お題:強い扉 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:656字
[削除]

全力で日焼けしたくない
 夏だ! と言って両手を挙げて喜べる時代は終わった。そろそろ紫外線の悪影響を考えなければ。
 そんなことで、今年の夏はなるべく外に出ない、または出かけても日よけ対策ばっちりの完全防備をすることにした。海の日を手放しで喜んで海に行くなんてことはない。
「ということで、帰れ」
「何よーぉ。完全防備でいいから行こうよ海ぃ」
 玄関のドアを挟んで、親友との攻防。相手は海水浴に行く気満々の格好で、私を誘いに来ている。私は魚眼レンズから親友を覗いて、彼女の薄着ったら日焼けを考えているのかと頭が痛くなった。
「海水浴なのになんで完全防備していかないといけないの。浮くわ」
「じゃあしなきゃいいのよ、完全防備」
「いいえ、海水浴に行かなきゃいいの」
「もう埒があかないので最終手段いきまーす」
 じゃん、と魚眼レンズにちらつかせたのは鍵だった。その鍵にはクマのキーホルダーがついていた。
「ちょ……! それ、うちの鍵!」
「あんたのお母さんから借りてきたの」
 慌ててドアを押さえた。ロックする時間もなく解錠され引っ張られるドア。ドアにロックを掛けたいが、どちらかの手でも離してしまおうものならドアが開けられてしまう、両手を使ってようやく均衡を保っているようだった。
「うわっ、あんた力強っ。びくともしないじゃん。何これ? 扉強くない? 鉄壁の守りなの?」
「行きたくないって、言ってるんだから、早く諦めなさいよ、バカ!」
 全力で拒否してるんだから早く海に行って遊んでくればいいのに、とドアを押さえ込みながら思っていた。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:稲田なります お題:マイナーな惑星 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:668字
広い宇宙のはじっこに、ちいさなちいさな星がひとつあります。 そのちいさな星にあるのは、古びた井戸が一つと、ちいさな畑が一つと、その隣にちいさなちいさな家が一軒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月 お題:凛とした血液 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:273字
僕がそれと出会ったのは高校一年の冬休みのことだった。とある夜のことだった。 理由もなく歩きたくなった。なにかに呼ばれたような気がしたから。何かが呼んでいる気が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水底 栄 お題:とびだせ大学 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:987字
問1。AからBに移動する間にかかるストレスを計算せよ。 試験が始まってすでに5分経っているのに、一向に問1が何を問うているのか判らない。なんだこの問題、と頭を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月 お題:腐った発言 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:576字
「鉛筆と消しゴムの絡みを考えた人は天才だと思うんだよね」「突然そういうこと言うのやめてくれない?」「え? いいじゃん。BLも文化だよ?」「だとしても教室のど真ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:薄汚い宗教 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1720字
トイレットペーパーがなかった。 スーパーのトイレにいた。用足しが済んでから気づいた。 芯だけだった。 芯にはこう書いてあった。「かみはしんだ」 これ売ってたの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:いりゅーしん28 お題:誰かと夏 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1560字
暑い。ただ暑い。クソ暑い。ただ、それだけしが言いようがなかった夏のことだった。俺は岡山に来ていた。何故岡山なんぞに来た理由は今は覚えていない。もしかすると、例の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:かっこいい壁 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1433字
「隣の空き地に囲いができたってねえ」「へえ」「『塀』じゃなくて『囲い』」「へい」「ここは『かっこいー』と言うところやないか」「(E)」「それどうやって発音してん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち お題:記録にない善人 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:584字
またたく星達が水に溶け、虹の尾が道に寝そべっていたあの日。胸を衝く悲痛で寂しげな声。その声がする方へ誘われるように歩を進めれば――小さな小さな人間の子供が泣いて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:傷だらけの体 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1479字
最初は幼稚園の頃、ブランコから飛び降りた時のやつだ。僕は園の中で誰よりもわんぱくだったし、ブランコの扱いだって当然誰にもまけなかった。僕はこの幼稚園の覇者として 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水底 栄 お題:明るい命日 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:787字
鯨幕は、白と黒が並ぶ鍵盤に見えた。 その上を滑らかに動き、ときに強く叩き、柔らかく撫でる指を思い出した。息継ぎをするようにふっと手を持ち上げる瞬間に、これから 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京内側 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:272字
日本はいつの間にか東京の内側と外側、つまり都会と田舎に分けられてしまった。東京の周りには大きな壁が作られて、田舎に住む人々は申請書類を出さない限り東京へは行けな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最後の芸術 ※未完
作者:匿名さん お題:最後の芸術 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:820字
「僕には、もう残り時間がありません」そう言って、彼は突然私に声をかけてきた。ナンパする男なんて最低だと思っていたけれど、それでも彼の真摯な瞳は胸に突き刺さるもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
廃世界 ※未完
作者:匿名さん お題:哀れな血 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:374字
毎日一定量の血を抜かれる。 それと引き換えに望み通りの生活を手に入れられるとしたら、君はどうするだろうか。 血、と言っても健康を害しない程度の量だ。 多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月の愛 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:471字
今日のために、私は1年準備をしてきた。なんてったって今日は聖夜!クリスマス!世に言う恋人たちの日である。そんなおいしいイベントにこの私が乗っからないわけがないじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年の多数派 必須要素:「うー遅刻遅刻!」 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1031字
熱いほどの日差しが頬にあたる。その不快感に美紀は目を覚ました。「もう、いま何時なの?」 枕元の目覚まし時計に手を伸ばして、現在の時間を確認する。 時計は11時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と憎しみの体験 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:426字
身体に意識が舞い降りた瞬間、これは空を飛ぶ夢に違いない、そう確信した。 僕は広い駐車場の真ん中に立っていて、目の前には高いマンションがあった。 僕は走った。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鈍いガールズ 必須要素:パスタ 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:287字
ケイコは箸でパスタをすくうと、ちゅるちゅると音を立てて啜った。 一同沈黙。どうして誰も喋らないんだろう、そう思いつつ、私も話出せずにいた。 ケイコがごくりと飲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
初詣 ※未完
作者:匿名さん お題:記憶の正月 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:413字
特に信心深いと言うわけではないのだが、実家では元日に初詣に行き、破魔矢を新しく書い直すというのが恒例となっていた。その年も例年と同じように地元の小さな神社へと出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の、と彼女は言った 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:212字
暑い日だった。雨上がりのうだるやうな昼下がりに、久しぶりに会う彼女は何故か美しかった。3人でよく遊んだAが突然消えてしまってから2人で会う機会がすっかり少なくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暑い学校 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:173字
「あちぃなー……」「今日、今年最高の暑さだってよ」「まじかー」「大マジ」「……鰻食いてぇなー」「いきなりなんの話? 暑さで頭沸いた?」「知ってるかー。鰻食べると 〈続きを読む〉