お題:強い扉 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:656字
[削除]

全力で日焼けしたくない
 夏だ! と言って両手を挙げて喜べる時代は終わった。そろそろ紫外線の悪影響を考えなければ。
 そんなことで、今年の夏はなるべく外に出ない、または出かけても日よけ対策ばっちりの完全防備をすることにした。海の日を手放しで喜んで海に行くなんてことはない。
「ということで、帰れ」
「何よーぉ。完全防備でいいから行こうよ海ぃ」
 玄関のドアを挟んで、親友との攻防。相手は海水浴に行く気満々の格好で、私を誘いに来ている。私は魚眼レンズから親友を覗いて、彼女の薄着ったら日焼けを考えているのかと頭が痛くなった。
「海水浴なのになんで完全防備していかないといけないの。浮くわ」
「じゃあしなきゃいいのよ、完全防備」
「いいえ、海水浴に行かなきゃいいの」
「もう埒があかないので最終手段いきまーす」
 じゃん、と魚眼レンズにちらつかせたのは鍵だった。その鍵にはクマのキーホルダーがついていた。
「ちょ……! それ、うちの鍵!」
「あんたのお母さんから借りてきたの」
 慌ててドアを押さえた。ロックする時間もなく解錠され引っ張られるドア。ドアにロックを掛けたいが、どちらかの手でも離してしまおうものならドアが開けられてしまう、両手を使ってようやく均衡を保っているようだった。
「うわっ、あんた力強っ。びくともしないじゃん。何これ? 扉強くない? 鉄壁の守りなの?」
「行きたくないって、言ってるんだから、早く諦めなさいよ、バカ!」
 全力で拒否してるんだから早く海に行って遊んでくればいいのに、とドアを押さえ込みながら思っていた。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:西 杞憂 お題:ナウい小説練習 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1401字
数学の時間です。いや、算数の時間です。 1+1は?答えは2だ。当たり前ですね。 じゃあ1×0は?答えは0。 小説の練習だってそう。地道な毎日の積み重ねが大事だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:notte お題:生きている本 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1093字
老人が言う。「では、今日は、『香』の話をしようか」 少年が「はい、先生」と答え、目を輝かせた。 その夜の老人 ―― 師の話は、そのものが少年 ―― 弟子への試 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いっつ お題:生きている本 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1348字
「い、いらっしゃい」「……どうも」 とある、夏の昼下がり。 カラン、という涼しげなベルの音と共に店の扉が開き、見覚えのない一人の男が入ってきた。その男は両手一杯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西 杞憂 お題:情熱的な帝王 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1572字
昔の昔のその昔。情熱大陸という王国に、まるで活発的に活動をしている時の太陽の如く、それはとても情熱的な王様がいました。 王様はある日配下の部下達にいいました。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
empty sunset ※未完
作者:kouta お題:純粋な妄想 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:359字
ーー遠く、高く離れてしまった雲と地の狭間を飛んでいく鴉のように、空を飛んでいけたらどんなにか気持ちの良いことだろうか。 ーー明け色と宵色が融けあった地平線は果 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:めっちゃ誰か 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1191字
お前は誰かに似ている、なんて言われたことはないだろうか。 いつも親しくしている人にではなく、通りすがりの、例えばコンビニの出入り口ですれ違う程度の誰かに。 も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:超高校級の喪女朝野欠月 お題:冬の敗北 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1339字
冬は嫌いだ。「寒いから」とかじゃなくて、まあ、トラウマとかそんなの。黄色い銀杏の葉のついた街路樹と、その奥に見える灰色の雲で覆われた空。それも嫌いだ。「田中、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西 杞憂 お題:宗教上の理由で空想 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:1384字
「えーー。この小説は宗教上の都合により、全て空想ということにさせていただきます」「お題が書きにくいからって、いきなりなに放送禁止されたテレビ番組みたいな事いっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
煙草と墓 ※未完
作者:トガセ お題:打算的な英霊 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:721字
その日はじいちゃんの何回忌だからしくて、初めて墓に行った。父方のじいちゃんは父が若い頃に亡くなっている。父さんの実家が遠かったってのもあって、それまで行ったこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明たい子@XYZ大阪 お題:打算的な艦隊 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:1814字
「決めた。俺、海軍になるわ。」 本当にその場で思いついて適当にでっち上げた嘘。なんたって今日はエイプリルフール。そりゃ嘘もつきたくなるもんだ。 俺はあまりにも適 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大好きな犬 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:365字
「チョコ、行くよー」たまちゃんがわたしを呼んだ。わたしは我が主人の甲高い声のする方へ、フローリングの床をカチャカチャと音を立てて走る。わたしは散歩というものはあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:打算的なわずらい 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:708字
屋敷の正門前には、ずらりと牛車が並んでいた。「ちょっとちょっと、ここって大納言さまのお屋敷だろう? 何だってんだい、たくさん車が並んで」通り掛かりの女の行商が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:マイナーなクレジットカード 必須要素:ピアノ 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:2181字
クレジットカードというのに手を染めるのは危険だ。 あれは借金をして物を買うという行為であるのだから。 知らず知らずのうちに、買い物を繰り返していくと、預金通用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
冷たい国 ※未完
作者:匿名さん お題:冷たい国 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:545字
氷の都、とでも呼べば良いだろうか。今こうして歩いている場所は、大路の幅も屋敷の配置も、何もかも、生まれ育った平安の都と同じなのに、すべてが雪と氷でできているよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少年のボーイズ 必須要素:ラジオ 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1079字
とある日のラジオから、音楽を用いた複数人での演芸の事をボーイズ芸というとかそんなことを聞き流していた。 そんなところで、最近、友人内で流行しているジャズをモチ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少年のボーイズ 必須要素:ラジオ 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:865字
少年はラジオをつけた。 勿論これは盗んだものとかじゃなくてちゃんと少年のラジオだ。 くるくると回して好みのチャンネルに変える。「んー、あ。これこれ」 ペンを持 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:きちんとしたプレゼント 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:253字
「…………また彼岸花だ」 かっちりと小さな段ボールで送られてきた彼岸花の花束。今日は私の誕生日だった。「なんで彼岸花なんだろう」 私にはさっぱり理由がわからない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冷静と情熱の間にあるのはカラス 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:603字
汚い路地を歩いていた。 私は辺りに落ちているものを見回す。 どこからか飛んできたチラシが、雨に打たれて地面に同化していた。 レストランの裏手には、入口の華々し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冷たい悪役 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:425字
「追い詰めたぞ、魔王ッ!」勇者が玉座の間に飛び込む。人類を苦しめる魔王を討つために、過酷な旅路を乗り越えてきたのだ。勇者の心意気は相当なものである。「はい」対し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:理想的な社会 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:393字
ふと日々の日常を振り返ることがある。生まれた時から今日に至るまでの日々を。過ぎていく時間は風が吹くように爽やかな流れに乗ってどこかへ消えていく。しかし振り返ると 〈続きを読む〉