お題:免れた人体 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:539字

練習五日目

「小学生の頃に打ったBCGの注射って、当時は人体実験か何かかと思ったんだよね。だってほら、ハンコ注射っていうの? あれ、よく見る注射と形が違うじゃん」
「わかる。今思うと拷問っぽいよね」

 とあるファストフード店でハンバーガーを齧っていると、隣に座っていた女性二人の話声が聞こえてきた。恐らくは同年代くらいだろう。昼時を過ぎているからか、彼女達の声はよく響いている。

「あれって、何であんな形してるのかな?」
「さあ? でも、超怖かったのは覚えてる。今でも痕残ってるし」
「あー! わかるー!」

 肩の辺りを擦って、二人が楽しそうに笑う。ううむ、誰でも考えることは同じなんだな。ハンバーガーを食べ終え、アイスコーヒーを飲む。

「……そういえば。都市伝説か何かで聞いたことない? あの注射が実はBCGじゃなくて、全然違う薬だっていうの。新薬とか、洗脳の薬とか、そういうのが注射されてる人も居るみたいだよ」
「えー、何それこわっ!」
「ねー。でもさー、本当に違う薬が注射されててもわかんないよね」
「こうやって生きてるから大丈夫でしょ、多分」

 楽しそうに笑う二人。やれやれ、この国は平和だなぁ。二人の会話を名残り惜しく思いつつ、食べ終えたゴミを捨てて店を後にした。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れた人体 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:691字
視界モニタにはたくさんの化学物質の名前が並ぶ。わたしの「身体」にはさしたる影響もないものばかりだが、この場所の殺風景さを助長している気はした。直線とモノトーン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:彼女の平和 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:813字
世界樹の女神はかつて天秤の両端に等しく大樹を乗せ、片方だけが重くならぬよう一つずつ生き物を足した。そうして最後に人間が乗せられたが、人はたびたび女神との盟約を犯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:彼方@アイコン模索中 お題:急な感覚 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:626字
そのとき僕たちは、ただ、ゲームをしていただけだった。特定の場所を、自分の陣営の色に染め上げる、現実世界を利用したゲーム。そのイベントに、僕たちは参加していた。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:彼方@アイコン模索中 お題:僕と絵画 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:494字
いつの間にか、鉛筆か炭の音しか聞こえなくなった。波の入った紙に4Bを走らせて、一度深呼吸をする。相変わらず脚が安定しない丸椅子に手を置いて、一度あたりを見回す。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
後押し ※未完
作者:蒼井やまと お題:危ない借金 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:495字
言うまでもないことではあるが、借金は危険だ。 金は貨幣経済というヒエラルキーの頂点に座する、いわば顕在化した権力。ちょっと前まで俺たちの社会で物を言わせていた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:彼女と誤解 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:739字
林檎は赤で、葡萄は紫。普遍的な目を持つことだけが取り柄の十七歳が、白くもないものが白く見えてしまう、そんな魔法のような錯覚を覚えたのは熱で霞む街並みから遠く離れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:春木のん お題:混沌の食卓 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:733字
少しずつ、物の区別がつかなくなっている自覚があった。 鉛筆をかじってみたり、サンダルを植木鉢に植えてみたり、ベッドの下で寝てみたり。 自分ではわかっているつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:FRIDAY@小説家になろう お題:近い昼下がり 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1782字
一日で最も気温が高くなるのは午後二時である、というのは小学校で学んだ知識だ。三つ子の魂百まで、という話ではないが、そんなちょっとしたことばかり妙に覚えている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:傷だらけの小説家たち 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1171字
俺は昔からずっと、悪い子だった。今までいろんな場所で、いろんな種類の賞や評価を貰ってきた。ピアノ、バイオリン、水泳、サッカー、全国模試、その他にもたくさん。傍か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tkmksi お題:うわ・・・私の年収、「うりゃぁ!」 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1628字
年収が、ぶっちゃけ引くほど上がっていた。「え、どうしてこうなっているんですか?」「そりゃあ……だいぶ頑張ったでしょ、君。君の仕事は評判はいいし、きっちり仕事は 〈続きを読む〉

風嵐むげん@カクヨム★の即興 小説


ユーザーアイコン
練習三十日目 ※未完
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:8月の孤島 必須要素:幼女 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:251字
暑い。八月の孤島にフィールドワークに来たは良いものの、頭上からガスバーナーで炙られているかのような暑さに思わず日陰で休むことにした。「ねえ、お兄さん。今日も暑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:輝く稲妻 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:175字
空に輝く、紫色の稲妻。恐ろしくも美しい光景に、私は心を奪われた。 時として雷は広大な森林を焼き払ったり、多くの命を奪う。夜中でも空を眩しい程に明るくし、地面を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:プロの探偵 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:186字
「ドラマやアニメの探偵って、よく殺人事件の現場で犯人やトリックを推理していたりするけど……実際の探偵ってあんまりそういう事件の推理ってしないらしいね」「そうなの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:官能的な唇 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:295字
蜂蜜のような、甘い香りが鼻腔を擽る。嗅ぎ慣れない匂いに意識は覚醒まで引っ張り上げられ、僕は重たい目蓋を無理矢理にこじ開けた。そして、自分の腰に跨るその女を見つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:春の能力者 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1007字
彼女は花を咲かせることが上手い。特に春の花を美しく咲かせることには群を抜いており、彼女が営む花屋にはいつも客足が絶えなかった。 魔法学校を中退してから、早いも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:少年の脱毛 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:762字
「えーっと……すみません、その手に持つクリームは何ですか?「ふっふっふ……これはー、腕や足のムダ毛を綺麗に取ってスベスベにしてくれる優れものなのです」 真新しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:緩やかな奈落 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:292字
それは、緩やかな奈落へ続く一本道のように思えた。そこまで転がり堕ちられるのなら簡単なのに、道のりは緩やかだからそれも出来ない。底辺なのに歩いて行くしかないだな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:名付けるならばそれは人々 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:370字
世の中に存在する物事には、必ず名前がついている。これまで生きてきた人間達が、とても長い時間をかけて一つ一つを示す名前を付けていったのだと思うと中々に感慨深い。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:わたしの好きな場所 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:573字
ふと思い立って、僕はその場所へとやって来た。ずっと変わっていない筈なのに、あの頃よりもきつく感じる上り坂を必死に歩く。息を切らしながら歩を進める内に、踏み固め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:生かされた殺し屋 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:515字
男は夜の街を必死に逃げていた。既に灯りがある家やビルは少なく、街灯さえもくすんでいる。それらは彼の恐怖を煽ると同時に、仄暗い安堵感も与えてくれていた。 光を避 〈続きを読む〉