お題:免れた人体 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:691字
[削除]

完璧な身体
 視界モニタにはたくさんの化学物質の名前が並ぶ。わたしの「身体」にはさしたる影響もないものばかりだが、この場所の殺風景さを助長している気はした。直線とモノトーンで構成された研究所はとても無機質で、情緒を意識して作られた市街部とは根本からして違う。

 自分の中に感情を探す。緊張、あるいは高揚感。

人体を見るのは初めてだった。この白い廊下のどこかの扉に、先の大戦を免れた生身の人体がある。保存のために薬品処理されたはずのそれがどんな姿をしているか、わたしは写真越しにしか知らない。

 いま「生きている」人間と呼ばれる存在は、限りなくヒトの身体に似せて作られたという。工業的に再現された骨、内臓、皮膚。遺伝子を乗せただけの容れ物としての人間。

 いつの日か再び肉を得るために、わたしたちは遺伝子を混ぜ合わせる。結ばれ、子をなし、いずれ死ぬ。みんな薄々気づいているはずだ。こんなのはままごとに過ぎない。意味なんてないってことに。きっと永遠にわたしたちは機械のままだ。

 廊下を何度も曲がって、部屋に通された。中心にガラスケースが鎮座している。それを覗き込んで、わたしは機能を止めてしまいたくなった。

 それは、美しかった。乳白色のなめらかな体表、繊細な毛髪、細工物のような指、無駄のない骨格。どんな高級品の「身体」でもこうはいかない。わたしは気づく。

 確かに、これは取り戻すべきだ。

 思わず夢想する。なめらかに音もなく動く四肢、柔くきめ細やかな皮膚。

「良いでしょう? 協力する気になりましたか」

わたしは思わずうなずいていた。そんなつもりはなかったはず、なのに。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:免れた人体 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:539字
「小学生の頃に打ったBCGの注射って、当時は人体実験か何かかと思ったんだよね。だってほら、ハンコ注射っていうの? あれ、よく見る注射と形が違うじゃん」「わかる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:墨鴉 お題:優秀なプレゼント 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:165 人 文字数:1822字
『肥後に行く』 わたしの町内に半年ほど屯留していらっしゃった武蔵先生がそれだけ言ってこの地を去ってしまったのが、今からかれこれ十五年ほど前のことだ。 その当時で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やるおぐらし◆DlX4a2nVYM お題:経験のない目 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:163 人 文字数:1212字
九州の端のそのまた端にその島はあった。 地図にも載っていないような島民二百人前後の島。 その島の岩肌には目があるという。 目というのは比喩表現ではなく、動物が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:んりん お題:今日の監禁 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:337 人 文字数:1313字
「今日の監禁を始めまーす」二人きりの部屋に、女の声がやけに明るく響いた。毎日毎日飽きもせず、よくもまあこんなことを続けているものだ。私は後ろ手に椅子に縛り付けら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あまね お題:宿命のお天気雨 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:264 人 文字数:837字
「そうだ、九州行こう」一見すれば、なにか鉄道会社の広告に在りそうな言葉を吐き出したのは、杉木であった。杉木と私とは、いわゆる「同僚」というものであるのだが、ま 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:トモ お題:都会の虫 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:214 人 文字数:1135字
私たちが目にしてきた生き物たちは、地球上に存在する生き物の1万分の1もいないのではないだろうか。例えば、哺乳類の「犬」について考えたとしても、慣れ親しまれた柴犬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋野りす お題:死にかけの曲 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:207 人 文字数:1511字
ここは、九州地方。ここに、ある一人の青年が走っていた。「やったー発売延期してた、エロゲがついに今日発売だー!今から、マッスルハッスルだぜー」すると、足元においし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:俺様のcensoredに酔いな お題:夜の映画館 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:244 人 文字数:932字
設備も悪ければ客層も悪い。ラインナップは亜流のポルノばかり。九州で3番目だか4番目だかに古い、この町の映画館は、今や援助交際の温床になっていた。暗黙の了解、或い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幸人 お題:幸福な痛み 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:302 人 文字数:1007字
「幸せだよ」痛くないのと問う君に僕は笑いかける。汗が頬に滲み背中に激痛が走る。ああ、至高、至高。至高の幸福だ。いとおしい。痛みすら。「痛いでしょうと聞いたのに、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:小説家たちのラーメン 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:257 人 文字数:1465字
特定の誰かと私という、ふたりだけで秘密を共有するというのは、とってもぞくぞくするものだ。ふたりだけで目配せして他人にばれないように笑いあう。恋人でも家族でもない 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
師走の街 ※未完
作者:匿名さん お題:来年の唇 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:277字
ひゅうと音を立てながら街を通り抜ける風に、師走の香りを感じた。赤と緑の派手派手しい装飾に彩られた街を、足早に駆けていく。肌寒さと同時に飾り立てられる街並みは昔か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:壊れかけの独裁者 制限時間:4時間 読者:4 人 文字数:274字
「起きてください!」誰かが騒いでいる。目を開けようと思えば開けられるが、今は開けたくない。憶測ではあるが、何か嫌なことが起きているに違いないと思い込んでいるから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見憶えのある弁護士 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:430字
見覚えがある。あの弁護士には見覚えがあるぞ。この裁判…猥褻物陳列罪で逮捕された男を弁護しているあの男だ。検事の私はあの男とどこかで会ったことがある。卑劣な男だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の快楽 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:384字
小説の快楽。小説の快楽やと? そんなもんがあるか? 舐めておられるのか? 私はそうは思わない。俺は欠席していたのだから、仕方のないことだ。さあ、コーヒーを入れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なぺろぺろ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:224字
いいかい、落ち着いてよく聞いてくれよ。俺はそこらへんに転がってるようなくだらないペロペロをする奴らとは違うんだ。焦らし、転がし、ねぶり・・・その一挙一動に魂を込 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なぺろぺろ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:423字
「おまえ、そこで何しとんね」 男の声で振り向いて、そこには破れた服、泥だらけの顔、なんてみすぼらしいおっさん。浮浪者であろうか。「おまえ、そこで何しとんね言うと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なぺろぺろ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:749字
ぺろぺろするってのも一口に言って色んなやり方がある。「簡単なぺろぺろ」と「難しいぺろぺろ」だ。もちろんあなたがどちらを選ぶのか私はわかっている。「簡単なぺろぺろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:シンプルな小説練習 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:211字
私の残りバッテリーは6%だ。シンプルといえば逆に難しい…白か黒、あるいは陰と陽、対極的にあるものはすべてシンプルだと思う。さあ、どうする?君の選択は…僕が未来を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛、それは光 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:422字
あの頃の僕は、毎日が憂鬱だった。ただ与えられた仕事をこなし、家に帰って食事をし、眠る。変わり映えのしない毎日に嫌気が差していた。そんな生活を送っていた僕に、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:遠いしきたり 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:703字
この村には昔からの習わしがある。それは、村以外の人間と結ばれてはならないという事だ。しかし、時は平成。今更そんなしきたりを気にするのは誰もいないいなかった。上京 〈続きを読む〉