お題:破天荒な車 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:650字
[削除]

俺の友人は間違った世界一
「俺は世界一のドライバーになる!」
 どこかで何度も聞いたような、使い古した宣言を高らかに叫んだのは友人だった。
 この言葉には少し語弊がある。「世界一のドライバーになる!」には言葉にしていない重要なところがある。正しくは「世界一の(車の)ドライバーになる!」だ。つまり、世界一なのはドライバーではなく車だ。別に友人は世界一のドライバーではない。世界一の車を運転できるのは彼だけであるが。
「おまえをこの車に乗せてやろう、特別にな」
「いや、いい。おまえの運転自体、信用……」
「乗れ」
「…………」
 初めに言っておく。友人は馬鹿だった。とにかく試験では悪い点をとり、実のところ、運転免許の学科試験をパスしているのかさえ怪しい。まあ、こうやって運転しているのだから免許は取れたのだろう。免許が取れるならある程度安心して運転を任せられるか、と半ば無理やり納得して助手席に乗り込んだ。
「この車、普通の車にしか見えないが……」
「聞いて驚くなよ? この車はジェット機にもなるし宇宙船にもなるんだ」
「……おまえ、飛行機の免許は?」
「ないな」
「この車が宇宙船になったとして、酸素はどうなってるんだ?」
「ドアを閉めた時点で車内は密封されたはずだからそこは平気だと思う……。もしもやばかったら脱出用のパラシュートもある」
「随分とアバウトな造りなんだな! 大体、何回も乗ってるんだろ!?」
「いや、こんないろいろ詰め込んだ車、そんな作れないって。これ、初号」
「おまえも車に負けず劣らず破天荒だな!!」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:黒宮薫 お題:残念な床 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1811字
椿さんの周りはいつも煙たかった。彼女はヘビースモーカーで、煙草を吸っていないときの方が珍しいくらいだった。僕は非喫煙者なので煙草の煙は嫌う性質だが、彼女がいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宮原 桃那 お題:暴かれた娼婦 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1649字
その娼館には、絶対に姿を見る事の出来ない娼婦が居るという。「顔を見せてくれないか」 そう嘆願する男達に、彼女は薄布で顔を隠しながら、艶のある声だけ返すのだ。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:せぶんさん お題:誰かは修道女 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1446字
「かたつむりはどうして、いつもゆっくり歩いてるの」 ある日の私はそう尋ねた。話し相手は決まってナオさんだった。優しくて、ちゃんと私の話を聞いてくれるから、ナオさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宮原 桃那 お題:誰かは修道女 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:956字
私はキャロル。とある修道院に身を寄せるシスター。 でも、ここは経営が行き詰まっていて、最近は何だか怖い人が来る。「シスター・キャロル。いい加減にここを出て、儂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:瓜ノ助 お題:悲観的な海 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1108字
「やっほー」「………」「山じゃないんだし返ってくるわけないか」「そりゃそうですよね」「………」「…なんでしょう?」「ちょっとくらいノッてくれたっていいじゃん」「 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:鮭とば子 お題:ありきたりな新卒 制限時間:30分 読者:120 人 文字数:1423字
ひどく退屈な女だった。「自分のやりたいことがわからないんです」 小机を挟み、真向いの席に座る女は、そう言って俯き、続く言葉を探し出せず、手元にあったオレンジジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鬼龍院asanuma お題:去年のふわふわ 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:995字
「そんなふわふわした態度で受験に臨んだら、受かるものも受からないぞ」「うるせーな」「お前のために言ってるのに、父親に向かってその態度はなんだ!」 タバコの火を消 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヒロセユキ お題:苦し紛れの時雨 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:2850字
【パターン2】それから、17年の月日が流れる。組織の暗躍により、社会の仕組みは一変していた。組織によって開発された新技術はそれとは分からないように世に出され、『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:無防備@不在ですよ お題:あいつの喜び 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1155字
俺には幼馴染がいた。いつも喧嘩ばかりしていて相性がよくないというかそりが合わないとしかいえないそんな関係。そんな仲だったから俺はあいつが俺のことを好きじゃないと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
極刑の処刑人 ※未完
作者:てんきあめ お題:混沌の極刑 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1136字
混沌ーーー。それは世界の秩序を奪い、壊し、回復を阻害するもの。そんな世界において求められるのは絶対の結果。確定要素とでもいうべき100回繰り返されても変わること 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:423字
暗闇の中でピアノの音が響いている.音は目の前の音楽室から聞こえてきているようだ.今はもう真夜中だ,こんな時間にピアノがなっているのはおかしい.おかしいといえばな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
偽装の事実 ※未完
作者:匿名さん お題:打算的な恋愛 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:652字
目の前で糸からぶら下げた五円玉をゆらゆらされても、私の心はまったく揺れない。相手である親友が真剣な、必死な顔をしていたから、私は気乗りしない本音を隠して、真面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生きている汗 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:571字
「はっ...はっ...」これでもかと言うほどカッと照りつける太陽の下で俺は必死に走っていた。 10キロ走った時点で足を止め、ゆっくり歩いて荒い息を沈めていようと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい笑い声 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:639字
時代遅れの笑い方だね、と妹に言われた。 「は?マジ受けるんですけど~!笑い方に時代も何もなくね?」「だからその反応が時代遅れなんだよ、姉ちゃん」妹はひどく恥ず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:822字
この街は雪がひでぇ。毎日、夜寝る前にどんなに頑張って雪かきをしても朝になれば1mもの白い壁が街を覆い尽くす。この街の住人の朝はこの忌々しい雪を家の前と主要道路か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:272字
やけに白く細い手首だった。「もう、私はいないのよ」と、彼女は言った。「また会えるよね」と言ったが、彼女は何も言わなかった。 冷たい風の中で、僕はずっと彼女の手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠された広告 必須要素:九州 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1773字
唐井戸ヒカリのことは一応知っている。 友人の少ない自分に、何か連絡事項があるたびにパイプ役を買って出ているのが彼女だからだ。 昼休み。耳にイヤホンをさしてぼん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どうあがいても雑踏 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:941字
夏。 夏と言えばいろんなイベントが目白押し。 夏祭り、海水浴、流しそうめん、花火大会などなど。 だけどそのようなイベントにつきまとって離れないのが人ごみの多さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕が愛した消しゴム 必須要素:ヘッドホン 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:256字
僕は消しゴムを愛している。というと、何だか変人のように感じるかもしれないが、決してそうではない。 消しゴムはいつだって僕らのもとにあった。小学生のとき、かなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:燃える探偵 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:561字
彼はうつ伏せに倒れたまま動かない。彼の視界は定まらず、意識は朦朧としていた。 一刻も早く、この場から抜け出さなくてはならない。頭では理解しているが、体は指先で 〈続きを読む〉