お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:965字

声はいまでも聞こえてますか
「いいかい。よくお聞き。」

おもむろに、話し始めたおばあちゃんの声は、厳かで、でもゆっくりとした優しい声だった。

「かならず、まわりの声を大事にすること。かならず、自分の気持ちを大切にすること。かならず、感謝の気持ちを忘れないこと。」

この言葉がすんなりと私の体に入ってくるのは、やっぱり私がおばあちゃんのことが大好きだったからなのかもしれない。
物心つくかつかないくらいの頃から、おばあちゃんのいる田舎へちょくちょく遊びに行っていた。そして、都会へ帰るときは、いつもこの言葉がお守りとして、見送りの際に添えられた。
もちろん、小さいころの私には理解できなくて、私は半分おまじないの呪文のように楽しげに唱えていた。

まわりのこえをだいじにすることー。じぶんのきもちをたいせつにすることー。かんしゃのきもちをわすれないことー。

大人になって、社会人として世を渡っていく自分を振り返ると、ふと脳裏にこの言葉が浮かんでくる。
忘れていないかい?とおばあちゃんの優しい顔と一緒に。
その度に、大丈夫、忘れてないよ、と浮かんでくるおばあちゃんに私は微笑み返すことにしている。

大丈夫。私は忘れてはいない。大丈夫。
心の中で呪文を唱えながら、私の一日は今日もはじまるのだ。

しかし、今日は休日。仕事が珍しく忙しくなく、何かしないといけないようなこともない。
そういう日は大抵外にふらーっとでかけて、ショッピングしたり、本屋に寄ったりするのだが。

そういえば、と私は思う。最近行っていない公園がある。小さいころよく行っていたけれど、中学に上がると同時に行かなくなった公園。そして、一人暮らしの私の家からは、距離があるものの、電車で行けばすぐに着く。

久しぶりに遊びに行こうかしら。
思い立ったが吉日。さっそく玄関を飛び出す。おめかしは最低限で。子供のようにはしゃぐことを思い出しながら。

軽い気持ちで出かけた。


しかし、到着したときの私の感動は言葉にできなかった。
セミの声。公園で遊ぶ子供の声。ベンチの奏でる曲や、ブランコのいびき。
大好きな大きな木。古びた柵。

懐かしい声がたくさん溢れていた。ずっと忘れていたなつかしさがそこにはあった。

忘れてないかい?おばあちゃんが現れる。
うん。思い出したよ。私は答えた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:491字
「ご主人、ご主人、おかえりなさいです」 小さな足をペチペチと床にうちつけながら、それはたった今帰宅したばかりの私に駆け寄ってきた。 体長15cm。 桃色の髪を腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:最後の作品 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:843字
チャンブリジンズは作った作品を見下ろし、思い切りため息をついた。見てわかる、鮮やかさが足りない。絵具を塗りたくった「だけ」のような、素人がつくる作品に近い。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最後の芸術 ※未完
作者:匿名さん お題:最後の芸術 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:820字
「僕には、もう残り時間がありません」そう言って、彼は突然私に声をかけてきた。ナンパする男なんて最低だと思っていたけれど、それでも彼の真摯な瞳は胸に突き刺さるもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
廃世界 ※未完
作者:匿名さん お題:哀れな血 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:374字
毎日一定量の血を抜かれる。 それと引き換えに望み通りの生活を手に入れられるとしたら、君はどうするだろうか。 血、と言っても健康を害しない程度の量だ。 多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月の愛 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:471字
今日のために、私は1年準備をしてきた。なんてったって今日は聖夜!クリスマス!世に言う恋人たちの日である。そんなおいしいイベントにこの私が乗っからないわけがないじ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:天才の結婚 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:424字
あの頃の僕は自分の能力が優れていると確信していたし、世間一般の目から見てもそれは事実だった。 次々と新技術を開発する自分を天才だという人は多かった。 少し調子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:僕の嫌いな鳥 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:681字
「どうしてお前はいつも僕の知らない間にご飯を食べて鳴いてるんだ?」 ペットのにわとりをなでてもこけこけごきごきぐけぐけと動くだけで僕の感情は一方通行。「にわもい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:メジャーな豪雨 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:756字
熱帯地方、赤道の近く、周囲の地形と、風の通り道と、気温上昇、海との距離がたまたま上手く噛み合い、そこは世界でいちばん雨が降る街になった。およそここ三千年ほどの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:瓜ノ助 お題:アルパカのエリート 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:512字
自分にだけ向けられるスポットライト。無機質な観客の視線。舞台袖からの無言の声援。肩に感じる、圧とかプレッシャーとか。不安とか。全部、化粧の下に隠して。全部、別人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と憎しみの体験 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:426字
身体に意識が舞い降りた瞬間、これは空を飛ぶ夢に違いない、そう確信した。 僕は広い駐車場の真ん中に立っていて、目の前には高いマンションがあった。 僕は走った。こ 〈続きを読む〉

がしゃの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:今日の命日 必須要素:九州 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:2568字 評価:0人
僕たちは、生きていると言えるのだろうか。たくさんの人を見てきた。たくさんの生き物を見てきた。小さな出来事やあの子の心の葛藤、森の囁きから砂漠の怒りまで。つまりは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:頭の中の吐息 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1614字
今日も今日とて、昼間になれば暑い夏。今はまだ早朝だ。熱を持ったばかりの朝日と、爽やかな風が気持ちよい。リビングでコーヒーを一杯。そうして一日が始まる。「おっはよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:夏の小説修行 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:835字
僕は今、小説を書いている。理由は?とかはよく聞かれる。すごいね、とも言われたりする。なるべく本を読むように、という最近の風潮は、あたかも読書することは自ら進んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:馬鹿な消費者金融 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1136字
金儲け。これが人生のすべてである。幸せ?楽しさ?やりがい?人助け?おいおい、馬鹿でかい夢を語る前に必要なもんってのがあるだろ?金だよ金。人生を完走するためにも、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:阿修羅小説修行 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:977字
「どうだ。悪くない話だろう?」その一言に頷いてしまったのが、最悪の物語の始まりだったとは。時間がない。体力がない。ゆえに、続けられない。そういったことを理由にし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:部屋とYシャツと排泄 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:2845字
はい。分かってます。ええ。では。ブツッ。電話の切れる音がした。事実、電話は切れ、残されたのは街中にたたずむ彼ひとり。なんの電話だったのか、私は知らない。ただ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:未来の瞳 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1684字
たまによくある、夢の中。たいていは夢と気づかずに楽しんだり悲しんだりよくわからなかったり。でも、稀に自分が夢の中にいるってわかるときがある。そうしたら、自分の思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:純粋な光景 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1655字
いつかまた、この場所で会おうね。そう言った声をあなたはまだ覚えてくれているでしょうか。もちろん、私はずっと覚えている。もう10年は経ってしまっているけれど。もう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:965字
「いいかい。よくお聞き。」おもむろに、話し始めたおばあちゃんの声は、厳かで、でもゆっくりとした優しい声だった。「かならず、まわりの声を大事にすること。かならず、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:飢えたダイエット 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1043字
・・・・・。耐えられる気がしない。もう、このままでは。照らすは太陽。正午過ぎの校庭で、自分だけがうだるような暑さに苛まれている。あたりの景色に異変などない。おか 〈続きを読む〉