お題:破天荒な車 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:650字
[削除]

俺の友人は間違った世界一
「俺は世界一のドライバーになる!」
 どこかで何度も聞いたような、使い古した宣言を高らかに叫んだのは友人だった。
 この言葉には少し語弊がある。「世界一のドライバーになる!」には言葉にしていない重要なところがある。正しくは「世界一の(車の)ドライバーになる!」だ。つまり、世界一なのはドライバーではなく車だ。別に友人は世界一のドライバーではない。世界一の車を運転できるのは彼だけであるが。
「おまえをこの車に乗せてやろう、特別にな」
「いや、いい。おまえの運転自体、信用……」
「乗れ」
「…………」
 初めに言っておく。友人は馬鹿だった。とにかく試験では悪い点をとり、実のところ、運転免許の学科試験をパスしているのかさえ怪しい。まあ、こうやって運転しているのだから免許は取れたのだろう。免許が取れるならある程度安心して運転を任せられるか、と半ば無理やり納得して助手席に乗り込んだ。
「この車、普通の車にしか見えないが……」
「聞いて驚くなよ? この車はジェット機にもなるし宇宙船にもなるんだ」
「……おまえ、飛行機の免許は?」
「ないな」
「この車が宇宙船になったとして、酸素はどうなってるんだ?」
「ドアを閉めた時点で車内は密封されたはずだからそこは平気だと思う……。もしもやばかったら脱出用のパラシュートもある」
「随分とアバウトな造りなんだな! 大体、何回も乗ってるんだろ!?」
「いや、こんないろいろ詰め込んだ車、そんな作れないって。これ、初号」
「おまえも車に負けず劣らず破天荒だな!!」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:Os@夏新刊『羅針』 お題:憧れの投資 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1164字
必死にキーボードを叩く。こんなにも生き生きと文章を書くのはいつぶりだろう?「拝啓、田中棚次郎様、今回の作品にとても感動いたしました――この田中という男。いや、男 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
? ※未完
作者:此粕谷楼 お題:バイオ囚人 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1577字
ひょんな事から数百年後の未来にタイムスリップした僕は、高度に発達した文明と様変わりした文化慣習、そしてその中に息づく伝統を感じて時の流れの壮大さを実感していた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:純華 お題:おいでよ祖父 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1889字
「ねーねー、『おいでよジジイ』って知ってる?」「何それぇ! 私、初めて聞いたぁ!」「俺も初めて聞く!!」7月の平安小学校。みんなの話題は専ら、明日から始まる夏休 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:生きている痛み 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1139字
「お勤めご苦労さん。」「やあ、また君か。これで一体何回目だい。」もはや顔なじみとなってしまった牢獄の看守に軽く右手を上げて挨拶をして、俺は牢屋に入る。ごわごわし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:はるちか お題:傷だらけの窓 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:996字
彼女はじっと僕を睨み付けた。「あいつらの話してることは全部嘘だ。わかってんだろ」彼女にしてはずいぶん乱暴な言葉だと驚いていたら、彼女は左目からつうっと涙をこぼし 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ウロノ お題:メジャーな外側 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:2000字
痛かった。意識が浮上してはじめて思ったのは痛覚で、それから身体のどこが痛いのか、あるいは熱いのか、あるいは苦しいのか、もうわからない。体がめちゃくちゃだった。何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:簡単なパイロット 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:501字
「落ち込んだときは、うまいもの食べるに限るよな」ぱちぱちと、炭が弾ける音がする。熱く熱せられた網の上にはよくタレに漬かった肉たちが食べられるのを、今か今かと待っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Kurahe お題:最弱の汁 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:898字
器から零れ落ちたそれは誰の手にもすくうことは出来なかった。お椀は逆さまに落ち、盆は床を転がっていく。「醤油汁如きが…」 お椀に入る、人呼んでミスター・コンソメ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:M氏 お題:小説の風 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1092字
放課後には誰からともなしに集まって西日の深く差し込むまで教室で興じる遊びがあった。まったくの虚構しか喋らずにでっち上げたことばから、話を延々と紡ぐのだ。それは現 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作2 ※未完
作者:蒼穹のワカナー お題:汚れた体 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1396字
「すごいぞ、小林くん!今週もうちの売上記録を更新だ!」 張った腹から、太鼓のような力強く重厚な声が飛び出して部屋中に響いた。どうっと音波が波打つように伝播し、部 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:素朴な喜劇 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:448字
始まりは野口さんを拾ったことだろう。空中を気の向くままに風に体を預けて放浪している野口さんを見つけた俺は、全力疾走で彼を追いかけガードレールを飛び越え信号を無視 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:綺麗な母 必須要素:グーグル 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:442字
世の中調べてはいけない単語があるようだ。ががばば、暗い日曜日、コトリバコ、グリーンねえさんetc…その中の一つ綺麗な母といのがある。グーグルで夜中に調べると、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の死刑囚 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:575字
信号弾が夜空を赤く染めてから数分後、僕たちの乗った船は誰のともわからない船に横付けされた。横付けしてきた船はどこかの国家の船のようだった。船にも乗組員の胸にも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なガール 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:2014字
暑い。ネクタイを緩めながら私はハンカチで汗を拭う。営業周りでお得意様を回り続けて早2時間。休憩しようと喫茶店にでも入ろうかと考えていると会社用の携帯が震える。応 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的な犬 必須要素:○ックス 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:563字
今、俺は絶望している。なぜなら番の相手がオスだったからだぁ!!!!!どうしてだ!めっちゃかわいいメスかと思っただろ!?でもあれがついているではないか。あーーーー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ふわふわな夢 ※未完
作者:匿名さん お題:楽観的なふわふわ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:400字
ふわふわと体が軽い。今まで感じたことのないような軽さに違和感を覚えるべきだったが、それまで重圧に押しつぶされそうになっていた私はまあいっかぐらいにしか思ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限界を超えた逃亡犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:387字
『廃線の噂』という都市伝説がある。どこかの廃線が、ずっとずぅっとつながってて、あの世に通じているらしい。何かで逃げている逃亡犯がその廃線を逃げて行って、現在も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:左の潮風 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:719字
俺は海にいた。水平な青の地平線の左側から潮風が吹いている。右側からじゃない、左側からだ。俺的に今はそ~いうシチュエーションなのだ。異論は認めない。 つまり今朝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠された戦争 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:993字
カーテンを開けて空を見上げた。灰色。 玄関から一歩踏み出て空を見上げた。灰色。 灰色の雲はその重圧さで僕らの街を覆って、向こう側に存在する爽快な青をひた隠しに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:シンプルな話 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:693字
物事を複雑にさせる要素というのはそれこそ複雑に存在するが、物事をシンプルにさせる要素などというものは、それこそシンプルにしか存在しない。言うなればそれは、それ 〈続きを読む〉