お題:破天荒な車 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:650字
[削除]

俺の友人は間違った世界一
「俺は世界一のドライバーになる!」
 どこかで何度も聞いたような、使い古した宣言を高らかに叫んだのは友人だった。
 この言葉には少し語弊がある。「世界一のドライバーになる!」には言葉にしていない重要なところがある。正しくは「世界一の(車の)ドライバーになる!」だ。つまり、世界一なのはドライバーではなく車だ。別に友人は世界一のドライバーではない。世界一の車を運転できるのは彼だけであるが。
「おまえをこの車に乗せてやろう、特別にな」
「いや、いい。おまえの運転自体、信用……」
「乗れ」
「…………」
 初めに言っておく。友人は馬鹿だった。とにかく試験では悪い点をとり、実のところ、運転免許の学科試験をパスしているのかさえ怪しい。まあ、こうやって運転しているのだから免許は取れたのだろう。免許が取れるならある程度安心して運転を任せられるか、と半ば無理やり納得して助手席に乗り込んだ。
「この車、普通の車にしか見えないが……」
「聞いて驚くなよ? この車はジェット機にもなるし宇宙船にもなるんだ」
「……おまえ、飛行機の免許は?」
「ないな」
「この車が宇宙船になったとして、酸素はどうなってるんだ?」
「ドアを閉めた時点で車内は密封されたはずだからそこは平気だと思う……。もしもやばかったら脱出用のパラシュートもある」
「随分とアバウトな造りなんだな! 大体、何回も乗ってるんだろ!?」
「いや、こんないろいろ詰め込んだ車、そんな作れないって。これ、初号」
「おまえも車に負けず劣らず破天荒だな!!」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:たけこ お題:マイナーな空 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:839字
放課後。少年はクラスメートたちと教室の掃除をしていた。 すべてのチャイムが鳴れば今日の授業は終わる。終われば担任のホームルームがあってそれも終われば学校は授業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:マイナーな空 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:881字
子供の頃に雲が金色に輝く夜空を見た、と人に話すと大抵馬鹿にされてしまう。寝ぼけていたのだろう、雷でも鳴っていたのだろうと。若い頃はムキになって違うと言い返して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:天波 八次浪 お題:彼が愛したユートピア 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:434字
泥深い干潟が地平線の果てまで広がっている。 彼は柄杓で"種"を撒く。 着泥した水滴は、瞬く間に緑に濁る。 陽炎が立つ。 加速された珪藻が干潟に広がっていく。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:文章置き場 お題:鋭い、と彼女は言った 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:945字
映画が始まるまでの数分間の時間。いつも何を話すべきか迷ってしまう。少しの間、押し黙っていると、隣に座る彼女が口を開いた。「貴方のその指はどうしてそんなに美しいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うろ お題:苦しみの博物館 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1061字
歴史の授業を受けていると、人ってずーっと大変だったんだな、と思う。食べ物に飢えたり、今に比べてすごく重労働だったり。お互いに殺しあったり。割と最近になっても、仕 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:kouta お題:とびだせプレゼント 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:647字
栗沢の生業は普通の人とはちょっと違っている。 サラリーマンみたいに朝から晩まで働く訳ではない。むしろ年一回冬の時期にしか働かなくていい職業だ。 そう言う意味で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち お題:壊れかけの社会 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1543字
称賛、喝采、富、栄光。その他の全てを望んではいけない望むべきではない。それらを望んだ時点で民達が描く夢想の塊である純粋な英雄ではない。完全たる無償の精神、どんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:鈍い傑作 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:414字
目を奪われるとはこのことだろうか。彼はただ椅子に腰掛けて、窓の外を眺めているだけなのに。まるで絵画のような光景に思わず息を飲んだ。 血の気が無い肌は雪のように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:興奮した内側 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:416字
いっそ涙ならば蒸発するのに。木陰で開いた悲恋の純文学を桜色の爪先でめくる。かの有名な作家の著書はしかし、少女の脳裏からあふれるように綴られる青い文学で塗りつぶさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:下上右左 お題:トカゲの結末 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:836字
尻尾切りって知ってるかい?手がかりを残して逃げることで、逆に捜査に時間を使わせて時間稼ぎをする方法さ。何、聞いたことがない?そりゃそうか。なにせ俺のオリジナルだ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての勝利 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:662字
じゃんけんにどうしても勝てない。じゃんけんがめちゃくちゃ弱い。負けた記憶しかないので、いつだって手に入れたいものを手にできず辛酸を舐める日々だった。「僕、じゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:青い魔物 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:281字
「青い魔物…」彼女、レイラは困っていた。聞いたこともない。 「ねーねーミミー!」「何」ミミは私の大切な仲間だ。「青い魔物ってなーに?」「『ロッドスミッド』」「… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と死の経験 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:588字
死んだ人間を見たことがあるか?と、セキが言った。俺の両親は葬式の手配でバタバタしているので、今、この部屋には俺とセキの二人しかいない。正確にはもう一人、俺の兄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ワイルドな自動車 必須要素:ラストで死ぬ 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:2385字
ここのところ雨が続いたせいで飯田川は濁々として風情の欠片もない。草木の芽吹くまでしん、と静まり返って、雄大さを含みながらただ止まったように流れるあの姿が最早懐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の凶器 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:602字
――――人は誰でも、心に闇を持っている。これはよく聞く言葉である。では、人は誰でも、心に凶器を持っているとしたら?自分の中に無意識のうちに凶器を忍ばせているとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の凶器 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:631字
自分の放つ言葉に人を操る力があると気づいたのは最近のことだ。感情が高ぶった状態で誰かと話すと自分の言ったようにその人が動くことがしょっちゅうだった。どうやら私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれは娼婦 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:740字
雨下する焼夷弾に侵されることなく、青空は終戦を迎えた。 だけど、ぼくのちょっとした思い出に、戦争はちいさな傷痕をつけた。 その日、ぼくはいつものように畑で野良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と夏 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:255字
「夏って、あっついけど、」そう、当たり前なことを言い、次の言葉を紡ごうとしている君の横顔は涼しげだった。「私は好き」え、俺のこと?いや、話の流れから夏か。「でも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:栄光の能力者 必須要素:400字以内 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1061字
あるところに、天才的なピアニストの青年がいた。彼の演奏は素晴らしかった。コンクールでは、楽典に基づいた正確無比な奏法で採点者を唸らせた。コンサートでは、独自の解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限りなく透明に近い博物館 必須要素:九州 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:993字
九州のとある博物館が非常に困っていると、親戚の叔父から聞いた。 展示されている作品は珍しいものばかりで、学術的価値は十分であるという。ただ、建築家のアイディア 〈続きを読む〉