お題:見知らぬ土 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:847字
[削除]

名探偵蜂須賀さん1
蜂須賀蜂也は探偵だ。
今日も殺人事件の捜査のために、彼は港区のとあるオフィスビルに来ていた。午後3時、洒落た作りの新しいビルはその無駄に大きな窓のせいで西日がめっちゃ眩しい。捜査どころじゃないよと内心思ったが、蜂須賀は文句を言わずに黙々と聞き込みを続けた。彼は探偵である以前に、調和を愛し遠慮を美徳とする日本人なのだ。言える訳がないね。
被害者はそのビルの17階に入っている中堅IT企業の受付のお姉さんだった。今時セクハラで訴えられるんじゃないかというハラハラ丈ミニスカートの裾から脚を艶かしく投げ出した体勢で、俯せに倒れて彼女は死んでいた。頭の横には観葉植物の鉢が横倒しになっている。底にはヒビ。間違いなくこれで殴られて死んだのであろう。
「探偵さんどうですか。犯人は分かりそうですか」
彼女の同僚であったという、年配の女性がそう声をかける。被害者のお姉さんと同じハラハラ丈のミニスカートから伸びる脚には別の意味でハラハラさせられる。蜂須賀はしかしその言葉に応えることなく、おもむろに被害者の血の流れる後頭部に顔を寄せた。
そして舐めた。
「ちょ、ちょっと何してるんですか!?」
その場にいた女性陣からの悲鳴が上がる。蜂須賀、探偵である前に日本人である前に健康な成人男子であったから、婦女子の方々からドン引きされることは何よりもモチベーションに影響した。彼は正直凄く萎えてしまった。
実は彼は大学で地質学を専攻していた過去があり、どんな土でも一度口にすればそれがどこから来たものか当てられるというマニアックな特技があった。そして今しがた彼が被害者の後頭部の土を舐めたことにより、それが鹿児島県の一部地域で生産される薩摩芋に適した土であること、つまり凶器はこの観葉植物ではないことに気付いたのだが、最早彼にそれを宣言するモチベーションは残っていなかった。
事件は迷宮入りである。蜂須賀は変態と避難されるのみに終わった。これではお姉さんも報われない。しかし悲しいけれど、これがことの顛末であった。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ていらー お題:私のラーメン 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:666字
高架下に軒を連ねる薄汚いラーメン屋台の一軒。その中で一人の若い男が途方に暮れていた。「俺のラーメンが食えねえってそう言ってんのか?にいちゃん。」「そう怒らないで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:来年の傑作 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:194字
画家であるロバートは絵筆の先をペロペロと舐めた。 毛は弾力性に富み一つ一つしっかりくっついている、じゃじゃ馬な絵筆だ。 ロバートは目を瞑る。 この絵筆を活かす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:破天荒な喪失 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:1239字
完全に私事になりますが、先ほど一度十五分の即興さんをやらせていただきました。夜のもこもこっていうたしかそんな感じのお題で。で、読んでいただけたらわかるとは思うん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:奇妙な宴 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:285字
気がつくと私はなにかを食べていた。 頭がふわふわしてうまくものを考えられない。 周囲には何人かいるみたいで宴っぽかった。 私は進められるままなにかを食べて、何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:コルトランプ お題:苦い月 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:390字
「今日の月は…きれいな満月ですね」アヤコがお酒を注ぎながらいった。「丸い飴玉のようだね 口にいれてペロペロとなめたい」タイシはいった。「まあタイシさんたら」アヤ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ハヨネロ お題:間違った恋人 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:433字
この時間だけは、目を開く気にならない。カーテンは閉められ、誰にも見られていないという安心感を得た上で、愛することにする。初めて会ったのはいつのことだろう。なぜこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
終わりの曲 ※未完
作者:即興小説さん お題:帝王の墓 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:740字
半熟の目玉焼きが割れるかのように、空にかがやく太陽がじんわりと溶けはじめた。私は高校の屋上でそんな光景を見ながら、ああもう世界はほんとうに駄目なんだなと思って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アイドルバカ お題:鋭い罰 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:440字
男はキャンディを舐めていた。ぺろぺろぺろぺろ キャンディは好きじゃないの、ぺろぺろが好きなの。 ぺろぺろ、ぺろぺろドアノブさん、こんにちは。舐めたくなるボディ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの嫌いな時計 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:134 人 文字数:881字
私は家で時計を使っていない。理由は、まあ、携帯があるしっていうのと、時間ばかり気にして生活しているということが嫌だからだ。でも昔は時計がちゃんとあった。しかしそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:今日の猫 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:120 人 文字数:1093字
私は週末一人でぶらりと歩く事が好きだ。誰も知っている様な街並みを見て歩くのも、誰も知らない様な街並みを見て歩くのも、なんだっていい。一人でぶらぶらとして、目的地 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の昼下がり 必須要素:えへへ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:736字
――彼の時は、止まっている。失職して数年、彼は何をするでもなく、時を無為に過ごしていた。晴れた空が美しく、日が高く登ったお昼時でも部屋のこもったまま、カーテンを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ゆるふわな靴 必須要素:沖縄 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:743字
東京、渋谷。東京でも有数に人が多いその場所は、夕方にもなるとさらにその人口密度を増す。特にハチ公前とも来れば、待ち合わせをする人々でごったがいしている。そんな人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼のヒロイン 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:464字
「みんなーっ!ドッジボールやろーっ!」「」 4限の授業を終わりを告げる鐘が鳴った、先生がまだ教材をまとめていて教室を出て行ってないような時によく響く声が教室を揺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式のぺろぺろ 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:924字
「あちっ!」 あれほど用心深く息を吹いて冷ましたにも関わらず、ビーフストロガノフは私の舌を焼いた。「そんなに熱いとは思わないけど……りっちゃんは猫舌だねえ」 恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:人妻の場所 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:238字
月曜の昼下がり。家事育児がひと段落した専業主婦の自由時間が始まる。3歳の息子は近くの祖母に預けて、お洒落すぎない服に着替えてメイクはナチュラル。旦那には見せない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:賢いむきだし 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:235字
形の良い薄い唇が弧を描く。うっすらと薄められた両目は情欲に濡れていた。陳腐な例えだけれど、彼の揺れる瞳はわたしの胸を遠火で焦がす炎のようで、ほのかに暖かい指先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:赤いユートピア 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:614字
血はもちろん僕のいた取調室の前で途切れているわけだが、この警察署は全部屋が中庭に面する構造になっているため小鉄もこの警察署の中にいることは間違いない。 電気が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雪が降る ※未完
作者:匿名さん お題:夜の兄 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:397字
隙間風に目が覚めた。机の脇の窓がカタカタと音を立てている。外はすっかり暗くなっていて、部屋の中も目を凝らさねば何も見えない。うるさい窓を止めようと、のそのそ歩み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緑の昼食 必須要素:吾輩は猫である 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1179字
我輩は猫である。僕は、その言葉が好きだった。緑の溢れる大学の中庭で僕は、この本を読んでいた。「猫かぁ……いいなぁ。猫」小波感溢れる事を呟きながら、僕は空を仰ぐ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
学校裏サイト ※未完
作者:匿名さん お題:子供のサイト 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1088字
最近子供たちの間である噂が広まっているという。短順に言ってしまえば、子供の噂程度にしか騒がれない、大人たちにとってはさして気になることでもない噂の一つに過ぎなか 〈続きを読む〉