として就職した俺を迎えたのは、同じくらいの年の頃の少女とその言葉だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むそう。 お題:子供の性格 制限時間:15分 読者:146 人 文字数:341字
子供の性格というのは、中々にわからない。かつて自分も子供だったはずだが、その時の自分の性格がどんなものだったかなんてわかりようがない。それにもし他人から『こうだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
貴方の声 ※未完
作者:むそう。 お題:秋の声 必須要素:バナナ 制限時間:15分 読者:170 人 文字数:881字
「突然だけど、バナナ食いたい」「木の葉も赤茶色になり風も冷たくなってきたこのご時世に!?」夕暮れの帰り道、私たちの会話はそんな凄まじくどうでもよいやり取りから始 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
僕と、彼女と ※未完
作者:むそう。 お題:僕とヒロイン 必須要素:コミケ 制限時間:15分 読者:173 人 文字数:253字
コミケに出ることになった。前から書いていた二次創作作品が完成したのでオタク友達に見せたところ、今度出す同人誌へ一緒に載せないかと誘われたのだ。そこまで不特定多数 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むそう。 お題:誰かとライオン 制限時間:15分 読者:168 人 文字数:703字
ごぅぉぉぉぉぉぉぉぉん。ライオンといえばがおーだが、実際に聞こえた声はそんな感じだ。それを聞いて、娘がきゃっきゃと笑っている。昔、まだ妻の腕に抱かれていた時はす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むそう。 お題:運命の決別 必須要素:ゴキブリ 制限時間:15分 読者:181 人 文字数:773字
――ねぇ、本当に行っちゃうの? 彼女がそう言った、そんな気がした。あいつはもう、その場から動けない。――分かってるんでしょ、そのまま行けば、私は死ぬって事。そん 〈続きを読む〉