お題:戦争と馬鹿 必須要素:からあげ 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:910字
[削除]

唐揚げ戦争
あなたの好きな食べ物はなんだろうか。
そう問われた時に人は様々な答えを返すだそう。カレー、ハンバーグ、卵焼き、生姜焼き、etc...。
そう、人によって好きな食べ物は千差万別。様々な答えが返ってくるだろう。
では、僕は何を答えると思うだろうか。あなたに分かるだろうか。
僕の好きな食べ物、それは。

からあげ!!!!!そう!!!からあげだ!!!!!

鶏肉に衣をまぶして熱々の油で揚げ、一口食すとたちまちに口内に溢れ出す熱々の肉汁。
ハフハフと言いながらそこにさらに白い白米を放り込んだ時の快感は何もにも敵うまい。
そう、唐揚げこそ、僕の、好きな、食べ物である。

そしてこのことは僕の家族、友人、誰もが知っている周知の事実でもある。

唐揚げが食卓にあがったときは誰もが僕の唐揚げ好きを知っているために、僕のお皿に少しだけ量を多く入れてくれる母、僕のお皿に自分の分の唐揚げを分けてくれる父。僕の両親はなんと心優しい存在なのだろうか。

だからこそ、いま僕の目の前に起こった皿の上の現象が理解することが出来ず、僕は暫くの間思考が停止してしまった。なぜ、どうして、このような理不尽がこのように起こるのか。このような理不尽な暴力こそがこの世から戦争が絶えない原因であると言えるのではないだろうか。

僕の皿の上の唐揚げが、横から掻っ攫われた。

そう、この、僕の、からあげが!!!!

断じて許さない!!!

そう心に固い決意を決めつつ僕の隣に座る妹を見る。
大変満足げで美味しそうに唐揚げを食べる妹を見る。

そして僕は天啓を受ける。

そうか、そうだった。唐揚げは誰のものでもない、皆のものであった。
妹の美味しそうに食べる姿をみて思い知った。

なんということだ。唐揚げの美味しさに僕は目を眩ませていた。
唐揚げは僕だけのものではなく、皆のものであり、なによりその美味しさの前に誰もがひれ伏すのであると。

そう悟り、僕は目の前の皿に残ってあった唐揚げを食べようと箸を伸ばそうとした、瞬間、妹がまたもや唐揚げを掻っ攫った。


・・・・・よろしい、唐揚げ戦争を始めようじゃないか!!!!

「僕の唐揚げ!!!!!!!」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ふゆのん お題:当たり前の殺し 必須要素:からあげ 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:402字
先ほどまで動いていた姪が、ふくよかな体を藁の上に横たえ、帰らぬ鳥となった。姪を殺したのは、今この檻の中にいる。一番大きなトサカが自慢の7番が、胸を膨らませたかと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:昔の悪意 必須要素:からあげ 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:811字
昔、学校でお昼にお弁当を食べていた時、突然、真横から箸が伸びてきて、その箸は私のお弁当に入っていたからあげをつまみ上げて、中空に連れ去った。私のからあげは、まる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:12月の男の子 必須要素:からあげ 制限時間:15分 読者:165 人 文字数:984字
十二月の男の子は、どことなく浮ついた雰囲気を醸し出している気がする。もちろん、女の子だって、十二月になって街のどこぞかしこぞにクリスマスツリーやら、クリスマス系 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:YanagisaNagi お題:殺された模倣犯 必須要素:からあげ 制限時間:15分 読者:136 人 文字数:593字
からあげ連続殺人事件が六件を数えたのは、はじめの事件から、ちょうど三ヶ月目の事だった。「また、からあげによる毒殺事件が発生したぞ、山門一緒に来い」「えー、また 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たか式 お題:記録にない悲しみ 必須要素:からあげ 制限時間:15分 読者:171 人 文字数:716字
「思い...出せない!」僕はとても大好きな食べ物があった。サクサクした食感と、噛んだ時に感じるあのたまらない食感。僕は昔から、それが大好きだった。しかし、あろう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:⊂((・x・))⊃ お題:走る夢 必須要素:からあげ 制限時間:15分 読者:225 人 文字数:985字
走る夢をみました。 太陽の下、緑の草の上、一生懸命に足を動かして、風を切って走る夢でした。 わたしには自由がありません。狭い狭いこの部屋の中だけがわたしの世界 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
葉黒沼の怪 ※未完
作者:@prime お題:どす黒い場所 必須要素:からあげ 制限時間:15分 読者:200 人 文字数:318字
用事があって何ヶ瀬半島を汽車でくだる途中、思わぬ大雪で足止めを食ったことがあって、そこで出会った土地の老人から興味深い昔語りを聞いた。 北の印南(いんなみ)と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:正しい小説 必須要素:からあげ 制限時間:15分 読者:298 人 文字数:315字
はやる気持ちを抑えてレシピ本をめくった。転んで体操服を砂だらけにした子供が私の広げたシートに向かって、さっきゴールテープを切った時よりも息を切らして走ってくる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たけむー お題:宗教上の理由でゲーム 必須要素:からあげ 制限時間:15分 読者:212 人 文字数:841字
あぁ、気持ちが悪い。胃の中が若鳥でひしめきあっている…。うぅ…。あんな集会、参加しなきゃよかったなぁ…。僕は大学2回生で、下鴨に下宿してる貧乏学生です。あぁ、親 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:思い出の探偵 必須要素:からあげ 制限時間:15分 読者:236 人 文字数:505字
警部は容疑者であるクレア夫人を問い詰めた。「あなたは一昨日の夜、何をしていましたか?」「それが、思い出せないの……」「おやおや、それではアリバイは立証できません 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絵描きの巨人 必須要素:変なにおい 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:680字
この世界は、あの有名な巨人を駆逐する世界ではなく巨人と仲良く共存する世界だ。人間には出来ない力仕事をする巨人族と、巨人には出来ない、繊細な職人技を持つ人間族がい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黄色い沈黙 ※未完
作者:匿名さん お題:黄色い沈黙 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:648字
ふらっと立ち寄った誰かの個展で、なんとなく気になった絵があった。 名も知らない誰かさんの書いた、何の変哲もない絵。 一面の田舎道の中に、ただ一輪ひまわりのよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
早すぎた妹 ※未完
作者:匿名さん お題:早すぎた妹 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:796字
朝、いつものように目覚めた。 何のことはない。昨日と同じ朝だ。 強いていうならば、また一つ年をとったくらいだろう。なんせ今日は俺の誕生日だ。 齢十七。いわゆる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウいアレ 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:822字
今日は散々だったな、と柴田は一人言ちた。 人がすっかり少なくなった電車を降り、最近になってより登るのが億劫になってきた改札までの階段を登って来た。今日が金曜だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛すべき宗教 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:387字
あー。面倒。息をするのも面倒。俺にひざまづく信徒達を一瞥する。ああ、神であることはこんなに面倒なのか。嫌だ。ある一人の信徒がドアを潜ってきた。稀に見る別嬪さんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:くだらない尿 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1174字
僕と彼女が付き合っていたのは二十二から二十三の間のことだった。何か大学時代の集まりだったか、適当な時になんとなく手を繋いで、それがきっかけでなんとなく付き合い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:楽観的な太陽 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:826字
「こんなもの使うなんて正気とは思えない」 地表の雪に冷やされて地下壕内の壁はひんやりと、内部を冷蔵庫のように冷やす。 バンカーの最奥にある指令所も例外ではなく冷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒い冒険 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:780字
おれは首を傾げた。いつも通り仕事を終えたおれは終電にギリギリ滑り込んで、適当な席に腰を下ろしたはずだった。疲れて眠ってしまったのだろうか。しかし駅を出た記憶も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:元気なロボット 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:412字
「…………」『…………』 ガン見した。真正面から。やっぱりどう見てもロボットだ。一挙一動に機械音がするし、僕を見ていると思われる目はLEDだ。「悪いな。おまえの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と憎しみの秋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:269字
今年の秋の読書キャンペーンのテーマは『愛と憎しみ』だそうだ。本屋の店頭に並んでいるのはそんな題名の本ばかり。「今年のテーマ、やけにズバッと来たねー」「……この 〈続きを読む〉