お題:部屋とYシャツと悪意 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:802字

道理に合わない
 失踪した兄の部屋を片付けるのはかなり手間だった。
 恐ろしいくらいに物が多かったし、また、とっておけばいいのか、捨てていいかどうか微妙なラインのものがいくつもあった。
 冷蔵庫の足の速いものはいくつも勝手に処分したが、冷蔵庫で奇妙なものを見つけた。なぜか、それらは冷蔵庫にあった。
 ひとつには、何人もの筆跡を真似した紙。真似した、と分かったのは、机の上に置いてあった深い青色のインクがそれだったからだ。老いも若きも、男も女も、兄はくるくる筆跡を変えて試し書きをしていた。文面はさして面白いことはない、新聞の記事だった。
 奇妙な領収書。同じ時刻のものが3枚。駅前の喫茶店と、近所の本屋。遠くのスーパー。一見して何の問題もないが、日付と時刻を見ると、だいたい同じだった。これらの店に同時にゆくことはできない――。
 戸棚を漁ってみると、青色ばかり、無数に絵の具があった。
 ギターがあった。ただし、弦はなかった。小説の本の、下が3つ。兄はいったい、理屈に合わないこんなものばかり集めて何をしていたというのだろう?
 一つだけ、なんとか私の理屈で理解できるものはあった。
 対刃のワイシャツが目を引いた。兄は武闘派ではないし、間違っても他人とけんかするような性格ではない。ただ、過剰に人間不審なところが合って、このような小物は、不安を解消するのにかすかには役に立ったのかもしれない。これだけは、心の動きが理解できたので、なんとかほっとすることができた。おかしな話だが。

 死んだ、というのはないだろうな、と思っていた。失踪といっても、家族の前から姿を消したということに過ぎない。兄はとても頭が良いし、どこへいっても水準くらいにはうまくやるだろう。ただ、妙に理屈に合わないところがあって、薄着で雪国に行くだとか、そういった、テレビの刑事ドラマではなんのヒントにもならない、妙な妨害工作を施していっている。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:赤い父 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:465字
その男は常に赤い衣を身につけていた。家にいるときは常に赤い寝巻きで過ごし、外出するときは赤のガウンと赤のズボンに着替える。そして白い大きな袋にたくさんのプレゼン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放課後デート ※未完
作者:砂糖指輪 お題:馬鹿な彼女 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:599字
「葵ってさぁ、好きな曲とかってある?」 お腹がすいたとごねる彼女をつれて入ったらマックで、僕はポテトで彼女はハンバーガーを頼んだ。夕飯が入らなくなるよって言った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:寒い祖父 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:965字
祖父の訃報に接したのは、担当作家の締切に遅れた原稿を待ちながらイライラしている時だった。上京し、編集者として仕事に忙殺されて10年、一度も祖父に会いにいっていな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
涙の味 ※未完
作者:akishinohonobu お題:早い味 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:714字
速度が肝心だと何度も言い聞かせた。止まることはそれ敗北と知れ、とコーチが何度も言っていた。反芻する。リフレイン。繰り返す。鼓動は限界まで高まっていて、足はまるで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
解散 ※未完
作者:匿名さん お題:男の解散 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:605字
「もう、今日で辞めにしよう」 俺たち四人が帰路を歩いているとき、そう口を開いたのはタクトだった。 誰も返事はしなかった。いつかこんな日は来るだろう、そうずっと思 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:僕の誤解 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:895字
認識の齟齬なんてよくあることだ例えば、君と僕が同じものを見ていたとしても、立場によって見え方は変わってくるそれこそ、僕らが洗脳されていて、同一の個体としてナンバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:僕の誤解 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:519字
電車がホームに入ってくる。そして今日も僕はホームから線路に飛び込むのだ。それは誤解だ。僕が見せている幻影にすぎない。それを分かっていてなお、僕は明日も飛び込むの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:気持ちいいサラリーマン 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1149字
なぜ仕事なんてものがあるのだろうか。 人間だけのものじゃないだろうか。そんな概念で動く生物は、他の生物は生存本能に従い、狩りをする。移動をする。群れをなす。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:気持ちいいサラリーマン 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:341字
不快でないよう、けれど退屈でもないように、注意深く調律された真夏の太陽模倣光。海からの風がさわさわと、立ち並ぶ椰子の木の葉を揺らし、輪郭の強い光と影がサンダル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪ お題:素晴らしい川 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:802字
登場人物はノンフィクションですが、話はフィクションです。名前は変えてます。~~~~~~~~~~~~~~~それは私が12歳で、恵莉が10歳の時。恵莉「麻実ちゃん、 〈続きを読む〉

ぽつタイプライターの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:小説の中の村 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:907字
サービス精神が旺盛なトトバ村の人たちは、自分たちの故郷が一躍有名になったと知って、そりゃあもう舞い上がった。浮足立った。じっとしてはいられなかった。『群青色の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:見憶えのある狐 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:801字
扉を開けたが誰もいなかった。下を向くと、雪の上に前足をそろえて狐が侍っていた。「これからあなたが助けてくださる狐です」 お辞儀をすると、ふわふわとした尻尾がシ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:不屈の火事 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:571字
大きな杖を引きずった後には青々とした草が枯れていく。それは魔法使いの足跡のようなもので、象徴的で不吉っぽくあった。心のうちで火でも放って、自分が魔法使いだと信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:やわらかい映画館 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:963字
まだ未熟者であった私は、茶葉に浸した紅茶を銀色の皿にあけてはよく未来をのぞき込んでいた。 杯をあおるとどこかの誰かの姿が頭に浮かび、それから像を結ばぬうちにふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:くだらない医者 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:780字
「すぐに治りますよ」 暗がりの中で扉を開き、医者を見た途端言葉を失った。右頬は腫れあがっていて、右目には大きな傷跡があった。恐ろしくひきつれた皮膚の中で、じっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:平和と愛 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:476字
平和と愛の象徴たるイルスの青銅像を溶かして仲間が拵えた剣を故買商に売り払うと、まとまった金になった。「きっときれ味はずいぶんいいんじゃないか」「適当なことを言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:春の天井 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1058字
ああ、遺跡の吊り天井にさんざめく花弁! あれは何だろうねと君は言った。何かの花だろうか? おいまて、おかしいぞそれは――それはこびりついた血液ではないか。 う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:情熱的なガール 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:845字
彼女の人生は人の3倍速で生きているのだろうと思うくらい早回しで、恋人の名前でしりとりができるほどだ。 あっという間に付き合い、分かれ、10代中ばにしていつのま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:くさいホテル 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:449字
ここは曰く付きのホテル。いや、曰くをつけようとしているホテルだ。 このホテルは支配人の意向で思わせぶりなそぶりをすることを義務付けられている。ボーイも誰しも、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:意外な神様 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:712字
「モナト神官です~! モナト、モナト、モナトをよろしくお願いします!!!」 ”モナト神官”は個性を捨てて上から下まで白い服を羽織り、タダで冒険者たちを癒していた 〈続きを読む〉