お題:遠いエデン 必須要素:冷え性 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:1102字

くべるって言葉ある?
寒風吹きすさぶ雪原、私がいるのはその真ん中に立つロッジ。室内は暖房設備が完備しており、暖炉には薪がくべてある。くべてあるっていうのは正しい言葉なのかどうか、それが不安ではある。私は今の今まで暖炉には薪をくべるものとして言葉を使っていたが、くべるという言葉が、一向に変換されなくて、それで急激に不安になっているが、とにかく今、それはメインの事柄ではない。

とにかく私が今いるこのロッジから窓の外を見ると、正気とは思えないほど雪がばさばさと吹雪いており、その様相はもはや南極物語か、あるいは郵政からの・・・遊星からの物体Xである。金田一少年の事件簿で行ったら雪夜叉が出てくる雰囲気である。三巻から四巻の。

で、そんな外の様相を見れば、誰がどう見たって外に出るべきではないというのはわかりきったことである。誰がそんな天気の日に外に出たいものか?私はタロット山荘ではじめちゃんを探しに行った美雪ちゃんじゃないのだ。十三巻から十四巻の。

室内を見てみろ、暖炉には薪がくべてあり、それがこうこうと燃えている。暖炉の火というのは人の心を穏やかにする効果がある。あるらしい。知らないけど。意外とオレンジの電気でもそういうのは感じれるかもしれないけども、でもとにかく。暖炉には火が灯り、床は断熱材でしかも床暖、部屋の中央には炬燵が配置しており、それだって布団をスカート捲りみたいにめくってみると、オレンジ色の暖かげな光がともっている。さらに炬燵の上の天板にはもう準備の必要もないウイスキーと氷の入ったなんかあの入れ物、名前知らない。そしてグラスである。私の好きな丸すぎず、それでいて角張っていないウイスキーグラスである。マドラーもある。そのマドラーがまたおシャンティなマドラーで持つところに、クリスマスツリーが装飾されたもので、どこで買ったんですかこんなの?東急ですかそれともロフトですか?みたいな類のもので、

もっともっと言うと、天板の上には、スモークサーモンとクリームチーズと、ローストビーフと生卵がおいてあり、もうお酒飲めるじゃん!

という感じであった。

うん。

冷え性の私はそこでこれからお酒を飲むつもりだった。

「うひょおおー!」
飲み放題じゃあーん!

「・・・」
しかし、

私は窓の外を見た、相変わらず、外の様相はひどい。北海道みたいだ。サロベツ原野ってこういう感じなのかもしれない。

しかしここから見えるちょっと行ったところに、

『遠いエデン』
と書かれている場所があった。

それが無性に気になった。

しかし、部屋には防寒着はない。

出るなら、このままいかなくてはいけない。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:( お題:弱い嘔吐 必須要素:冷え性 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:344字
寒いなぁ…などと思いつつ、先を歩んだ。寒さからなのか、軽く嘔吐してしまった。できるだけ上へ。それだけを胸に抱いて、空を駆けた。空を掴んでもがいて、空を足場にして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:壊れかけの風 必須要素:冷え性 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:171字
壊れかけの風ビュービュービ...あれ風の調子が悪いどうやら喉が詰まるようだビュービュービューーーー、っふー風の調子悪い腰のあたりが痛い腰痛を抱えているようだビュ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ひえひえ ※未完
作者:匿名さん お題:強い笑い声 必須要素:冷え性 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:920字
昔から体温が低く、極端すぎる冷え性の体質を持つ私は風が少しでも冷たく感じる時期になったら九月でも十月でも必ずマフラーを首に巻き手袋を手に嵌めて外に出ていた。周り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:五色豆 お題:女の姫君 必須要素:冷え性 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:643字
緑豊かな国があった。その国は美しい湖が自慢であり、そこでとれる魚料理がとても美味しい国だった。だが国民が最も誇りに思っているのは、湖の傍にそびえ立つ白亜の城、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:山の端 お題:ゆるふわ愛されピアニスト 必須要素:冷え性 制限時間:15分 読者:131 人 文字数:511字
そのピアニストは花を愛していたそうだ。 ならば、最期にも棺桶の中で花に包まれる自分を想像することで、少しは心を慰められただろうか。 とはいえ、と中年男の刑事は 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:山の端 お題:東京の模倣犯 必須要素:冷え性 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:588字
冷たい。 最近はよく冷える。熱を溜め込むというコンクリートだらけの東京でも残念ながらそれは変わらなかった。 テレビからは悲しいニュースばかりが流れている。最近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:今さん お題:犯人は超能力 必須要素:冷え性 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:670字
「最近何か冷えるんだよなぁ」そんな素っ頓狂な事を言ってくるのは我が友であるこの男。しかし、まさかこの男からこんな言葉を聞くとはな。「そのセリフ、お前から聞くこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きさ お題:帝王のサッカー 必須要素:冷え性 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:887字
帝王とよばれたチームが存在した。 サッカーの世界においてその十一人にかなう者はなく、国内どころか、世界さえも席巻した。 あまりの強さに、色々なチームが挑戦した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
真剣 ※未完
作者:進藤伐斗 お題:紅茶と死 必須要素:冷え性 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:485字
薄暗い部屋で、6寸くらいの厚みのある将棋盤を挟んで二人の男が対峙していた。 30半ばくらいの男が紅茶をすすりながら、目の前の10代後半くらいの少年に向かって声 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:信用のない足 必須要素:冷え性 制限時間:15分 読者:167 人 文字数:1333字
「あ~、もう何でコタツ壊れちゃったのよぉぉぅ」「仕方ないよ、十年も使っていたんじゃあ、コタツにだって寿命は来る。相当古いし、このコタツ」 せめて蒲団だけは暖かい 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:安全な冤罪 必須要素:切符 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:2939字 評価:2人
最近寝すぎる。「zzz」どころではない。「もうずっと、ずーっとzなんだよおー」ほんともうずっとzなの。三千世界っていう言葉があって、それが広い世界を表すんだとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:情熱的な殺し 必須要素:クリスマス 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:925字
まだまだ全然クリスマスとは関係ない春の日ではあるが、1通の手紙が届いた。「サンタさんへ、ゲーム機がほしいです」という手紙である。なんで今届いたんだろう?と疑問に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:シンプルな彼 必須要素:牛肉 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:797字
うららかな春の陽気に誘われて、「あ、いかん」という言葉を最後に昼寝をしてしまって、半ば意識を刈り取られる感じでふひゅってスイッチが切れたみたいに寝ていると、なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:うるさい墓 必須要素:太宰治 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:877字
ある知り合いが死んだという話を電話で聞かされた。「じゃあ、お墓参り行きます」という事でお墓参りに行った。お墓参りが好きである。墓地が好きなのかもしれない。お墓は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:運命の恋人 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:763字
「運命って信じる?」みたいなことを言われて、ギブした。それはもうすぐにギブした。「ないないないない、それはないよ。もう駄目やめて、無理恥ずかしい」運命があるかど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:くだらない料理 必須要素:イヤホン 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:966字
チキンラーメン用に卵を買ってきたのだけど、余った。「ふむ、どうしようか」チキンラーメンのセットの袋とパックの卵の数が合わないために、このような奇怪な現象が起こる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:恋の父 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:989字
普段、実家からの連絡は携帯を介して行われる。携帯である理由は、大体の場合母親が連絡をしてくるためである。父からの連絡というのはめったに来ない。父が電話を好まない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:とてつもない電撃 必須要素:どんでん返し 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:2726字 評価:0人
大体にして段ボールを触ってから金属片に触れると、電気が走る。静電気の話。「でも、少し前に静電気の話書いてたよね?」そういえばそう。確かに書いた記憶がある。確かタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:騙された母 必須要素:サスペンス 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:918字
携帯に電話がかかってきていた。見ると、実家からの連絡だった。「え、ええ~」連絡は十回以上かかってきていた。私だって出れるときと出れない時くらいあるでよ。と思った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:名付けるならばそれはクリスマス 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:668字
桃太郎はしょっちゅう帰ってきた。「ただいま」と言って普通通り帰ってきた。「大丈夫?ケガしてない?」夫婦は心配した。「大丈夫大丈夫」川上から巨大な桃が流れてきてそ 〈続きを読む〉