お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:965字

声はいまでも聞こえてますか
「いいかい。よくお聞き。」

おもむろに、話し始めたおばあちゃんの声は、厳かで、でもゆっくりとした優しい声だった。

「かならず、まわりの声を大事にすること。かならず、自分の気持ちを大切にすること。かならず、感謝の気持ちを忘れないこと。」

この言葉がすんなりと私の体に入ってくるのは、やっぱり私がおばあちゃんのことが大好きだったからなのかもしれない。
物心つくかつかないくらいの頃から、おばあちゃんのいる田舎へちょくちょく遊びに行っていた。そして、都会へ帰るときは、いつもこの言葉がお守りとして、見送りの際に添えられた。
もちろん、小さいころの私には理解できなくて、私は半分おまじないの呪文のように楽しげに唱えていた。

まわりのこえをだいじにすることー。じぶんのきもちをたいせつにすることー。かんしゃのきもちをわすれないことー。

大人になって、社会人として世を渡っていく自分を振り返ると、ふと脳裏にこの言葉が浮かんでくる。
忘れていないかい?とおばあちゃんの優しい顔と一緒に。
その度に、大丈夫、忘れてないよ、と浮かんでくるおばあちゃんに私は微笑み返すことにしている。

大丈夫。私は忘れてはいない。大丈夫。
心の中で呪文を唱えながら、私の一日は今日もはじまるのだ。

しかし、今日は休日。仕事が珍しく忙しくなく、何かしないといけないようなこともない。
そういう日は大抵外にふらーっとでかけて、ショッピングしたり、本屋に寄ったりするのだが。

そういえば、と私は思う。最近行っていない公園がある。小さいころよく行っていたけれど、中学に上がると同時に行かなくなった公園。そして、一人暮らしの私の家からは、距離があるものの、電車で行けばすぐに着く。

久しぶりに遊びに行こうかしら。
思い立ったが吉日。さっそく玄関を飛び出す。おめかしは最低限で。子供のようにはしゃぐことを思い出しながら。

軽い気持ちで出かけた。


しかし、到着したときの私の感動は言葉にできなかった。
セミの声。公園で遊ぶ子供の声。ベンチの奏でる曲や、ブランコのいびき。
大好きな大きな木。古びた柵。

懐かしい声がたくさん溢れていた。ずっと忘れていたなつかしさがそこにはあった。

忘れてないかい?おばあちゃんが現れる。
うん。思い出したよ。私は答えた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:491字
「ご主人、ご主人、おかえりなさいです」 小さな足をペチペチと床にうちつけながら、それはたった今帰宅したばかりの私に駆け寄ってきた。 体長15cm。 桃色の髪を腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:運命のプロポーズ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:424字
「僕と結婚して下さい」「はい。喜んで」彼女にプロポーズをしたのが五年前。友人らの協力によるフラッシュモブを使い、派手なものにした一世一代のプロポーズは、無事成功 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:美しい敗北 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:472字
夜の帳が降りるとき僕は負けを認める。今日も何も生み出せずに終わってしまうと嘆きながら。この終わりが必然的に日々の焦燥感を生み出す。しかしそれでもなぜだか過去は美 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:同性愛の殺し 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:826字
男と女が愛を紡ぎ合い、新たな生命は生まれる。だからといって、男は女を愛し、女は男を愛しているわけではない。新たな生命を生むための条件として、ターゲットを予め絞っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:楽しいうどん 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1139字
力強く生きてという姉さんの願いを無視して、ぼくは命を浪費し続けた。 一族の未来なんてしったこっちゃない。ぼくには姉さんが全てで、姉さんがない生活なんて考えられ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:肌寒い接吻 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:221字
あっという間に夏休みが終わって、秋が始まったと思ったらもう冬だ。 時間の流れが早く感じるのはやはり進路のことが頭にあるからだろうか。 大学に進学するか就職する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とちゅう ※未完
作者:匿名さん お題:素人の出会い 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:624字
大学生になれば、彼女が出来ると思っていた。そんな数多の純情な男子の思考の例に漏れず、俺もそう思っていた。まあ、結果として、彼女が出来ることはなく、大学生活ももう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐々木 お題:賢い食器 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:692字
あの方に、いつかは温かいお料理を食べて頂きたい。そんなことを考えるのは何度目のことだろうか。彼の為に自分は、毎日のように食事を運ぶ。美味しいものを召し上がって頂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:賢い食器 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:279字
うちの先祖代々伝わる古い食器がなぜかしゃべった。古くても大事に扱っているとその物に魂が宿るというが、そんな馬鹿な。「別に大事に扱ってた、というわけでもないしな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐々木 お題:悲観的な監禁 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:525字
「もう行かなくちゃ」マグカップの中身をまだ半分以上も残したまま、彼女は自分のバッグを引き寄せた。次の言葉はきっと、『ごめんね』が来る。「どうしても、もう駄目なの 〈続きを読む〉

がしゃの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:危ない妄想 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:935字
現実とは、こうもつまらない。学校の片隅で、私はいつも思う。世界の隅っこに座っているようだ、と。少し前に聞いたところでは、なんと私の姉も同様のことを考えていたらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:イギリス式の嘔吐 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1109字
「この度、あなた様の召使いとして働かせていただく、マリーヌ・ヌメッサと申します。どうぞ、よろしくお願いします。」まず、一番右に座っていた女性が話し始めた。ほう、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:永遠の部屋 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1108字
目をあける。目を閉じる。さぁ、起床の時間だ。僕は朝起きるときのこの動作をいつも欠かさない。そうした後の、窓の外の景色は朝日を燦燦と讃えていて神々しく見えてくる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:今日の命日 必須要素:九州 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:2568字 評価:0人
僕たちは、生きていると言えるのだろうか。たくさんの人を見てきた。たくさんの生き物を見てきた。小さな出来事やあの子の心の葛藤、森の囁きから砂漠の怒りまで。つまりは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:頭の中の吐息 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:1614字
今日も今日とて、昼間になれば暑い夏。今はまだ早朝だ。熱を持ったばかりの朝日と、爽やかな風が気持ちよい。リビングでコーヒーを一杯。そうして一日が始まる。「おっはよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:夏の小説修行 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:835字
僕は今、小説を書いている。理由は?とかはよく聞かれる。すごいね、とも言われたりする。なるべく本を読むように、という最近の風潮は、あたかも読書することは自ら進んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:馬鹿な消費者金融 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1136字
金儲け。これが人生のすべてである。幸せ?楽しさ?やりがい?人助け?おいおい、馬鹿でかい夢を語る前に必要なもんってのがあるだろ?金だよ金。人生を完走するためにも、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:阿修羅小説修行 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:977字
「どうだ。悪くない話だろう?」その一言に頷いてしまったのが、最悪の物語の始まりだったとは。時間がない。体力がない。ゆえに、続けられない。そういったことを理由にし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:部屋とYシャツと排泄 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:2845字
はい。分かってます。ええ。では。ブツッ。電話の切れる音がした。事実、電話は切れ、残されたのは街中にたたずむ彼ひとり。なんの電話だったのか、私は知らない。ただ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:未来の瞳 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1684字
たまによくある、夢の中。たいていは夢と気づかずに楽しんだり悲しんだりよくわからなかったり。でも、稀に自分が夢の中にいるってわかるときがある。そうしたら、自分の思 〈続きを読む〉