お題:頭の中の祝福 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:788字

神様という存在 ※未完
 祝福は感じてるだけで幸せという哲学者がかつていた。戦争ばかり起こすものは害あるものとして認識されるまでは誰もがそう思ってた。
「……」
 鳥かごの鳥を人間にも当てはめる。
 そう決めたものが現れるまでは人間は世界を支配してるつもりだった。
「視線を気にしてもいいことないよ」
 通学路でばったりあったクラスメイトは当然のように話す。
「そうなんだけどさ、いつも見られてるって感覚はなれないよ」
 実際神様なんてものが本当にいるのだと誰も予想も予測もしてなかっただろう。作ったかもしれない程度でそれがこの世に具現化し、行動に起こすまで変化するなどね? 普通は考えない。
 宇宙人、地底人、UMAなんかはいるいないとテレビでよく報道されてたが、まさか神様なんてね?
 大空を見上げれば見えるのは、大きな目。
 時折、閉じられることから目と言われてる。そして神様と言われる所以はこの世界の変革にある。

「ーー当然建物に入っても感覚は変わらないし」
 学校に到着しても、天井を見上げれば何かが見てるという違和感が消えない。むしろ、壁越しに見られてるというあまりよくない感覚のが鋭くなった気がしてくる。
「そうだね。神様がいつでも見てるって頭の中に祝福してるんだよ」
「あぁ、テレビとか最近本でた人のやつ?」
「うんそう」
 クラスメイトは廊下を歩きながら、一冊の本を取り出す。
「突然『動物園の動物となった人間』となってしまったら」
「なんだ買ってもいたのか」
「面白いよ。外の世界なんて考えもしなかったけど、まさか宇宙の外にも人がいるなんて誰も話さないし言わないよ」
 テレビで一部報道されたことがある。
 かつて国がいくつもあったころ、災いが起こると突然発表があり、そして現実に人間の行動に制約がかかった。
 そう、鳥かごの鳥になったということに。
 そしてそれを発表したのが
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:頭の中の祝福 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:805字
プロフィールページに風船が飛んでいる。なんじゃこりゃ、と思った。ツイッター、今回のアプデも改悪だったのだろうか。今日はわたしの誕生日でも何でもない。それなのに通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪ お題:素晴らしい川 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:802字
登場人物はノンフィクションですが、話はフィクションです。名前は変えてます。~~~~~~~~~~~~~~~それは私が12歳で、恵莉が10歳の時。恵莉「麻実ちゃん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:疲れた汁 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1251字
「あの都知事の影響力も落ちてしまったな。あれだけ風が吹いてたっていうのに」 俺は何気なくそうつぶやいたのだが、食堂で向かいに座っていた中本は「しっ!」と怖い顔で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:愛の風邪 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:873字
誰にも教えるな、とたしかに忠告したはずなのに、どこから情報が漏れたのだろう。と考えて、いや考えるまでもなく友人の一人が思い当たった。病気で寝込んでいると、心細 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:小説の中の修道女 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:501字
金がない学生にとって、クーラーの入る図書館は夏の憩いの場だ。普段は静かな場所がにわかに活気づいた様が好きで、休みにはいってからは週三で通っている。もっとも、一番 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:めっちゃ伝説 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:460字
「ヤベーよマジでこれめっちゃ伝説だって」「ウヒョー、伝説!マジでこれめっちゃ伝説」今朝方、駅前の雑貨屋で女子高生2人が何かを覗き込みしきりに絶賛していた。その時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:急な稲妻 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:414字
「別れよう」 その言葉はあまりに突然で、理解するのには時間がかった。頭のなかにぐるぐる響いて、楽器にでもなったように感じる。 突然の言葉の意味を探す間、私たちは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:小説の中の村 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:907字
サービス精神が旺盛なトトバ村の人たちは、自分たちの故郷が一躍有名になったと知って、そりゃあもう舞い上がった。浮足立った。じっとしてはいられなかった。『群青色の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:闇の囚人 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:671字
何かの業を背負って生まれてきてしまったのだろうかと考えるほどに今の人生は憂鬱であった。やっとのことで仕事を終え、帰路についた頃にはもう日付をまたいでいた。終電も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ケイドウカイイ お題:かゆくなる視力 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:140字
人家らしき灯りが、夜道にぼんやりと浮かぶ。近づいてみるとやはり家が一軒ある。辺りは暗く静かに沈み、光はその家の煤けた門灯一つである。家の扉が開いていると解る。中 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@バブみ道団長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:僕の水たまり 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:932字
病気の広がりというのはわかりやすいものだ。 自分がある被験者になってるのもあり、水たまり1つ1つに数滴の血を混ぜるだけで、虫や動物、人間がそれに触れる。 そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:憧れのパイロット 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1130字
人間には支配欲というものがある。 もちろん、私にもある。あの娘が欲しい。これは絶対に消えることのない感情。 私の欲望は日に日に強くなる一方で、あの娘の回りにい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:シンプルな青春 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1146字
青春といえば、日常であるか非日常であるかに別れるだろう。 1人で生活するものや、グループ生活、カップル、サークル活動などなど。 僕はといえば、「……はぁ」 誰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:ドイツ式の狼 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:1105字
鬼ごっこというのは古来より存在してる遊びである。 だが、私が今見せられてるのは生きるか死ぬかの鬼ごっこ。 逃げ場のない闘技場の中をオオカミに食べられないように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:君の父 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1160字
君の父は世界を救ったと隣人に話され、学校で貴族のように扱われる。「私は別に本人じゃないよ?」「それでも今あるのはあなたのおかげでもあるのよ」 クラスメイトたち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:昨日食べた錬金術 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:757字
食べ物を美味しいと感じたのはいつが最後だったろうか? 口に食べ物を入れた感触があったのはいつだった?「……」 自分はもう人間じゃないという自覚はあるが、食べる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:かっこいい僕 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1066字
兄という存在は立派でなければいけないと父は言っていた。 だが、僕は男ではないからそんなことはできないと言った。 それでも生まれた弟のために、兄になりなさいとさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:永遠の妄想 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1150字
明日世界が滅びればいいのにと妄想に浸っても、現実はそうならない。「……」 窓から見える風景はいつもの赤い空。昔は青かったらしいけれど、爆弾とか化学兵器の影響で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
動く心臓 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:楽しかったふわふわ 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1089字
少年は生きたいかと聞かれて、死にたいと答えた。「そう……じゃあ私のために生きなさい。せめて……ね」 朽ち果てかけた心臓は、魔術回路で動く少女によって再稼働させ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
地上 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:当たり前の春 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:762字
春がくるということは、とても長い冬が終わったということだ。 この世界に四季があったのは遥か昔のこと。 今ではアイスエイジといえる極寒の冬が年の9ヶ月を占め、3 〈続きを読む〉