お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:491字

借金の形(可愛い)
「ご主人、ご主人、おかえりなさいです」
 小さな足をペチペチと床にうちつけながら、それはたった今帰宅したばかりの私に駆け寄ってきた。
 体長15cm。
 桃色の髪を腰まで伸ばし、私のお手製のクリーム色のワンピースを着ている。
 借金の形にと彼から渡された小人。
 この小ささながら、家事をそつなくこなす。
 真面目で勤勉、そして甘えん坊、加えてこの小ささ。
 可愛くない訳がない。
 目に入れたらさすがに痛いだろうが。
「コートをおかけするのです」
 私がコートを脱ぐと、彼女が両腕を空へと掲げる。
 すると、コートがふわりと宙に浮いた。
 腕を下ろしても、コートは浮いていた。
 この小ささで家事をこなせるのは、この能力が由縁だ。
 車ぐらいまでなら浮かせられるらしく、さらにはかなり器用なこんとろーる
「では、ご夕飯の準備をするのです」
 そう言って、彼女はコート掛けへと走っていく。
 ペチペチと足音を立てて、懸命に走るその姿は何とも愛らしい。
 コートは浮いたまま、その後をついていった。
「二千円の借金で、これは……なんとも得した気分」
 ぽつりと呟いて、私は頬を緩めた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:965字
「いいかい。よくお聞き。」おもむろに、話し始めたおばあちゃんの声は、厳かで、でもゆっくりとした優しい声だった。「かならず、まわりの声を大事にすること。かならず、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:聖女ミスリア巡礼紀行 お題:フォロワーの別居 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1000字
はずかしい話、顔も知らない相手に助けを求められたのは初めてだった。 もしかしたら世間のSNS利用者たちはこういった経験をよくしているのかもしれないが、ツイター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
八百万分の一 ※未完
作者:たまきっぱい お題:奇妙な民話 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:675字
祖母は優しい人で、物語が大好きだった。色々な話を聞かせてくれたのは自分が幼少期の話で、何年か前に祖母は亡くなっているのだが、好きだった話のひとつが「はぐれの唐傘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 お題:明日の笑い声 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:395字
「スマイルキーピングっていうから笑顔の押し売りか何かやってるのかなって」「そんなことはありません。皆さんにゆっくりくつろいで欲しいただのBARですよ」「ふふッ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼のヒロイン 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:464字
「みんなーっ!ドッジボールやろーっ!」「」 4限の授業を終わりを告げる鐘が鳴った、先生がまだ教材をまとめていて教室を出て行ってないような時によく響く声が教室を揺 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式のぺろぺろ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:924字
「あちっ!」 あれほど用心深く息を吹いて冷ましたにも関わらず、ビーフストロガノフは私の舌を焼いた。「そんなに熱いとは思わないけど……りっちゃんは猫舌だねえ」 恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:かたいところてん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1315字
もうあの男は許せない。一発殴って、すべて終わらせてやろうと決めた。 頭に血が上ったわたしが選んだ凶器は、レンガだった。ねずみ色の、つかむのにちょうどいいくらい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:見憶えのある極刑 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:938字
私刑を見るのはこれで何度目だろうか。『悪を滅ぼすために悪になる』 最後に見たお姉さまはそう言ってた。 弱い私を守る勇者がお姉さまだった。 いじめられっこを殴り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:早良しの お題:見憶えのある極刑 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:330字
誰かがボタンを押したらしい。一瞬のうちに地面がなくなり、喉にロープが喰いこんだ。 もうすぐ自分は死ぬのだ。 思考はクリアだった。苦しみは一瞬で終わるだろう。全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:賢いむきだし 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:235字
形の良い薄い唇が弧を描く。うっすらと薄められた両目は情欲に濡れていた。陳腐な例えだけれど、彼の揺れる瞳はわたしの胸を遠火で焦がす炎のようで、ほのかに暖かい指先 〈続きを読む〉

秋華の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:491字
「ご主人、ご主人、おかえりなさいです」 小さな足をペチペチと床にうちつけながら、それはたった今帰宅したばかりの私に駆け寄ってきた。 体長15cm。 桃色の髪を腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:俺は栄光 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:973字
俺は最近、俺がいなくてもまぁ世界は回るのだろうなという事を痛感していた。 多分皆はもう俺のことなど忘れているだろうし、覚えていても「あー、そんな奴いたね」程度 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:誰かは犯人 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:948字
目の前に死体があった。 部屋は密室。ドアなし、窓なし、家具なし。 あるのは、死体と高校生の男女が二人。 そして、照明としてロウソクが何十本も点在している。 突 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ルナ ※未完
作者:秋華 お題:最後の雑踏 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:652字
「確かに、増えすぎだとは思うの」 ルナは城にある自室から、城下町を眺めた。 町には人、人、人、人が溢れ返っている。 月に人間が暮らすようになって、100年余りが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:天才の話 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:586字
「反則じゃないか、あんなの」 初めて千が本気で戦う姿を見て、魁人はそんな感想を漏らした。 ある昼下がり、廊下を歩いていたら外から声がした。なんとなしに覗くと、近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:輝く地下室 制限時間:15分 読者:185 人 文字数:485字
地下室に閉じ込められ、早数年が経ちました。 地下室のドアを閉めたら、鍵がかかってしまったのです。 オートロックってやつです。ただし、鍵は外からしか開けられない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:遠いヒーロー 制限時間:15分 読者:190 人 文字数:390字
少年の記憶に残ってるのは、ガラスの破片を手に戦う男の背中だった。 男は魔物と戦っていたが、男の攻撃はほとんど効いていなかった。 反対に魔物の攻撃は男の命を着実 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ロリ系祖母 ※未完
作者:秋華 お題:子供の祖母 制限時間:15分 読者:218 人 文字数:403字
「隆二! 綿あめあったぞ!」 祭り会場で、隆二の祖母(8歳)がはしゃいでいた。 隆二はそんな祖母の姿に手を引かれながら、祭り会場を歩く。 急かす祖母を前に、隆二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:小説家たちのアレ 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:562字
「あれ、アウトレットモール。久々だねー」「私の名前はレラです! 確かに千歳に同名のアウトレットモールありますが! っていうか、ローカル過ぎでしょう!」 真っ白で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:ぐちゃぐちゃの育毛 制限時間:30分 読者:217 人 文字数:1176字
「苦情? なんで。だって、完璧だっただろうあの育毛剤」「ええ、それはもう効果抜群で一晩でふさふさになったそうですよ」「だろう。なら、良いじゃないか」「ただ、くせ 〈続きを読む〉