お題:頭の中の祝福 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:805字
[削除]

@あなた おめでとうございます!
プロフィールページに風船が飛んでいる。
なんじゃこりゃ、と思った。ツイッター、今回のアプデも改悪だったのだろうか。今日はわたしの誕生日でも何でもない。それなのに通信料を食って華やかに飛び舞う風船は、明らかにバグの証拠に見えた。

風船が飛んでいるものだから、朝からぽつぽつとフォロワーの祝福リプライが届いた。「おめでとう」、「生まれてきてくれてありがとう」。所詮140字280バイトの世界、めいっぱい上限まで書き込まれても見慣れた凡庸な言葉しか並ばないが、それでも祝われるというのは、人に関心を示されるというのは例え勘違いであっても不思議と悪い気はしない。
特に自分などは、同じ趣味を持つ人しかフォローしていない非公開アカウントなのだが、たびたび過激な発言をしてしまい避難されることがあった。嫌われものだという自覚があった分、これだけ多くの人が好意を抱いてくれているのだと思うと、頬が綻んでしまった。

ここでわたしは1つ、不審な点に気がついた。
些細なことかもしれないが、わたしを祝うリプライの全てに、「誕生日」という言葉が含まれていないのだ。
「birthday」もない。祝っているのが誕生日だと分かるようなリプライが、不自然なことに1つもないのだ。このネットの世界で、まるで示し会わせたかのように、ひとつも。

「どういうことだろうか」

日付が変わる直前に、とうとうわかった。
そこで見つけたのは、FF外から失礼します、の文字。FF外からも何もこれは鍵アカウントだよ、そう思いながらもリプライの内容を確認する。
簡潔な文章には、しかしわたしの知りたかった内容が全て書かれていた。

「生まれてきた日が祝われるんだったら、命の終わる日も祝われてしかるべきなのではないですか?」

FF外から失礼しました、の文字を読み終えるのと、背中にさっくり刺さったナイフの冷たい感触に気付いたのはほぼ同時だった。


この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:頭の中の祝福 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:788字
祝福は感じてるだけで幸せという哲学者がかつていた。戦争ばかり起こすものは害あるものとして認識されるまでは誰もがそう思ってた。「……」 鳥かごの鳥を人間にも当て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オーストラリアの信号機bot お題:イギリス式の犯人 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:678字
「犯罪者も、常に紳士たれ」これが、我がグループの掟であった。初代のリーダーが北アイルランドの武装組織に「留学」したとき、英国人の紳士としての態度に感銘を受け、以 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:妹ラリスト@小説家になろう お題:気高い祖父 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:817字
実家に帰るたびに、俺は裏庭の墓へ必ず立ち寄る。 うちの庭の裏は山ということもあり、夏場には人もなかなか入れない位には、藪が生い茂る。 だから、お盆に帰京すると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オロチ丸W0632A@PC使用不能中 お題:緩やかな結末 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:347字
診断メーカーで、『フォロワーの誰かに○される』と出た。「『○される』って、適当過ぎだろ!」 そうコメントを付けてツイートすると、次々とリプライが飛んできた。『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:進藤伐斗 お題:闇の命日 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:340字
彼のツイートからはすっかりと毒が抜けていた。 中学時代にいじめに遭って不登校がちとなり、その後も納得のいく人生を送っていなかったように見える。コミュ障的な印象 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ねじまき鳥 お題:重い蕎麦 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:724字
『……まえ。起きたまえよねじまき鳥』僕の頭蓋骨に鳴り響くかのようにズシンと重く冷たいその声が僕の耳に伝わる「……う、うう」……なんだ? 僕はいったい何を。『君は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:緋月 お題:最後の空想 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:120 人 文字数:435字
空が青いから窓ガラスを割ってみた割れたガラスを見ていたら切ないような痛みを感じた割れたガラスに驚いて外の犬が人を噛んだ噛まれた人が犬を蹴り犬の飼い主が講義をして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柚木 アリス(シアンちゃんlove) お題:最後の空想 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:150 人 文字数:404字
今日は久しぶりに、平日休みだった。この生活になってからは、初めてかな午前中いっぱいを、贅沢にも睡眠で潰したなんたる幸せであろうかあと、2,3日はほしいものださて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とぅぷし お題:捨てられた友人 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:161 人 文字数:453字
昨日、一話の小鳥がその足に一切れの紙切れをつまんで飛んできた。小鳥は私の頭の上にそれを置くと、一言も鳴かず、そのままどこかへ消えてしまった。紙切れには文字が書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まいすな お題:都会の教室 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:170 人 文字数:903字
田舎から出てきた僕にはとても息苦しかった大都会。それなのにいつの間にか慣れてしまっていた。繰り返される毎日。起きて講義を受けて帰宅して寝る。何も変わらず何も生み 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京内側 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:272字
日本はいつの間にか東京の内側と外側、つまり都会と田舎に分けられてしまった。東京の周りには大きな壁が作られて、田舎に住む人々は申請書類を出さない限り東京へは行けな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最後の芸術 ※未完
作者:匿名さん お題:最後の芸術 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:820字
「僕には、もう残り時間がありません」そう言って、彼は突然私に声をかけてきた。ナンパする男なんて最低だと思っていたけれど、それでも彼の真摯な瞳は胸に突き刺さるもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
廃世界 ※未完
作者:匿名さん お題:哀れな血 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:374字
毎日一定量の血を抜かれる。 それと引き換えに望み通りの生活を手に入れられるとしたら、君はどうするだろうか。 血、と言っても健康を害しない程度の量だ。 多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月の愛 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:471字
今日のために、私は1年準備をしてきた。なんてったって今日は聖夜!クリスマス!世に言う恋人たちの日である。そんなおいしいイベントにこの私が乗っからないわけがないじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年の多数派 必須要素:「うー遅刻遅刻!」 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1031字
熱いほどの日差しが頬にあたる。その不快感に美紀は目を覚ました。「もう、いま何時なの?」 枕元の目覚まし時計に手を伸ばして、現在の時間を確認する。 時計は11時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と憎しみの体験 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:426字
身体に意識が舞い降りた瞬間、これは空を飛ぶ夢に違いない、そう確信した。 僕は広い駐車場の真ん中に立っていて、目の前には高いマンションがあった。 僕は走った。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鈍いガールズ 必須要素:パスタ 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:287字
ケイコは箸でパスタをすくうと、ちゅるちゅると音を立てて啜った。 一同沈黙。どうして誰も喋らないんだろう、そう思いつつ、私も話出せずにいた。 ケイコがごくりと飲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
初詣 ※未完
作者:匿名さん お題:記憶の正月 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:413字
特に信心深いと言うわけではないのだが、実家では元日に初詣に行き、破魔矢を新しく書い直すというのが恒例となっていた。その年も例年と同じように地元の小さな神社へと出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の、と彼女は言った 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:212字
暑い日だった。雨上がりのうだるやうな昼下がりに、久しぶりに会う彼女は何故か美しかった。3人でよく遊んだAが突然消えてしまってから2人で会う機会がすっかり少なくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暑い学校 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:173字
「あちぃなー……」「今日、今年最高の暑さだってよ」「まじかー」「大マジ」「……鰻食いてぇなー」「いきなりなんの話? 暑さで頭沸いた?」「知ってるかー。鰻食べると 〈続きを読む〉