お題:部屋とYシャツと体 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:410字

停滞感と色 ※未完
身体を動かすたびにほんのわずかな痛みを伴う。
一本一本のイグサが秩序正しく敷き詰められた畳の上で無造作にただ横になる私は、なんとも不恰好で、イグサにも劣る存在に思えた。

部屋唯一の窓からは日の光がスペシウム光線のように絶えず差し込み、室温を上げ続けた。
開け放った窓からは期待したほどの風も入ってこなかった。
窓から手を伸ばせば届く距離に、濃い緑をした木の葉が101匹わんちゃんのようにどれも似た様子でひしめき合う。
あと2週間もすればセミが命を消費しながら絞り出した声でこの部屋はいっぱいになるだろう。

肩口に目をやる。白い布が私をつつんでいた。
首元が黄ばんだ白いYシャツは私のものではないが、とくに着るものもないので仕方なく着用している。
私にできることはこの白をかぎりなく汚すことくらいだ。
そして、それをまた元どおりにしようと躍起になるだけ。
よほど生産的なんて言葉とは皆無の空間が私と部屋をつつんでいた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
ミカン ※未完
作者:匿名さん お題:初めての霧雨 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:419字
ちょっとやそっと雨が降ったくらいじゃプールの授業はなくならない。ましてやこんな霧雨じゃ、僕の体温を奪っていくだけ。 八月も終わるのに、まだプールの授業は続く。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒尽くめの罪人 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:221字
僕は闇夜に乗じて動く。闇に埋もれるように上から下まで全部黒。コーディネートとか買う服の選択にも困らない。すべて黒だからだ。 どうせ暗いんだから色なんてどうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:うわ・・・私の年収、故郷 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1022字
開拓時代とは、基本的にどの年代においてもおおらかな時代である。なんといっても、結果さえ出せばだれもが一夜にして億万長者になれる時代、あるいは終の棲家と安定した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:うへへ、女祭り! 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:755字
池の傍に座り込んで餌をやっていれば誰でも人気者の気分が味わえる。水面から口を出してぱくぱくせっついてくる鯉は、我先にとほかを押しのけんばかりの勢いである。 雑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デコ弁当 ※未完
作者:雷藤和太郎 お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:867字
「あ、ありがとう」 周りのクラスメイトがざわついたのも無理はない。俺の目の前には学年でもかなり目立つギャルが立っていて、その手にはクロスに包まれた弁当が提げられ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ロケット お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:818字
前山丹波駅の東口を出て正面、ホテルニュータンバ沿いの通りを歩いて2つ目の信号を右に。少し狭い路地を進んだところのコンビニエンスストア隣に、そこはある。 気を付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:833字
勇者、山田花子は暴虐者としても知られていた。魔物たちは山田花子によって見るも無残な目にあい、成敗されていた。その世界の悪は山田花子の名を聞けば即座に震え上がり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:怪しい昼 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1134字
ドラッグパーティで、コカイン粉末の後にヘロインタバコを吸った僕は、ジミ・ヘンドリクスが舞台の上でギターを使ってファイア・パーティした時に会場を盛り上げたファイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:ゆるふわな善 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1261字
一日一善をしなさい。 少女は毎日のように小さなとても見えない気遣いをし続けた。 誰かが忘れた落とし物を交番や、落とし物入れにいれたり、消し忘れの黒板を消してあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:少年の恋人 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1003字
あの日の少年は今はどこにいるのだろう。私はふと、そんなことを思った。これは私が中学生だった頃の話だ。隣の空き家に1組の家族が引っ越してきた。そこには、子供が1人 〈続きを読む〉

十河一之介の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:清い霧 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:764字
この街には縁起が良いとされるものが三つある。一つは真夜中にニワトリが絶叫すること、もう一つは。そして最後に白い霧が真昼間から立ち込めること。その日は珍しいことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:帝王の会話 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:714字
大陸を南北に二分して東西に分かつ大きな国が二つあった。それぞれの国を治める西の国の王と東の国の王は、互いにどちらが優れているかをはっきりさせないと気が済まない性 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
一コマ ※未完
作者:十河一之介 お題:運命のアパート 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:439字
「気をつけて歩きなさいよ」あゆ美の口をついて出た言葉はわずかに遅かった。バシャッ!小さな水しぶきが360度に乱れ飛ぶ。あー。せなは口をあけたまま彼女なりにおどろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
停滞感と色 ※未完
作者:十河一之介 お題:部屋とYシャツと体 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:410字
身体を動かすたびにほんのわずかな痛みを伴う。一本一本のイグサが秩序正しく敷き詰められた畳の上で無造作にただ横になる私は、なんとも不恰好で、イグサにも劣る存在に思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:疲れた霧雨 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:451字
窓の外は見渡すかぎりの茶色。土。木。木というか大木。深い深い森のそのまた奥深くにこの小屋はある。人里離れたもんじゃない、秘境と呼べばその途方もない距離感が伝わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:気高い幻想 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:839字
みなが羨望の眼差しで見るのは仕方がないことだと思う。事実、私の身の回りには、その品位の高さを示すような珍品や珠玉の宝物が所狭しと部屋中を埋め尽くしていた。どこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
はみ出され者 ※未完
作者:十河一之介 お題:早すぎた君 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:559字
「よーい、ドン!」フライングというものは1回までなら許される。と、お思いだろうか。正しくは不正スタートというのだそうだが、競技によっては例えば陸上などでは、1度 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おとぎの森 ※未完
作者:十河一之介 お題:重い窓 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:284字
山奥深く、うっすら暗く木々に囲まれた場所にその家はある。家と言っても簡素なもので扉1枚、窓1枚のワンルーム。冗談抜きで三匹の子豚に登場する藁のおうち、といって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:十河一之介 お題:免れた汗 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:767字
ぎぃぃぃ、バタン!古びたクリーム色の鉄板は、不快な音を立てながら静かに閉まった。手探りで明かりのボタンを探し当て、力なく押す。わずかにタイムラグがあって、くぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雲と彼 ※未完
作者:十河一之介 お題:有名な雲 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:402字
「なあ知ってるか」二人だけの空間に静かな声が響く。返事のかわりに彼を見据える。「この世に同じものは存在しない。……厳密にはね。」そう言った彼は、それきり窓の外 〈続きを読む〉