お題:昨日の会話 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:254字

口が災い ※未完
「昨日の会話を思い出せ、全てだ」

私は銃を口の中に突っ込まれていた。こんな事は映画でしかあり得ない筈で、これはフィクションなのだ。目の前に居て今にも私を撃ちそうなスーツの男は、散々私を怯えさせた後に笑顔で ''ドッキリ大成功''のプラカードを掲げるのだ。

「何がおかしい、笑うな」

男は冷たい声を発する。私は口の中の異物に邪魔されながら''こんな物が入っていたら話せないよ''と発音した。男は何も言わずに銃を私の口から引き抜くと半歩離れた。

「昨日の会話だ。言え」

「何の話か分からないよ、
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:とんだ茶 お題:昨日の会話 制限時間:1時間 読者:195 人 文字数:1027字
計算ミスをした箇所とその理由をノートにまとめるということをしたことがあるけれど、間違え方の法則みたいなのは特になく、ミスが減った実感もなく、時間の無駄でした。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キュオン お題:輝く魚 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:523字
きらりきらりと魚たちが水中にその鱗をきらめかせている。太陽の光を反射した一瞬のその輝きは彼らの短い生そのもののよう。この広い深い海をきらりきらり必死に生きる彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:永遠の部屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1108字
目をあける。目を閉じる。さぁ、起床の時間だ。僕は朝起きるときのこの動作をいつも欠かさない。そうした後の、窓の外の景色は朝日を燦燦と讃えていて神々しく見えてくる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:哀れな夕飯 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:754字
裏手の林で捕まえた子羊をローストしておいしくいただいた。小洒落た言い方をしてみたが、ようは直火で焼いただけだ。じっさい、その肉が羊であったかもよくわからない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:紡木 詠士*小説家になろう お題:純粋な戦争 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:373字
「いただきます」開始の号令により3年2組の昼食が始まる。今日の給食は豪華であった。ご飯、牛乳、ピーマンの肉詰め、ごぼうサラダ、わかめスープ、デザートにクレープ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:九夜月 お題:儚い体 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:521字
駅のホームでふと何気なく目をひくものがあった。なんの、特別なものではない女の子の笑顔。隣の彼氏に向けられた笑顔は、私には輝いて見えて特別に眩しかった。将来私も結 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こあら お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:790字
僕は作曲者だ。ピアノに手を置き、頭の中で音楽を作りながら指で実際に奏でていく。その音たちを紙に書き込んでいき、僕の音は作られる。僕は楽しい音楽が好きだ。跳ねるよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:423字
暗闇の中でピアノの音が響いている.音は目の前の音楽室から聞こえてきているようだ.今はもう真夜中だ,こんな時間にピアノがなっているのはおかしい.おかしいといえばな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夜のピアニスト 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:898字
ただ彼女はピアノを奏でているだけなのだ。そのことが、何だか急に愛しく思えてきた。 深夜二時に音楽室に行くと、ピアノを弾いている女生徒の幽霊がいる。 たったそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鬼龍院asanuma お題:夜のピアニスト 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:709字
金曜日の夜は、華やかである。 ここ、スターダストラウンジは都会の夜景が一望できるバーで、夜のデートスポットとしてカップルによく利用されている。今日は金曜日の夜 〈続きを読む〉

ノキジンの即興 小説


ユーザーアイコン
口が災い ※未完
作者:ノキジン お題:昨日の会話 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:254字
「昨日の会話を思い出せ、全てだ」 私は銃を口の中に突っ込まれていた。こんな事は映画でしかあり得ない筈で、これはフィクションなのだ。目の前に居て今にも私を撃ちそう 〈続きを読む〉