お題:彼が愛したロボット 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:618字

恋の存在証明
 「恋ってね、1足す1が3にも4にもなるんだよ」
 もう記録でしか確かめることが出来ないくらいに遠い昔、彼はそんな言葉を聞いた。
 
 そんなバカな話があるか。
 
 彼は非常に理知的な性格だったから、普通の人だったらロマンチックに感じるであろうそのセリフを聞いた時にも、彼の感情は最前線とは一歩引いたところで傍観していたのだと思う。1足す1は2にしかならないだろう、と。
 だから彼はその言葉の真意を確かめることに決めた。そんな不合理極まりない計算式の存在は自分自身で否定してみせる。それが彼の口癖だった。
 彼が選んだ証明方法はロボットを作ることだった。
 数理が支配するデジタルの領域で感情(ソフトウェア)を作り、物理が支配するメカニズムの領域で肢体(ハードウェア)を作る。そうして出来上がったロボットはこの上なく平等な物差しで『恋』を演算することが可能となるはずだ。
 呆れるほどに単純で、呆気にとられてしまうくらい困難な手段に取り組む彼の横顔を、私は知らない。その頃には私はまだ生まれていなかったからだ。
 私が覚えているのは、彼と初めて目が合った時のこと。瞼を開けた私の眼前には白ひげをたくわえた科学者風情の老人が立っていて、ぽつりとこんなことを呟いたのだ。
 
 「ああ、これが恋だったのか」

 彼が不合理な計算式を否定することが出来たのか、私には分からないけれど。あの時の優しげな彼の眼差しを忘れることは、きっと無い。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年のテロリスト 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:230字
とりとめのない話をしていたら、いつの間にか物騒な話になっていた。酒の席の話だから、もちろん本気度は低い。「で、会社の団体に働きかけてさ、会社に飛行機突っ込ませ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの水たまり 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:553字
じっとつぶらな瞳で、空が映る水たまりを見下ろしているアルパカがいる。飼育員だから、もうもふもふしたい気もおこらないのだけれども、そのまま動かないそいつが気にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
据え膳 ※未完
作者:鬼龍院asanuma お題:やば、紳士 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1123字
ホントに参ったなぁ… 智樹は肩を組んでくるへべれけの女性、美咲を一瞥し、ため息をついた。 大学の友人から結構強引に誘われた今日の合コン。はっきり言って智樹は全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
偽装の事実 ※未完
作者:匿名さん お題:打算的な恋愛 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:652字
目の前で糸からぶら下げた五円玉をゆらゆらされても、私の心はまったく揺れない。相手である親友が真剣な、必死な顔をしていたから、私は気乗りしない本音を隠して、真面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒宮薫 お題:残念な床 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1811字
椿さんの周りはいつも煙たかった。彼女はヘビースモーカーで、煙草を吸っていないときの方が珍しいくらいだった。僕は非喫煙者なので煙草の煙は嫌う性質だが、彼女がいつ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:宮原 桃那 お題:暴かれた娼婦 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1649字
その娼館には、絶対に姿を見る事の出来ない娼婦が居るという。「顔を見せてくれないか」 そう嘆願する男達に、彼女は薄布で顔を隠しながら、艶のある声だけ返すのだ。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:せぶんさん お題:誰かは修道女 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1446字
「かたつむりはどうして、いつもゆっくり歩いてるの」 ある日の私はそう尋ねた。話し相手は決まってナオさんだった。優しくて、ちゃんと私の話を聞いてくれるから、ナオさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宮原 桃那 お題:誰かは修道女 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:956字
私はキャロル。とある修道院に身を寄せるシスター。 でも、ここは経営が行き詰まっていて、最近は何だか怖い人が来る。「シスター・キャロル。いい加減にここを出て、儂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:瓜ノ助 お題:悲観的な海 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1108字
「やっほー」「………」「山じゃないんだし返ってくるわけないか」「そりゃそうですよね」「………」「…なんでしょう?」「ちょっとくらいノッてくれたっていいじゃん」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鮭とば子 お題:ありきたりな新卒 制限時間:30分 読者:125 人 文字数:1423字
ひどく退屈な女だった。「自分のやりたいことがわからないんです」 小机を挟み、真向いの席に座る女は、そう言って俯き、続く言葉を探し出せず、手元にあったオレンジジ 〈続きを読む〉

蒼井やまとの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:蒼井やまと お題:彼が愛したロボット 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:618字
「恋ってね、1足す1が3にも4にもなるんだよ」 もう記録でしか確かめることが出来ないくらいに遠い昔、彼はそんな言葉を聞いた。 そんなバカな話があるか。 彼は非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
誰のこと? ※未完
作者:蒼井やまと お題:ひねくれたふわふわ 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:880字
「おい、ひねくれたふわふわが校内を歩いていたぜ!」 友人のタカシが突然そんなことを言い始めた。どうやら連日のレポートラッシュでついにコイツも頭がいかれてしまっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
花の呪い ※未完
作者:蒼井やまと お題:楽しかった花 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:698字
俺が笑うことはほとんどない。 自分自身で『どの程度の頻度で笑うのか』なんてことを数えたことがあるわけでもないが、俺は笑わない。それだけは確かなことだ。 だから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
根なし草 ※未完
作者:蒼井やまと お題:信用のない草 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:614字
ここいらの界隈で『草』は『情報屋』のことを指す。なぜそんな風に呼ばれるようになったのかは諸説あるらしい。曰く、雑草のようにしぶとく、そこらじゅうに居るから。曰く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:蒼井やまと お題:大きな魔法使い 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:424字
僕は魔法使いと友達だ。そう言うと誰もが僕のことを「嘘つき」だと罵り、指をさして笑う。それはとても悲しいことだけれど、仕方のないことだとも思う。彼は町はずれの廃墟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼井やまと お題:急な、と彼は言った 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:609字
腕時計に視線を落とすと、時刻はちょうど一時を回ったあたりだった。指定された待ち合わせ時刻よりも20数分ばかり早く到着することが出来たことに若干の安堵を覚えつつ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
道端のうどん ※未完
作者:蒼井やまと お題:見憶えのあるうどん 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:870字
仕事に行き詰ったとき、散歩する習慣が付いたのはいつからだったか。思い出せないということは、それなりに年季の入った習慣であるという証拠でもあるし、思い出さなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼井やまと お題:記憶のパイロット 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:676字
私は覚えている。あの日、終戦の日。曙光に染まる緋の空を、真っ二つに割いた飛行機雲。夜通しのゴミ漁りから見上げた空はあまりにも眩しかったけれど、その瞬間を一秒たり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼井やまと お題:ちっちゃな月 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:549字
ふと見上げれば、たっぷりとした黒を湛えた夜空の真ん中で月が輝いていた。先程まで雨が降っていたとは思えないほどに、堂々とした姿。その姿は穴の中に浮かび上がる光球の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼井やまと お題:絵描きの嘘 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:563字
「ほう……これは大した作品ですね……」初老の男性がしたりげな言葉を呟きながら、あたかも『私はこの作品の真価を知っています』という素振りで壁に飾られた絵を値踏みし 〈続きを読む〉