お題:破天荒な車 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:650字
[削除]

俺の友人は間違った世界一
「俺は世界一のドライバーになる!」
 どこかで何度も聞いたような、使い古した宣言を高らかに叫んだのは友人だった。
 この言葉には少し語弊がある。「世界一のドライバーになる!」には言葉にしていない重要なところがある。正しくは「世界一の(車の)ドライバーになる!」だ。つまり、世界一なのはドライバーではなく車だ。別に友人は世界一のドライバーではない。世界一の車を運転できるのは彼だけであるが。
「おまえをこの車に乗せてやろう、特別にな」
「いや、いい。おまえの運転自体、信用……」
「乗れ」
「…………」
 初めに言っておく。友人は馬鹿だった。とにかく試験では悪い点をとり、実のところ、運転免許の学科試験をパスしているのかさえ怪しい。まあ、こうやって運転しているのだから免許は取れたのだろう。免許が取れるならある程度安心して運転を任せられるか、と半ば無理やり納得して助手席に乗り込んだ。
「この車、普通の車にしか見えないが……」
「聞いて驚くなよ? この車はジェット機にもなるし宇宙船にもなるんだ」
「……おまえ、飛行機の免許は?」
「ないな」
「この車が宇宙船になったとして、酸素はどうなってるんだ?」
「ドアを閉めた時点で車内は密封されたはずだからそこは平気だと思う……。もしもやばかったら脱出用のパラシュートもある」
「随分とアバウトな造りなんだな! 大体、何回も乗ってるんだろ!?」
「いや、こんないろいろ詰め込んだ車、そんな作れないって。これ、初号」
「おまえも車に負けず劣らず破天荒だな!!」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:地獄の死 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1669字
死ぬのがずっと怖かった。それは定命のものたち皆に共通する恐怖だろう。だから人間たちは必死でそれを克服しようとした。古来は魔術、祈り、錬金術、仙術、宗教。そして、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おきらく@推し強化月間 お題:許せない正月 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:571字
空の底にて。寒鴉は鳴き、ひとの息は白靄となり舞う折にひとびとは年を越す。 今年は莞爾とはできない年の明けだけれど、或る老人と孫はおせちを共にしていた。 してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:notte お題:私と小雨 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:907字
止まれ、と、機械が言った。 湿り始めたアーケードは、まだ鏡にならない。見下ろしても鈍いばかりで、エナメルが水を弾いている。周りから冷たさが侵してくる。溜息を吐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:昨日食べた大地 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:984字
[R-18G注意] 私の考案したバイオロジカルアースイロージョン計画は実行段階にある。開発した生物兵器の浮遊クラゲが昨日めでたいことに瀬戸内海の小さな有人島を浸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:未来の奈落 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1664字
俺には昔から、予知夢の能力が備わっている。この能力は意識的に使うことはできないし、見ることができるのは未来の”自分の視界”だけだ。未来の自分が見る光景しか見るこ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:星蘭 お題:勇敢な武器 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:2535字
獣の咆哮が響く。飛びかかってくる大きな体。それを身軽に躱して、飛び上がる。構えた二本の剣で狙いを定め、斬りつける。魔獣の体がそれをすれすれで躱して、着地した。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:氷獄の魔女 お題:信用のない強奪 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:3052字
「何の用だって…そりゃ簡単。お仕事さ」 怒りに呻く男の首元に押し当てた刃。男は目を見開き俺の顔を睨み付けてくる。面白味のない顔だ、決まってどいつもこいつも同じ顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:文梧@小説家になろう お題:名前も知らない借金 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1902字
「あなたにはきっと、人の血が流れていないのね」 大沢匠海の元から去る時の妻の捨て台詞がそれだった。 正直なところ、大沢は人から好かれる性格ではない。それは彼自身 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:文梧@小説家になろう お題:来年の勝利 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1989字
あのとき、きっとあなたは敢えて私にさよならを告げなかったのでしょうね。去年の夏のあの日から、あなたはこうなることを予見していたのでしょう。 今思うと、夕陽のな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆきん お題:哀れなダイエット 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:898字
朝は家族の誰よりも早く起きて体操をする。 体がほぐれてきた頃、家族がおきてきてご飯の時間になる。ちなみに私の朝ご飯はバナナ一本と白湯が一杯。よく噛んで、時間を 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:くさい哀れみ 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:525字
私がホームレスの男の出会ったのは、土が凍りつく冬の朝だった。男は小学校の通学路にある大きな橋の高架下に住んでいた。ダンボールを何層にも重ねて造った棲み家は要塞の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:失敗の復讐 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:439字
あずさは、今日の家庭科の料理は絶対に成功させなくてはいけないはずだった。なぜならば、この時間はお菓子作りという名目で、バレンタインのお菓子を作ってもよいことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと結末 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:685字
今日も仕事が終わって漫画喫茶で始発を待つ。私の仕事はしがないガールズバー店員だ。よくわからないおっさんの話をニコニコしながら、セクハラに耐えながら自給1800円 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな魔物 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1013字
窓から差し込む柔らかな日差しが、教室中に降り注ぐ。単調なリズムで読み上げられる古文の調べは、昼食を終えたばかりの生徒たちにゆっくりと、かつ確実に魔物の侵略を許 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
タバコの効能 ※未完
作者:匿名さん お題:煙草と雨 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:767字
根が小心者なのだ。昔から考えすぎるところはあったのかもしれない。考え始めると落ち込んでいくから考えを止めなければならない。落ち込みはじめたら何らかの方法で脳味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の殺し 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:423字
銃口をごりっと額に押し当てた。「これで終わりだ」 あばよ、と引き金を引こうとしたそのとき。銃口を押し当てられているのにもかかわらず、死を覚悟する様子もなく相手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の殺し 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:830字
彼の最期を見た人間はいなかった。ただ一人、彼の甥を除いては。 死ぬ数週間前まで、かれは極めて善良な市民として朗らかに生きていた。隣人には常に優しく、友人には非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
収束する世界 ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな動機 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1728字
童貞を捨てたのは17歳の冬だ。相手はひとつ上の先輩で、顎のラインまでで切りそろえた人形みたいなボブが似合う、目の大きいかわいい人だった。その日は小春日和で、先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと土地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:638字
夏休み、久々に地元に帰ってきた僕は、小学校時代に友人だった安達にあった。小学校時代の安達は、なかなか面白い奴だった。小学2年生で、先生の車に雪玉をぶつけた。小学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失墜 ※未完
作者:匿名さん お題:帝王の裏切り 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1154字
ヴィーシャは死んだよ。アイリッシュのクソ野郎に頭をぶち抜かれて、溝に捨てられてんのを孫が見つけてね。ああ、あんた少し遅かったみたいだね。 ヴィーシャが幼い孫娘 〈続きを読む〉