お題:どす黒いテロリスト 制限時間:15分 読者:163 人 文字数:791字

初夏の記憶 ※未完
 あの日のことで思い出すのは、いつも父さんの後ろ姿だ。
「待って! お父さん、待ってよ!」
 どんなに叫んだって父さんが待ってはくれないことを、僕は知っていた。それでも、叫ぶしかなかった。叫ぶことしかできなかった、幼くて弱かった僕。父さんの背中はみるみる遠ざかっていって、そして、二度と帰ってくることはなかった。
 あれから長い時間が経って、僕も大人になった。家庭を持ち、子どももできた。贅沢ができるわけではなかったけれど、それでも家族で慎ましく、誠実に生きてきたつもりだった。小さな僕たちの身体に見合う程度の幸せだけを享受してきたつもりだった。それでも、神様は僕たちを許してはくれないらしい。
 黄昏時の、アパートの一室だった。僕たちは物陰に息を殺して潜んでいた。子どもたちの泣き出しそうな視線を頬に感じながら、僕は部屋の様子を窺っていた。そこには仇が、凶器を持ってうろついている。
 仇。そう、父さんの仇。
 奇しくもあの日と同じ状況だった。違うのは、立場だけ。今は僕が父親で、後ろには守るべき家族がいた。今なら、あの日の父さんの気持ちが分かる気がした。
「お父さん……」
 長男が頼りない声を出す。僕はそっと振り向いて、笑ってみせた。
「大丈夫、心配するな」
「でも……」
「父さんに任せておけ。な?」
「あなた……」
 妻が何かを察して表情を歪ませる。それにも僕は頷いて、再び前を見た。仇は、ところ構わず凶器で攻撃し始めている。もう、時間がなかった。
「父さんが囮になる。お前たちは、その間に逃げろ!」
「え!」
 長男がそういう頃には、僕は駆け出していた。物陰から仇に向けて真っ直ぐに。
「待ってよ! お父さん!」
 そんな声をかき消すほどの怒号が鳴り響いた。
「ゴキブリ野郎おおおおおお!! そこにいたかあああああああああああ!!」
 仇が僕に向けてスプレーを噴射しおて
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ お題:明日の食器 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:584字
スマホで様々な料理のレシピを見ていると、お腹が切ない悲鳴をあげる。空腹を感じ、外食も面倒だから何か作ろうかと、冷蔵庫に残った材料だけで簡単に作れるレシピを探し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:素朴な警察官 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:863字
「つまり貴方は犬のおまわりさんに引き連れられた子ネコみたいなものなんですよ。もちろん、私がおまわりさんですけれどもね」「キミが犬のおまわりさんなら、本性はこっち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:真実の昼 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:882字
「兄さんのことが好きですか?」 その日の昼ご飯も、いつも通りに自分で作った弁当を食べて、午後の授業が始めるまで読書をするだけだと思っていた。活動休止中のこの部室 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:腐ったデザイナー 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:749字
まったくどいつもこいつも使い物にならない馬鹿ばかりだと、イライラしながら俺はオフィス街の一端にあるベンチに腰掛け、先ほど買ったばかりのサンドイッチを食っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ひよよんとかなみの子ども お題:腐ったデザイナー 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:834字
色とりどりの世界がこの世。 一番綺麗だというのは、自分の血。流すのは簡単、でも痛い。少しずつ少しずつ針を通して、やっと出てくる。 もっとバッサリと切ってしまえ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦争と修道女 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:392字
荒れ果てた草原の中に一人の純白い身を包んだ乙女が立っていた。どこまでも荒原は続く。かつてここには人々がたくさん住んでいた。今ではその純白の乙女がただ一人佇むの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:俺の駄作 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1192字
「駄作ですが、どうぞ読んでください」 とんでもない文面で来たな、と俺はSNSの画面を見て唸った。 この短文投稿SNSでは、ハッシュタグをつけて素人のWEB小説を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:打算的な解散 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:391字
追い詰めた、と思った。 止めをさせる、と思った。 それが、隙だった。 委任状は集めた、出席株主の数も去年と変わらない。 勝てる。 議案は、賛成多数で可決される 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:イギリス式の人体 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:918字
本来ヘソがあるべきところあたりにネジがある。マイナスかプラスかと言えばもちろんプラスだ。漫画に出てくるみたいなヘソが金属になって腹に埋まっているみたいな見た目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:おいでよつるつる 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:609字
「おニイさん、オイデ、オイデ」 フィリピンあたりの訛りでそう呼び止められたのは、都心の繁華街の一角。 この辺り、客引きは禁止の条例があるはずだが、ちょいと裏通り 〈続きを読む〉

小宇佐銀次郎の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:617字
改札を通って北口に向かっていると、真新しいポスターがでかでかと貼ってあるのが目に入った。「『できない君』も『できる君』に!」 どうやら近くに学習塾ができたらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:寒い教室 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:708字
なぜいまだにこんな古いストーブを使っているんだろう。朝、登校するたびに私は思う。今どき、家でも外でも、こんなものを使って暖をとっているところなんてない。使って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とうひ ※未完
作者:小宇佐銀次郎 お題:熱い医者 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:458字
医者である父さんのことが自慢だった。 家にはお金がいっぱいあって、経済的な不便は一度だって感じたことなんかなかった。塾だって大手のいいところに通わせてもらえて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ブランコ ※未完
作者:小宇佐銀次郎 お題:遠い父 制限時間:15分 読者:163 人 文字数:503字
二丁目の公園で、ブランコが揺れていた。誘われているみたいで、僕はその幼い黄色と赤のブランコに座って軽く地面を蹴った。鎖がギイギイと辛そうに軋んで揺れる。公園に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:商業的な狼 制限時間:15分 読者:173 人 文字数:588字
部屋はぬめりと重たい空気に満たされていた。肌にまとわりつくような、もはや湿度というよりは粘度というのが相応しい、不快な嫌らしさだった。それを掻き分けて、茶封筒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
異種族採用 ※未完
作者:小宇佐銀次郎 お題:危ない就職 制限時間:15分 読者:153 人 文字数:409字
「はい、次の方どーぞー」 椅子の背もたれに思い切り寄りかかりながら、ドアの外へやる気のない声を放る。朝から始めた採用面接も、もう佳境。窓の外には夜の帳が落ちてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:茶色い囚人 制限時間:15分 読者:186 人 文字数:695字
夜が明けていく。東の空が白んでいく。どこからか聞こえるテレビの音、癇に障る笑い声。くだらない。クダラナイ。僕はそっと目を閉じる。 僕たちは夜に生まれる。夜の帳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
初夏の記憶 ※未完
作者:小宇佐銀次郎 お題:どす黒いテロリスト 制限時間:15分 読者:163 人 文字数:791字
あの日のことで思い出すのは、いつも父さんの後ろ姿だ。「待って! お父さん、待ってよ!」 どんなに叫んだって父さんが待ってはくれないことを、僕は知っていた。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:いわゆる電車 制限時間:15分 読者:176 人 文字数:772字
人間、頑張りにも我慢にも限界がある。それが来てしまったら、もう何かにすがるしかなくなるものだ。 キーホルダーにただ一つだけついた鍵を挿し、重い鉄製のドアを開い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:壊れかけの育毛 制限時間:15分 読者:168 人 文字数:634字
部長の指がイライラと机を叩いている。パタパタと。爪がきちんと切られた、柔らかい音だった。「一体どうしろってんだ……!」「まあまあ」 小企業とはいえ、二十八歳の 〈続きを読む〉