お題:部屋とYシャツと悪意 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:802字

道理に合わない
 失踪した兄の部屋を片付けるのはかなり手間だった。
 恐ろしいくらいに物が多かったし、また、とっておけばいいのか、捨てていいかどうか微妙なラインのものがいくつもあった。
 冷蔵庫の足の速いものはいくつも勝手に処分したが、冷蔵庫で奇妙なものを見つけた。なぜか、それらは冷蔵庫にあった。
 ひとつには、何人もの筆跡を真似した紙。真似した、と分かったのは、机の上に置いてあった深い青色のインクがそれだったからだ。老いも若きも、男も女も、兄はくるくる筆跡を変えて試し書きをしていた。文面はさして面白いことはない、新聞の記事だった。
 奇妙な領収書。同じ時刻のものが3枚。駅前の喫茶店と、近所の本屋。遠くのスーパー。一見して何の問題もないが、日付と時刻を見ると、だいたい同じだった。これらの店に同時にゆくことはできない――。
 戸棚を漁ってみると、青色ばかり、無数に絵の具があった。
 ギターがあった。ただし、弦はなかった。小説の本の、下が3つ。兄はいったい、理屈に合わないこんなものばかり集めて何をしていたというのだろう?
 一つだけ、なんとか私の理屈で理解できるものはあった。
 対刃のワイシャツが目を引いた。兄は武闘派ではないし、間違っても他人とけんかするような性格ではない。ただ、過剰に人間不審なところが合って、このような小物は、不安を解消するのにかすかには役に立ったのかもしれない。これだけは、心の動きが理解できたので、なんとかほっとすることができた。おかしな話だが。

 死んだ、というのはないだろうな、と思っていた。失踪といっても、家族の前から姿を消したということに過ぎない。兄はとても頭が良いし、どこへいっても水準くらいにはうまくやるだろう。ただ、妙に理屈に合わないところがあって、薄着で雪国に行くだとか、そういった、テレビの刑事ドラマではなんのヒントにもならない、妙な妨害工作を施していっている。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:キュオン お題:輝く魚 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:523字
きらりきらりと魚たちが水中にその鱗をきらめかせている。太陽の光を反射した一瞬のその輝きは彼らの短い生そのもののよう。この広い深い海をきらりきらり必死に生きる彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:永遠の部屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1108字
目をあける。目を閉じる。さぁ、起床の時間だ。僕は朝起きるときのこの動作をいつも欠かさない。そうした後の、窓の外の景色は朝日を燦燦と讃えていて神々しく見えてくる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:哀れな夕飯 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:754字
裏手の林で捕まえた子羊をローストしておいしくいただいた。小洒落た言い方をしてみたが、ようは直火で焼いただけだ。じっさい、その肉が羊であったかもよくわからない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:紡木 詠士*小説家になろう お題:純粋な戦争 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:373字
「いただきます」開始の号令により3年2組の昼食が始まる。今日の給食は豪華であった。ご飯、牛乳、ピーマンの肉詰め、ごぼうサラダ、わかめスープ、デザートにクレープ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九夜月 お題:儚い体 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:521字
駅のホームでふと何気なく目をひくものがあった。なんの、特別なものではない女の子の笑顔。隣の彼氏に向けられた笑顔は、私には輝いて見えて特別に眩しかった。将来私も結 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:こあら お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:790字
僕は作曲者だ。ピアノに手を置き、頭の中で音楽を作りながら指で実際に奏でていく。その音たちを紙に書き込んでいき、僕の音は作られる。僕は楽しい音楽が好きだ。跳ねるよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:423字
暗闇の中でピアノの音が響いている.音は目の前の音楽室から聞こえてきているようだ.今はもう真夜中だ,こんな時間にピアノがなっているのはおかしい.おかしいといえばな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夜のピアニスト 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:898字
ただ彼女はピアノを奏でているだけなのだ。そのことが、何だか急に愛しく思えてきた。 深夜二時に音楽室に行くと、ピアノを弾いている女生徒の幽霊がいる。 たったそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鬼龍院asanuma お題:夜のピアニスト 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:709字
金曜日の夜は、華やかである。 ここ、スターダストラウンジは都会の夜景が一望できるバーで、夜のデートスポットとしてカップルによく利用されている。今日は金曜日の夜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:淡い世界 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:920字
ゆらぐ光、ほどける輪郭、網膜に滲む世界、水彩絵の具を使えば優しい人だと思ってもらえるんじゃないかと、そんな妄執に囚われたのはいったいいつのことだったのか。おそ 〈続きを読む〉

ぽつタイプライターの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:鋭い夏 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:628字
夏の夕日が胸を突き刺した。 ワイノはす、と背が高いので立ち上がると日時計のように地面に影が差す。 図書館の背中合わせに設置してあるベンチ、うまく座ると影が突き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:冬の失踪 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:843字
”冬の呪い”によって、ジャネイルは体温を失ったと聞く。 とはいえ体温がない以外は正常ではある。起きる時間が非常に遅く、活動が緩慢になったりしている。それと年を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:気持ちいい、と彼は言った 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:2474字 評価:1人
機械仕掛けのルテラの目の前には、鏡写しのようにそっくりそのままの自分がいた。右のアームを伸ばす、だが目の前のルテラはそのまま動かなかった。 指先が鏡面に触れる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:愛と死の医者 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:750字
小さなころ、大きな手術をしたとは言うが、どんな手術かは教えてもらえなかった。養い親曰く、「普通の生活を送れるようにする術」だという。「それじゃあ、僕はひとかど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:あきれたわずらい 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:854字
隣に引っ越してきた少年の寝間着は、つやつやとした白いローブだった。彼はいつでも寝間着を着ていて、外で彼を見かけたことはなかった。 夕方になってカーテンを閉める 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:地獄の雑草 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:911字
「生徒が一人消えた?」「消えた」「消した?」「消えた」 アインセントがきびきびと動いていたので、ノットは思い切りいやな予感がしていた。できればここで、もっとイカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:夏の電話 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:868字
「もしもし」 受話器を取って応答した瞬間、電話はぷっつりと切れた。ああ、いつもの電話だな、と、私は思う。 この無言電話はいたずらではない。叔父からの生存確認の電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:部屋とYシャツと悪意 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:802字
失踪した兄の部屋を片付けるのはかなり手間だった。 恐ろしいくらいに物が多かったし、また、とっておけばいいのか、捨てていいかどうか微妙なラインのものがいくつもあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター お題:腐ったお金 必須要素:オリーブオイル 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:815字
「何をするにも金が要るな……」 ホネヤはぼそりとつぶやいて、コートのポケットに手を入れた。コートの裾は擦り切れていて、今にも綿が飛び出しそうだった。 冬のセーゼ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:名付けるならばそれはアパート 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1037字
上京し、大学を目指して新たな新天地へと向かった僕のぴかぴかな決意を打ち砕いたのは、前の住人の生活感がごっそり残ったアパートの一室である。 ばらばらの本と、わけ 〈続きを読む〉