お題:頭の中の祝福 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:788字

神様という存在 ※未完
 祝福は感じてるだけで幸せという哲学者がかつていた。戦争ばかり起こすものは害あるものとして認識されるまでは誰もがそう思ってた。
「……」
 鳥かごの鳥を人間にも当てはめる。
 そう決めたものが現れるまでは人間は世界を支配してるつもりだった。
「視線を気にしてもいいことないよ」
 通学路でばったりあったクラスメイトは当然のように話す。
「そうなんだけどさ、いつも見られてるって感覚はなれないよ」
 実際神様なんてものが本当にいるのだと誰も予想も予測もしてなかっただろう。作ったかもしれない程度でそれがこの世に具現化し、行動に起こすまで変化するなどね? 普通は考えない。
 宇宙人、地底人、UMAなんかはいるいないとテレビでよく報道されてたが、まさか神様なんてね?
 大空を見上げれば見えるのは、大きな目。
 時折、閉じられることから目と言われてる。そして神様と言われる所以はこの世界の変革にある。

「ーー当然建物に入っても感覚は変わらないし」
 学校に到着しても、天井を見上げれば何かが見てるという違和感が消えない。むしろ、壁越しに見られてるというあまりよくない感覚のが鋭くなった気がしてくる。
「そうだね。神様がいつでも見てるって頭の中に祝福してるんだよ」
「あぁ、テレビとか最近本でた人のやつ?」
「うんそう」
 クラスメイトは廊下を歩きながら、一冊の本を取り出す。
「突然『動物園の動物となった人間』となってしまったら」
「なんだ買ってもいたのか」
「面白いよ。外の世界なんて考えもしなかったけど、まさか宇宙の外にも人がいるなんて誰も話さないし言わないよ」
 テレビで一部報道されたことがある。
 かつて国がいくつもあったころ、災いが起こると突然発表があり、そして現実に人間の行動に制約がかかった。
 そう、鳥かごの鳥になったということに。
 そしてそれを発表したのが
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:頭の中の祝福 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:805字
プロフィールページに風船が飛んでいる。なんじゃこりゃ、と思った。ツイッター、今回のアプデも改悪だったのだろうか。今日はわたしの誕生日でも何でもない。それなのに通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大好きな犬 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:365字
「チョコ、行くよー」たまちゃんがわたしを呼んだ。わたしは我が主人の甲高い声のする方へ、フローリングの床をカチャカチャと音を立てて走る。わたしは散歩というものはあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:打算的なわずらい 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:708字
屋敷の正門前には、ずらりと牛車が並んでいた。「ちょっとちょっと、ここって大納言さまのお屋敷だろう? 何だってんだい、たくさん車が並んで」通り掛かりの女の行商が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:とびだせ車 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1710字
なにひとつ出来ることなんてないと分かっていたのに、どうしてか筆をとってしまいました。 最期に、君になにか伝えられることがあるだろうかと、一行分の空白を使ってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
冷たい国 ※未完
作者:匿名さん お題:冷たい国 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:545字
氷の都、とでも呼べば良いだろうか。今こうして歩いている場所は、大路の幅も屋敷の配置も、何もかも、生まれ育った平安の都と同じなのに、すべてが雪と氷でできているよう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:潔白な信仰 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:632字
木々に囲まれて教会は建っていた。都市部より少し離れた所。それは山の麓にあった。私がそこに立ち寄ったのはほんの偶然である。中に入ると、とても暗い。そして暗さとは対 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西 杞憂 お題:狡猾な夏休み 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:4字
パンチラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mav934kd9k3 お題:怪しい野球 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:538字
子供のころ、市民プールで野球の試合を見たことがある。プールでだ。ありふれた25メートルの競泳レーンのそれぞれの辺に塁を作って、ピッチャーがプールの中から浮き輪で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:きちんとしたプレゼント 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:253字
「…………また彼岸花だ」 かっちりと小さな段ボールで送られてきた彼岸花の花束。今日は私の誕生日だった。「なんで彼岸花なんだろう」 私にはさっぱり理由がわからない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:きちんとしたプレゼント 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:914字
今日は失敗ばかりだった。 美希に告白すると決めてから今日の日に向けて準備した様々なものが全て空回ったのだ。デートに悩んだときに、ここならば間違いないと雑誌に紹 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@ハナモモほっけ団の即興 小説


ユーザーアイコン
記憶 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:思い出の嫉妬 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:950字
消えない傷は例え本人たちがいなくなっても残り続ける。それは怨霊のような、生霊のような、守り神なのかもしれない。 僕は、そんな思い出の中で守られ続け、彼女に今は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:素晴らしい接吻 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1075字
自分の家が特殊だって気づいたときには遅いんだね。物語の主人公って特別な環境に置かれるんじゃなくて、勝手にされるんだ。 こんなひどい話なら、色んな物語の主人公は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:どこかの光景 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1183字
世界から、いや地球上から人間という生命体が消えてからはや数千年が経過した。 人間という生命体はいないことはないが、R指定に沿った寿命と制御されたいわばロボット 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:最強の出会い 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1056字
「ーー不幸だと思ったの」 一刀かわした後に聞こえた言葉。 一体誰に向けられたのかはわかってる。「その悲劇を拡大させるのは兄さんは望んじゃいない」「そんなことは関 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:苦しみの夕飯 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1171字
残飯処理扱いを受けてるだけでもありがたいと姉はいってた。部屋から出してもらえない私はそれでも不満でしかない。 部屋にあるのは分厚い本、しかも大体読み終えてしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:楽しかった男の子 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1149字
老けたなと親戚を見て思う。「……」 大体そういう時は自分が大人になっただけでまわりはそんなには変化してない。男の子だったのが青年になって、社会人になっただけだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:宗教上の理由で殺人犯 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1131字
ゲームでは非合法的なこともさほど問題にはならない。 もちろん、誹謗中傷等の言語による迫害はあるにはあるが所詮ゲームなので、ゲームマスターに報告すればすぐに連れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:緑の列車 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1098字
バリアフリーと昔呼ばれた緑の場所は今や首がならんでる。 なぜかといえば、そこが一番敵に狙われるからだ。「……醜いものになったものね」「時代の変化だ。諦めろ」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:3月の外資系企業 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:810字
やられたと思った頃には、もう外資系企業の一員だった。外資系というか、外宇宙系というべきかもしれない。 だが、俺はただの社員。文句はいえない。 上司は毎日のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:今年のクリスマス 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1072字
空から雪が舞い落ちる。昔は綺麗で大いに人で賑わった都会も、今じゃもう誰も存在しない。 歩いてる人、車、電車、全てがない。壊れた瓦礫が唯一あるばかりで、先進国と 〈続きを読む〉