お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:72 人 文字数:2000字 評価:0人

嗤う
ぐふ、ぐふふふ……

鳴き声とも笑い声ともつかない声が机の中から聞こえた。
学校での休み時間、蒸し暑さ成分が教室どころか市内全体を包み、ぼーっと窓の外を見ていたときのことだ。

なんか設定にしたっけ?

着信だか通知のせいだと思った。けれど、肝心の発信元となる奴はカバンにしっかりと入っていた。
イタズラ? と思い周囲を見渡すも、誰もこちらに注目していない。馬鹿笑いをしている集団が、口を天井に向ける様子くらいだ。
対象が慌てて失敗する様子を観察しないイタズラほどつまらないものはない。

僕は机の中を覗き込んでみたが、何もない。
いや、教科書ノート類はあるけど、声を出すようなものはない。薄暗いそこは心なしかひんやりとしていた。

暑さで幻聴を聴いた――
そう結論づけて、その日は終わった。



次の日、心なしか暑さが和らいだ中。教室内は妙に静かだった。
昨日、クラスメイトが事故に遭ったのだ。
馬鹿笑いしながら歩いていた集団に、車が突っ込んだ。
重体一歩手前で入院中。
最悪ではないけれど、笑い話にもできない。

教室内はひそひそと、落ち着かない雰囲気で囁き合った。

ぐふ、ぐふふ……

声が、聞こえた。

平和、へいわぁ……

机の中を覗き込む。椅子を蹴倒し最速で。
中身はもうカバンに突っ込んでおいた。
がらんとした、洞窟のような薄暗がり、そこには、何もなかった。

僕は安堵していいのかどうかもわからない。
ただ重いため息は出た。

何なんだよ、一体――
なにしてんの?

隣の子が不審そうに訊いた。
僕は曖昧に笑ってごまかした。



暑い日が続き、段々と段々と、教室内の人数が減った。
誰も彼もが事故に遭った。多種多様に一つとして同じものはなく、そして、その前に僕は確実に声を聴いた。その笑い声には悪意と優越感と満足が含まれていた。

――煩くすると、事故に遭う。
煩い奴から順に、怪我をする――

その法則に、全員が気が付いていた。
教室内は、恐ろしいほどの静寂が満ちるようになった。
呼吸の音ですら聞こえる。
夏風邪を引いた奴が、絶望的な顔で咳をする。
そいつは、次の日にはいなくなった。

何なんだよ、一体――

口癖のように呟く。
じろりと横から睨まれた。「巻き込むようなマネをするな」という警告。

水分が多量に溶け込んだ湿気の沈む教室で、緊張と恐怖が飽和しつつあった。



ぐふ、ぐふふふ……

そして、声を聴く。
なんだよ、誰も騒がしくないだろ、これが平和? なんの冗談だ。無音と恐怖と重圧しかない。ノートの書き取りだって一苦労だ、できるだけ音を出したくなくてボールペンに変えたくらいだ。誰も聞こえてないみたいだけど。お前こそが誰よりも静かにするべきで――

 誰も聞こえていない

その文字が、脳内で大きく描かれた。
どうして、誰も聞いてない、聞こえない?
霊的なものだから?
いや、僕にそういう霊感みたいなものなんてあった試しがない。

そもそも、本当に机の中にいるのか……?

授業中、完全な静寂の中、僕は見下ろす。
机がある、見慣れたそれ。
さらに視線を下ろす。
そこには学校指定のシャツがある。夏服の白が太陽光を反射している。素肌に一枚だけで、汗を含んで少し透けている。

拳のような、黒いものがあった。
物質的なものではなく、純然たる影だった。

凹んでいる――

シャツのボタンの間を開くように、覗き込んだ。
昨日シャワーを浴びたとき、そこにはヘソしかありはしなかった。しかし今、ヘソの代わりに、目と鼻と口があった。ぽっかりとした五つの穴、僕の腹が顔型に凹んでいる。こぶし大の小さく透明な顔型を思いっきり押し付ければ、きっとこういう形になる。

元ヘソにあった位置、そこに生じた穴が歪んだ。
片側に偏った、ぐにゃりとした笑み、喜悦の形。
声を出そうとしている。
嘲りと、悪意と、異質な充足を伴って。

ぐふ――

僕は叫んだ、叫びながら、ボールペンを突き刺した。
停滞と、そこからすぐに生じた悲鳴と騒然を、僕はどこか他人事のように聴いた。



幸い、と言っていいのか。怪我は大したことはなかった。

唐突に変なことをした奴――
そう見られはしたけど、僕は満足だった。

あの声は、きっともう聞こえない。
これからは普通に話せる、音を出せる。

誰一人として気づいてないかもしれないけど、僕がこの教室の平和を守った。
いや、平和を脅かしていたのも、僕だったのかもしれないけど。

あれ結局、なんだったんだろ……?

謎といえば、後はそれだけだ。

はは、と笑う。
ぐふ、ぐふふ――と声がする。

下からじゃなかった、横から。
恐る恐る、青ざめた顔で横を見る。見慣れたクラスメイト、生真面目そうな奴。
その腹から、それは聞こえた。
僕に向け、笑っていた。
作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:81 人 文字数:2000字 評価:1人
お盆なので、死んだ人が帰ってきた。僕はその日東京ビックサイトの東棟にあるお盆特別企画死んだ人復活ゾーンに来ていた。東京ビックサイトは人がたくさんいて、コミケみた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:松竹輪子 お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:83 人 文字数:1497字 評価:1人
次の文章を読んで頂きたい。「ぐふぐふふ ぐぐ ふふぐ ふふぐふぐ ふふぐぐ ぐぐふぐぐ ぐふぐぐふ ぐぐふふぐ ふふぐふふ ぐふふふ ぐふふ ふふぐ ふぐふふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:58 人 文字数:2000字 評価:0人
丘の下を兵隊さんが行進していった。男なのにスカートを履いて、へんてこな帽子をかぶり、長銃を肩に担いでいる。音楽隊のかき鳴らす楽器の音に合わせて、一糸乱れぬ動き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:1728字 評価:0人
平和のための犠牲に彼はMになった。 通称殴られ代行。 元々身体が丈夫というか、先祖返りの影響でそうなってるだけに過ぎない。「大丈夫?」「大丈夫。痛いけど、殴っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:72 人 文字数:2000字 評価:0人
ぐふ、ぐふふふ……鳴き声とも笑い声ともつかない声が机の中から聞こえた。学校での休み時間、蒸し暑さ成分が教室どころか市内全体を包み、ぼーっと窓の外を見ていたときの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:賢くない賢者@擬音語製造業 お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:612字 評価:0人
1年で3000人の財布を盗み、年収1億円を誇っていたスリの王、徳野原権蔵は司法取引により警察の捜査に協力し、その見返りとして、警察に直接協力する以外の全ての時間 〈続きを読む〉

inoutの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:inout お題:近い理由 必須要素:ペロペロ 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:2932字 評価:1人
雨がガラスを打っていた、楕円に広がり落ちる水は尽きることなく後から後から流れ落ちる。バス停の中の、ベンチから俺はそれを聞いた。意味のない待ち時間が苦痛だった、相 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:とびだせ祖母 必須要素:ヨーヨー 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:2886字 評価:0人
コンビニの横のファストフード店の窓ガラスにはデカデカとピエロのキャラクターが胡散臭い笑みを浮かべ、こちらの胃袋の様子を品定めする視線を送りつけている。手を挙げ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:振り向けばそこに関係 必須要素:自殺エンド 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:3005字 評価:0人
やけに暗い部屋だった。家賃の安さがなければ絶対に選ばない、ここだけ重力が数%重いんですよと言われても信じる、というか昼間なのにどうして電気をつける必要があるのが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:わたしの好きな食事 必須要素:佐々木 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:2657字 評価:0人
空飛ぶ宮殿のバルコニーから、今日も主(あるじ)は下界を眺めていました。行儀悪く足を投げ出し、欄干に顎をつけ、それでも口元は歪んでいます。笑っているのです。ときお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:ラストは誰か 必須要素:首相 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:3285字 評価:0人
「事故死です」震える唇で、手術用の手袋を暖炉方面に放りながら前原が言った。「専門の知識があるわけではありません、必要な設備もありません、けれど、私が知る範囲にお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:経験のない正月 必須要素:ブラウザはなるべくGoogleChromeを使用してくださいまじで。 制限時間:1時間 読者:70 人 文字数:2758字 評価:1人
ずず、と鼻水が鼻腔内を遡行する様を、どこか気味よく感じながら冷えた石畳を歩く。かつんかつんと木の鳴る音が素足に響く、下駄は冬の寒さを余すことなく体感できる。太陽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:不思議な体 必須要素:ロシア語 制限時間:1時間 読者:41 人 文字数:4057字 評価:0人
目を開けると白い部屋にいた。体育館くらいはありそうな、広大な部屋は空間と呼んだ方が正しいのかもしれない。床に寝そべっていた僕は、継ぎ目のない床の水平な広がりを見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:大きな平和 必須要素:豚骨ラーメン 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:2947字 評価:0人
カウンターしかない店内は安っぽくも真新しく、店主のやる気の無さとこだわりの無さを表している。メニューは二つ、豚骨ラーメンとチャーシュー丼のみ。早くもここを選んだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:ゆるふわな男の子 必須要素:イケメン 制限時間:1時間 読者:63 人 文字数:3158字 評価:0人
寺町アオイと言えば貸氷小学校で少しだけ有名な奴だ。別に頭がいいわけでも、スポーツができるわけでも、イケメンというわけでもない。ただ、なんとなく、コイツがいると場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:名前も知らない電車 必須要素:テニスボール 制限時間:1時間 読者:63 人 文字数:2692字 評価:0人
足を組んで伸びをした後、セルフ腕枕の上に頬を乗せる。鼻は黴臭いニオイを嗅いでいて、耳は幻の電車音を聴く。だらしのない恰好で、想像を自由に遊ばせる、それはあの家で 〈続きを読む〉