お題:免れた人体 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:539字

練習五日目

「小学生の頃に打ったBCGの注射って、当時は人体実験か何かかと思ったんだよね。だってほら、ハンコ注射っていうの? あれ、よく見る注射と形が違うじゃん」
「わかる。今思うと拷問っぽいよね」

 とあるファストフード店でハンバーガーを齧っていると、隣に座っていた女性二人の話声が聞こえてきた。恐らくは同年代くらいだろう。昼時を過ぎているからか、彼女達の声はよく響いている。

「あれって、何であんな形してるのかな?」
「さあ? でも、超怖かったのは覚えてる。今でも痕残ってるし」
「あー! わかるー!」

 肩の辺りを擦って、二人が楽しそうに笑う。ううむ、誰でも考えることは同じなんだな。ハンバーガーを食べ終え、アイスコーヒーを飲む。

「……そういえば。都市伝説か何かで聞いたことない? あの注射が実はBCGじゃなくて、全然違う薬だっていうの。新薬とか、洗脳の薬とか、そういうのが注射されてる人も居るみたいだよ」
「えー、何それこわっ!」
「ねー。でもさー、本当に違う薬が注射されててもわかんないよね」
「こうやって生きてるから大丈夫でしょ、多分」

 楽しそうに笑う二人。やれやれ、この国は平和だなぁ。二人の会話を名残り惜しく思いつつ、食べ終えたゴミを捨てて店を後にした。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れた人体 必須要素:九州 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:691字
視界モニタにはたくさんの化学物質の名前が並ぶ。わたしの「身体」にはさしたる影響もないものばかりだが、この場所の殺風景さを助長している気はした。直線とモノトーン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての勝利 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:662字
じゃんけんにどうしても勝てない。じゃんけんがめちゃくちゃ弱い。負けた記憶しかないので、いつだって手に入れたいものを手にできず辛酸を舐める日々だった。「僕、じゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たけこ お題:マイナーな空 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:839字
放課後。少年はクラスメートたちと教室の掃除をしていた。 すべてのチャイムが鳴れば今日の授業は終わる。終われば担任のホームルームがあってそれも終われば学校は授業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:天波 八次浪 お題:彼が愛したユートピア 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:434字
泥深い干潟が地平線の果てまで広がっている。 彼は柄杓で"種"を撒く。 着泥した水滴は、瞬く間に緑に濁る。 陽炎が立つ。 加速された珪藻が干潟に広がっていく。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:文章置き場 お題:鋭い、と彼女は言った 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:945字
映画が始まるまでの数分間の時間。いつも何を話すべきか迷ってしまう。少しの間、押し黙っていると、隣に座る彼女が口を開いた。「貴方のその指はどうしてそんなに美しいの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:うろ お題:苦しみの博物館 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1061字
歴史の授業を受けていると、人ってずーっと大変だったんだな、と思う。食べ物に飢えたり、今に比べてすごく重労働だったり。お互いに殺しあったり。割と最近になっても、仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の凶器 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:602字
――――人は誰でも、心に闇を持っている。これはよく聞く言葉である。では、人は誰でも、心に凶器を持っているとしたら?自分の中に無意識のうちに凶器を忍ばせているとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の凶器 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:631字
自分の放つ言葉に人を操る力があると気づいたのは最近のことだ。感情が高ぶった状態で誰かと話すと自分の言ったようにその人が動くことがしょっちゅうだった。どうやら私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kouta お題:とびだせプレゼント 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:647字
栗沢の生業は普通の人とはちょっと違っている。 サラリーマンみたいに朝から晩まで働く訳ではない。むしろ年一回冬の時期にしか働かなくていい職業だ。 そう言う意味で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち お題:壊れかけの社会 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1543字
称賛、喝采、富、栄光。その他の全てを望んではいけない望むべきではない。それらを望んだ時点で民達が描く夢想の塊である純粋な英雄ではない。完全たる無償の精神、どんな 〈続きを読む〉

風嵐むげん@カクヨム★の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:マイナーな空 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:881字
子供の頃に雲が金色に輝く夜空を見た、と人に話すと大抵馬鹿にされてしまう。寝ぼけていたのだろう、雷でも鳴っていたのだろうと。若い頃はムキになって違うと言い返して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:鈍い傑作 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:414字
目を奪われるとはこのことだろうか。彼はただ椅子に腰掛けて、窓の外を眺めているだけなのに。まるで絵画のような光景に思わず息を飲んだ。 血の気が無い肌は雪のように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:清い職業 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:577字
「ねえ、『清い職業』と言われたら何を思いつく?」「は?」 今、即興小説やっててさぁ。妹がパソコンの画面を睨んだままそう言った。即興小説……確か、ランダムで出題さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:やば、野球 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:815字
基本的にスポーツには興味がない。日焼けは絶対にしたくないし、汗もかきたくない。何より、小学生の頃のマラソン大会で、真っ赤になった顔をクラスメイトから散々に馬鹿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:今度の夏休み 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:947字
「ねえ、今度の夏休み何する? どこか行く予定ある?」 後ろの席に座る親友から、背中をボールペンで突っつかれて。一瞬何のことかと思ったけれど、すぐに思い当たった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:かっこ悪い病気 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:992字
医療事務という職に就いて、早くも四年と半年ほど。最初は意外にも多忙で目まぐるしい毎日に疲労困憊だったが、四年半もすれば流石に慣れた。 色々な事情を持った患者に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:免れた人体 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:539字
「小学生の頃に打ったBCGの注射って、当時は人体実験か何かかと思ったんだよね。だってほら、ハンコ注射っていうの? あれ、よく見る注射と形が違うじゃん」「わかる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
練習四日目 ※未完
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:冷たい螺旋 必須要素:コーラン 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:424字
「世界はまるで螺旋だな。人間は同じ過ちを繰り返し、過去から何も学ぼうとしない」 思わず、そう吐き捨てる。惰性で点けっぱなしだったテレビから流れる番組に、ネットニ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:かっこ悪い音楽 必須要素:豚肉 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:833字
スーパーなどで流れている音楽の中毒性は、一体何なのだろうか。出来るだけ鮮度が良さそうで、たくさん入っているお得な豚肉のパックを吟味しながら思う。この売り場に来 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
練習二日目 ※未完
作者:風嵐むげん@カクヨム★ お題:生きている修道女 必須要素:山田が犯人 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:814字
家に帰ってきたら修道女が死んでいた。 いや、正確にはまだ生きている。っていうか、余裕で生きている。 ただ。もの言わずにうつ伏せで寝そべり、ぴくりともせずに―― 〈続きを読む〉