お題:でかい話 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:1106字

おおきくなるうわさ
 話がどんどん大きくなってしまう、という状況を体験したことがある。
 わたしは中学生の頃、友達だった「自称・霊感少女」に連れられて、自分の住んでいる市内にある山に行ったことがある。霊感少女曰く、ここは「幽霊がたくさん蠢いている」らしい。
 まあいわゆる肝試しなのだが、その山というのが取り立てて怖いところのない、登山コースも整備されている低い山だったことと、「門限がある」という霊感少女の希望から日曜の真昼間に行われたことなどから、まったくもって迫力がなかった。
 じゃあ怖くなかったかといえばそうでもなくて、自称霊感少女がことあるごとに「聞こえる……っ」とか「ほら、あそこ……っ」などと必死の形相で話しかけてくるので、「お前の顔が一番怖いよ」という状態に陥ってしまった。
 その一件で、わたしは「こいつホントにやべえ」と、その霊感少女についての認識を改め、友達付き合いをやめる決意をした。徐々にフェードアウトしていき、翌年はクラス替えで分かれ、高校も別々だったのでその後のことは知らない。
 ただ、その肝試しだかピクニックだったか分からないあの時の行動が、後々尾ひれがついて広まることになるのだった。
 最初に大きくなったその話を聞いたのは、高校二年生の時だった。例の登山は中学二年生の時だったので、およそ二年後のことである。
「鈴木さん、あの山出るらしいよ」
 そんなことをあるクラスメイトが言い出したのだ。
「何か、中学生が二人肝試しに行って、一人しか帰って来てないんだって……」
 どっちだ。その話を聞いた時、まずわたしは思った。どっちが帰って来てないんだ。
 普通に考えれば、それはわたしのことだろう。何故なら、「あの山は出る」「中学生が肝試しをした」、この二つの情報を持っていて口に出すのは、あの霊感少女以外にないのだから。
 つまり、どこぞの別の高校に進学した霊感少女が、盛って語った話が、巡り巡って話の上ではいなくなったはずのわたしのところにまでやってきた、ということなのだ。
 はー、というしかなかった。こうして噂というのは出来上がるのかと。
 次いで聞いたのは、大学に入ってからだった。
 わたしは別の地方の大学に通っていたのだが、そこで地元の名前が出た。
「今、まとめサイトで怖いって噂になってる話、あれ鈴木さんの地元だよね?」
 そう言いながら、その知り合いが見せてくれた話は、とんでもないものだった。
 確かに、地名はぼかされているが、もろにわたしが住んでいたあの街のことだ。
 しかし、その中身……。あの痛々しい霊感女め、と舌打ちしたくなる。
 何でわたしが妖怪にされてるんだよ。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:初雪葛 お題:鋭い人々 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:790字
概ね、他人の視線は鋭いものだ。少なくとも、鈍い視線というものを僕は一度しか見たことがない。 鋭い視線は、鋭いというくらいだから、とても尖っている。尖った視線は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
師走の街 ※未完
作者:匿名さん お題:来年の唇 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:277字
ひゅうと音を立てながら街を通り抜ける風に、師走の香りを感じた。赤と緑の派手派手しい装飾に彩られた街を、足早に駆けていく。肌寒さと同時に飾り立てられる街並みは昔か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:すごい伝説 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:834字
ものすごく昔、まだ世界がなんか暗かった頃のはなし。とても強い神様となんか恐ろしい大魔王が戦って相打ちになって死んだ。そしてうまく説明できないけどなんかがどーにか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:表田 圭 お題:うるさいダンス 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:557字
足下で子猫が遊んでいる。くるくる、くるくる。自分の尻尾を無邪気に追いかけている。前足が尻尾に伸びる度、空ぶった爪がフローリングの床を叩いた。 俺は飼い始めたば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:遅すぎたにおい 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1238字
「これは……遅すぎたにおいがするぜ……!!」「ーーあ、ああっ……!!」オーブンを開けるとそこにはーー黒。一面の黒が広がっていた。焦げたにおいが溢れ出し、キッチン 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:永遠の高給取り 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:748字
砂漠のただなかにオアシスのふりをして、その施設はある。遭難者の願望をそのまま投影したかのような憩いの地だ。水場のかたわらにヤシの木が生え、アロハ服の案内人が出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あくい お題:見憶えのある弁護士 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:215字
どこかでお会いしましたか?え、ええ。裁判所で…私には覚えがありません。それは…記憶をなくしていらっしゃいますからね。え?でも見覚えあるんですよねぇ…あなたのこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見憶えのある弁護士 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:430字
見覚えがある。あの弁護士には見覚えがあるぞ。この裁判…猥褻物陳列罪で逮捕された男を弁護しているあの男だ。検事の私はあの男とどこかで会ったことがある。卑劣な男だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の快楽 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:384字
小説の快楽。小説の快楽やと? そんなもんがあるか? 舐めておられるのか? 私はそうは思わない。俺は欠席していたのだから、仕方のないことだ。さあ、コーヒーを入れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なぺろぺろ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:224字
いいかい、落ち着いてよく聞いてくれよ。俺はそこらへんに転がってるようなくだらないペロペロをする奴らとは違うんだ。焦らし、転がし、ねぶり・・・その一挙一動に魂を込 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:汚れた男の子 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1127字
何だこれは。玄関を開けて明かりをつけて、わたしはしばしあ然となった。 大して長くない廊下には泥の汚れが転々としていた。明かりに照らされたそれは、足跡――それも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の真実 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1174字
「お化けは本当にいたのよ」 父が亡くなり満中陰が過ぎた後、不意に母はそんなことを言った。「覚えてる? あなたが四歳の時の話よ」 おぼろげではあったが、確かにそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄色い人 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:952字
娘の通っていた幼稚園の参観日に行った時のことだ。 少し時間が早かったので、わたしは娘のいる教室の前に張り出された絵を眺めることにした。 恐らくは、自分と友達を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:今の妹 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:937字
仁藤という男は、常に二股をかけ続けているとんでもないヤツだった。「俺にとって女は単三電池みたいなもんだ」 そんなことを、かつて仁藤は言ったことがある。「普通の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:鈍い小説家 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:3341字 評価:0人
「あのー、すいません」 先生が恐る恐るという感じで手を挙げた。串本夫妻や他の旅行客、刑事たちの視線が一斉に先生に集まる。「僕、犯人分かっちゃいました」 先生は― 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:不思議な外資系企業 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1000字
新しくできた店は「外資系」らしい。そこで働き始めた友人に、早速愚痴られてしまった。「『外資系』って、やっぱりちょっと働きにくいわ……」 確かに、僕も「『外資系 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:楽しい耳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1216字
「ここは楽しい夢の国……。園内ではこちらのイヤーカチューシャをお付け下さい」 彼女とのデートで訪れた「アニマル・ドリーム・パーク」という遊園地、その入り口で俺た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:うへへ、14歳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1162字
官能小説家・蟻田伊太利亜は憤っていた。 彼は、オタク一般に「ロリ」と呼ばれるタイプのキャラクターを手酷く凌辱する作品を書くことで知られる作家だ。 それ故に、同 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:すごい光景 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1252字
その部屋には、4人の少年少女が集められた。いずれも10代で、丸椅子に座っている。胸元には1~4の番号が振られたバッジをつけていた。 1番のバッジをつけた少年が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:私が愛した第三極 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1127字
「わたしの友達の話なんだけど」 ああ、はい自分の話ですね。わたしは「何?」と続きを促す。「その子ね、ヨシコちゃんっていうんだけど」 偽名作るのへたくそかよ、ヨシ 〈続きを読む〉