お題:ダイナミックな家事 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:838字

無いものねだり
 旦那に食事中、あれとって来いこれとって来いと言われて仕方なく従ってきた。
 あまりにも面倒くさがって私に指図してくるので、だんだん疲れてきた。かといって彼に不自由させるのもよくない。
 結局は放っておけない性分なので、ある程度のところで聞き流して無視してもよさそうなところでも自分が無理して合わせてしまう。それに違和感を感じてきたというわけだ。
 そこで調味料をほぼ一かため、台所にあるのと同じもののミニチュアを揃えて旦那の定位置のわきに並べて置いた。
 ひとまずは収まったかに見えたが、今度は困惑したようにこう言われた。
「こんなにあってもどれがどれかわからない……」
 たくさんあるせいか、どこにあるのかわからないなどと文句を垂れてきた。ラベルを剥がしているわけでもなし、字や色を見て判断するのも面倒などと言われても、さすがにそれは無視した。
 次に洗い立ての小皿と箸をまとめて調味料のわきに積んでおいた。常に用意しておけばいいのだと思ったが、それも目に入らないらしく忘れた彼がまた「小皿をくれ」と言ってくる。
 そこにあるでしょ、と伝えてやり過ごした。
 ここはファミリーレストランのような見た目になった。


 常にテーブルにおいてあるカセットコンロを使用して、旦那は焼き肉を楽しむ。
 当然のように周囲に油が飛ぶが、それは無視して食事している。もちろん私がテーブルを拭く。油汚れは水拭きでは落ちてくれないので、そこは酢と重層を混ぜた自家製の洗剤を霧吹きしてからだ。
 やがて洗剤もテーブルに常備されるようになった。
 焼肉屋のテーブルと変わらない状態になってきたところで、こう旦那に言われた。
「テーブルに物が多すぎる!」
「あなたがあれこれ頼んでくるし、汚すからでしょ」
 反論したが、まだ何かブツブツ言っていた。
「こう物が多くちゃ俺のスペースが狭い。お前はおおざっぱだ」
「お互い様じゃないの?」
 私はそう言ってやり過ごし、旦那と暮らしていく。これからも。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:未来の税理士 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:863字
西暦22××年現在、紙の書籍は全く割にあわない過去の遺物と化している。正規のルートで出版し売れたとすると、その売上利益にかかる所得税が電子書籍の数倍にも及ぶのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:汚い蟻 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:811字
夜。仕事で疲れた私は電車に揺られていた。終電なので人は少ない。窓には痩せこけた顔が映る。あまりに老けて見えたので、思わず自分の年齢が飛んでしまった。俺は二十七歳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:汚い蟻 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1062字
蟻が群がる理由は餌を求めたり、巣を作るためである。 鉄壁と呼ばれる鉄蟻の巣が硬いのは、溶接蟻と、運搬蟻の強さといえよう。「……我々にもあの技術があれば戦えると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黄色い沈黙 ※未完
作者:匿名さん お題:黄色い沈黙 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:648字
ふらっと立ち寄った誰かの個展で、なんとなく気になった絵があった。 名も知らない誰かさんの書いた、何の変哲もない絵。 一面の田舎道の中に、ただ一輪ひまわりのよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
SILENCE ※未完
作者:辛ぇなぁ 富士口勇生 お題:黄色い沈黙 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:569字
目が覚めて真っ先に目に飛び込んできたのは黄色いペンキらしきもので書かれた「SILENCE」という文字だった。英語には自信がないがおそらく「沈黙」という意味だろう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:月海の魔導師 お題:秋の天使 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:638字
前回のお題も入ってます「ねぇあんたどうすんの?」そんな声が暗い部屋の中で聞こえていた。俺がそっちを見るとパソコンの光でかろうじて顔が確認できた。「んー向こうが出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ぐちゃぐちゃの妻 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1173字
「君を妻に会わせよう」と田川さんはわたしを自宅に呼んだ。 田川さんは大学の先輩だ。同じ学部で同じサークル、彼女が途切れたことのないモテる人だった。 確かにルッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:楽観的な太陽 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:826字
「こんなもの使うなんて正気とは思えない」 地表の雪に冷やされて地下壕内の壁はひんやりと、内部を冷蔵庫のように冷やす。 バンカーの最奥にある指令所も例外ではなく冷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒い冒険 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:780字
おれは首を傾げた。いつも通り仕事を終えたおれは終電にギリギリ滑り込んで、適当な席に腰を下ろしたはずだった。疲れて眠ってしまったのだろうか。しかし駅を出た記憶も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:理想的な列車 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1136字
列車戦場をどうにかして綺麗にすべきか。駅員は毎度のことながら考える。 暗殺の場として好都合、誘拐の場としても隠せると犯罪の砦とも言える列車運行。 もちろん警察 〈続きを読む〉

形成れいの即興 小説


ユーザーアイコン
天賦の才 ※未完
作者:形成れい お題:情熱的な男の子 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:879字
冴えている人間と冴えない人間が世の中にはいる。 こういう簡単なことに気付いたのは、小学生の時からだった。その頃の僕は勉強は並、運動はやや苦手、見た目も並、とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未来の背中 ※未完
作者:形成れい お題:不屈の食器 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:664字
名工、津崎は新たな作品を生み出そうと模索していた。 陶芸家として一時代を築き、名作を捏ね上げ続けてきたが、自身の最高傑作を超えることができないでいる。 一番の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:形成れい お題:ダイナミックな家事 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:838字
旦那に食事中、あれとって来いこれとって来いと言われて仕方なく従ってきた。 あまりにも面倒くさがって私に指図してくるので、だんだん疲れてきた。かといって彼に不自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:形成れい お題:最強の蕎麦 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:774字
俺は素人だが、蕎麦の味にはうるさい。 他人の意見よりも好みの問題もあるので、実際に食べて判断する。道の駅などで食事するときも蕎麦の何かを注文する。 冷やし蕎麦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:形成れい お題:純白の小説修行 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:747字
先駆者にならって、書き始めてみたが気が散ってならない。 日曜日の真っ昼間に遮光カーテンを閉め、スマートフォンの電源を切り、家の電話を留守番電話にし、テレビを消 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:形成れい お題:頭の中の御曹司 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:2041字 評価:0人
もう小学校が終わって、夏休みになった。 うちにはテレビゲームはなかったけど、代わりに弟と二人で使えるパソコンがあった。 「調べ物もできるし、ゲームもできるし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:形成れい お題:穢された言い訳 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:863字
浮気しているのか、と大学で男友達に問い詰められた。 それは違うと言い訳したいが、食堂だったのがまずかった。顔見知りの学生や教員も何人かいたので、場所を変えた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:形成れい お題:許されざる祖父 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:1056字
祖父はつらいときは我慢する男だった。そう教えられて育ったというのは、昔の人にはよくある話らしい。 いまは時代が変わり、工夫して効率を良くする考え方のほうが支持 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:形成れい お題:見知らぬ凶器 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:649字
何者かに、危害を加えられた。 中学生の時だった。暗い夜道を歩いていたわけではなく、真っ昼間だ。通信教育の教材の会社が主催する、講習会に出かけた時だ。塾に行って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:形成れい お題:優秀なあの人 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:942字
人は生まれた時から平等と世間は言うけれど、そうでないのを私は知っている。 気づいたときから人生の流れは変わる。最初からそうだったのに気付かなかったのは私だけど 〈続きを読む〉