お題:破天荒な車 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:650字
[削除]

俺の友人は間違った世界一
「俺は世界一のドライバーになる!」
 どこかで何度も聞いたような、使い古した宣言を高らかに叫んだのは友人だった。
 この言葉には少し語弊がある。「世界一のドライバーになる!」には言葉にしていない重要なところがある。正しくは「世界一の(車の)ドライバーになる!」だ。つまり、世界一なのはドライバーではなく車だ。別に友人は世界一のドライバーではない。世界一の車を運転できるのは彼だけであるが。
「おまえをこの車に乗せてやろう、特別にな」
「いや、いい。おまえの運転自体、信用……」
「乗れ」
「…………」
 初めに言っておく。友人は馬鹿だった。とにかく試験では悪い点をとり、実のところ、運転免許の学科試験をパスしているのかさえ怪しい。まあ、こうやって運転しているのだから免許は取れたのだろう。免許が取れるならある程度安心して運転を任せられるか、と半ば無理やり納得して助手席に乗り込んだ。
「この車、普通の車にしか見えないが……」
「聞いて驚くなよ? この車はジェット機にもなるし宇宙船にもなるんだ」
「……おまえ、飛行機の免許は?」
「ないな」
「この車が宇宙船になったとして、酸素はどうなってるんだ?」
「ドアを閉めた時点で車内は密封されたはずだからそこは平気だと思う……。もしもやばかったら脱出用のパラシュートもある」
「随分とアバウトな造りなんだな! 大体、何回も乗ってるんだろ!?」
「いや、こんないろいろ詰め込んだ車、そんな作れないって。これ、初号」
「おまえも車に負けず劣らず破天荒だな!!」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:瓜ノ助 お題:明日の彼氏 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1319字
もし、今この瞬間に突然終わりが来たのなら。私はサヨナラも言わないまま、終わりが来たこともわからないまま、彼と他人に戻っていくのだろう。きっと、この気持ちを口にす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水床海老 お題:少年の夫 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1522字
昔の私は、二言目には「男の子になりたかった」と言って、お母さんを困らせていた。お人形遊びは嫌い、ひらひらしたスカートは履きたくない、鬼ごっこやサッカーで駆け回 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白いハエ お題:犬の誤解 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1585字
脚の長い犬が垣根を越えて、うちの庭に入ってきた。30センチメートルほどの体長に、ふざけて後付けしたようにくそ長い四本の脚がついている。四本脚のクモともとれる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨井 お題:フォロワーの瞳 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1590字
『〇〇さん、今回のも素敵でした』『今日も〇〇さんに元気をもらってます!』『相変わらずで安心しますw』一つのつぶやきを投稿しただけで、すぐに幾つものリプライが返っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【マジ吉】 お題:僕が愛した子犬 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1042字
僕はかつて、一匹の子犬を飼っていた。柴犬のポチというのだが、"犬一倍"人懐っこい性格だった。「ポチ、おいで」短い尻尾をぐるんぐるんと回して駆け寄ってくる。ご主人 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:僕が愛した殺人犯 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:1055字
百合香の手は白くて綺麗で、細くて、石膏とかで型を取りたいくらい。その手が今は、凶器を手にしてる。細身の果物ナイフ。ナイフと綺麗な手は鮮やかな赤に染まっている。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【マジ吉】 お題:記録にないオンラインゲーム 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:823字
記憶追体験型オンラインゲーム。それは、人々が社会生活を営む裏で行われる。「君達には今からゲームをしてもらう」モニターに男の上半身だけ映し出される。服がぴっちりと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:暁春覚@ゲーム作成中 お題:淡い絶望 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:893字
淡い希望、淡い恋心。基本的に淡いと付く言葉は、なんとなくだが青春の香りがするものだと思う。まあそれは何らかの本やドラマの影響かもしれないし、高校の頃の同級生た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【マジ吉】 お題:優秀な微笑み 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:658字
完璧な愛想笑い。それは、本当に愛想笑いと言えるのだろうか。私にはわからない。「はぁ……あ、いらっしゃいませー」ポピュラーな作り笑いといえば、二〇点の目つきと八〇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tkmksi お題:自分の中の狂気 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1004字
どうやら自分の方がおかしいのだと気づいたのは、最近のことだった。 自分よりも、もっともっとすごい人はそれこそたくさんいて、その人と比べても自分なんて何もやらな 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:進撃の就職 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:749字
運転手のいなくなったトラックには運よくカーナビがあって、どこを通ってきたか残されていた。外国語は全くわからないなりに適当に操作してもと来た道を辿る。少し走ると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:汚れた牢屋 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:1785字
私はため息をついた。だいたいの検討だが、これからもずっと私の話は全く聞き入れてもらえないだろう。全くもって楽観的な予測をする気になれない。私を捕えた厳つい警官 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:嘘のアパート 必須要素:全身脱毛 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:832字
いつもの学校の帰り道、私はいつもの通学路を歩いていた。現在は午後の4時半。学校に残っている人もいるだろうが、私は部活もやっていないので帰宅している。友達を待つこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい私 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:456字
「せんぱーい、スマホ、鳴ってますけど」 声かけ空しく、先輩のスマホは細かに机を叩き殴り、終いには向こう側へ落ちて見えなくなってしまった。「せんぱーい、スマホ、う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大人の狙撃手 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:277字
どうにも現実を見ることができない。手に届く範囲にあるわけがないのに、どうにか手に入れようと必死になって、これさえ手に入れれば、幸せになれるはずと。届いた憧れには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:私と四肢切断 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:280字
ウィィィィン…………。 静かな空間に切断機の音が響く。やがてその音は濁り、びちゃびちゃと水分の多いものが飛び散る音が混じる。そしてその音も止まりまた静かな空間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:これはペンですか?違うわ、それは暗殺者 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:434字
憎い奴がいる。 神田俊朗。 高校の時、おれをいじめてた奴だ。 死ぬほど憎い。 下校時間、ひとりで帰ろうと教室を出ようとしたタイミングで、いつも徒党を組んで奴は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
門とコーヒー ※未完
作者:匿名さん お題:コーヒーと門 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:615字
私は門の前に立っていた見上げなければてっぺんまで見えないような巨大な門だ門の前に街中のカフェを思わせる上品なデザインの椅子とテーブルがあってそこで男がコーヒーを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの快楽 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:211字
ゲルというのは、知っているか?モンゴルの移住できる家のことだ。そこで飼われている動物の中にアルパカもいたのだ。ただし、ほかの動物に餌を食べられ、自分の餌は少なか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
代償 ※未完
作者:匿名さん お題:天才の痛み 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:488字
「天才が天才をぶち抜くっていうのは、こういうことなのね」 硬式テニスの女子プロリーグランキング戦の観戦に訪れていたイリスは、試合の休憩中にそんな驚きを示した。 〈続きを読む〉