お題:頭の中の祝福 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:788字

神様という存在 ※未完
 祝福は感じてるだけで幸せという哲学者がかつていた。戦争ばかり起こすものは害あるものとして認識されるまでは誰もがそう思ってた。
「……」
 鳥かごの鳥を人間にも当てはめる。
 そう決めたものが現れるまでは人間は世界を支配してるつもりだった。
「視線を気にしてもいいことないよ」
 通学路でばったりあったクラスメイトは当然のように話す。
「そうなんだけどさ、いつも見られてるって感覚はなれないよ」
 実際神様なんてものが本当にいるのだと誰も予想も予測もしてなかっただろう。作ったかもしれない程度でそれがこの世に具現化し、行動に起こすまで変化するなどね? 普通は考えない。
 宇宙人、地底人、UMAなんかはいるいないとテレビでよく報道されてたが、まさか神様なんてね?
 大空を見上げれば見えるのは、大きな目。
 時折、閉じられることから目と言われてる。そして神様と言われる所以はこの世界の変革にある。

「ーー当然建物に入っても感覚は変わらないし」
 学校に到着しても、天井を見上げれば何かが見てるという違和感が消えない。むしろ、壁越しに見られてるというあまりよくない感覚のが鋭くなった気がしてくる。
「そうだね。神様がいつでも見てるって頭の中に祝福してるんだよ」
「あぁ、テレビとか最近本でた人のやつ?」
「うんそう」
 クラスメイトは廊下を歩きながら、一冊の本を取り出す。
「突然『動物園の動物となった人間』となってしまったら」
「なんだ買ってもいたのか」
「面白いよ。外の世界なんて考えもしなかったけど、まさか宇宙の外にも人がいるなんて誰も話さないし言わないよ」
 テレビで一部報道されたことがある。
 かつて国がいくつもあったころ、災いが起こると突然発表があり、そして現実に人間の行動に制約がかかった。
 そう、鳥かごの鳥になったということに。
 そしてそれを発表したのが
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:頭の中の祝福 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:805字
プロフィールページに風船が飛んでいる。なんじゃこりゃ、と思った。ツイッター、今回のアプデも改悪だったのだろうか。今日はわたしの誕生日でも何でもない。それなのに通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純粋な電撃 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:220字
トレーダーは、一秒未満の判断で勝負をする仕事だ。それを金融市場の開店から閉店までやり続ける。三十五歳が実質的な定年と言われている。 私が率いているディーリング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:かぜの お題:ひねくれた警察官 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:298字
悪を捕らえ、悪をなくす。国の治安をよくする正義のヒーロー。 それが「警察官」。 しかし俺のやってきたことは何だったんだ。そう思う日々。職場に行き、書類をまとめ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:大好きな嘘 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:485字
透明な瓶に、液体が渦を巻いていた。粘度の高く色のない液体は、比重によって上に行ったり下に行ったりしている。わずかな線を残していた。「いつになったら提出するの?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:krm お題:大好きな嘘 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:644字
ショーちゃんのパパはパイロットで、ハイジャックにあったことがある。でも、武器もなしに戦って何とか乗客全員を無事に目的地まで送り届けたそうだ。ショーちゃんにはママ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
習作47 ※未完
作者:夢路 お題:私が愛した秘部 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:332字
忘れられない。 あの女性を忘れられるわけがないのだ。 ぼくが初めて交わった女性のことを。 数年前、たまたまネットで親しくなった女性だった。 はじめは趣味が同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:輝く「うりゃぁ!」 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:3326字
それから一カ月が経った。髑髏は相変わらずバスローブで家の中を闊歩している。最近はマグカップを手で持てるようになり、身体能力は目覚ましい変化を遂げている。夜は骨格 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:たった一つの悲劇 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:386字
僕の人生を変えたのは、"ほんの些細な事"だった。そう、他者から見れば"ほんの些細な事"はどうしようもなく小さくて、吹けば飛んでしまうようなものかもしれない。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:M氏 お題:イギリス式の液体 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:435字
最近暑い。そろそろ梅雨入りしてしまうのだろうか。それでも昼間のあつく溶けた空気が冷めて涼しい風が頬を撫でるころの夕焼けをみるとこの季節はとても好きだと思う。夕日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:イギリス式の液体 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1157字
超能力者サバイバルバトル三回戦、ここまで順調に勝ち上がってきた黒川コウジの前に立ちふさがったのは、主催者側の用意したリザーバーだった。コウジと戦うはずだった二 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@ハナねね町長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:可愛い天使 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:760字
最初に触れたのは幼稚園の頃。ボクがまだ人と触れ合うことになれてない時だった。 外は危険がいっぱいだから1人で過ごせとおばあさまにさんざん言われてたけど、みんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
授業 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:失敗の小説上達法 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:940字
ものごとには準備があって、予習復習を繰り返す必要がある。試験であったり、大賞であったり、グランプリであったり、を。そして次にインプット。アウトプットするだけで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1203字
落ちていく意識のなか、薄っすらと見えたのは笑った顔。 彼女の見たこともない表情だった。「……おはよう」 再び意識が戻った時、僕はベッドの上で彼女に見下されてた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:人妻の消しゴム 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:853字
人生に終わりがあるならそれは人に忘れられた時。 つまりは人に刻印を押し付ければ、僕という個体は消えはしない。 かといって作りすぎるのも考えようだ。 相手に顔が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:白い会話 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1041字
誰かと会話してるようでしてないことは起こりえない。 とはいえ、携帯電話を片手に忙しそうにしてるのは人に見えない。「……」 昔は本を読んだり、新聞を読んだりした 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
グンマ ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:群馬のギャグ 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:605字
群馬といえば、にほんの秘境と呼ばれた場所であった。 そのことをニュースで取り上げた次の日に出演者が謎の失踪を遂げたことから、話題にしてはいけない黒いギャグとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:蓋然性のある表情 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:909字
「……笑うって楽しいかな?」「うーん……。笑うことが既に楽しいという前提に近いって、僕は思うかな」「でも、ずっと笑ってる人いるよね? 人が死んでも、何があっても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:男の踊り 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:495字
刻印として残されたものは親から子へ。 受け継ぐのは遙かなる過去の記憶も含む知識となる。 だからこそ、王への嫌悪感は当事者に行われた行為よりも、一層強くなる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:3月の第三極 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:819字
別れはいつも突然で、その流れを止めることはできなかった。私には到底できない。 また出会えたらとお互いに思いあっても、現実は違う。 疎遠は心までも侵食し、やがて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:メジャーな天使 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1063字
クリスマスの夜、ベランダに天使が舞い降りた。「はじめまして」 金色のように月夜で輝く金髪はとても眩しかった。「はじめまして?」 天使と思った生命体は見知った顔 〈続きを読む〉