お題:免れた人体 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:691字
[削除]

完璧な身体
 視界モニタにはたくさんの化学物質の名前が並ぶ。わたしの「身体」にはさしたる影響もないものばかりだが、この場所の殺風景さを助長している気はした。直線とモノトーンで構成された研究所はとても無機質で、情緒を意識して作られた市街部とは根本からして違う。

 自分の中に感情を探す。緊張、あるいは高揚感。

人体を見るのは初めてだった。この白い廊下のどこかの扉に、先の大戦を免れた生身の人体がある。保存のために薬品処理されたはずのそれがどんな姿をしているか、わたしは写真越しにしか知らない。

 いま「生きている」人間と呼ばれる存在は、限りなくヒトの身体に似せて作られたという。工業的に再現された骨、内臓、皮膚。遺伝子を乗せただけの容れ物としての人間。

 いつの日か再び肉を得るために、わたしたちは遺伝子を混ぜ合わせる。結ばれ、子をなし、いずれ死ぬ。みんな薄々気づいているはずだ。こんなのはままごとに過ぎない。意味なんてないってことに。きっと永遠にわたしたちは機械のままだ。

 廊下を何度も曲がって、部屋に通された。中心にガラスケースが鎮座している。それを覗き込んで、わたしは機能を止めてしまいたくなった。

 それは、美しかった。乳白色のなめらかな体表、繊細な毛髪、細工物のような指、無駄のない骨格。どんな高級品の「身体」でもこうはいかない。わたしは気づく。

 確かに、これは取り戻すべきだ。

 思わず夢想する。なめらかに音もなく動く四肢、柔くきめ細やかな皮膚。

「良いでしょう? 協力する気になりましたか」

わたしは思わずうなずいていた。そんなつもりはなかったはず、なのに。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:免れた人体 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:539字
「小学生の頃に打ったBCGの注射って、当時は人体実験か何かかと思ったんだよね。だってほら、ハンコ注射っていうの? あれ、よく見る注射と形が違うじゃん」「わかる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:墨鴉 お題:優秀なプレゼント 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:152 人 文字数:1822字
『肥後に行く』 わたしの町内に半年ほど屯留していらっしゃった武蔵先生がそれだけ言ってこの地を去ってしまったのが、今からかれこれ十五年ほど前のことだ。 その当時で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やるおぐらし◆DlX4a2nVYM お題:経験のない目 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:146 人 文字数:1212字
九州の端のそのまた端にその島はあった。 地図にも載っていないような島民二百人前後の島。 その島の岩肌には目があるという。 目というのは比喩表現ではなく、動物が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:んりん お題:今日の監禁 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:325 人 文字数:1313字
「今日の監禁を始めまーす」二人きりの部屋に、女の声がやけに明るく響いた。毎日毎日飽きもせず、よくもまあこんなことを続けているものだ。私は後ろ手に椅子に縛り付けら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あまね お題:宿命のお天気雨 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:248 人 文字数:837字
「そうだ、九州行こう」一見すれば、なにか鉄道会社の広告に在りそうな言葉を吐き出したのは、杉木であった。杉木と私とは、いわゆる「同僚」というものであるのだが、ま 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:トモ お題:都会の虫 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:202 人 文字数:1135字
私たちが目にしてきた生き物たちは、地球上に存在する生き物の1万分の1もいないのではないだろうか。例えば、哺乳類の「犬」について考えたとしても、慣れ親しまれた柴犬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋野りす お題:死にかけの曲 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:196 人 文字数:1511字
ここは、九州地方。ここに、ある一人の青年が走っていた。「やったー発売延期してた、エロゲがついに今日発売だー!今から、マッスルハッスルだぜー」すると、足元においし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:俺様のcensoredに酔いな お題:夜の映画館 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:234 人 文字数:932字
設備も悪ければ客層も悪い。ラインナップは亜流のポルノばかり。九州で3番目だか4番目だかに古い、この町の映画館は、今や援助交際の温床になっていた。暗黙の了解、或い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幸人 お題:幸福な痛み 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:282 人 文字数:1007字
「幸せだよ」痛くないのと問う君に僕は笑いかける。汗が頬に滲み背中に激痛が走る。ああ、至高、至高。至高の幸福だ。いとおしい。痛みすら。「痛いでしょうと聞いたのに、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:小説家たちのラーメン 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:250 人 文字数:1465字
特定の誰かと私という、ふたりだけで秘密を共有するというのは、とってもぞくぞくするものだ。ふたりだけで目配せして他人にばれないように笑いあう。恋人でも家族でもない 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑のマンション 制限時間:4時間 読者:4 人 文字数:2205字
空を見上げた。なんとなく、見上げた。本当に意味なんかなかった。 ドサッと。その瞬間、空から何かが落ちてきた。「…………。…………え?」 人が落ちてきた。 その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:輝く男祭り! 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:202字
ヤレドッコイショードッコイショー\ドッコイショードッコイショー/ソーランソーラン\ソーランソーラン/ヤーーーーーーーレンソーランソーランソーラン\ハイッハイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今度の過ち 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1114字
僕は間違えてばかりだ。いつもいつも、大事なところで間違えてしまう。それが僕の最大の欠点で、けれど長所でもあった。 いつだったか、旅行に行く朝、集合場所を間違え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
めも ※未完
作者:匿名さん お題:小説家たちの任務 必須要素:ちょんまげ 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2096字
僕たちの出会いが偶然だったら良かったのに。どうしても僕は、そう思わずにいられないんだ。 王子はそう言いながら、彼女の首に手をかけた。 そのまま、彼女の首元に下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神のサラリーマン 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:333字
まるで神様のようだ、と拝まれる営業の男がいる。ようだ、ではなく、本当の神様――――らしい。ただ本人が言っているだけだから。 彼曰く、本来なら周囲に福をばらまく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どこかの食事 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:376字
ふわりと漂う湯気が鼻腔をくすぐる。くぅ、と切なく鳴いた腹の音に向かいに座る男は苦笑した。「食べてもいいんだよ?」優しく促され、恐る恐る用意されたスプーンを手に取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の動揺 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:291字
「今日からチームに入ることになった上木君だ。みんな仲良くしてやってくれ」 リーダーは快活な笑顔で新人を紹介すると、その生意気そうな新人の背中を押した。 押さない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:蓋然性のある蟻 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:2086字
一度読んだ小説の内容を忘れたことがないのが、僕の小さな自慢の種ではあったわけだけれど、翻って自分の過去の出来事を思い起こそうとすると、それがどうにも曖昧なことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
漫才師 ※未完
作者:匿名さん お題:平和と死 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:441字
昔々あるところに、衣吹とじじぃという売れない漫才師がいた。じ「こんばんは~。」衣「どうも~。昨日はは戦後70年でしたね~?」じ「戦争なぁ?……ワレワレハ~(^_ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:茶色い神様 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:358字
四月一日、エイプリルフール。桜は来たる入学式に備え蕾を大きく膨らませている。はっきり言って憂鬱だった。入ってくる一年坊達のキラキラした目と引き換えに、僕はまたあ 〈続きを読む〉