お題:部屋とYシャツと体 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:410字

停滞感と色 ※未完
身体を動かすたびにほんのわずかな痛みを伴う。
一本一本のイグサが秩序正しく敷き詰められた畳の上で無造作にただ横になる私は、なんとも不恰好で、イグサにも劣る存在に思えた。

部屋唯一の窓からは日の光がスペシウム光線のように絶えず差し込み、室温を上げ続けた。
開け放った窓からは期待したほどの風も入ってこなかった。
窓から手を伸ばせば届く距離に、濃い緑をした木の葉が101匹わんちゃんのようにどれも似た様子でひしめき合う。
あと2週間もすればセミが命を消費しながら絞り出した声でこの部屋はいっぱいになるだろう。

肩口に目をやる。白い布が私をつつんでいた。
首元が黄ばんだ白いYシャツは私のものではないが、とくに着るものもないので仕方なく着用している。
私にできることはこの白をかぎりなく汚すことくらいだ。
そして、それをまた元どおりにしようと躍起になるだけ。
よほど生産的なんて言葉とは皆無の空間が私と部屋をつつんでいた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:茶色い小説の書き方 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
なんでこんな会社に勤めたんだろうかと数年前を思い出すが、やっぱりこの仕事しかなかったなと思う。めんどくさいことは不得意だし、淡々と同じことをするのはしようにあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Mazzn1987 お題:茶色い顔 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:486字
エイトビート。 裏拍。 下がるのではなく、スネアのタイミングに弾むように。 西日が差し込むサークル棟の部室で青年はギターを弾いていた。 定期考査を控えた大学の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dソルト@『永久パピルス』 お題:茶色い顔 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:805字
テイラーは地面に張り付いたかのように動かなくなった。肉が、骨がという状態ではない。地面にという絨毯に描かれたグロテスクな模様になったのだ。ナンシーはそれを見てあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄色い人 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:952字
娘の通っていた幼稚園の参観日に行った時のことだ。 少し時間が早かったので、わたしは娘のいる教室の前に張り出された絵を眺めることにした。 恐らくは、自分と友達を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
壊れた戦車 ※未完
作者:表田 圭 お題:戦争とガールズ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:615字
遊具など一つもない、だだっ広い公園。ベンチがいくつか設置されているくらいで、散歩の途中の老人やランニング中の人、犬と散歩をしている人がぽつりぽつりと点在してい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
お茶会 ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:奇妙なお茶 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:536字
「匙の先が上に向いているやつは睡眠薬が入っているので、飲まないように」 事前にそう伝えておいたはずだったが、娘はこちらを挑発するように睨み、真っ白い手を一番に盆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ねじれる世界 ※未完
作者:雷藤和太郎 お題:ねじれた屍 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:896字
遺体は無残にも水を絞られた雑巾のようにねじられて、その亡骸は実際に干からびていた。「むごい……」 あまりの様子に口をおさえて呟くが、いまいちそれが人間の遺体に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神野 お題:やわらかい表情 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:667字
彼女は、いつも何を考えているのか分からない表情をしていた。俺も以前は他のクラスメイトと同じく『人の思考が読めるという理由から恐れられている人』という認識であった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:漆黒の闇に包まれし潮風 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1256字
「なぁどうしてお前に風の名前がついてると思う」 その声に少女は振り向きざまに蹴りを、「そんなのあんたの勝手に決まってるでしょ」 片手で封じる。 戦闘訓練をさせた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
花の意味 ※未完
作者:月@CoC お題:小説家の花 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:580字
とある小説家の部屋には、一輪挿しが置いてあるそれは、よく手入れされて、大事にされている花だ別段、小説家は花に詳しいわけでもなく、別に好きなわけでもないけれど、小 〈続きを読む〉

十河一之介の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:簡単な口 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:549字
「乗り気じゃなかったんだ」そう口を開いたのはスパッドだった。そりゃそうだろう。だれだって相当に追い詰められていなければ盗みになんて入らないさ。なにを当たり前のこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:限りなく透明に近い悲劇 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:554字
歩いて帰るのはきらいじゃない。そう木下華が思ったのは夕暮れどき、ほどよく空に雲がかかった、西日を背にして家路についているときだった。前方には黄色い全方位につばが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:清い霧 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:764字
この街には縁起が良いとされるものが三つある。一つは真夜中にニワトリが絶叫すること、もう一つは。そして最後に白い霧が真昼間から立ち込めること。その日は珍しいことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:帝王の会話 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:714字
大陸を南北に二分して東西に分かつ大きな国が二つあった。それぞれの国を治める西の国の王と東の国の王は、互いにどちらが優れているかをはっきりさせないと気が済まない性 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
一コマ ※未完
作者:十河一之介 お題:運命のアパート 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:439字
「気をつけて歩きなさいよ」あゆ美の口をついて出た言葉はわずかに遅かった。バシャッ!小さな水しぶきが360度に乱れ飛ぶ。あー。せなは口をあけたまま彼女なりにおどろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
停滞感と色 ※未完
作者:十河一之介 お題:部屋とYシャツと体 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:410字
身体を動かすたびにほんのわずかな痛みを伴う。一本一本のイグサが秩序正しく敷き詰められた畳の上で無造作にただ横になる私は、なんとも不恰好で、イグサにも劣る存在に思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:疲れた霧雨 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:451字
窓の外は見渡すかぎりの茶色。土。木。木というか大木。深い深い森のそのまた奥深くにこの小屋はある。人里離れたもんじゃない、秘境と呼べばその途方もない距離感が伝わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:気高い幻想 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:839字
みなが羨望の眼差しで見るのは仕方がないことだと思う。事実、私の身の回りには、その品位の高さを示すような珍品や珠玉の宝物が所狭しと部屋中を埋め尽くしていた。どこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
はみ出され者 ※未完
作者:十河一之介 お題:早すぎた君 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:559字
「よーい、ドン!」フライングというものは1回までなら許される。と、お思いだろうか。正しくは不正スタートというのだそうだが、競技によっては例えば陸上などでは、1度 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おとぎの森 ※未完
作者:十河一之介 お題:重い窓 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:284字
山奥深く、うっすら暗く木々に囲まれた場所にその家はある。家と言っても簡素なもので扉1枚、窓1枚のワンルーム。冗談抜きで三匹の子豚に登場する藁のおうち、といって 〈続きを読む〉