お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:965字

声はいまでも聞こえてますか
「いいかい。よくお聞き。」

おもむろに、話し始めたおばあちゃんの声は、厳かで、でもゆっくりとした優しい声だった。

「かならず、まわりの声を大事にすること。かならず、自分の気持ちを大切にすること。かならず、感謝の気持ちを忘れないこと。」

この言葉がすんなりと私の体に入ってくるのは、やっぱり私がおばあちゃんのことが大好きだったからなのかもしれない。
物心つくかつかないくらいの頃から、おばあちゃんのいる田舎へちょくちょく遊びに行っていた。そして、都会へ帰るときは、いつもこの言葉がお守りとして、見送りの際に添えられた。
もちろん、小さいころの私には理解できなくて、私は半分おまじないの呪文のように楽しげに唱えていた。

まわりのこえをだいじにすることー。じぶんのきもちをたいせつにすることー。かんしゃのきもちをわすれないことー。

大人になって、社会人として世を渡っていく自分を振り返ると、ふと脳裏にこの言葉が浮かんでくる。
忘れていないかい?とおばあちゃんの優しい顔と一緒に。
その度に、大丈夫、忘れてないよ、と浮かんでくるおばあちゃんに私は微笑み返すことにしている。

大丈夫。私は忘れてはいない。大丈夫。
心の中で呪文を唱えながら、私の一日は今日もはじまるのだ。

しかし、今日は休日。仕事が珍しく忙しくなく、何かしないといけないようなこともない。
そういう日は大抵外にふらーっとでかけて、ショッピングしたり、本屋に寄ったりするのだが。

そういえば、と私は思う。最近行っていない公園がある。小さいころよく行っていたけれど、中学に上がると同時に行かなくなった公園。そして、一人暮らしの私の家からは、距離があるものの、電車で行けばすぐに着く。

久しぶりに遊びに行こうかしら。
思い立ったが吉日。さっそく玄関を飛び出す。おめかしは最低限で。子供のようにはしゃぐことを思い出しながら。

軽い気持ちで出かけた。


しかし、到着したときの私の感動は言葉にできなかった。
セミの声。公園で遊ぶ子供の声。ベンチの奏でる曲や、ブランコのいびき。
大好きな大きな木。古びた柵。

懐かしい声がたくさん溢れていた。ずっと忘れていたなつかしさがそこにはあった。

忘れてないかい?おばあちゃんが現れる。
うん。思い出したよ。私は答えた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:491字
「ご主人、ご主人、おかえりなさいです」 小さな足をペチペチと床にうちつけながら、それはたった今帰宅したばかりの私に駆け寄ってきた。 体長15cm。 桃色の髪を腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:783字
スマートスピーカーに連動してカーテンを開け閉めすることもできるようになった。各種家電製品がオンラインでコントロールできる世の中になるとは。 カーテンや部屋の電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:メルサイア お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1303字
「そんなバカな!」私は焦った。「この世の中が、すべて造りものだったとは…。」今、私の画面に表示されているのは、「Game over」の文字。どういうわけか、私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヴァレー@6/3音けっと お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1090字
私「あの落ち葉が散るとき、私の命も散ってしまうのね……」などと悲劇のヒロインを気取ってみても何もならない。私、白雪姫子(しらゆき ひめこ)、23歳独身。窓に映る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:とてつもない血痕 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:845字
警察に一本の電話が入った。近くで殺人事件が起きたらしい。 新米刑事の私は早速現場に急行した。先輩は後から合流するとのこと。不安しかない。 通報してきた人もそこ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ヴァレー@6/3音けっと お題:とてつもない血痕 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:822字
小さな田舎の駅。すでに午後10時を過ぎていて、田舎の小さな駅舎には誰もいなかった。この駅は無人駅で、駅員すらいない。私「トイレはどこだ・・・」突然催してきたので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:926字
めんどくさくなってきた。 緑と白の吹き出しが順番に、だらだらと画面に表示され続ける。綴られていることといえば中身があるようなないような、いつまでも同じところを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:944字
ベタ惚れした相手がメンヘラだった── 非モテの俺にもモテ期が来たと勘違いしていた。人生には三度モテ期が訪れるなんていう言葉を真に受けて、熱烈なアタックに舞い上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:たった一つの帰り道 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:5465字
真っ青な空、凍てついた空気。最後の力を振り絞るような、冬の朝。姉妹揃って玄関を出るのは、いつぶりだろう。もこもことしたレインは、ひなたの腕からぴょん、と飛び降り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:夜の夏 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:790字
ちょっと変わった機械が完成した。 一定の空間のみ温度と湿度を完璧に調整できるものだったのだが、それはエアコンと何が違うのかと問われそうである。炬燵だって湿度は 〈続きを読む〉

がしゃの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:楽しかった液体 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:819字
海がはじけ飛ぶ。夏だ。海だ。綺麗な砂浜と、キラキラ光る水の色。ソラに浮かぶあの光の塊の力を存分に浴びている。僕はいつも、夏休みになるとこの海岸にきてしまう。誰と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:恐ろしいサイト 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1022字
見たら呪われる。そんなビデオテープが流行ったのは今は昔。DVD、ブルーレイなど新しいものが次々と出てきてビデオテープなど存在は知っているが実物を見たことがないと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:幸福な負傷 必須要素:バナナ 制限時間:1時間 読者:64 人 文字数:2809字 評価:0人
「がぁは・・・・。」やられちまった。多分、致命傷。助けなど来ない。助かる見込みなど皆無。昨日一昨日食べた、豚骨ラーメンのあの旨さの影に潜んだ脂っこさを思い出す。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:穏やかな暴力 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:901字
私の家族構成は、父、母、姉、私、そして弟だ。家の中では母の権力がとても大きく、父さんは気弱な性格をしている。そんな家庭だからか、弟も気弱で泣き虫な男の子に、私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:栄光の殺人 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1027字
私は、しがない商人をやっております。ええ、それはもちろん。色んな国をまわっておりますとも。そんなこんなで今、私はこの国に来ているのですよ。商売をするために、ね。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:危ない妄想 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:935字
現実とは、こうもつまらない。学校の片隅で、私はいつも思う。世界の隅っこに座っているようだ、と。少し前に聞いたところでは、なんと私の姉も同様のことを考えていたらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:イギリス式の嘔吐 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:1109字
「この度、あなた様の召使いとして働かせていただく、マリーヌ・ヌメッサと申します。どうぞ、よろしくお願いします。」まず、一番右に座っていた女性が話し始めた。ほう、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:永遠の部屋 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:1108字
目をあける。目を閉じる。さぁ、起床の時間だ。僕は朝起きるときのこの動作をいつも欠かさない。そうした後の、窓の外の景色は朝日を燦燦と讃えていて神々しく見えてくる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:今日の命日 必須要素:九州 制限時間:1時間 読者:100 人 文字数:2568字 評価:0人
僕たちは、生きていると言えるのだろうか。たくさんの人を見てきた。たくさんの生き物を見てきた。小さな出来事やあの子の心の葛藤、森の囁きから砂漠の怒りまで。つまりは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:頭の中の吐息 制限時間:30分 読者:90 人 文字数:1614字
今日も今日とて、昼間になれば暑い夏。今はまだ早朝だ。熱を持ったばかりの朝日と、爽やかな風が気持ちよい。リビングでコーヒーを一杯。そうして一日が始まる。「おっはよ 〈続きを読む〉