お題:でかい話 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1106字

おおきくなるうわさ
 話がどんどん大きくなってしまう、という状況を体験したことがある。
 わたしは中学生の頃、友達だった「自称・霊感少女」に連れられて、自分の住んでいる市内にある山に行ったことがある。霊感少女曰く、ここは「幽霊がたくさん蠢いている」らしい。
 まあいわゆる肝試しなのだが、その山というのが取り立てて怖いところのない、登山コースも整備されている低い山だったことと、「門限がある」という霊感少女の希望から日曜の真昼間に行われたことなどから、まったくもって迫力がなかった。
 じゃあ怖くなかったかといえばそうでもなくて、自称霊感少女がことあるごとに「聞こえる……っ」とか「ほら、あそこ……っ」などと必死の形相で話しかけてくるので、「お前の顔が一番怖いよ」という状態に陥ってしまった。
 その一件で、わたしは「こいつホントにやべえ」と、その霊感少女についての認識を改め、友達付き合いをやめる決意をした。徐々にフェードアウトしていき、翌年はクラス替えで分かれ、高校も別々だったのでその後のことは知らない。
 ただ、その肝試しだかピクニックだったか分からないあの時の行動が、後々尾ひれがついて広まることになるのだった。
 最初に大きくなったその話を聞いたのは、高校二年生の時だった。例の登山は中学二年生の時だったので、およそ二年後のことである。
「鈴木さん、あの山出るらしいよ」
 そんなことをあるクラスメイトが言い出したのだ。
「何か、中学生が二人肝試しに行って、一人しか帰って来てないんだって……」
 どっちだ。その話を聞いた時、まずわたしは思った。どっちが帰って来てないんだ。
 普通に考えれば、それはわたしのことだろう。何故なら、「あの山は出る」「中学生が肝試しをした」、この二つの情報を持っていて口に出すのは、あの霊感少女以外にないのだから。
 つまり、どこぞの別の高校に進学した霊感少女が、盛って語った話が、巡り巡って話の上ではいなくなったはずのわたしのところにまでやってきた、ということなのだ。
 はー、というしかなかった。こうして噂というのは出来上がるのかと。
 次いで聞いたのは、大学に入ってからだった。
 わたしは別の地方の大学に通っていたのだが、そこで地元の名前が出た。
「今、まとめサイトで怖いって噂になってる話、あれ鈴木さんの地元だよね?」
 そう言いながら、その知り合いが見せてくれた話は、とんでもないものだった。
 確かに、地名はぼかされているが、もろにわたしが住んでいたあの街のことだ。
 しかし、その中身……。あの痛々しい霊感女め、と舌打ちしたくなる。
 何でわたしが妖怪にされてるんだよ。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
ミカン ※未完
作者:匿名さん お題:初めての霧雨 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:419字
ちょっとやそっと雨が降ったくらいじゃプールの授業はなくならない。ましてやこんな霧雨じゃ、僕の体温を奪っていくだけ。 八月も終わるのに、まだプールの授業は続く。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒尽くめの罪人 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:221字
僕は闇夜に乗じて動く。闇に埋もれるように上から下まで全部黒。コーディネートとか買う服の選択にも困らない。すべて黒だからだ。 どうせ暗いんだから色なんてどうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:うわ・・・私の年収、故郷 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1022字
開拓時代とは、基本的にどの年代においてもおおらかな時代である。なんといっても、結果さえ出せばだれもが一夜にして億万長者になれる時代、あるいは終の棲家と安定した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:うへへ、女祭り! 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:755字
池の傍に座り込んで餌をやっていれば誰でも人気者の気分が味わえる。水面から口を出してぱくぱくせっついてくる鯉は、我先にとほかを押しのけんばかりの勢いである。 雑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デコ弁当 ※未完
作者:雷藤和太郎 お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:867字
「あ、ありがとう」 周りのクラスメイトがざわついたのも無理はない。俺の目の前には学年でもかなり目立つギャルが立っていて、その手にはクロスに包まれた弁当が提げられ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ロケット お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:818字
前山丹波駅の東口を出て正面、ホテルニュータンバ沿いの通りを歩いて2つ目の信号を右に。少し狭い路地を進んだところのコンビニエンスストア隣に、そこはある。 気を付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:833字
勇者、山田花子は暴虐者としても知られていた。魔物たちは山田花子によって見るも無残な目にあい、成敗されていた。その世界の悪は山田花子の名を聞けば即座に震え上がり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1134字
ドラッグパーティで、コカイン粉末の後にヘロインタバコを吸った僕は、ジミ・ヘンドリクスが舞台の上でギターを使ってファイア・パーティした時に会場を盛り上げたファイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:ゆるふわな善 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1261字
一日一善をしなさい。 少女は毎日のように小さなとても見えない気遣いをし続けた。 誰かが忘れた落とし物を交番や、落とし物入れにいれたり、消し忘れの黒板を消してあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:少年の恋人 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1003字
あの日の少年は今はどこにいるのだろう。私はふと、そんなことを思った。これは私が中学生だった頃の話だ。隣の空き家に1組の家族が引っ越してきた。そこには、子供が1人 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:誰かの悲しみ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:981字
夕暮れの海でその人は、長い棒のようなものを波打ち際に突き刺しては砂をほじくっていた。「何をしているんですか?」 尋ねると、彼は日に焼けた顔をこちらに向けた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:わたしの嫌いな妻 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1041字
「妻のことが嫌いなんです」 俺の職場のある後輩が、居酒屋でぽつりとそう言った。 こいつは社会人2年目で大学の頃から付き合っていたという彼女と結婚、それから確か3 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ロシア式の許し 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:901字
「すみません、で済むと思ってんのか?」 きらびやかな装飾の施された部屋、ソファの上にふんぞり返る人相の悪い壮年の男は、自分の足元に這いつくばるように土下座する男 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:絶望的な命日 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:930字
その霊園では毎年同じ日に、ある墓の前で立ち尽くす中年男性が現れる。 ちょうどその日に墓参りに訪れた人は、彼を訝しげに見ては首を傾げることになる。 男性は墓に手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:地獄の昼 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1024字
楽しかった給食の時間は地獄と化した。 僕は廊下に立ちつくし、窓から中の様子を見ている。 隣では杉山さんが座り込んで震えている。武田くんも焦点の定まらない目をし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:経験のない人間 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1044字
「部長、求人募集の件なんですが、間口を広げるために未経験OKにしてもかまいませんかね?」 部下の言葉に人事部長は眉を寄せる。「いや……経験者のみの募集でやってく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:宗教上の理由で諦め 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:898字
「今まで黙ってたけど、わたしの家、すごく熱心な、宗教の信徒なの」 結婚を考えていた彼女にそう言われて、俺は思わず凍りついた。「いや、え? 何それ……」「びっくり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:わたしの好きな愉快犯 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1130字
わたしはお兄ちゃんが好きだ。愛してると言ってもいい。 小学生の頃、お兄ちゃんは自分の友達に「俺は幻のカードを持ってる」、「お父さんがおもちゃ会社で働いていて特 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:左の幻想 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:869字
左利きの人は天才タイプ。 根拠のない話だな、と俺は思う。 昔は左利きのことを「ぎっちょ」などと呼び、みっともないから右利きに矯正するということもされていたよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ラストは誰か 必須要素:首相 制限時間:1時間 読者:62 人 文字数:2352字 評価:1人
修学旅行の夜、学年の何人かで、消灯時間を過ぎてから百物語をしようということになった。 とはいえ、百話も話をするとなると一話三分と考えても五時間はかかる。 それ 〈続きを読む〉