お題:理想的な宇宙 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:957字

誘発宇宙と、なれのはて
 ねぇ、空を飛びたいって、思う?

「空?」

 君は不思議そうに呟き返し、屋上から高く澄み渡った青を見上げた。
 そうして、ふふ。と笑みを含ませる。

「空なんて、すぐそばにあるじゃない。私はもっと高くに行きたい」

 それは───宇宙?

「月と星がデートをしてる、光年で巡る時はどんな風?
 太陽の熱で、何を溶かしてしまうかしら?
 ああ、とてもとても、魅惑的ですてきね!」



 そんなことを彼女が熱弁した夜に、一人夜道を歩いていた。
 宇宙、宇宙か。

 見上げれば確かに今は、空色は見えなくて。
 ぼんやりと浮かぶ三日月が、鋭利な刃物のようでもある。

 星はさ、散らばった鋲に見えてさ。
 太陽は熔鉱炉そのまんまだよ。
 近づいたらどろりと溶けて、死んでしまう。



 宇宙なんて酷な空間でしかないよ。
 行くべきじゃあないよ。
 憧れたりなんかしちゃだめだよ。

    ───もしその言葉を、もっと早くに彼女に伝えられていたならば。



 夜の高層ビルの天辺で、彼女は翼を広げた。
 純白の天使にも、漆黒の悪魔にもなれなかった君は
 真っ逆さまに地面に落ちて、弾け飛ぶ躯体は、もう。



 破損がひどい遺体に、対面することもできないけれど
 君の魂がここにないことはわかるんだよ。
 ねえ、君は空に、───いいや、宇宙に、本当に行きたかったのかな?
 もしかしたらその願いは叶っているのかもしれないな。


『魅惑的ですてきね』


 甘いその言葉が脳裏から離れない。
 死んだら何処に行くかなんて知らないけれど、
 もし、君の魂が高く高く、空をこえ、大気圏を突き抜けて
 無重力の空間に至っているのならば。

 月の色は美しい?太陽は眩しくない?
 星とデートすることは、叶うのかな?



 本当は知っている。
 月はぼこぼこのクレーター。
 太陽は間近で見れば目を灼いて死にも至るだろう。

 デートに出かけてご覧。
 その先にあるのはブラックホールだから。

 なにもかも飲み込む闇に、君は堕ちていくの?



 ああ、ごめんね。
 脅すつもりじゃあ、ないんだよ。

 ただ伝えに行かなきゃな。
 そこは恐ろしい場所だから。

 私もいこうねと。
 今、高層ビルのてっぺんにいる。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛いお天気雨 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:513字
雨は嫌いだ。特にこうやって晴れている日に、いきなり降り付けてくる天気雨は。 まるで人をあざ笑うような雨だ。こんなに晴れているのに。 学校の帰り道、神社に受験の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まどろみ#ゆ お題:おいでよ投資 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:407字
「投資大歓迎!」「きっと儲かる!」「未来の貴方は大富豪様!」という中々の謳い文句を見た。誰がこんな会社の株買うんだ・・・と思っていたが、以外と集まっているらしい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた略奪 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:529字
人は人の物を奪って生き残る。それがこの世界の摂理であり倫理であった。だがある時、とある国の王がある提案した。 「このまま人が奪い合いを続ければいずれ人は滅びる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:RA907 お題:近い小説合宿 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:432字
筆が進まないのは自宅のあるアパートが合宿の拠点なせいだ。「ここ俺の住んでるアパートなんだけど」何人かの前でそう言ってしまったのが不味かった。当然の権利のように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の略奪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:498字
ズバァン! そんな音が響いた直後、俺の前に立っていた男が赤い液体を撒き散らしながら行かに倒れた。 「嘘だろ・・・・・・そんな・・・・・・」 今まで一緒に戦って 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨待ちとかげ お題:蓋然性のあるババァ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:634字
「そうなるべきなんだよ」 老婆はしたり顔でそう言った。 身にまとうのは黒い地味なローブ。 まがった腰、しょぼくれた目、膨れた鼻、意地悪げな表情。 魔法使いと呼ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そらとぶししゃも お題:穏やかな母性 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:671字
そもそも、母性とはいったいなんなのか。「そういや最近、バブみやら何やらよく聞くようになった気がするんだけど、あれってなんなん?母性の対義語?」「え。しらねーけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:裏切りの借金 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1348字
「あなたはわたしに対して、5000万円の借金を負っていることは忘れていないよね?」 突然の彼女の言葉に、俺は吹き出しそうになった。「5000万円!?」 バカな、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そらとぶししゃも お題:裏切りの借金 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:556字
思えば、逃げてばかりの人生でした。 ある時は夢を語ったこの口で、またある時は挫折を嘯き。 苦しいことを前にしては、勝手に自分を追いつめて、勝手に体を痛めつけま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
迎え ※未完
作者:美亜@夢百合草庵 お題:彼のババァ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:363字
運転席で徹がぼやいた。「そいや、こんくらいの時だったな。バァさんが、初めて出てったのは」入道雲が峠の向こうで輝いていた。彼は眩しそうに目を細めていた。冷房を効か 〈続きを読む〉

saradabaaの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:saradabaa お題:頭の中のダンス 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:1047字
目が痛くてさ。 そこから話は始まるんだけど。 視覚からは光も色も文字も言葉も 色んな情報が入ってくるだろう。 ぐるぐる、ぐるぐる。 頭ん中、回り続けてさ。 目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:saradabaa お題:贖罪の雲 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:1022字
───落ちていく。 ───どこまでも深くに。 ここが地獄と呼ばれる場所ならば 私はそれを素直に受け入れるしかない。 生前に嫉妬に狂って多くのうら若い命を奪った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:saradabaa お題:僕の好きな母性 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1146字
1/25 猫を飼うことにしました。 名前は、チビ助です。 3/14 チビ助次第に育っています。 一年も経てば、立派になるのでしょうか。 8/01 もうチビ助の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:saradabaa お題:理想的な宇宙 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:957字
ねぇ、空を飛びたいって、思う?「空?」 君は不思議そうに呟き返し、屋上から高く澄み渡った青を見上げた。 そうして、ふふ。と笑みを含ませる。「空なんて、すぐそば 〈続きを読む〉