お題:頭の中の祝福 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:788字

神様という存在 ※未完
 祝福は感じてるだけで幸せという哲学者がかつていた。戦争ばかり起こすものは害あるものとして認識されるまでは誰もがそう思ってた。
「……」
 鳥かごの鳥を人間にも当てはめる。
 そう決めたものが現れるまでは人間は世界を支配してるつもりだった。
「視線を気にしてもいいことないよ」
 通学路でばったりあったクラスメイトは当然のように話す。
「そうなんだけどさ、いつも見られてるって感覚はなれないよ」
 実際神様なんてものが本当にいるのだと誰も予想も予測もしてなかっただろう。作ったかもしれない程度でそれがこの世に具現化し、行動に起こすまで変化するなどね? 普通は考えない。
 宇宙人、地底人、UMAなんかはいるいないとテレビでよく報道されてたが、まさか神様なんてね?
 大空を見上げれば見えるのは、大きな目。
 時折、閉じられることから目と言われてる。そして神様と言われる所以はこの世界の変革にある。

「ーー当然建物に入っても感覚は変わらないし」
 学校に到着しても、天井を見上げれば何かが見てるという違和感が消えない。むしろ、壁越しに見られてるというあまりよくない感覚のが鋭くなった気がしてくる。
「そうだね。神様がいつでも見てるって頭の中に祝福してるんだよ」
「あぁ、テレビとか最近本でた人のやつ?」
「うんそう」
 クラスメイトは廊下を歩きながら、一冊の本を取り出す。
「突然『動物園の動物となった人間』となってしまったら」
「なんだ買ってもいたのか」
「面白いよ。外の世界なんて考えもしなかったけど、まさか宇宙の外にも人がいるなんて誰も話さないし言わないよ」
 テレビで一部報道されたことがある。
 かつて国がいくつもあったころ、災いが起こると突然発表があり、そして現実に人間の行動に制約がかかった。
 そう、鳥かごの鳥になったということに。
 そしてそれを発表したのが
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:頭の中の祝福 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:805字
プロフィールページに風船が飛んでいる。なんじゃこりゃ、と思った。ツイッター、今回のアプデも改悪だったのだろうか。今日はわたしの誕生日でも何でもない。それなのに通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:最後の作品 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:843字
チャンブリジンズは作った作品を見下ろし、思い切りため息をついた。見てわかる、鮮やかさが足りない。絵具を塗りたくった「だけ」のような、素人がつくる作品に近い。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最後の芸術 ※未完
作者:匿名さん お題:最後の芸術 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:820字
「僕には、もう残り時間がありません」そう言って、彼は突然私に声をかけてきた。ナンパする男なんて最低だと思っていたけれど、それでも彼の真摯な瞳は胸に突き刺さるもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
廃世界 ※未完
作者:匿名さん お題:哀れな血 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:374字
毎日一定量の血を抜かれる。 それと引き換えに望み通りの生活を手に入れられるとしたら、君はどうするだろうか。 血、と言っても健康を害しない程度の量だ。 多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月の愛 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:471字
今日のために、私は1年準備をしてきた。なんてったって今日は聖夜!クリスマス!世に言う恋人たちの日である。そんなおいしいイベントにこの私が乗っからないわけがないじ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:天才の結婚 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:424字
あの頃の僕は自分の能力が優れていると確信していたし、世間一般の目から見てもそれは事実だった。 次々と新技術を開発する自分を天才だという人は多かった。 少し調子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:メジャーな豪雨 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:756字
熱帯地方、赤道の近く、周囲の地形と、風の通り道と、気温上昇、海との距離がたまたま上手く噛み合い、そこは世界でいちばん雨が降る街になった。およそここ三千年ほどの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:瓜ノ助 お題:アルパカのエリート 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:512字
自分にだけ向けられるスポットライト。無機質な観客の視線。舞台袖からの無言の声援。肩に感じる、圧とかプレッシャーとか。不安とか。全部、化粧の下に隠して。全部、別人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と憎しみの体験 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:426字
身体に意識が舞い降りた瞬間、これは空を飛ぶ夢に違いない、そう確信した。 僕は広い駐車場の真ん中に立っていて、目の前には高いマンションがあった。 僕は走った。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
初詣 ※未完
作者:匿名さん お題:記憶の正月 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:413字
特に信心深いと言うわけではないのだが、実家では元日に初詣に行き、破魔矢を新しく書い直すというのが恒例となっていた。その年も例年と同じように地元の小さな神社へと出 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@ハナモモと美弥花の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:僕の嫌いな鳥 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:681字
「どうしてお前はいつも僕の知らない間にご飯を食べて鳴いてるんだ?」 ペットのにわとりをなでてもこけこけごきごきぐけぐけと動くだけで僕の感情は一方通行。「にわもい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:幼い魔王 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1194字
山がまた1つなくなった。 地図の描き直しが必要になった。「いい商売にはなるけどーー」「なるけどじゃないでしょ!」 線を引き始めたところで、作業場に幼馴染が入っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:冷たい人体 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1071字
疑うものは救われない。 信じるただそれだけを行う。たった一人、一人だけ信じる。 それだけで行きてく。ボクはそうしなければ意味を持たない。 産まれた時からこの運 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:気持ちいい冒険 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1050字
監視のない冒険は気持ちのいいものだ。 だが、いつこの手を掴まれるかの恐怖は消えない。「お兄ちゃん、どこまでいくの?」 失った左手の代償に右手で掴めた妹という存 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:頭の中の祝福 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:788字
祝福は感じてるだけで幸せという哲学者がかつていた。戦争ばかり起こすものは害あるものとして認識されるまでは誰もがそう思ってた。「……」 鳥かごの鳥を人間にも当て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:天才の四肢切断 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1030字
「この美術館、変わったものばかりあるね?」 前を歩く女子生徒が陳列されたペンダントやら、絵画やらをちらちらと目移りさせてる。「そう? どこもかしこも同じようなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:残念な反逆 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1227字
「そんな手の内でよく本部にたどり着いたものだよ、いや戻ってこれたものだよ。暇つぶしがいなくなった時はほんとひどかったよ」「みたいだね……」 鎖で繋がれた僕は姉に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:混沌のホテル 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1024字
入ったら出てこれないホテルという噂が流れ始めたのは、きっとぼくらがこの街にきたせいだ。「……はぁ」 餌が餌箱に入ってくるのはこちらから狩りに出かけなくてもいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
手紙の練習 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:隠されたスキル 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:857字
一族の呪い。またはその現象を引き起こせるもの。超常現象を起こすもの。 それらは流出されれば、当然ながら悪用される危険なものばかり。空気を圧縮。雷を落とす。氷を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:君の王子 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1015字
夢世界の相手を現世に召喚できればいいことはない。あとは中に入れたりしたらと、「……違うなぁ」 流行りのVRで体験しても、やっぱり現実と違和感がある。別世界では 〈続きを読む〉