お題:部屋とYシャツと体 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:410字

停滞感と色 ※未完
身体を動かすたびにほんのわずかな痛みを伴う。
一本一本のイグサが秩序正しく敷き詰められた畳の上で無造作にただ横になる私は、なんとも不恰好で、イグサにも劣る存在に思えた。

部屋唯一の窓からは日の光がスペシウム光線のように絶えず差し込み、室温を上げ続けた。
開け放った窓からは期待したほどの風も入ってこなかった。
窓から手を伸ばせば届く距離に、濃い緑をした木の葉が101匹わんちゃんのようにどれも似た様子でひしめき合う。
あと2週間もすればセミが命を消費しながら絞り出した声でこの部屋はいっぱいになるだろう。

肩口に目をやる。白い布が私をつつんでいた。
首元が黄ばんだ白いYシャツは私のものではないが、とくに着るものもないので仕方なく着用している。
私にできることはこの白をかぎりなく汚すことくらいだ。
そして、それをまた元どおりにしようと躍起になるだけ。
よほど生産的なんて言葉とは皆無の空間が私と部屋をつつんでいた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:肌寒い社会 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:883字
しばらく自分のものでない思考の海をさまよっていた。行ったことのない馴染みの店で、見たことのない恋人と、今夜食事をするらしい。自分ではない男は緊張している。大切 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:東京の失敗 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:887字
大都市東京。世界有数の大都市だった東京はわずか数十年でその見る影もなくみすぼらしい姿になっていた。理由は一つ。高度なAIによる雇用の喪失だった。単調な作業を人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四畳半カバネ お題:潔白な秘部 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:519字
自身の理想とは、果てなく脆い。際限なく求めてしまう。しかし現実がすぐに水を差す。そして悟るのだ。自分はいかに矮小であるかを。正しさを求めていた。誰もが正しさを重 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな魔物 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1013字
窓から差し込む柔らかな日差しが、教室中に降り注ぐ。単調なリズムで読み上げられる古文の調べは、昼食を終えたばかりの生徒たちにゆっくりと、かつ確実に魔物の侵略を許 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:俺の秋 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1020字
「秋なんです」「今は冬ですよ」「私は秋なんです」「わかりました。あなたは秋なんですね。それでいいです。話を続けてください」「今は私以外が秋でなくても秋の食べ物が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ふす お題:楽観的な帝王 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:451字
「もう、嫌だ」そのだだっ広い空間にコットリ国の帝王の声が響く。何を言っているんだ?またか、この王は…と大臣たちはいつもの事だとでも言うようにため息を飲み込んだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:当たり前の子犬 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:557字
サンタクロースが来たことはなかった。保育園のお遊戯会や、お友達とのお話で出るその人は、地球上を一晩で回りきり、世界中の子どもたちの夢を叶えてくれるらしい。私の家 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:i お題:当たり前の子犬 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:588字
君は子犬になるといいよ。これからは僕の犬だ。私の人権を無視したその発言が、私を救ってくれたなんて誰にも言えるはずがない。かわいそうだね、と笑いながら私を拾い上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SHYTARN@美少年大好き侍 お題:許せない策略 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:691字
小腹が空いたので、何かつまもうと冷蔵庫を開けた。中には非常においしそうなプリンが鎮座している。圧倒的な存在感を誇る、通常のものより一回り大きいそれは、手に持って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:求めていたのは小説 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:966字
物語の中の王子様に憧れた。いつか私を迎えに来てくれる、幼い頃はそう信じていた。成長していくにつれ、現実を知っていった。王子様なんていないということ。でも、理想は 〈続きを読む〉

十河一之介の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:簡単な口 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:549字
「乗り気じゃなかったんだ」そう口を開いたのはスパッドだった。そりゃそうだろう。だれだって相当に追い詰められていなければ盗みになんて入らないさ。なにを当たり前のこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:限りなく透明に近い悲劇 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:554字
歩いて帰るのはきらいじゃない。そう木下華が思ったのは夕暮れどき、ほどよく空に雲がかかった、西日を背にして家路についているときだった。前方には黄色い全方位につばが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:清い霧 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:764字
この街には縁起が良いとされるものが三つある。一つは真夜中にニワトリが絶叫すること、もう一つは。そして最後に白い霧が真昼間から立ち込めること。その日は珍しいことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:帝王の会話 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:714字
大陸を南北に二分して東西に分かつ大きな国が二つあった。それぞれの国を治める西の国の王と東の国の王は、互いにどちらが優れているかをはっきりさせないと気が済まない性 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
一コマ ※未完
作者:十河一之介 お題:運命のアパート 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:439字
「気をつけて歩きなさいよ」あゆ美の口をついて出た言葉はわずかに遅かった。バシャッ!小さな水しぶきが360度に乱れ飛ぶ。あー。せなは口をあけたまま彼女なりにおどろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
停滞感と色 ※未完
作者:十河一之介 お題:部屋とYシャツと体 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:410字
身体を動かすたびにほんのわずかな痛みを伴う。一本一本のイグサが秩序正しく敷き詰められた畳の上で無造作にただ横になる私は、なんとも不恰好で、イグサにも劣る存在に思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:疲れた霧雨 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:451字
窓の外は見渡すかぎりの茶色。土。木。木というか大木。深い深い森のそのまた奥深くにこの小屋はある。人里離れたもんじゃない、秘境と呼べばその途方もない距離感が伝わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:気高い幻想 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:839字
みなが羨望の眼差しで見るのは仕方がないことだと思う。事実、私の身の回りには、その品位の高さを示すような珍品や珠玉の宝物が所狭しと部屋中を埋め尽くしていた。どこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
はみ出され者 ※未完
作者:十河一之介 お題:早すぎた君 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:559字
「よーい、ドン!」フライングというものは1回までなら許される。と、お思いだろうか。正しくは不正スタートというのだそうだが、競技によっては例えば陸上などでは、1度 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おとぎの森 ※未完
作者:十河一之介 お題:重い窓 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:284字
山奥深く、うっすら暗く木々に囲まれた場所にその家はある。家と言っても簡素なもので扉1枚、窓1枚のワンルーム。冗談抜きで三匹の子豚に登場する藁のおうち、といって 〈続きを読む〉