お題:でかい話 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:1106字

おおきくなるうわさ
 話がどんどん大きくなってしまう、という状況を体験したことがある。
 わたしは中学生の頃、友達だった「自称・霊感少女」に連れられて、自分の住んでいる市内にある山に行ったことがある。霊感少女曰く、ここは「幽霊がたくさん蠢いている」らしい。
 まあいわゆる肝試しなのだが、その山というのが取り立てて怖いところのない、登山コースも整備されている低い山だったことと、「門限がある」という霊感少女の希望から日曜の真昼間に行われたことなどから、まったくもって迫力がなかった。
 じゃあ怖くなかったかといえばそうでもなくて、自称霊感少女がことあるごとに「聞こえる……っ」とか「ほら、あそこ……っ」などと必死の形相で話しかけてくるので、「お前の顔が一番怖いよ」という状態に陥ってしまった。
 その一件で、わたしは「こいつホントにやべえ」と、その霊感少女についての認識を改め、友達付き合いをやめる決意をした。徐々にフェードアウトしていき、翌年はクラス替えで分かれ、高校も別々だったのでその後のことは知らない。
 ただ、その肝試しだかピクニックだったか分からないあの時の行動が、後々尾ひれがついて広まることになるのだった。
 最初に大きくなったその話を聞いたのは、高校二年生の時だった。例の登山は中学二年生の時だったので、およそ二年後のことである。
「鈴木さん、あの山出るらしいよ」
 そんなことをあるクラスメイトが言い出したのだ。
「何か、中学生が二人肝試しに行って、一人しか帰って来てないんだって……」
 どっちだ。その話を聞いた時、まずわたしは思った。どっちが帰って来てないんだ。
 普通に考えれば、それはわたしのことだろう。何故なら、「あの山は出る」「中学生が肝試しをした」、この二つの情報を持っていて口に出すのは、あの霊感少女以外にないのだから。
 つまり、どこぞの別の高校に進学した霊感少女が、盛って語った話が、巡り巡って話の上ではいなくなったはずのわたしのところにまでやってきた、ということなのだ。
 はー、というしかなかった。こうして噂というのは出来上がるのかと。
 次いで聞いたのは、大学に入ってからだった。
 わたしは別の地方の大学に通っていたのだが、そこで地元の名前が出た。
「今、まとめサイトで怖いって噂になってる話、あれ鈴木さんの地元だよね?」
 そう言いながら、その知り合いが見せてくれた話は、とんでもないものだった。
 確かに、地名はぼかされているが、もろにわたしが住んでいたあの街のことだ。
 しかし、その中身……。あの痛々しい霊感女め、と舌打ちしたくなる。
 何でわたしが妖怪にされてるんだよ。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:鬼龍院asanuma お題:幼い電撃 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:813字
「おい、貸せって言ってるんだよ」 健太はいじめっこで、いつもひどいめにあわされている信夫、信也、信一の三人に囲まれ、一番ガタイの大きな信夫に突き飛ばされた。突き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:輝く男祭り! 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:202字
ヤレドッコイショードッコイショー\ドッコイショードッコイショー/ソーランソーラン\ソーランソーラン/ヤーーーーーーーレンソーランソーランソーラン\ハイッハイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今度の過ち 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1114字
僕は間違えてばかりだ。いつもいつも、大事なところで間違えてしまう。それが僕の最大の欠点で、けれど長所でもあった。 いつだったか、旅行に行く朝、集合場所を間違え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:マイナーな闇 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1028字
「ウソ、みんな自分のカバンに手を噛まれたことないの?」 サークルの合宿の飲み会が、一瞬、水を打ったように静まり返った。テーブルの上には空になったビール瓶がいくつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:愛の恋人 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:289字
ベンチに腰を掛けて、駅から出てくる2、30人くらいの人達を見る。 平日の早朝ということもあって、スーツ姿の男性の割合が多い。 この人たちは手を延ばせば触れ合う 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモとほっけ団 お題:愛の恋人 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1290字
繋がりがあればまた再会できると信じて僕らは中学の頃、ある約束をした。『ずっと一緒にいたいと時間が経っても変わらないなら、私たちが恋人になったあの場所で』 それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どこかの食事 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:376字
ふわりと漂う湯気が鼻腔をくすぐる。くぅ、と切なく鳴いた腹の音に向かいに座る男は苦笑した。「食べてもいいんだよ?」優しく促され、恐る恐る用意されたスプーンを手に取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の動揺 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:291字
「今日からチームに入ることになった上木君だ。みんな仲良くしてやってくれ」 リーダーは快活な笑顔で新人を紹介すると、その生意気そうな新人の背中を押した。 押さない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:平沢 お題:求めていたのは悪人 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:450字
「次の方どうぞ」声が響く。男は椅子から立ち上がり、一室に入って言 いった。この部屋ではある面接が行われていた。といっても就職や進学のための面接ではない。いや、就 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:平沢 お題:愛と欲望の体験 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:318字
「殺したんだ。でも僕は○す気は無かったんだ」君はそう言ってそこで泣いていた。「なぜ、殺してしまったの?誰を殺したの?」と訊いた。「彼女だよ」と君は答えた。さらに 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:宗教上の理由で罰 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1060字
ヒサシが両親を殺して捕まったと聞いて、僕は意外には思わなかった。 また叩かれるんだろうな、評論家はそういうことしかしないから。最初に考えたのはそんなことだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昔の孤独 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1156字
あいつを見ていると、本当にむかっ腹が立っちゃって、だからトイレに呼び出して蹴り転がして、ブラシで顔を拭いてやったら、「ちょっとやり過ぎだって」とか言い出すヤツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:群馬の怒り 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1035字
「田舎田舎と蔑まれ続けてきましたが、ここまで来たかと驚きを禁じ得ません。御社は一体どういう気持ちでこんなものを制作されたのでしょうか。子どもに夢を与えるのがゲー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:少年の大地 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1186字
「今から俺は、少年時代の俺に会いに行かなくてはならないんだ」 大地さんは突然そんなことを言い出した。 かなり、何というかこう、ぶっとんだ話である。「どうして、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:綺麗なお金 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1156字
母方の曾祖母は、僕が物心ついた頃には既に寝たきりで、末期はぼけたようになっていた。 五歳の時、僕が両親に連れられて見舞いに行くと、僕の頭を優しくなでながら「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:急な冤罪 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:969字
駅のホームで男女が揉めている。間に立った駅員は困り顔だ。「あんたが触ったんでしょ! あの位置にいたのが何よりの証拠よ!」「触ってない! 絶対に触ってない! 変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:苦しみの弔い 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:994字
「ようこそ、ここは苦しみの墓場。あなたの苦しみを弔いましょう」 案内人だというスーツの男は、そう言ってわたしを連れて地下への階段を下りていく。 大きな鉄のドアを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:12月の解散 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1124字
「November」が解散するらしい。そのウワサを聞いて、僕らの間で衝撃が走った。 「November」は地下アイドルと素人バンドの間ぐらいの存在で、細々と三 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:頭の中の微笑み 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1137字
「いつもにこにこ、丁寧にー! 感謝の気持ちでありがとう!」 そう言ってるだろ、お前馬鹿か! 店長は俺を怒鳴りつける。すいません、すいません、といくら謝っても、店 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:やば、会話 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1174字
大学のサークルで知り合った木下という男がしつこく「合コンしようぜ。3対3で! 俺の高校時代の友達連れてくるからさあ」と言ってくるので、まあ木下も顔が悪いわけで 〈続きを読む〉