お題:彼の超能力 必須要素: 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:778字
[削除]

さようなら世界
わたしの部屋は汚い。
部屋が汚い人間はおおよそ二種類に大別される、というのは長らく汚部屋で寝食をこなしてきたわたしの持論である。汚部屋に住む人間の友人もまた汚部屋に住んでいることが多い。類は友を呼ぶにならってこれはおそらく自然な現象なのだが、故にわたしはこれまでの人生の中でかなりの数の汚部屋のサンプルに出くわした。そして、その系統が大きく2つに別れていることを発見したのだ。
まず1つめのタイプは、「物が増えるのに気付かない」というタイプ。このタイプの部屋では、物というのは増えることはあっても減ることはない。1度その家の敷居を踏み越えたアイテムは、かなりの確率でその外に出ていくタイミングを失い幽閉されるのだ。足場のないことが多い。床にはコンビニ袋が散乱し、ベッドの上には一月前のヤングジャンプが、ベッドの下には四年前のヤングジャンプが置いてあるような世界だ。平たくいって魔窟である。
もう1つのタイプはまったく趣向が違って、こちらは「物が汚れるのに気付かない」というタイプ。此方は1度購入したものは、永遠に新品の時点の機能を保持する、という宗教の元に生きているので、掃除やメンテナンスといった概念が理解できない。洗剤など買ったことがない。部屋の色々な部分が茶色くなっていることに気付かない。エアコンのフィルターが汚いので部屋が不快な温度であることが多い。洗濯という文化もないので、床に散乱しているのは此方のタイプは洋服であることが多い。

さて、わたしの話をさせて欲しい。
今しがた、付き合っている彼氏に愛想を尽かされた。元々綺麗好きではあったが、ゴミを捨てられない人間の価値はゴミ以下だと言われた。悲しい。これからわたしは、彼が掃除用に買っておいてくれた酢酸のんで死のうと思う。というかさっきのんだ、体が強烈な勢いで酸性になっていく。さようなら世界
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:彼の超能力 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:613字
空を飛んだり、未来を視たり、物を触れずに動かしたり、人の心を読み解いたり。 かつて魔法という言葉に託されていた憧れが行き場を失い、入れ替わる形で与えられたのが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふす お題:振り向けばそこに教室 必須要素: 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:570字
「うっ……」寒さと酸っぱい臭いで目が覚めた。「ここは…どこだ?」自分が直前まで何をしていたかすら、思い出せない。「うっ…」思い出そうとするたびに頭がズキズキと痛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:気高い墓 必須要素: 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:459字
権力者というものは時に想像を絶する行動をとることがあります。 中でも死に関することについては、それはそれは様々な逸話がございます。 例えば古のエジプトに君臨す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:asaki1674@ログレス お題:小説の霧雨 必須要素: 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:438字
「私が家へ帰る途中の道で霧雨が降ってきました。まるで自然のシャワーを浴びている気持ちになって、私はステップを踏みながら傘をささずに歩いて行きました。クルクルとワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:フハハハハ!それは豪雨 必須要素: 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:906字
「ない、ないよお!」台所の酢がなくなっていた。おそらく昨日、酢の物を作っていた時に酔っ払っていたので全部使ってしまっていたんだろう。酢がないと困るので、買いに行 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:のら お題:シンプルな喜び 必須要素: 制限時間:15分 読者:169 人 文字数:1331字
「何かをしたいと思っている時に『時間が無い』というのは、単なる甘えと言い訳でしか無いってのは解るよな?」「…………ええ、まあ、解りますけど」「やる時間が無い、っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:苦い湖 必須要素: 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:853字
田村はあんぐりと口を開けてその風景を見ていた。「あんまり口あけてると、口の中に灰が入るよ」現地のガイドが冷静にいった。PM2,5の事だ。会社の社長はノリノリで、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みっぴ お題:混沌の使命 必須要素: 制限時間:15分 読者:167 人 文字数:547字
灼熱の如く熱せられた漆黒の鍋に、純白のブロックが落とされる。 そのブロックは食欲をそそらせる香りを放ちながら、ジュウジュウと溶け始めた。 そこに投じられるのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:怪しい愉快犯 必須要素: 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:1059字
ケラケラ、その笑い声は漆黒の闇に木霊している。月明かりがかろうじて届く、深い深い森林の奥地に足を踏み入れていた。その笑い声以外に聞こえる音というのは、たまに吹く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:須賀夕純☃マイペース創作屋 お題:怪しい愉快犯 必須要素: 制限時間:15分 読者:150 人 文字数:852字
一体誰がこんなことを。燃えるような赤い髪を揺らし、妙齢の美女がいかにも嘆かわしそうに吐き出す。彼女の足元には緑色の髪をした、きらびやかな衣装をまとった若い男がぴ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京内側 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:272字
日本はいつの間にか東京の内側と外側、つまり都会と田舎に分けられてしまった。東京の周りには大きな壁が作られて、田舎に住む人々は申請書類を出さない限り東京へは行けな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最後の芸術 ※未完
作者:匿名さん お題:最後の芸術 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:820字
「僕には、もう残り時間がありません」そう言って、彼は突然私に声をかけてきた。ナンパする男なんて最低だと思っていたけれど、それでも彼の真摯な瞳は胸に突き刺さるもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
廃世界 ※未完
作者:匿名さん お題:哀れな血 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:374字
毎日一定量の血を抜かれる。 それと引き換えに望み通りの生活を手に入れられるとしたら、君はどうするだろうか。 血、と言っても健康を害しない程度の量だ。 多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月の愛 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:471字
今日のために、私は1年準備をしてきた。なんてったって今日は聖夜!クリスマス!世に言う恋人たちの日である。そんなおいしいイベントにこの私が乗っからないわけがないじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年の多数派 必須要素:「うー遅刻遅刻!」 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1031字
熱いほどの日差しが頬にあたる。その不快感に美紀は目を覚ました。「もう、いま何時なの?」 枕元の目覚まし時計に手を伸ばして、現在の時間を確認する。 時計は11時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と憎しみの体験 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:426字
身体に意識が舞い降りた瞬間、これは空を飛ぶ夢に違いない、そう確信した。 僕は広い駐車場の真ん中に立っていて、目の前には高いマンションがあった。 僕は走った。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鈍いガールズ 必須要素:パスタ 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:287字
ケイコは箸でパスタをすくうと、ちゅるちゅると音を立てて啜った。 一同沈黙。どうして誰も喋らないんだろう、そう思いつつ、私も話出せずにいた。 ケイコがごくりと飲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
初詣 ※未完
作者:匿名さん お題:記憶の正月 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:413字
特に信心深いと言うわけではないのだが、実家では元日に初詣に行き、破魔矢を新しく書い直すというのが恒例となっていた。その年も例年と同じように地元の小さな神社へと出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の、と彼女は言った 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:212字
暑い日だった。雨上がりのうだるやうな昼下がりに、久しぶりに会う彼女は何故か美しかった。3人でよく遊んだAが突然消えてしまってから2人で会う機会がすっかり少なくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暑い学校 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:173字
「あちぃなー……」「今日、今年最高の暑さだってよ」「まじかー」「大マジ」「……鰻食いてぇなー」「いきなりなんの話? 暑さで頭沸いた?」「知ってるかー。鰻食べると 〈続きを読む〉