お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:73 人 文字数:2000字 評価:1人

君のグラタンをたべたい
お盆なので、死んだ人が帰ってきた。

僕はその日東京ビックサイトの東棟にあるお盆特別企画死んだ人復活ゾーンに来ていた。東京ビックサイトは人がたくさんいて、コミケみたいな感じだった。ちなみにコミケは明日からだ。2020年はどうなるか知らない。

で、僕は友人の付き添いでその場にいた。その友人はもうなんていうか、
「本当にあの子が帰ってくるとしたらもうやばい。車の運転とかできなくなるし、涙腺が崩壊する」
と、言って僕に運転をしてほしいといった。僕はペーパードライバーでペーパーゴールドで、ゴールド免許を持っている人はペーパーだからゴールドなんだという考えを持っていたので、ゴールドだから運転したくないといったんだけど、でも、
「帰りにサイゼおごるから」
と言われてすごいつかみかかられたので、しぶしぶ了承したのだった。

ちなみにその友人は、二年前に娘を海で亡くしていた。僕もその場にいたが、そいつはビーサンをカンタのおばあちゃんみたいに握っていた。

「せつこおおおお」
というわけでその友人がお盆特別企画死んだ人復活ゾーンで娘と無事に再会したのを見たら、なんというか、ちょっと来るものがあって僕は先にその場から離れてた。

そんで西棟の様子を眺めながら、明日から開かれるコミケでここがいっぱいの人になるところを想像していた。
そんな時ふと背中をたたかれた。振り向いたら、
「どうも」
その人は去年死んださくらさんだった。


さくらさんというのは、去年死んだ僕の知り合いだ。
ビックサイトからの帰りの車の中で、意外と大丈夫で、
「せつこ何食べたい?」
と、助手席に乗せた娘と意気揚々と会話をしている友人の車の後部座席で、僕たちはお互いの近況を話し合った。

「最近何しているの?」
とか、
「あっちはどうなの?」
とか、そういう話だ。よくある話。天気の話みたいな感じの奴。

死んだ人はお盆の間だけこっちの世界に帰ってくる。もちろん帰ってくる人もいれば、帰らない人もいる。忙しかったり、お金をためていなかったりすると、帰らないという事もあるそうだ。

「そういうのはどこも変わらないんだなあ」
「そうそう、そうなの。あとあっちからこっちにきて、それから地方の人はまた移動っていうのもあるでしょう?」
めんどくさいのよ。さくらさんはそういって笑った。

確かに、僕だって地元に帰る為には飛行機なら一時間、新幹線なら四時間、夜行バスなら八時間かかる。それは大変といえば大変だ。それに加えて死後の世界の人は死後の世界からこっちに来て、そっからまた移動って感じだもんなあ。

運転席で友人と娘が楽し気に会話していた。それと同じくらい僕達も後部座席でそんな風に楽しんだ。

久々のさくらさんとの会話はとても楽しかった。

その後、友人は約束通り、家の近くのサイゼに車を停めた。

「今日はありがとう。お前が付き添ってくれたおかげだ」
といった。普段そんなことを言うやつじゃなかったので、僕は、
「気持ち悪い」
といった。
するとさくらさんが後ろから、
「お前は馬鹿か!」
といって僕の背中をたたいた。

でもその後、僕は気を使ってサイゼでは別々に座ろう。と友人に提案した。積もる話もあるだろうからと。これは我ながらナイス提案だったと思う。
それを言った後、うしろにいるさくらさんを肩越しに見ると、
手をグーってやっていて、僕も少しガッツポーズして見せた。

「パスタうまいねえ」
サイゼではさくらさんがカルボナーラを、僕はグラタンを食べていた。あと二人で食べる用のピザも頼んだ。それからお酒も飲んだ。ビールとかあとグラスワインとか、グラスワインではすまなくなってデキャンタでも頼んでしまった。しかも白も赤も。

とても楽しい食事だった。

すると、
「君のグラタンも食べていい?」
と、さくらさんが言った。

「ん?もう一個頼む?」
僕が聞くと、

「いや、とりあえず、それを」
とさくらさんが、僕のグラタンを奪い取って、自分の方に寄せた。

しかし、その後しばらくしてもさくらさんはずっとその奪い取ったグラタンを眺めるだけで、食べなかった。

「やっぱりもう一個頼む?」

「なんか違うんだよねえ」
さくらさんは言った。何が違うんだろう?

「あ!」
それからさくらさんは奪い取った僕のグラタンを僕の方に戻して、

「一口食べてみて」
と言った。

「僕が?」
さくらさんがうなずく。

だから僕は普通にスプーンで一口食べようとすると、

そこでさくらさんが、
「ああなるほど、私は君のグラタンをたべたいんだなぁ」
といった。

それを言われて僕は、今すぐにでも死のうかと思った。死ぬって思った。


で、

これからお盆が終わるまで色々とあるんだけど、でも必須要素が2000字以内なのでこれで終わりで。
作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:73 人 文字数:2000字 評価:1人
お盆なので、死んだ人が帰ってきた。僕はその日東京ビックサイトの東棟にあるお盆特別企画死んだ人復活ゾーンに来ていた。東京ビックサイトは人がたくさんいて、コミケみた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:松竹輪子 お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:69 人 文字数:1497字 評価:1人
次の文章を読んで頂きたい。「ぐふぐふふ ぐぐ ふふぐ ふふぐふぐ ふふぐぐ ぐぐふぐぐ ぐふぐぐふ ぐぐふふぐ ふふぐふふ ぐふふふ ぐふふ ふふぐ ふぐふふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:2000字 評価:0人
丘の下を兵隊さんが行進していった。男なのにスカートを履いて、へんてこな帽子をかぶり、長銃を肩に担いでいる。音楽隊のかき鳴らす楽器の音に合わせて、一糸乱れぬ動き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:1728字 評価:0人
平和のための犠牲に彼はMになった。 通称殴られ代行。 元々身体が丈夫というか、先祖返りの影響でそうなってるだけに過ぎない。「大丈夫?」「大丈夫。痛いけど、殴っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:59 人 文字数:2000字 評価:0人
ぐふ、ぐふふふ……鳴き声とも笑い声ともつかない声が机の中から聞こえた。学校での休み時間、蒸し暑さ成分が教室どころか市内全体を包み、ぼーっと窓の外を見ていたときの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:賢くない賢者@擬音語製造業 お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:54 人 文字数:612字 評価:0人
1年で3000人の財布を盗み、年収1億円を誇っていたスリの王、徳野原権蔵は司法取引により警察の捜査に協力し、その見返りとして、警察に直接協力する以外の全ての時間 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:あいつのギャグ 必須要素:豊胸手術 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:894字
「僕ね、ハングオーバーが・・・」「おい、その話をストップしろ!」私はまず彼のことを止めた。オチが読めてしまったからである。彼がハングオーバーという映画の事を言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:悔しい御曹司 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:886字
「千個目だからって緊張したりして」正直緊張している。すぐに緊張するタイプの生き物だからだと思う。即興小説十五分の部、千個目をどうしたらいいのだろうかという疑問で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:群馬の火 必須要素:800字以内 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1653字
globeの曲の一つに、果てしなく雪が降る唄がある。これ以上書くとジャスラックにジャスラック・・・ジャスラッシュされるので書けないのだけど、ある。で、最近それく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:都会の事件 必須要素:大学受験 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:2935字 評価:1人
田舎の母が、電話をかけてきて、大丈夫かどうかみたいなことを聞いてきた。「何?どうしたの急に?」自転車の法律が改正された際も同じような電話をかけてきた母である。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:壊れかけの冤罪 必須要素:丑三つ時 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1362字
「・・・」目が覚めた。ぱちりと目が覚めた。それにしても明確に目が覚めた。すっきりしていた。前日そんなに早く寝たわけでもないのに、嫌にパチリと目が覚めた。電源を入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:馬鹿な蟻 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:902字
子供のころ、よく道端にパチ○コ玉が落ちていた。それが土地柄的なものなのか、あるいはその時代の風土的なものなのかは私にはよくわからない。しかしながら子供にとってパ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:汚い風 必須要素:会話劇 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1138字
「今日はキャンプに来ました」「どしたの?急に、なんでそんなことを言うの?」「だって、ほら誰かが説明しないとわからないでしょう?会話劇だって言ってるんだし」「何? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:壊れかけのお茶 必須要素:信仰 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1004字
選挙期間中である。うちの前も何度か選挙カーが通っている。そんな中一台不思議な事を大声で言っている車があって、私はつい家の外に出てしまった。そんなのまるで、あまの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの好きな食事 必須要素:佐々木 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:2915字 評価:0人
冷凍庫にはほうれん草だけが入っていた。「・・・」業務スーパーで買ったやつである。500グラムのやつである。食べれるものはそれだけ入っていた。後は氷枕が入っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:女同士の軽犯罪 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:945字
地方一体の過疎化が、大量の空き家を生産するみたいなもので、そのうらぶれたヨットハーバーにはいくつか、ただ浮いたままの状態になっている船があった。珍しいことではあ 〈続きを読む〉