お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:2000字 評価:0人

兵隊さん
 丘の下を兵隊さんが行進していった。男なのにスカートを履いて、へんてこな帽子をかぶり、長銃を肩に担いでいる。音楽隊のかき鳴らす楽器の音に合わせて、一糸乱れぬ動きで進んでいく。遠目から見るとおもちゃのようだ。
「今日も平和だ」
 私はベランダから洗濯物を取り込み終え、行進していく平和維持軍を見送った。緑の多い、ひろびろとした丘。数少ない住居もそれぞれ立派な庭つき一戸建て。裕福さの象徴。そんななかを、楽しい曲が遠ざかっていく。あと一時間もすればまた聞けるので、惜しむ者は誰もいない。

 旦那が家の一階を呑み屋に改造すると言い出したときは、不公平を感じたものだ。私がおしゃれな雑貨屋や、甘味を出す喫茶店にしようと提案したら、どうせ続かないと却下したくせに。
「その気になれば飲食店だって開けるスペースが余ってるんだから、もったいないじゃない?」
「だめだめ。素人が安易に挑戦したってうまくいかないのが、その手の自営業なんだから」
 とか言ってたくせに。
 行動は早かった。その日のうちにリフォーム業者を呼んでキッチンを大がかりな調理用に広くすると、内装デザインを知人に頼み、食材の仲卸業者に連絡した。駅前の掲示板にバイト募集の張り紙まで用意した。どう考えても趣味の範囲ではなく、本気だ。
 はじめての呑み屋経営のために、本を読んだり、経験者に話を聞いたり、いろいろ勉強しているようだ。
 私にここまでの熱意と覚悟があったかと聞かれれば、それはないので、ぐうの音も出ないけど。家事のかたわらかわいい雑貨を集めたり、近所の友達とスイーツを手作りしてみたかっただけだけど。
 納得いかない気分はある。
「家がパステルカラーで洋風なのに、生魚が壁から下がってる店はどうなのかな?」
「裏手を入り口にするから大丈夫」
 そもそも私は居酒屋というものが嫌いだった。強いお酒は呑まないし、魚の臭いも好きじゃない。刺し身が苦手なので、食卓に並ぶときにはたいてい焼いてある。それともいままで言わなかっただけで、旦那はそういうのが不満だったのだろうか。
 結局相談もなしに、ふたりで住む家を呑み屋にされたようなものだ。着々と進んでいく工事と準備に、今更止められるはずもなく、私は指を咥えて見ているしかない。

「あんまりじゃない? どう思う、兵隊さん」
 私は行きつけのバーで隣り合った兵隊さんに聞いてみた。お酒は好きじゃないけど、甘いカクテルは好き。グラスに入った見た目がかわいければ、味はあまり気にならなくなる。外見というのは大事だ。
「ぐふふ…ぐふふ…」
 兵隊さんはしたたかに酔っていて、カウンターに突っ伏している。呻いているのかと思いきや、笑っているようだ。長い帽子もへんにょり曲がっていて、豊かな髪の毛が下から覗いている。
「そうだよね、兵隊さんも旦那が悪いと思うよね」
「ぐふふ…」
「ありがとう、慰め上手だね」
 ぐふふ、と兵隊さんは口から泡を吹く。やはり呻いているのだろうか?
 ぬいぐるみに話しかけて自問自答しているみたいで楽しくて、つい夢中になっていたが、救急車を呼んだほうがいいかもしれない。
「兵隊さん、大丈夫? そんなに呑んで、なにかあったの」
「奥さん…なにもないよ。ぼくは幸せに満たされているのさ」
「ならよかった」
「見たかい、このたっぷりの頭髪を。帽子をかぶっていても薄くならないなんて、いい時代になったものだよなあ…」
 嬉しくてつい呑みすぎたようだ。私も嬉しくなって、もう一杯頼んで乾杯した。
「今日は呑みましょう」
「ああ、素敵な夜だよ。もう頭髪のことで悩まなくてもいい。奥さんの悩みも、翌朝には解決しているさ」
 バーにはいつまでも、楽しい笑い声が響いた。

 その晩、兵隊さんは丘の上に集まっていた。おもちゃのような格好をして、おもちゃのように整列する。みんなの願いを叶える、平和のために働く兵隊さんは、そろって勇ましい顔つきをしていた。
 丘の上には、このあたりにあるほかの住居と同じように、裕福そうなパステルカラーの家があった。
「突撃ー!」
 隊長の合図とともに、音楽隊が演奏をはじめた。

 朝になると、私たちの家は木っ端微塵に破壊されていた。寝間着姿の旦那と私のいる寝室だけが野原に残される。旦那は工事が白紙に戻ってしょんぼりしていた。
「新しい家はあちらにご用意してあります」
 整列した兵隊さんから隊長が進み出て、隣の丘を指差した。壊された家の二倍も大きい立派な家がそこにある。二世帯くらい住めそうで、玄関もふたつ。夢の二個目のマイホームだ。
 好きな店をそれぞれの入口で開くといい、と隊長は紳士的に敬礼して去っていった。私は旦那と抱きしめあい、お互いの幸せを喜びあった。
「豊かな物資、親切な人々! 私たちはなんて平和な時代に生まれたんだろう!」





作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:72 人 文字数:2000字 評価:1人
お盆なので、死んだ人が帰ってきた。僕はその日東京ビックサイトの東棟にあるお盆特別企画死んだ人復活ゾーンに来ていた。東京ビックサイトは人がたくさんいて、コミケみた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:松竹輪子 お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:69 人 文字数:1497字 評価:1人
次の文章を読んで頂きたい。「ぐふぐふふ ぐぐ ふふぐ ふふぐふぐ ふふぐぐ ぐぐふぐぐ ぐふぐぐふ ぐぐふふぐ ふふぐふふ ぐふふふ ぐふふ ふふぐ ふぐふふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:2000字 評価:0人
丘の下を兵隊さんが行進していった。男なのにスカートを履いて、へんてこな帽子をかぶり、長銃を肩に担いでいる。音楽隊のかき鳴らす楽器の音に合わせて、一糸乱れぬ動き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:1728字 評価:0人
平和のための犠牲に彼はMになった。 通称殴られ代行。 元々身体が丈夫というか、先祖返りの影響でそうなってるだけに過ぎない。「大丈夫?」「大丈夫。痛いけど、殴っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:59 人 文字数:2000字 評価:0人
ぐふ、ぐふふふ……鳴き声とも笑い声ともつかない声が机の中から聞こえた。学校での休み時間、蒸し暑さ成分が教室どころか市内全体を包み、ぼーっと窓の外を見ていたときの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:賢くない賢者@擬音語製造業 お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:54 人 文字数:612字 評価:0人
1年で3000人の財布を盗み、年収1億円を誇っていたスリの王、徳野原権蔵は司法取引により警察の捜査に協力し、その見返りとして、警察に直接協力する以外の全ての時間 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:都会の事件 必須要素:大学受験 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:2661字 評価:1人
古い日本家屋の離れが現在の兄の住む部屋だった。元は母屋の二階、子供部屋をわたしと共用で使っていたのが、二十歳を期に改装して与えられた。二年も浪人していれば親も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:当たり前の高給取り 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:710字
あなたはこのふかふかのソファに座っているだけでいいのですよ、とは言われたものの、日がな一日高層ビルからの眺めを見ているばかりでは退屈だ。部屋には壁一面のシアタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:正しい凡人 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:565字
「よっと」 キョウは掛け声とともに、軽く鉄棒に乗り上げた。触れるだけで赤錆がポロポロ剥がれ落ちる棒になど進んで握りたくはなかったけど、授業のためなので仕方ない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:うへへ、女祭り! 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:755字
池の傍に座り込んで餌をやっていれば誰でも人気者の気分が味わえる。水面から口を出してぱくぱくせっついてくる鯉は、我先にとほかを押しのけんばかりの勢いである。 雑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
終末ぽい ※未完
作者:にい お題:免れたドア 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:809字
破壊跡を見る限り、一軒家は木っ端微塵にふっとばされたようだった。 残骸のなかにぽつんと立つものがあった。火事やらその他の要因やらで建物が崩壊した際、残るのはな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:昼間の美術館 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:764字
朝から食欲がなくてコーヒーだけ淹れてテレビを観ていたら、急に吐き気を催した。洗面所に走ったが間に合わず、家の廊下で四つん這いになる羽目になった。一日のはじまり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:ラストは誰か 必須要素:首相 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:2507字 評価:0人
奪還作戦は17時にはじまった。武装集団が逃亡手段の用意と身代金の受け渡しを要求した時刻が18時だから、猶予は1時間となる。某国の主導者、といっても、文化も政治 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:知らぬ間の人体 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:708字
乳歯が抜けかけているらしい。ことあるごとに口の中に指を突っ込んでいるので、そうとわかる。子供のころを思い出すに、最初はぐらついているのが続き、ああして気になっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
炎の隣人 ※未完
作者:にい お題:経験のない正月 必須要素:ブラウザはなるべくGoogleChromeを使用してくださいまじで。 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:2719字 評価:0人
除夜の鐘が遠くで鳴り響いている。無宗教なもので、ろくに参拝もしたこともなく、初詣の予定もない。そもそもが年の定められた行事に合わせて行動するといったことに抵抗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:アルパカの感覚 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:692字
毛刈りの時期がくるごとに丸裸にされるのはどんな気分だろう。 すっきりと刈られた羊やアルパカを見るたびに、柵の向こうから想像する。そろそろ鬱陶しくなってきて、歩 〈続きを読む〉