お題:日本ぷにぷに 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:860字
[削除]

探査調査のお仕事してます ※未完
遥か昔の時代。この世界には数多くの国があり街があり人々は平和に暮らしていた。
だがある時を境にその平和な時代は終焉した。第3次世界対戦の勃発だ。
国々はそれぞの信念のもとに戦い、敵国に打ち勝ち、負け、そして人類は滅びへと向かっていた。戦争をしていた国のうちのひとつは禁断の力を使ってしまったからだ。核兵器。それが一発使用されたことによって人々の箍はそれまで以上に外れ、あらゆる地域、地方、国、大陸へと落とされた。後の人々はこの第三次世界大戦の事を核大戦(ニューク・ウォー)と呼び、その痛ましい時代を胸に刻んでいく。
核によってあらゆる動植物が絶滅していった。人類も滅びの一歩手前までいったのだった。ギリギリのところで踏みとどまり戦争が終わった時、人類の人口はそれまでの500分の一にまで減ってしまっていた。
それによって科学技術や知識、果てはそれまで人々が脈々と受け継いできた数多の文化というものもボロボロに討ち滅ぼされたいた。

核対戦(ニューク・ウォー)の終結より、200年経過した時代。
風化して打ち捨てられたアスファルトの建造物が立ち並ぶ場所に足を踏み入れた一つの人影があった。外套を羽織り、顔にはゴーグルをつけている。イルは誰もいない空間に向かってつぶやく。
「ここまで来たからには何か一つでも収穫を得ないとおやっさんに怒鳴られるよなぁ。なにか反応はあるか?」
「前方50m先に微弱な反応あり。要確認であると進言する。」
その声の持ち主はイルについてるアシスタントIA<PGXー299>通称フェアリーの音声だった。
「まじか!よっしさっそくその地点へと行って今回の依頼を終わらせるぞ。」
「ガッテン」
「・・・お前、また変な言葉を覚えてきたな。」


「さてと、反応があったのはこの辺りだな」
「ここより2mほど下方向に反応があり」
イルは自分の足元を見つめる。そこには風化はしたがそれでも人力で掘るには硬いアスファルトの地面だった。
「ここを、掘れと。はぁ〜まじか〜。」
「それが発掘調査の基本です、イル。」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪ お題:思い出の屍 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1006字
登場人物はノンフィクションです。名前は変えてます。話はフィクションです。(そもそも、ノンフィクションで死ネタっていいのかな?って少しは思ってる。 思ってるけど一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:彼が愛した心 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1147字
木々の隙間からこぼれ落ちる木漏れ日がまだらに地面を彩る。彼は読みかけていたページを丁寧にめくった後、金細工のしおりを挟み本を閉じた。この時代に住む懐古主義者や自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:傷だらけの夜 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1490字
もう泣きたい。こんなに、悲しいのに涙がでないなんて体っておかしい。 この前深夜にみた動物ドキュメンタリーだったらバカみたいに泣けたのになんなんだろ。 さっきフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:真実の光景 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:919字
夢から覚める、引き上げられるような感覚。頬に触るのは誰だろう。少しかさついていて硬いが、とても暖かい。自分はこの手知っている「ルイス」 そう想う相手を呼びなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さとう お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:327字
私はその音を気にも留めずにいたのだ。私はその日、いつもの通り自室にいた。友達と遊んでいた。時計は昼頃を指していた。ぬるい時間だけがそこにあった。一階から食器が割 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:快特・尾瀬みさき行 お題:知らぬ間の銀行 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1343字
「これ預かっといて」 佐倉は今月も財布から一万円札三枚を取り出して、裸のまま俺の手に握らせる。俺は手に持ったリュックのファスナーを開き、その中に納まったお菓子の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:近い不動産 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1282字
私は毎日、近所の安アパートに通っている。部屋はワンルームで、古びた外見の建物だ。通っているといってもそこに住んでいる訳ではない。そういうと何か、不倫や内縁の妻と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:近い不動産 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:993字
数字の並んだ大きな掲示板を恐る恐る見上げた。掲示板の前には群をなす制服。阿鼻叫喚、 歓喜雀躍。それぞれの人間が色が染めたり色を失ったりしていた。私の数字は750 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:泉沙李 お題:輝く挫折 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:730字
漫画家になりたい。ライトノベルの作家になりたい。声優になりたい。オタクならば業界に関わる仕事をしたいと、みんな1度は抱く夢のひとつなのかもしれません。僕もそうで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:disturbおじさん お題:赤い御曹司 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1440字
突然だが、世界を統べるのに必要なものは何だと思う? 財力、当然必要だね。カリスマ、これがなければ人は付き従わない。でもそれだけじゃダメだ。 それじゃあ、何が必 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:素朴な医者 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:304字
父につき沿って、病院に行った。父が何かの検査に連れて行かれたところで、私だけ病室に呼ばれた。半年、それが父に残された時間だという。病状はかなり悪く、どんな治療は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
解散 ※未完
作者:匿名さん お題:男の解散 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:605字
「もう、今日で辞めにしよう」 俺たち四人が帰路を歩いているとき、そう口を開いたのはタクトだった。 誰も返事はしなかった。いつかこんな日は来るだろう、そうずっと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい男祭り! 制限時間:4時間 読者:7 人 文字数:194字
そもそもこの強盗の計画は彼女が言い出したことだった。 ほかの男たちにも、同じようなことをやっているに違いない。 彼女との出会いを思い出す。 ナウい男祭り!とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とある峠で ※未完
作者:匿名さん お題:恋の悪魔 必須要素: 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:796字
とある峠を、軽トラックは音を立てながら走りすぎる。後ろにはパトカー、この峠を逃げられるかどうかが山場だ。助手席では、俺の愛するカレンが目をぎゅっとつぶっている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃのもこもこ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:840字
「ねぇ、ぐちゃぐちゃのもこもこって何?」バンと大きな音をたてて自室の扉が開く。入ってきたのはトラブルメーカーである我が妹、優理だ。これまでも数々の面倒事を起こし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実のガール 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:1100字
「――実は私、女じゃないんだ」「……はっ?」 突然の告白に驚いて、予想外の声が出る。「あなたには悪いけれど、この姿の方が、近づけると想ってね」「だ、だって、おか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の水たまり 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:521字
僕の家は街のはずれにあった.普通小学校では集団登校が基本だが,まわりに家がなかったので,”みんなの通学路”に入るまでは必然的に一人で歩くことになった.僕はその一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
補習組 ※未完
作者:匿名さん お題:楽観的な野球 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:327字
ポン、とボールが頭に当たった。予想だにしていなかった訪問者に僕はパニックに陥った。「ゴメン!!」 聞き覚えがありすぎる声に驚いて、振り返った。「建! お前何し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:837字
おとうさんはとてもがんばりやさんです。わたしがしょうがっこうにいくよりいっつもまえにかいしゃにいっています。おとうさんがかえってくるのはいつもわたしがねたあと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された負傷 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:167字
胸の中心から淡く痛みがはしる。きれいで柔らかな薄桃色の石を突き込まれたように、あばらの奥ではっきりと、むず痒く鳴った。その頬が僕の前で『だけ』桜のように色付くと 〈続きを読む〉