お題:僕の好きな母性 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1146字

独りの君に「ごめんニャ、Sorry」
 1/25
 猫を飼うことにしました。
 名前は、チビ助です。

 3/14
 チビ助次第に育っています。
 一年も経てば、立派になるのでしょうか。

 8/01
 もうチビ助の名前がおかしいくらい、
 大きくなりました。
 貴女も、こんな猫を飼いたかったのでしょう。
 独り占めして、ごめんな。


 
 チビ助は、名前と違ってメス猫だ。
 ああ、あいにく僕にはネーミングセンスがないんだな。
 それに、他にアドバイスしてくれる人もいなかった。

 僕ひとりの広い家に、最初は恐る恐ると、
 次第に自由に駆け回るようになるチビ助だけが
 僕の家族となったのだ。

 ごめんな、チビ助。
 本当はもっと賑やかな家庭で育ちたかっただろう。
 子どもと遊んだり遊ばれたりして、お母さんには腹が減ったらご飯をもらって、
 僕はチビ助と頻繁に遊ぶことも出来ず、仕事帰りに腹ペコのチビ助に慌てて缶詰を空ける。
 猫餌に夢中であるチビ助を眺めながら、僕はぽつりと零していた。

「寂しいかい?ごめんな」

 ソファーに腰掛け、ネクタイを緩める。
 きょろ、きょろり。たたたっ。
 チビ助は餌がまだ残っているのに、僕のそばに駆けてきた。

「うん、どうした?まだ残っているけれど、お腹が空いていないのかい?」

 心配で。
 ぽんぽんと膝の上を叩いてチビ助を呼び寄せる。
 チビ助は素直に僕の膝の上に乗ってから、すりすりとワイシャツの胸元に擦り寄った。

「こ、こら、だめだろう、スーツに猫の毛がついてしまうよ」

 なんて、慌てたのも束の間だった。
 ああ、そうか。
 助は、寂しくないと言いに来てくれたのか。
 謝らなくていいと、そう伝えに来てくれたのか。
 ふふ、と僕の口元には笑みが浮かぶ。

「ありがとうな、チビ助」

 笑うことを、もう何年も忘れていた気がする。
 仕事に打ち込む僕は、妻を放ったらかして、子どももできなかったから
 事故で亡くなった妻に、結局何もしてやれなくて。
 妻は子供の頃に猫を飼っていたと自慢していたことを思い出し
 一人ぼっちなら折角なら、僕も飼おうかと思っただけだった。

「なあチビ助。お前は幸せか?」

 喉元をなでると、ごろごろと猫の愛情表現。
 いや、単に気持ちがいいだけかもしれないが。

 なぜだろうな。
 涙が突然溢れてきて、くぐもった声を漏らす。

 ごめん、ごめんな、妻に何もしてやれなかった、こんな僕を許してくれ。
 猫を飼うことを贖罪にするなんて、虫のいい話だろうか。



『大丈夫よ』

 声がした。
 腕の中にはチビ助がいるだけ。

『あなたが私の猫好きを覚えていてくれて、私はここにいる』

 ───臆、君は。

『しあわせ、ですよ』
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:未来の税理士 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:863字
西暦22××年現在、紙の書籍は全く割にあわない過去の遺物と化している。正規のルートで出版し売れたとすると、その売上利益にかかる所得税が電子書籍の数倍にも及ぶのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:汚い蟻 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:811字
夜。仕事で疲れた私は電車に揺られていた。終電なので人は少ない。窓には痩せこけた顔が映る。あまりに老けて見えたので、思わず自分の年齢が飛んでしまった。俺は二十七歳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:汚い蟻 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1062字
蟻が群がる理由は餌を求めたり、巣を作るためである。 鉄壁と呼ばれる鉄蟻の巣が硬いのは、溶接蟻と、運搬蟻の強さといえよう。「……我々にもあの技術があれば戦えると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黄色い沈黙 ※未完
作者:匿名さん お題:黄色い沈黙 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:648字
ふらっと立ち寄った誰かの個展で、なんとなく気になった絵があった。 名も知らない誰かさんの書いた、何の変哲もない絵。 一面の田舎道の中に、ただ一輪ひまわりのよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
SILENCE ※未完
作者:辛ぇなぁ 富士口勇生 お題:黄色い沈黙 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:569字
目が覚めて真っ先に目に飛び込んできたのは黄色いペンキらしきもので書かれた「SILENCE」という文字だった。英語には自信がないがおそらく「沈黙」という意味だろう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:月海の魔導師 お題:秋の天使 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:638字
前回のお題も入ってます「ねぇあんたどうすんの?」そんな声が暗い部屋の中で聞こえていた。俺がそっちを見るとパソコンの光でかろうじて顔が確認できた。「んー向こうが出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天賦の才 ※未完
作者:形成れい お題:情熱的な男の子 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:879字
冴えている人間と冴えない人間が世の中にはいる。 こういう簡単なことに気付いたのは、小学生の時からだった。その頃の僕は勉強は並、運動はやや苦手、見た目も並、とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ぐちゃぐちゃの妻 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1173字
「君を妻に会わせよう」と田川さんはわたしを自宅に呼んだ。 田川さんは大学の先輩だ。同じ学部で同じサークル、彼女が途切れたことのないモテる人だった。 確かにルッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:楽観的な太陽 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:826字
「こんなもの使うなんて正気とは思えない」 地表の雪に冷やされて地下壕内の壁はひんやりと、内部を冷蔵庫のように冷やす。 バンカーの最奥にある指令所も例外ではなく冷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒い冒険 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:780字
おれは首を傾げた。いつも通り仕事を終えたおれは終電にギリギリ滑り込んで、適当な席に腰を下ろしたはずだった。疲れて眠ってしまったのだろうか。しかし駅を出た記憶も 〈続きを読む〉

saradabaaの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:saradabaa お題:頭の中のダンス 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1047字
目が痛くてさ。 そこから話は始まるんだけど。 視覚からは光も色も文字も言葉も 色んな情報が入ってくるだろう。 ぐるぐる、ぐるぐる。 頭ん中、回り続けてさ。 目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:saradabaa お題:贖罪の雲 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1022字
───落ちていく。 ───どこまでも深くに。 ここが地獄と呼ばれる場所ならば 私はそれを素直に受け入れるしかない。 生前に嫉妬に狂って多くのうら若い命を奪った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:saradabaa お題:僕の好きな母性 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1146字
1/25 猫を飼うことにしました。 名前は、チビ助です。 3/14 チビ助次第に育っています。 一年も経てば、立派になるのでしょうか。 8/01 もうチビ助の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:saradabaa お題:理想的な宇宙 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:957字
ねぇ、空を飛びたいって、思う?「空?」 君は不思議そうに呟き返し、屋上から高く澄み渡った青を見上げた。 そうして、ふふ。と笑みを含ませる。「空なんて、すぐそば 〈続きを読む〉