お題:彼が愛したロボット 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:618字

恋の存在証明
 「恋ってね、1足す1が3にも4にもなるんだよ」
 もう記録でしか確かめることが出来ないくらいに遠い昔、彼はそんな言葉を聞いた。
 
 そんなバカな話があるか。
 
 彼は非常に理知的な性格だったから、普通の人だったらロマンチックに感じるであろうそのセリフを聞いた時にも、彼の感情は最前線とは一歩引いたところで傍観していたのだと思う。1足す1は2にしかならないだろう、と。
 だから彼はその言葉の真意を確かめることに決めた。そんな不合理極まりない計算式の存在は自分自身で否定してみせる。それが彼の口癖だった。
 彼が選んだ証明方法はロボットを作ることだった。
 数理が支配するデジタルの領域で感情(ソフトウェア)を作り、物理が支配するメカニズムの領域で肢体(ハードウェア)を作る。そうして出来上がったロボットはこの上なく平等な物差しで『恋』を演算することが可能となるはずだ。
 呆れるほどに単純で、呆気にとられてしまうくらい困難な手段に取り組む彼の横顔を、私は知らない。その頃には私はまだ生まれていなかったからだ。
 私が覚えているのは、彼と初めて目が合った時のこと。瞼を開けた私の眼前には白ひげをたくわえた科学者風情の老人が立っていて、ぽつりとこんなことを呟いたのだ。
 
 「ああ、これが恋だったのか」

 彼が不合理な計算式を否定することが出来たのか、私には分からないけれど。あの時の優しげな彼の眼差しを忘れることは、きっと無い。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪ お題:思い出の屍 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1006字
登場人物はノンフィクションです。名前は変えてます。話はフィクションです。(そもそも、ノンフィクションで死ネタっていいのかな?って少しは思ってる。 思ってるけど一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:彼が愛した心 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1147字
木々の隙間からこぼれ落ちる木漏れ日がまだらに地面を彩る。彼は読みかけていたページを丁寧にめくった後、金細工のしおりを挟み本を閉じた。この時代に住む懐古主義者や自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:傷だらけの夜 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1490字
もう泣きたい。こんなに、悲しいのに涙がでないなんて体っておかしい。 この前深夜にみた動物ドキュメンタリーだったらバカみたいに泣けたのになんなんだろ。 さっきフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:真実の光景 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:919字
夢から覚める、引き上げられるような感覚。頬に触るのは誰だろう。少しかさついていて硬いが、とても暖かい。自分はこの手知っている「ルイス」 そう想う相手を呼びなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃのもこもこ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:840字
「ねぇ、ぐちゃぐちゃのもこもこって何?」バンと大きな音をたてて自室の扉が開く。入ってきたのはトラブルメーカーである我が妹、優理だ。これまでも数々の面倒事を起こし 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:837字
おとうさんはとてもがんばりやさんです。わたしがしょうがっこうにいくよりいっつもまえにかいしゃにいっています。おとうさんがかえってくるのはいつもわたしがねたあと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さとう お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:327字
私はその音を気にも留めずにいたのだ。私はその日、いつもの通り自室にいた。友達と遊んでいた。時計は昼頃を指していた。ぬるい時間だけがそこにあった。一階から食器が割 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:快特・尾瀬みさき行 お題:知らぬ間の銀行 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1343字
「これ預かっといて」 佐倉は今月も財布から一万円札三枚を取り出して、裸のまま俺の手に握らせる。俺は手に持ったリュックのファスナーを開き、その中に納まったお菓子の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:近い不動産 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1282字
私は毎日、近所の安アパートに通っている。部屋はワンルームで、古びた外見の建物だ。通っているといってもそこに住んでいる訳ではない。そういうと何か、不倫や内縁の妻と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:近い不動産 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:993字
数字の並んだ大きな掲示板を恐る恐る見上げた。掲示板の前には群をなす制服。阿鼻叫喚、 歓喜雀躍。それぞれの人間が色が染めたり色を失ったりしていた。私の数字は750 〈続きを読む〉

蒼井やまとの即興 小説


ユーザーアイコン
告白 ※未完
作者:蒼井やまと お題:阿修羅青春 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:622字
青春は戦いだ。 言っておくが、これは比喩でもなんでもない。俺たちは青い春を駆け抜けるのではなく、血反吐を吐きながら青い春と殴り合っている。 「阿修羅さん、つい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
後押し ※未完
作者:蒼井やまと お題:危ない借金 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:495字
言うまでもないことではあるが、借金は危険だ。 金は貨幣経済というヒエラルキーの頂点に座する、いわば顕在化した権力。ちょっと前まで俺たちの社会で物を言わせていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:蒼井やまと お題:死にぞこないの土 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:582字
「……ああ、そうか」 すでに瓦礫と化した集落の中に倒れ伏し、僕はようやく信仰の意味を理解した。 信仰といっても僕たちが信じていたのは神様だとかそういった偶像的 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼井やまと お題:近い撃沈 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:639字
跳んだ。 否。これはもはや跳躍ではなく、飛翔と言ってもいいだろう。 こちらまでの距離は直線距離で二百メートル。それをわずか一歩で詰めるという、あまりにバカバカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼井やまと お題:かっこ悪いエリート 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:700字
「ええ、まあ。一部からはそう呼ばれているらしいですが。」 目の前に立つ中年の男は恥ずかしそうに額の汗をハンカチで拭った。 見た目は絵に描いたような中年サラリー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:蒼井やまと お題:残念な男の子 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:503字
「なぁ、僕のことどう思う?」 「どうって、別にどうとも思わないけど」 「なんだよぉー、冷たいなぁミサっちは」 残念がる言葉とは裏腹に、カジキ自身も一切気にした 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失踪疾走 ※未完
作者:蒼井やまと お題:スポーツの失踪 制限時間:1時間 読者:60 人 文字数:1702字
「すいません、少しだけお話を伺ってもよろしいでしょうか」 肩を叩かれ振り向くと、そこにはいかにも人の良さそうな丸顔の警官が立っていた。ふっくらとした笑顔は敵意 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼井やまと お題:愛と欲望のアレ 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1187字
『愛と欲望のアレ』なんて言われたらどうしようもないことを考えてしまうのが男というものであるわけで、どうしようもなく『アレ』について語りたくなってしまっているこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼井やまと お題:免れた嵐 制限時間:30分 読者:69 人 文字数:582字
灰色というよりも黒に近い、分厚い雲が遠くに見える。湿っぽいひんやりとした風にのって鼻腔に届くのは紛れもなく雨の匂いだった。 帰宅するにはまだもう少し歩かなけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
オチまで(ry ※未完
作者:蒼井やまと お題:初めての粉雪 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:596字
「私、雪が見たい」 季節は夏。いくらこの町が国内有数の豪雪地帯だといっても当然雪は降るはずもなく。 「無茶言うなよ、なんかこう、もっと現実的な」 「えー、現実 〈続きを読む〉