お題:子供の宴 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:452字
[削除]

こどものうたげ ※未完
「では、あの人は死んでしまったということとですか」
「おそらく」
その衝撃的な内容を大して気にする素振りも見せず、ジジは報告を終えると、自分の役目はここまでだとでも言うようにさっさと姿を消してしまった。
湿っぽい地下室に一人残されたスティーブは長い脚を組み直し、それから氷が溶けてほとんど水みたいになってしまった焼酎のグラスをゆったりとした動作で口に運んだ。
表面では涼しい顔を装いながら、これは厄介なことになった、と彼は内心冷や汗をかいていた。
確かに「彼」はほとほと無能な人間だった、とスティーブは思い返した。何を依頼してもそれを満足にこなすことはなかった。尻拭いの方が手間がかかり、いっそ頼まなければ良かった、と思うことだって一度や二度の話ではなかった。それでも、旧知の仲である人間を失うということがこれほど心細いものだということを、スティーブはしばし忘れていた。
次は自分の番だろうと思うと、自然と指が震えた。でも、仕方がないことなのだ。生まれの違いも貧富も国も関係なく、ただひとつ平等なのは

この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:子供の宴 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:232字
人間禁止されれば興味が出る。 好奇心の塊である子供は特にその傾向が強い。「家にあった酒を取ってきたぞ!」 いわゆる秘密基地にて5~6人の子供が遊んでいる中に、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:とびだせ車 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1710字
なにひとつ出来ることなんてないと分かっていたのに、どうしてか筆をとってしまいました。 最期に、君になにか伝えられることがあるだろうかと、一行分の空白を使ってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:潔白な信仰 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:632字
木々に囲まれて教会は建っていた。都市部より少し離れた所。それは山の麓にあった。私がそこに立ち寄ったのはほんの偶然である。中に入ると、とても暗い。そして暗さとは対 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西 杞憂 お題:狡猾な夏休み 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:4字
パンチラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mav934kd9k3 お題:怪しい野球 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:538字
子供のころ、市民プールで野球の試合を見たことがある。プールでだ。ありふれた25メートルの競泳レーンのそれぞれの辺に塁を作って、ピッチャーがプールの中から浮き輪で 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:きちんとしたプレゼント 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:914字
今日は失敗ばかりだった。 美希に告白すると決めてから今日の日に向けて準備した様々なものが全て空回ったのだ。デートに悩んだときに、ここならば間違いないと雑誌に紹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなこな@ドラクエ大好き お題:穏やかな超能力 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:684字
私には誰にも言えない超能力がある。 それを自覚したときは、私が小学生3年生、水泳の授業だった。 授業ラスト10分間は自由に泳いでいいということで、みんな好き勝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もみあげ犬将 お題:青い許し 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1163字
随分と空が青い日だった。青色には様々な種類があるのだ、と彼女が言っていたので、それはそうだ、と答えると、君はもう少し人の話に興味を持ったほうがいい、と笑った。僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:冷静と情熱の間にあるのはカラス 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:508字
僕には自分の心情がイメージになって見えるという能力がある。だからと言って何ということはないのだが。イメージはイメージ。現実に影響を及ぼすこともない。相手の心情が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:名付けるならばそれは花 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:120字
地に咲き踏みつけられても天に向かってまっすぐに伸びる。 ほのかに香る甘い匂いと、美しい蜜。 多くのものをひきつける魅力にあふれるがゆえに飾られることもあるし、 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大好きな犬 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:365字
「チョコ、行くよー」たまちゃんがわたしを呼んだ。わたしは我が主人の甲高い声のする方へ、フローリングの床をカチャカチャと音を立てて走る。わたしは散歩というものはあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:打算的なわずらい 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:708字
屋敷の正門前には、ずらりと牛車が並んでいた。「ちょっとちょっと、ここって大納言さまのお屋敷だろう? 何だってんだい、たくさん車が並んで」通り掛かりの女の行商が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:マイナーなクレジットカード 必須要素:ピアノ 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:2181字
クレジットカードというのに手を染めるのは危険だ。 あれは借金をして物を買うという行為であるのだから。 知らず知らずのうちに、買い物を繰り返していくと、預金通用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
冷たい国 ※未完
作者:匿名さん お題:冷たい国 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:545字
氷の都、とでも呼べば良いだろうか。今こうして歩いている場所は、大路の幅も屋敷の配置も、何もかも、生まれ育った平安の都と同じなのに、すべてが雪と氷でできているよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少年のボーイズ 必須要素:ラジオ 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1079字
とある日のラジオから、音楽を用いた複数人での演芸の事をボーイズ芸というとかそんなことを聞き流していた。 そんなところで、最近、友人内で流行しているジャズをモチ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少年のボーイズ 必須要素:ラジオ 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:865字
少年はラジオをつけた。 勿論これは盗んだものとかじゃなくてちゃんと少年のラジオだ。 くるくると回して好みのチャンネルに変える。「んー、あ。これこれ」 ペンを持 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:きちんとしたプレゼント 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:253字
「…………また彼岸花だ」 かっちりと小さな段ボールで送られてきた彼岸花の花束。今日は私の誕生日だった。「なんで彼岸花なんだろう」 私にはさっぱり理由がわからない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冷静と情熱の間にあるのはカラス 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:603字
汚い路地を歩いていた。 私は辺りに落ちているものを見回す。 どこからか飛んできたチラシが、雨に打たれて地面に同化していた。 レストランの裏手には、入口の華々し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冷たい悪役 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:425字
「追い詰めたぞ、魔王ッ!」勇者が玉座の間に飛び込む。人類を苦しめる魔王を討つために、過酷な旅路を乗り越えてきたのだ。勇者の心意気は相当なものである。「はい」対し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:理想的な社会 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:393字
ふと日々の日常を振り返ることがある。生まれた時から今日に至るまでの日々を。過ぎていく時間は風が吹くように爽やかな流れに乗ってどこかへ消えていく。しかし振り返ると 〈続きを読む〉