お題:紅茶と絶望 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:225字
[削除]

絶望
「ああ……!」彼は言ったーーすでにテーブルの上は、混沌と化している。紙はぐしょぐしょになりーー全ては無に戻るーー彼は、紅茶を零したのだ。
これほどに悲しきことはあるだろうか! 絶望することはあるだろうか!

わからぬものは、こう考えてくれれば良い。
ある年に何気なく干支を確認したら、亥であった、気がつけば今年も亥である。そういえば今まで亥は3回ほど来ていたーー。
時の絶望である。

そして今も、こうしているうちに時は立つ。ここでも時の絶望である。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
干支 ※未完
作者:こぶた お題:ナウい投資 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:468字
毎年行われる、干支の12支を決めるレース。今年参加する動物は最多の25種。1位はその年の主役となり、12位までが干支となる。この12支を決めるレースの勝ち順を予 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:( お題:ドイツ式の哀れみ 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:179字
彼は言った。僕は寅が羨ましい。彼は言った。俺は竜が羨ましい。彼は言った。自分は子が羨ましい。彼女は言った。私は午が羨ましい。彼女は言った。うちは申が羨ましい。彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:熱い敗北 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:355字
熱い敗北ピコーン!ね、うし、とら、う、たち、み、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ...ブーッブー!!12干支4秒以内に全部いえたら100万円挑戦者残念!時間切れで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月緒仁孝 お題:東京の木 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:261字
「この東京では、クリスマスには、クリスマスツリーの代わりに、庭木に陶器の十二支を飾りつけ、てっぺんに来年の干支が書かれた手作りの絵馬を飾ります。その絵馬に願い事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:純粋な車 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:1120字
先輩が運転免許を取ったけれど心細いというので、僕はオンラインゲームのイベント明け、平たく言えば徹夜明けの状態で、先輩のアパートの前に呼び出された。 先輩は、サ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:純粋な車 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:507字
歴史は繰り返すのか、と思われた。神様の急な思いつきで干支の改訂が行われることになった。発生するお役所やら企業、特にカレンダー業界にもたらされる影響は洒落にはなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:フニャフニャのサーブ 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:1084字
去年の今頃に何をしていたか考えてみたところで、思い出せるかと言えばそういうものでもない。記憶は何かしらに関連付けてなされるものと言うが、感覚的にも何も思い出せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きさ お題:免れた春 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:920字
鼠は考えた。 今年くらいは、猫の奴に干支の座を譲ってやってもいいんじゃあなかろうか、と。「なあ、俺はお前を騙して干支になったけど、やっぱりそういうのってしっく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゾ夢@ツインテールを愛する紳士 お題:私が愛した諦め 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:540字
干支に猫がいない理由の話を聞いたことはあるだろうか?まあ、何個もあるから調べてみてほしい干支は一年が経つと変わるものだが、干支は必要なのかという意見もある確かに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:シンプルな魔法使い 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:209 人 文字数:592字
ねぇうしとらうー☆ たっつみー☆ うまひーつじさーる☆ とりいーぬいー☆ と、こんな感じでリズムに合わせれば、ややこっしいことも簡単に覚えられるというぐあいの 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ダイナミックな策略 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:567字
ジムが相当、血が苦手だということがわかった。小鉄がちょっと指先を切って、盛り上がってきた血を見ただけで飛び退って壁にぶち当たって硬直し、そのまま気を失ったから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた略奪 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:529字
人は人の物を奪って生き残る。それがこの世界の摂理であり倫理であった。だがある時、とある国の王がある提案した。 「このまま人が奪い合いを続ければいずれ人は滅びる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の略奪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:498字
ズバァン! そんな音が響いた直後、俺の前に立っていた男が赤い液体を撒き散らしながら行かに倒れた。 「嘘だろ・・・・・・そんな・・・・・・」 今まで一緒に戦って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:意外な悪意 制限時間:4時間 読者:4 人 文字数:1802字
クスクス、クスクス…… 教室の至るところから笑い声が聴こえてくる。それは仲良しなクラスのお遊び。少なくとも、中学生の男子、晴はそう思っていた。 今、クラスでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの監禁 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:1684字
何故、私は個々にいるの? 目が覚めた時には、薄暗い闇しかなかった。しかし闇の中にいたのは14歳の少女、このみだけではなかった。闇の中にいたのは様々な人々。中に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ反逆 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:457字
暖かな羊水に満たされた世界で生きていることに気がついた。まだ小魚のような姿で手足の形も整っていなかった。 何も見えないし聞こえなかったけど、暖かったし時折感じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕のぐりぐり 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:913字
"Show business" いわゆる娯楽産業の方向性がこれまでになくそうなっています。 既存の娯楽がInternetという娯楽と争うことになったのが理由で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:綺麗な味 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:849字
僕がその『味』を表現したって、おそらく彼女は再び僕に見向きもせず自分の世界に足をどっぷりとつからせてしまうだろう。 彼女は昔からそうだった。 授業の間も、自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放課後のおに ※未完
作者:匿名さん お題:地獄の顔 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:408字
西陽が差し込む放課後の教室で、僕は女の子と2人きりだった。委員会が一緒とか、何か用事を頼まれたとかじゃない。ましてつきあっているわけでもないのに、なんとなくい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
君の記憶 ※未完
作者:匿名さん お題:灰色の夕日 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:874字
君の笑顔が曇るのは、決まって私が過去の思い出を語る時だった。小学校の遠足、中学校の部活動、初恋の人、懐かしい菓子の味。そんなものを語る時、君はいつだって陽だまり 〈続きを読む〉