お題:強い扉 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:656字
[削除]

全力で日焼けしたくない
 夏だ! と言って両手を挙げて喜べる時代は終わった。そろそろ紫外線の悪影響を考えなければ。
 そんなことで、今年の夏はなるべく外に出ない、または出かけても日よけ対策ばっちりの完全防備をすることにした。海の日を手放しで喜んで海に行くなんてことはない。
「ということで、帰れ」
「何よーぉ。完全防備でいいから行こうよ海ぃ」
 玄関のドアを挟んで、親友との攻防。相手は海水浴に行く気満々の格好で、私を誘いに来ている。私は魚眼レンズから親友を覗いて、彼女の薄着ったら日焼けを考えているのかと頭が痛くなった。
「海水浴なのになんで完全防備していかないといけないの。浮くわ」
「じゃあしなきゃいいのよ、完全防備」
「いいえ、海水浴に行かなきゃいいの」
「もう埒があかないので最終手段いきまーす」
 じゃん、と魚眼レンズにちらつかせたのは鍵だった。その鍵にはクマのキーホルダーがついていた。
「ちょ……! それ、うちの鍵!」
「あんたのお母さんから借りてきたの」
 慌ててドアを押さえた。ロックする時間もなく解錠され引っ張られるドア。ドアにロックを掛けたいが、どちらかの手でも離してしまおうものならドアが開けられてしまう、両手を使ってようやく均衡を保っているようだった。
「うわっ、あんた力強っ。びくともしないじゃん。何これ? 扉強くない? 鉄壁の守りなの?」
「行きたくないって、言ってるんだから、早く諦めなさいよ、バカ!」
 全力で拒否してるんだから早く海に行って遊んでくればいいのに、とドアを押さえ込みながら思っていた。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:俺はエルボーロケットで行く お題:でかいわずらい 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:951字
煩いというものは、厄介なものである。精神的な、目に見えぬ悩み。それが表へ現れてくれれば、どれだけ相談しやすいか。そう思われていたのも、つい10年ほど前までである 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:か。@挙動不審 お題:でかいわずらい 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:2487字
それをどうしていけばいいのかわからなかった。 そのときも、そしていまも。「榛原、おまえ結局あれどうしたんだ」「あれってなんだよ」 放課後。 教室に残っている生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カササギリョーノ[文フリ岩手イ-12] お題:蓋然性のある錬金術 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1914字
雪子さんの教えてくれるそれはもはや錬金術というより錬猫術とでも呼んだほうがいいぐらい猫ばかりだった。やがて原子の段階から猫を一匹生み出す(これは宇宙をひとつ生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:彼と病気 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1545字
「あなたの余命はあと1年です。残念ながら、この病気を治す術はありません」医者の宣告を聞き、彼は酷く蒼褪めた。幼子のように頼りなく、今にも泣きだしそうにみえたので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:黄色い秋 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:989字
黄色い。 秋は黄色い。 間違いない。 秋は黄色い。 学校からの帰るとき、並木道を通って思った。頭上には美しく黄色に染まった葉が、風になびかれて踊っている。 秋 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:めがねのさえきくん お題:緑の血 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1336字
生まれてこの方、希望なんてものは知らずに生きてきた。 テレビの向こうではアナウンサーが「夢の時代到来」なんて喚いてる。確かに、アンタ達にとってはそうなんだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のっこ お題:理想的な兄 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:585字
私のお兄ちゃんは勉強ができる。私のお兄ちゃんはスポーツ優秀。私のお兄ちゃんは笑顔が素敵。私のお兄ちゃんは背が高い。私のお兄ちゃんは.......「ちょっとー、お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:織子 お題:禁断のダイエット 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1042字
きた。ぼんやりとした意識の中そう思った。身体の奥、真ん中のあたりからそれはこみ上げてくる。ごめんね、と向かいで美味しそうにお肉を頬張る友人に断りを入れ、席を立つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tkmksi お題:正しいジジィ 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1104字
「正論ばかりを吐くんじゃあない!」「なぜですか! 常識的に考えて、あの子は救うべきではないでしょう!」 周囲の少しざわついた、しかしもう聞き飽きていてうんざりし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kensyo お題:彼が愛したユートピア 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:636字
冥王星の衛星には、有名なカロンの他に二クスとヒドラという小さな星が存在するのだ、という話を彼は突然に始めた。ふたつの衛星はアルベド(天体表面の反射率)が高く、白 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純粋な電撃 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:220字
トレーダーは、一秒未満の判断で勝負をする仕事だ。それを金融市場の開店から閉店までやり続ける。三十五歳が実質的な定年と言われている。 私が率いているディーリング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:日本式の勇者 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1547字
道の真ん中で人が倒れているのを見つけた。 倒れているのは老人で、しかも身なりがえらく悪い。匂いもかなりのものがあって、端的に言って浮浪者の類であるようだ。道行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かゆくなる薔薇 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:838字
薔薇は本数によって花言葉が変わるのを皆さんご存知だろうか?1本 「一目ぼれ」「あなたしかいない」2本 「この世界は二人だけ」3本 「愛しています」「告白」4本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かゆくなる薔薇 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字
ぶぅぅーーーーーーー・・・・・・大きな音が鳴り、辺りは暗くなる。どうやらここは舞台ホールらしい。こんなにも広いホールなのに観客は私だけのようだ。「またこの夢か・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かゆくなる薔薇 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:499字
ムズムズ、ムズムズムズムズ。「ふぅ~、何だか変な感じがするな」人気者の青薔薇は頭を悩ませていた。「背中がムズムズするような。気のせいだろか」青薔薇はしばらく我慢 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かは場所 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:661字
昔からよく見る夢がある。私はたぶん4、5歳で、小さい頃通っていた幼稚園でお迎えを待っている。とても天気良い日で季節はたぶん春。暖かい昼下がり、土いじりをしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:セクシーな冬 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:1092字
ふわりと雪が舞う深夜2時すぎ。僕は欠伸を噛み締めながら搬入された商品を捌いていた。夜勤のバイトはほとんど人がいない。寒さも、眠さも誰とも共有出来ずにのろのろとそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:苦い冤罪 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1909字
「このひと痴漢です」 ああ、終わった。 違うという否定の声より先に、その感慨が脳裏を巡り、反論をにぶらせた。 満員の通勤電車でもつれた舌がやっと紡いだ「ち、ちが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:たった一つの悲劇 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:386字
僕の人生を変えたのは、"ほんの些細な事"だった。そう、他者から見れば"ほんの些細な事"はどうしようもなく小さくて、吹けば飛んでしまうようなものかもしれない。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:怪しいお天気雨 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:814字
ぱらぱらと、天から水が降ってくる。その雨音は、次第に、激しいものになった。いわゆる天気雨というやつだ。晴れ渡った青空と不似合に、雨粒がこぼれ落ちてくる。すぐ止む 〈続きを読む〉