お題:彼が愛したロボット 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:618字

恋の存在証明
 「恋ってね、1足す1が3にも4にもなるんだよ」
 もう記録でしか確かめることが出来ないくらいに遠い昔、彼はそんな言葉を聞いた。
 
 そんなバカな話があるか。
 
 彼は非常に理知的な性格だったから、普通の人だったらロマンチックに感じるであろうそのセリフを聞いた時にも、彼の感情は最前線とは一歩引いたところで傍観していたのだと思う。1足す1は2にしかならないだろう、と。
 だから彼はその言葉の真意を確かめることに決めた。そんな不合理極まりない計算式の存在は自分自身で否定してみせる。それが彼の口癖だった。
 彼が選んだ証明方法はロボットを作ることだった。
 数理が支配するデジタルの領域で感情(ソフトウェア)を作り、物理が支配するメカニズムの領域で肢体(ハードウェア)を作る。そうして出来上がったロボットはこの上なく平等な物差しで『恋』を演算することが可能となるはずだ。
 呆れるほどに単純で、呆気にとられてしまうくらい困難な手段に取り組む彼の横顔を、私は知らない。その頃には私はまだ生まれていなかったからだ。
 私が覚えているのは、彼と初めて目が合った時のこと。瞼を開けた私の眼前には白ひげをたくわえた科学者風情の老人が立っていて、ぽつりとこんなことを呟いたのだ。
 
 「ああ、これが恋だったのか」

 彼が不合理な計算式を否定することが出来たのか、私には分からないけれど。あの時の優しげな彼の眼差しを忘れることは、きっと無い。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:おきらく@低浮上できてない お題:かたいサーブ 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:502字
スポーツ無理マンなのでかたい玉(球)にお題変更です。 りんごを硬くなげてみる。青銅より成るりんごは中年のほほを打擲してからのち、ころろん……ゆかにおちた。中年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
早すぎた妹 ※未完
作者:匿名さん お題:早すぎた妹 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:796字
朝、いつものように目覚めた。 何のことはない。昨日と同じ朝だ。 強いていうならば、また一つ年をとったくらいだろう。なんせ今日は俺の誕生日だ。 齢十七。いわゆる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:帆立之貝柱 お題:やわらかい時雨 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1467字
傘を持ちながら、柔らかく振り続ける小雨を見つめる。昨日美容院でセットしてもらった毛先をいじりながら、私は雨に濡れていく公園を見つめる。まるで、霧に包まれていくか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:帆立之貝柱 お題:悔しい悪意 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1672字
コップを置いた時、俺が思ったのはそのコップの中身はどこに消えたか、というもので果たしていま自分が飲み干したのか、こぼしたのか、というところまでの思考にまで至った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウいアレ 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:822字
今日は散々だったな、と柴田は一人言ちた。 人がすっかり少なくなった電車を降り、最近になってより登るのが億劫になってきた改札までの階段を登って来た。今日が金曜だ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:備忘録 お題:憧れの高給取り 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:849字
4年前。家に帰ったら妻が居なくなっていた。10歳になる息子を残して、中学の頃からの友人と駆け落ちをしたらしい。置き手紙を読みながら、35の女がやることか…と思い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:わたしの嫌いな、と彼は言った 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1181字
好きでいてくれる人を好きになれたら良い。まだ短い17年間の人生だけれど、1度も恋の甘さを経験したことのない私は、よくしみじみとそんなことを思う。女子高生にもなれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:維嶋津@カクヨム お題:絵描きの殺し 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1323字
『大工○すにゃ刃物は要らぬ 雨の三日も降ればよい』 なんて言葉をちぃっとばかし昔ァよく言ったもんだが、いまのご時分、大工どころの話じゃねえや。お天道さんにあれこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:憂杞 お題:静かな春雨 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:207字
灰色の強ついた空の下、煤竹色の枝が滴を垂らす。鮮やかな桃色を保ちながら、しがみ付く桜の花達。笑みを浮かべる可愛らしい顔は、びっしょりと汗ばんで見えた。 サアア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:道草家守@ドラ友!Ⅳ巻11/15 お題:孤独な私 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1184字
抜けるような青い空だけが広がっていた。 鳥も、虫も、雲すらない。一点の遮蔽物もない青。 立ち上がって手を伸ばしたら、そのまま吸い込まれて行ってしまいそうなほど 〈続きを読む〉

蒼井やまとの即興 小説


ユーザーアイコン
失踪疾走 ※未完
作者:蒼井やまと お題:スポーツの失踪 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:1702字
「すいません、少しだけお話を伺ってもよろしいでしょうか」 肩を叩かれ振り向くと、そこにはいかにも人の良さそうな丸顔の警官が立っていた。ふっくらとした笑顔は敵意 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼井やまと お題:愛と欲望のアレ 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1187字
『愛と欲望のアレ』なんて言われたらどうしようもないことを考えてしまうのが男というものであるわけで、どうしようもなく『アレ』について語りたくなってしまっているこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼井やまと お題:免れた嵐 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:582字
灰色というよりも黒に近い、分厚い雲が遠くに見える。湿っぽいひんやりとした風にのって鼻腔に届くのは紛れもなく雨の匂いだった。 帰宅するにはまだもう少し歩かなけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
オチまで(ry ※未完
作者:蒼井やまと お題:初めての粉雪 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:596字
「私、雪が見たい」 季節は夏。いくらこの町が国内有数の豪雪地帯だといっても当然雪は降るはずもなく。 「無茶言うなよ、なんかこう、もっと現実的な」 「えー、現実 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼井やまと お題:冷静と情熱の間にあるのは帰り道 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:617字
「魔王は必ず俺が○す」 魔王軍が放った火が慣れ親しんだ故郷を真っ黒な消し炭に変えていくのを目の当たりにして、激情の涙を流しながら俺は決意した。それが今からちょ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼井やまと お題:彼が愛したロボット 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:618字
「恋ってね、1足す1が3にも4にもなるんだよ」 もう記録でしか確かめることが出来ないくらいに遠い昔、彼はそんな言葉を聞いた。 そんなバカな話があるか。 彼は非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
誰のこと? ※未完
作者:蒼井やまと お題:ひねくれたふわふわ 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:880字
「おい、ひねくれたふわふわが校内を歩いていたぜ!」 友人のタカシが突然そんなことを言い始めた。どうやら連日のレポートラッシュでついにコイツも頭がいかれてしまっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
花の呪い ※未完
作者:蒼井やまと お題:楽しかった花 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:698字
俺が笑うことはほとんどない。 自分自身で『どの程度の頻度で笑うのか』なんてことを数えたことがあるわけでもないが、俺は笑わない。それだけは確かなことだ。 だから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
根なし草 ※未完
作者:蒼井やまと お題:信用のない草 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:614字
ここいらの界隈で『草』は『情報屋』のことを指す。なぜそんな風に呼ばれるようになったのかは諸説あるらしい。曰く、雑草のようにしぶとく、そこらじゅうに居るから。曰く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:蒼井やまと お題:大きな魔法使い 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:424字
僕は魔法使いと友達だ。そう言うと誰もが僕のことを「嘘つき」だと罵り、指をさして笑う。それはとても悲しいことだけれど、仕方のないことだとも思う。彼は町はずれの廃墟 〈続きを読む〉