お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:965字

声はいまでも聞こえてますか
「いいかい。よくお聞き。」

おもむろに、話し始めたおばあちゃんの声は、厳かで、でもゆっくりとした優しい声だった。

「かならず、まわりの声を大事にすること。かならず、自分の気持ちを大切にすること。かならず、感謝の気持ちを忘れないこと。」

この言葉がすんなりと私の体に入ってくるのは、やっぱり私がおばあちゃんのことが大好きだったからなのかもしれない。
物心つくかつかないくらいの頃から、おばあちゃんのいる田舎へちょくちょく遊びに行っていた。そして、都会へ帰るときは、いつもこの言葉がお守りとして、見送りの際に添えられた。
もちろん、小さいころの私には理解できなくて、私は半分おまじないの呪文のように楽しげに唱えていた。

まわりのこえをだいじにすることー。じぶんのきもちをたいせつにすることー。かんしゃのきもちをわすれないことー。

大人になって、社会人として世を渡っていく自分を振り返ると、ふと脳裏にこの言葉が浮かんでくる。
忘れていないかい?とおばあちゃんの優しい顔と一緒に。
その度に、大丈夫、忘れてないよ、と浮かんでくるおばあちゃんに私は微笑み返すことにしている。

大丈夫。私は忘れてはいない。大丈夫。
心の中で呪文を唱えながら、私の一日は今日もはじまるのだ。

しかし、今日は休日。仕事が珍しく忙しくなく、何かしないといけないようなこともない。
そういう日は大抵外にふらーっとでかけて、ショッピングしたり、本屋に寄ったりするのだが。

そういえば、と私は思う。最近行っていない公園がある。小さいころよく行っていたけれど、中学に上がると同時に行かなくなった公園。そして、一人暮らしの私の家からは、距離があるものの、電車で行けばすぐに着く。

久しぶりに遊びに行こうかしら。
思い立ったが吉日。さっそく玄関を飛び出す。おめかしは最低限で。子供のようにはしゃぐことを思い出しながら。

軽い気持ちで出かけた。


しかし、到着したときの私の感動は言葉にできなかった。
セミの声。公園で遊ぶ子供の声。ベンチの奏でる曲や、ブランコのいびき。
大好きな大きな木。古びた柵。

懐かしい声がたくさん溢れていた。ずっと忘れていたなつかしさがそこにはあった。

忘れてないかい?おばあちゃんが現れる。
うん。思い出したよ。私は答えた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:491字
「ご主人、ご主人、おかえりなさいです」 小さな足をペチペチと床にうちつけながら、それはたった今帰宅したばかりの私に駆け寄ってきた。 体長15cm。 桃色の髪を腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:雷藤和太郎 お題:猫の太陽 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:482字
人が向かうところに道はできる。しかし人が滅多に来ないところでも、目的がある限り道は道はできる。かつて必要だった道路は、その必要性を失ってもなかなか無くならない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:べに*創作* お題:アブノーマルな成熟 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:499字
僕はなんで周りの人と考え方が違うんだろう。なんで周りの人はこんな平凡な生活で満足していられるんだろう。終電を逃してしまった僕はそんなことを考えながら夜の街をさま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこもち お題:平和と事件 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:476字
21世紀も半ばを過ぎた頃、世界情勢は激変していた。かつての先進国の凋落、新興国の台頭、世界の警察を辞めたアメリカ、代わって世界を動かす中国、ロシア。そうした中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:猫の牢屋 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:792字
閉じ込められてからはや数週間。 衣服は剥ぎ取られペットのように扱われる毎日。いくら施設の中が広いとはいえ、人間という尊厳はもはや最初の段階で奪われてしまった。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:密室の事件録bot お題:最強の人 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:473字
ーー最強の先生と呼べ。呼ばないと○す。男が言った。ーーわかりました、最強の先生。私は答えた。しかし怖くて震えながらだったので、まちがえて「最小の先生」と言ってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:綺麗な絵描き 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1252字
同じゼミの安達さんのことを、柳は「美人画家」と呼んでいた。「大学の近くの高台に公園あるだろ? 街を見下せるぐらいの。あそこによくいて、指をこうして景色を眺めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
fafed ※未完
作者:オナ兄 お題:宿命の電話 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:144字
あの日、突然かかってきた一本の電話で、俺の人生は激変した。「――世界を、救ってはくれませんか?」男なのか女なのかわからない、よく通る高い声で、ハキハキとそう言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海野藻屑太郎 お題:マイナーな駄作 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:729字
もう五分もすれば会議が始まるな。自動ドアをくぐるとすぐ目に入る掛け時計を見て、自然に思い浮かんでしまってそんな言葉を意識の外に追い出す。知ったことか。どうせま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此粕谷楼 お題:今年の冒険 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:910字
夏休みになった。夏休みになると僕は毎年冒険に出る。去年は高原に行った。 夏休みになっったら冒険に行くといいと教えてくれたのはお父さんだった。お父さんも小学生の 〈続きを読む〉

がしゃの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:純粋な光景 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1655字
いつかまた、この場所で会おうね。そう言った声をあなたはまだ覚えてくれているでしょうか。もちろん、私はずっと覚えている。もう10年は経ってしまっているけれど。もう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:965字
「いいかい。よくお聞き。」おもむろに、話し始めたおばあちゃんの声は、厳かで、でもゆっくりとした優しい声だった。「かならず、まわりの声を大事にすること。かならず、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:飢えたダイエット 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1043字
・・・・・。耐えられる気がしない。もう、このままでは。照らすは太陽。正午過ぎの校庭で、自分だけがうだるような暑さに苛まれている。あたりの景色に異変などない。おか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:出来損ないの天井 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1878字
どこからともなく。不意に目の前に階段が現れる。足場は脆く崩れそうで、でも階段以外は無の空間。踏み外すと奈落の底へと落ちてしまいそうになる。そんな世界。足を一歩、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:最弱の小説新人賞 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:919字
「間に合わない」まぁ、締め切り一日前の人間のたいていがこのような発言をするであろう。「やばい」これもよくある。「もういいかな」とまぁ、こうなっちゃうよね。絶対に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:同性愛の床 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:1611字
甘美な味がするとろけるような、うだるような暑さの中で真夏の照らす朝の空間で「もう少し・・・。もう少しだけ一緒にいよ?」彼女は私と絡まり続ける心地よい彼女の肌のぬ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:黒い事件 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:827字
さて、どうしましょうか私たちの人生は短く、輝くのは一瞬それでも、生きていかないといけない流れて流されてそりゃ望んだ場所に行けるとは限らない予想外の場所へ誘われ予 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:ドイツ式のヒロイン 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:996字
吾輩の名を知りたいのか。ふぅむ。いや、あえてここでは教えないことにしておこう。名前を聞いた瞬間気絶されてはたまらんからな。まぁ、簡単に説明すると、私はヒーローな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:来年の別居 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:966字
朝「せんぱーい。」「ん、どうした後輩」「つきあいましょう。」「ん、いいだろう。」「さっすがー。」「とうぜんだ。先輩だからな。」昼「せんぱーい。」「なんだ。お昼ご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:輝く克服 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:795字
「ほら。ちゃんと人参食べなさいよ。」「わ、分かったよ。恵子が作ってくれるハンバーグに入った人参なら、いくらでも食えるさ・・・。」「和希ったら、照れるじゃない・・ 〈続きを読む〉