お題:僕の好きな母性 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1146字

独りの君に「ごめんニャ、Sorry」
 1/25
 猫を飼うことにしました。
 名前は、チビ助です。

 3/14
 チビ助次第に育っています。
 一年も経てば、立派になるのでしょうか。

 8/01
 もうチビ助の名前がおかしいくらい、
 大きくなりました。
 貴女も、こんな猫を飼いたかったのでしょう。
 独り占めして、ごめんな。


 
 チビ助は、名前と違ってメス猫だ。
 ああ、あいにく僕にはネーミングセンスがないんだな。
 それに、他にアドバイスしてくれる人もいなかった。

 僕ひとりの広い家に、最初は恐る恐ると、
 次第に自由に駆け回るようになるチビ助だけが
 僕の家族となったのだ。

 ごめんな、チビ助。
 本当はもっと賑やかな家庭で育ちたかっただろう。
 子どもと遊んだり遊ばれたりして、お母さんには腹が減ったらご飯をもらって、
 僕はチビ助と頻繁に遊ぶことも出来ず、仕事帰りに腹ペコのチビ助に慌てて缶詰を空ける。
 猫餌に夢中であるチビ助を眺めながら、僕はぽつりと零していた。

「寂しいかい?ごめんな」

 ソファーに腰掛け、ネクタイを緩める。
 きょろ、きょろり。たたたっ。
 チビ助は餌がまだ残っているのに、僕のそばに駆けてきた。

「うん、どうした?まだ残っているけれど、お腹が空いていないのかい?」

 心配で。
 ぽんぽんと膝の上を叩いてチビ助を呼び寄せる。
 チビ助は素直に僕の膝の上に乗ってから、すりすりとワイシャツの胸元に擦り寄った。

「こ、こら、だめだろう、スーツに猫の毛がついてしまうよ」

 なんて、慌てたのも束の間だった。
 ああ、そうか。
 助は、寂しくないと言いに来てくれたのか。
 謝らなくていいと、そう伝えに来てくれたのか。
 ふふ、と僕の口元には笑みが浮かぶ。

「ありがとうな、チビ助」

 笑うことを、もう何年も忘れていた気がする。
 仕事に打ち込む僕は、妻を放ったらかして、子どももできなかったから
 事故で亡くなった妻に、結局何もしてやれなくて。
 妻は子供の頃に猫を飼っていたと自慢していたことを思い出し
 一人ぼっちなら折角なら、僕も飼おうかと思っただけだった。

「なあチビ助。お前は幸せか?」

 喉元をなでると、ごろごろと猫の愛情表現。
 いや、単に気持ちがいいだけかもしれないが。

 なぜだろうな。
 涙が突然溢れてきて、くぐもった声を漏らす。

 ごめん、ごめんな、妻に何もしてやれなかった、こんな僕を許してくれ。
 猫を飼うことを贖罪にするなんて、虫のいい話だろうか。



『大丈夫よ』

 声がした。
 腕の中にはチビ助がいるだけ。

『あなたが私の猫好きを覚えていてくれて、私はここにいる』

 ───臆、君は。

『しあわせ、ですよ』
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛いお天気雨 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:513字
雨は嫌いだ。特にこうやって晴れている日に、いきなり降り付けてくる天気雨は。 まるで人をあざ笑うような雨だ。こんなに晴れているのに。 学校の帰り道、神社に受験の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まどろみ#ゆ お題:おいでよ投資 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:407字
「投資大歓迎!」「きっと儲かる!」「未来の貴方は大富豪様!」という中々の謳い文句を見た。誰がこんな会社の株買うんだ・・・と思っていたが、以外と集まっているらしい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた略奪 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:529字
人は人の物を奪って生き残る。それがこの世界の摂理であり倫理であった。だがある時、とある国の王がある提案した。 「このまま人が奪い合いを続ければいずれ人は滅びる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:RA907 お題:近い小説合宿 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:432字
筆が進まないのは自宅のあるアパートが合宿の拠点なせいだ。「ここ俺の住んでるアパートなんだけど」何人かの前でそう言ってしまったのが不味かった。当然の権利のように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の略奪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:498字
ズバァン! そんな音が響いた直後、俺の前に立っていた男が赤い液体を撒き散らしながら行かに倒れた。 「嘘だろ・・・・・・そんな・・・・・・」 今まで一緒に戦って 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨待ちとかげ お題:蓋然性のあるババァ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:634字
「そうなるべきなんだよ」 老婆はしたり顔でそう言った。 身にまとうのは黒い地味なローブ。 まがった腰、しょぼくれた目、膨れた鼻、意地悪げな表情。 魔法使いと呼ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そらとぶししゃも お題:穏やかな母性 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:671字
そもそも、母性とはいったいなんなのか。「そういや最近、バブみやら何やらよく聞くようになった気がするんだけど、あれってなんなん?母性の対義語?」「え。しらねーけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:裏切りの借金 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1348字
「あなたはわたしに対して、5000万円の借金を負っていることは忘れていないよね?」 突然の彼女の言葉に、俺は吹き出しそうになった。「5000万円!?」 バカな、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そらとぶししゃも お題:裏切りの借金 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:556字
思えば、逃げてばかりの人生でした。 ある時は夢を語ったこの口で、またある時は挫折を嘯き。 苦しいことを前にしては、勝手に自分を追いつめて、勝手に体を痛めつけま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
迎え ※未完
作者:美亜@夢百合草庵 お題:彼のババァ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:363字
運転席で徹がぼやいた。「そいや、こんくらいの時だったな。バァさんが、初めて出てったのは」入道雲が峠の向こうで輝いていた。彼は眩しそうに目を細めていた。冷房を効か 〈続きを読む〉

saradabaaの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:saradabaa お題:頭の中のダンス 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:1047字
目が痛くてさ。 そこから話は始まるんだけど。 視覚からは光も色も文字も言葉も 色んな情報が入ってくるだろう。 ぐるぐる、ぐるぐる。 頭ん中、回り続けてさ。 目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:saradabaa お題:贖罪の雲 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:1022字
───落ちていく。 ───どこまでも深くに。 ここが地獄と呼ばれる場所ならば 私はそれを素直に受け入れるしかない。 生前に嫉妬に狂って多くのうら若い命を奪った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:saradabaa お題:僕の好きな母性 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1146字
1/25 猫を飼うことにしました。 名前は、チビ助です。 3/14 チビ助次第に育っています。 一年も経てば、立派になるのでしょうか。 8/01 もうチビ助の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:saradabaa お題:理想的な宇宙 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:957字
ねぇ、空を飛びたいって、思う?「空?」 君は不思議そうに呟き返し、屋上から高く澄み渡った青を見上げた。 そうして、ふふ。と笑みを含ませる。「空なんて、すぐそば 〈続きを読む〉