お題:ダイナミックな家事 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:838字

無いものねだり
 旦那に食事中、あれとって来いこれとって来いと言われて仕方なく従ってきた。
 あまりにも面倒くさがって私に指図してくるので、だんだん疲れてきた。かといって彼に不自由させるのもよくない。
 結局は放っておけない性分なので、ある程度のところで聞き流して無視してもよさそうなところでも自分が無理して合わせてしまう。それに違和感を感じてきたというわけだ。
 そこで調味料をほぼ一かため、台所にあるのと同じもののミニチュアを揃えて旦那の定位置のわきに並べて置いた。
 ひとまずは収まったかに見えたが、今度は困惑したようにこう言われた。
「こんなにあってもどれがどれかわからない……」
 たくさんあるせいか、どこにあるのかわからないなどと文句を垂れてきた。ラベルを剥がしているわけでもなし、字や色を見て判断するのも面倒などと言われても、さすがにそれは無視した。
 次に洗い立ての小皿と箸をまとめて調味料のわきに積んでおいた。常に用意しておけばいいのだと思ったが、それも目に入らないらしく忘れた彼がまた「小皿をくれ」と言ってくる。
 そこにあるでしょ、と伝えてやり過ごした。
 ここはファミリーレストランのような見た目になった。


 常にテーブルにおいてあるカセットコンロを使用して、旦那は焼き肉を楽しむ。
 当然のように周囲に油が飛ぶが、それは無視して食事している。もちろん私がテーブルを拭く。油汚れは水拭きでは落ちてくれないので、そこは酢と重層を混ぜた自家製の洗剤を霧吹きしてからだ。
 やがて洗剤もテーブルに常備されるようになった。
 焼肉屋のテーブルと変わらない状態になってきたところで、こう旦那に言われた。
「テーブルに物が多すぎる!」
「あなたがあれこれ頼んでくるし、汚すからでしょ」
 反論したが、まだ何かブツブツ言っていた。
「こう物が多くちゃ俺のスペースが狭い。お前はおおざっぱだ」
「お互い様じゃないの?」
 私はそう言ってやり過ごし、旦那と暮らしていく。これからも。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:赤い父 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:465字
その男は常に赤い衣を身につけていた。家にいるときは常に赤い寝巻きで過ごし、外出するときは赤のガウンと赤のズボンに着替える。そして白い大きな袋にたくさんのプレゼン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放課後デート ※未完
作者:砂糖指輪 お題:馬鹿な彼女 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:599字
「葵ってさぁ、好きな曲とかってある?」 お腹がすいたとごねる彼女をつれて入ったらマックで、僕はポテトで彼女はハンバーガーを頼んだ。夕飯が入らなくなるよって言った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:寒い祖父 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:965字
祖父の訃報に接したのは、担当作家の締切に遅れた原稿を待ちながらイライラしている時だった。上京し、編集者として仕事に忙殺されて10年、一度も祖父に会いにいっていな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
涙の味 ※未完
作者:akishinohonobu お題:早い味 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:714字
速度が肝心だと何度も言い聞かせた。止まることはそれ敗北と知れ、とコーチが何度も言っていた。反芻する。リフレイン。繰り返す。鼓動は限界まで高まっていて、足はまるで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
解散 ※未完
作者:匿名さん お題:男の解散 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:605字
「もう、今日で辞めにしよう」 俺たち四人が帰路を歩いているとき、そう口を開いたのはタクトだった。 誰も返事はしなかった。いつかこんな日は来るだろう、そうずっと思 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:僕の誤解 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:895字
認識の齟齬なんてよくあることだ例えば、君と僕が同じものを見ていたとしても、立場によって見え方は変わってくるそれこそ、僕らが洗脳されていて、同一の個体としてナンバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:僕の誤解 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:519字
電車がホームに入ってくる。そして今日も僕はホームから線路に飛び込むのだ。それは誤解だ。僕が見せている幻影にすぎない。それを分かっていてなお、僕は明日も飛び込むの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:気持ちいいサラリーマン 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1149字
なぜ仕事なんてものがあるのだろうか。 人間だけのものじゃないだろうか。そんな概念で動く生物は、他の生物は生存本能に従い、狩りをする。移動をする。群れをなす。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:気持ちいいサラリーマン 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:341字
不快でないよう、けれど退屈でもないように、注意深く調律された真夏の太陽模倣光。海からの風がさわさわと、立ち並ぶ椰子の木の葉を揺らし、輪郭の強い光と影がサンダル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪ お題:素晴らしい川 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:802字
登場人物はノンフィクションですが、話はフィクションです。名前は変えてます。~~~~~~~~~~~~~~~それは私が12歳で、恵莉が10歳の時。恵莉「麻実ちゃん、 〈続きを読む〉

keiseireiの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:難しい悪意 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:899字
当初はそうでもなかった、互いに仲は良かったのだから。 それがかうまくいかなくなったのは、いつからだったろう。彼女はとても優しく、かわいらしい女性に見えた。 う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:純白の目 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:836字
描けば終わる。為せば成る、為さねば成らぬ何事も。 わかってはいるのに手が進まない。このキャラクターの瞳を書き入れれば絵が完成だというのに、とにかく終わらない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:許せないサイト 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:782字
特定のブラウザに依存し、読者にもそれで見ることを推奨するサイトが多い。 それがとにかく許せないし、うっとうしいと誠は思ったが、答えるものはいない。何しろ部屋に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:限りなく透明に近いババァ 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:951字
生まれたときからすでに、祖母はいなかった。 両親は早くに親を亡くした同士で結婚したので、僕はそのまま「おばあちゃん」というものをよく知らないまま育った。祖父は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天賦の才 ※未完
作者:keiseirei お題:情熱的な男の子 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:879字
冴えている人間と冴えない人間が世の中にはいる。 こういう簡単なことに気付いたのは、小学生の時からだった。その頃の僕は勉強は並、運動はやや苦手、見た目も並、とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未来の背中 ※未完
作者:keiseirei お題:不屈の食器 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:664字
名工、津崎は新たな作品を生み出そうと模索していた。 陶芸家として一時代を築き、名作を捏ね上げ続けてきたが、自身の最高傑作を超えることができないでいる。 一番の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:ダイナミックな家事 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:838字
旦那に食事中、あれとって来いこれとって来いと言われて仕方なく従ってきた。 あまりにも面倒くさがって私に指図してくるので、だんだん疲れてきた。かといって彼に不自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:最強の蕎麦 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:774字
俺は素人だが、蕎麦の味にはうるさい。 他人の意見よりも好みの問題もあるので、実際に食べて判断する。道の駅などで食事するときも蕎麦の何かを注文する。 冷やし蕎麦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:純白の小説修行 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:747字
先駆者にならって、書き始めてみたが気が散ってならない。 日曜日の真っ昼間に遮光カーテンを閉め、スマートフォンの電源を切り、家の電話を留守番電話にし、テレビを消 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:頭の中の御曹司 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:2041字 評価:0人
もう小学校が終わって、夏休みになった。 うちにはテレビゲームはなかったけど、代わりに弟と二人で使えるパソコンがあった。 「調べ物もできるし、ゲームもできるし、 〈続きを読む〉