お題:部屋とYシャツと体 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:410字

停滞感と色 ※未完
身体を動かすたびにほんのわずかな痛みを伴う。
一本一本のイグサが秩序正しく敷き詰められた畳の上で無造作にただ横になる私は、なんとも不恰好で、イグサにも劣る存在に思えた。

部屋唯一の窓からは日の光がスペシウム光線のように絶えず差し込み、室温を上げ続けた。
開け放った窓からは期待したほどの風も入ってこなかった。
窓から手を伸ばせば届く距離に、濃い緑をした木の葉が101匹わんちゃんのようにどれも似た様子でひしめき合う。
あと2週間もすればセミが命を消費しながら絞り出した声でこの部屋はいっぱいになるだろう。

肩口に目をやる。白い布が私をつつんでいた。
首元が黄ばんだ白いYシャツは私のものではないが、とくに着るものもないので仕方なく着用している。
私にできることはこの白をかぎりなく汚すことくらいだ。
そして、それをまた元どおりにしようと躍起になるだけ。
よほど生産的なんて言葉とは皆無の空間が私と部屋をつつんでいた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:鬼龍院asanuma お題:幼い電撃 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:813字
「おい、貸せって言ってるんだよ」 健太はいじめっこで、いつもひどいめにあわされている信夫、信也、信一の三人に囲まれ、一番ガタイの大きな信夫に突き飛ばされた。突き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:輝く男祭り! 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:202字
ヤレドッコイショードッコイショー\ドッコイショードッコイショー/ソーランソーラン\ソーランソーラン/ヤーーーーーーーレンソーランソーランソーラン\ハイッハイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今度の過ち 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1114字
僕は間違えてばかりだ。いつもいつも、大事なところで間違えてしまう。それが僕の最大の欠点で、けれど長所でもあった。 いつだったか、旅行に行く朝、集合場所を間違え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:宗教上の理由で罰 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1060字
ヒサシが両親を殺して捕まったと聞いて、僕は意外には思わなかった。 また叩かれるんだろうな、評論家はそういうことしかしないから。最初に考えたのはそんなことだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:マイナーな闇 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1028字
「ウソ、みんな自分のカバンに手を噛まれたことないの?」 サークルの合宿の飲み会が、一瞬、水を打ったように静まり返った。テーブルの上には空になったビール瓶がいくつ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:愛の恋人 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:289字
ベンチに腰を掛けて、駅から出てくる2、30人くらいの人達を見る。 平日の早朝ということもあって、スーツ姿の男性の割合が多い。 この人たちは手を延ばせば触れ合う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモとほっけ団 お題:愛の恋人 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1290字
繋がりがあればまた再会できると信じて僕らは中学の頃、ある約束をした。『ずっと一緒にいたいと時間が経っても変わらないなら、私たちが恋人になったあの場所で』 それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どこかの食事 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:376字
ふわりと漂う湯気が鼻腔をくすぐる。くぅ、と切なく鳴いた腹の音に向かいに座る男は苦笑した。「食べてもいいんだよ?」優しく促され、恐る恐る用意されたスプーンを手に取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の動揺 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:291字
「今日からチームに入ることになった上木君だ。みんな仲良くしてやってくれ」 リーダーは快活な笑顔で新人を紹介すると、その生意気そうな新人の背中を押した。 押さない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:平沢 お題:求めていたのは悪人 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:450字
「次の方どうぞ」声が響く。男は椅子から立ち上がり、一室に入って言 いった。この部屋ではある面接が行われていた。といっても就職や進学のための面接ではない。いや、就 〈続きを読む〉

十河一之介の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:清い霧 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:764字
この街には縁起が良いとされるものが三つある。一つは真夜中にニワトリが絶叫すること、もう一つは。そして最後に白い霧が真昼間から立ち込めること。その日は珍しいことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:帝王の会話 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:714字
大陸を南北に二分して東西に分かつ大きな国が二つあった。それぞれの国を治める西の国の王と東の国の王は、互いにどちらが優れているかをはっきりさせないと気が済まない性 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
一コマ ※未完
作者:十河一之介 お題:運命のアパート 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:439字
「気をつけて歩きなさいよ」あゆ美の口をついて出た言葉はわずかに遅かった。バシャッ!小さな水しぶきが360度に乱れ飛ぶ。あー。せなは口をあけたまま彼女なりにおどろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
停滞感と色 ※未完
作者:十河一之介 お題:部屋とYシャツと体 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:410字
身体を動かすたびにほんのわずかな痛みを伴う。一本一本のイグサが秩序正しく敷き詰められた畳の上で無造作にただ横になる私は、なんとも不恰好で、イグサにも劣る存在に思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:疲れた霧雨 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:451字
窓の外は見渡すかぎりの茶色。土。木。木というか大木。深い深い森のそのまた奥深くにこの小屋はある。人里離れたもんじゃない、秘境と呼べばその途方もない距離感が伝わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:気高い幻想 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:839字
みなが羨望の眼差しで見るのは仕方がないことだと思う。事実、私の身の回りには、その品位の高さを示すような珍品や珠玉の宝物が所狭しと部屋中を埋め尽くしていた。どこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
はみ出され者 ※未完
作者:十河一之介 お題:早すぎた君 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:559字
「よーい、ドン!」フライングというものは1回までなら許される。と、お思いだろうか。正しくは不正スタートというのだそうだが、競技によっては例えば陸上などでは、1度 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おとぎの森 ※未完
作者:十河一之介 お題:重い窓 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:284字
山奥深く、うっすら暗く木々に囲まれた場所にその家はある。家と言っても簡素なもので扉1枚、窓1枚のワンルーム。冗談抜きで三匹の子豚に登場する藁のおうち、といって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:免れた汗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:767字
ぎぃぃぃ、バタン!古びたクリーム色の鉄板は、不快な音を立てながら静かに閉まった。手探りで明かりのボタンを探し当て、力なく押す。わずかにタイムラグがあって、くぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雲と彼 ※未完
作者:十河一之介 お題:有名な雲 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:402字
「なあ知ってるか」二人だけの空間に静かな声が響く。返事のかわりに彼を見据える。「この世に同じものは存在しない。……厳密にはね。」そう言った彼は、それきり窓の外 〈続きを読む〉