お題:紅茶と絶望 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:225字
[削除]

絶望
「ああ……!」彼は言ったーーすでにテーブルの上は、混沌と化している。紙はぐしょぐしょになりーー全ては無に戻るーー彼は、紅茶を零したのだ。
これほどに悲しきことはあるだろうか! 絶望することはあるだろうか!

わからぬものは、こう考えてくれれば良い。
ある年に何気なく干支を確認したら、亥であった、気がつけば今年も亥である。そういえば今まで亥は3回ほど来ていたーー。
時の絶望である。

そして今も、こうしているうちに時は立つ。ここでも時の絶望である。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:きさ お題:免れた春 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:920字
鼠は考えた。 今年くらいは、猫の奴に干支の座を譲ってやってもいいんじゃあなかろうか、と。「なあ、俺はお前を騙して干支になったけど、やっぱりそういうのってしっく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゾ夢@ツインテールを愛する紳士 お題:私が愛した諦め 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:540字
干支に猫がいない理由の話を聞いたことはあるだろうか?まあ、何個もあるから調べてみてほしい干支は一年が経つと変わるものだが、干支は必要なのかという意見もある確かに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:シンプルな魔法使い 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:168 人 文字数:592字
ねぇうしとらうー☆ たっつみー☆ うまひーつじさーる☆ とりいーぬいー☆ と、こんな感じでリズムに合わせれば、ややこっしいことも簡単に覚えられるというぐあいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂((・x・))⊃ お題:謎の学校 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:160 人 文字数:991字
小学生の時に変な噂があった。おれたちの通う第一小と第二小の学区の隙間に、もう一つ学校があるのだと。その学校は干支の数だけクラスがあるんだという。一学年のはなし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
仲間外れ ※未完
作者:むささび お題:春の料理 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:182 人 文字数:476字
すん すん魚の焼ける匂い。思わずつられてそちらの方に向かってしまいそうになる。時間をかけて作られたであろう様々な創作物の匂いがどこからともなく香ってくる。お神酒 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ハイメア お題:10の小説トレーニング 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:207 人 文字数:1596字
小説を書かねばなりません。それはもう、私はまだ、死にたくはありませんでしたので。 皆様ご存知のことでございましょうが、我が国では最高学府を卒業するにあたって、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:隠された国 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:572字
追い詰められたねずみはがくがくと尻尾を震わせていた。「な、なぜ……」目の前には鋭い眼光を湛えた猫が舌なめずりしていた。「干支の話をしてやるニャ」ねずみに嘘を吹き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐倉おりひと お題:未来の食卓 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:343 人 文字数:690字
「デザート」まばたきを二回したあとで虚空に向かってつぶやくと、チカチカチカ、と部屋全体のライトが明滅する。三回の点滅が”ラジャー”のサイン「ティラミス」私は部屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オヅカズオ お題:未来の食卓 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:195 人 文字数:634字
「ほらわたしうまどしだからああ」と、彼女は言う。テーブルの上には見事にオレンジ色の皿ばかりが並んでいる。人参と何かの煮物、あるいは人参の割合が非常に多い筑前煮。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
化猫屋小噺。 ※未完
作者:兄沼魔王ふじえだ(Lv.117) お題:赤い嫉妬 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:226 人 文字数:379字
なぜ干支に猫は入れなかったのか、と訊いたことがあった。遠い昔のことだ。すると彼はこう言った。ヤツが嫌われ者だったからだろう。今になって、本当に今になってだが、あ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年のテロリスト 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:230字
とりとめのない話をしていたら、いつの間にか物騒な話になっていた。酒の席の話だから、もちろん本気度は低い。「で、会社の団体に働きかけてさ、会社に飛行機突っ込ませ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの水たまり 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:553字
じっとつぶらな瞳で、空が映る水たまりを見下ろしているアルパカがいる。飼育員だから、もうもふもふしたい気もおこらないのだけれども、そのまま動かないそいつが気にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かゆくなる父 必須要素:1000字以上 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1788字
私の父親は子供のころ、虫博士になることを夢見ていたようだ。 父親は見事、その夢を叶え、現在、とある企業に就職し趣味で学んできた毒についての知識を生かして虫よけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最弱の粉雪 必須要素:ホモ 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:278字
俺はこのクラスで最も弱い存在だ。体も貧弱で、頭も良いわけではないし、ルックスだって良くない。唯一の救いは、俺が通っているのは男子校で、女子の目を気にしなくても良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見知らぬ料理 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:394字
今日は久しぶりに家族と寿司屋に出かけた。特にお祝い事ではないが、弟が寿司食べたい!と先週から騒いでいたので、それを見かねたお父さんが、先週オープンしたばかりの寿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:423字
暗闇の中でピアノの音が響いている.音は目の前の音楽室から聞こえてきているようだ.今はもう真夜中だ,こんな時間にピアノがなっているのはおかしい.おかしいといえばな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
偽装の事実 ※未完
作者:匿名さん お題:打算的な恋愛 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:652字
目の前で糸からぶら下げた五円玉をゆらゆらされても、私の心はまったく揺れない。相手である親友が真剣な、必死な顔をしていたから、私は気乗りしない本音を隠して、真面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生きている汗 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:571字
「はっ...はっ...」これでもかと言うほどカッと照りつける太陽の下で俺は必死に走っていた。 10キロ走った時点で足を止め、ゆっくり歩いて荒い息を沈めていようと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい笑い声 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:639字
時代遅れの笑い方だね、と妹に言われた。 「は?マジ受けるんですけど~!笑い方に時代も何もなくね?」「だからその反応が時代遅れなんだよ、姉ちゃん」妹はひどく恥ず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:822字
この街は雪がひでぇ。毎日、夜寝る前にどんなに頑張って雪かきをしても朝になれば1mもの白い壁が街を覆い尽くす。この街の住人の朝はこの忌々しい雪を家の前と主要道路か 〈続きを読む〉