お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:491字

借金の形(可愛い)
「ご主人、ご主人、おかえりなさいです」
 小さな足をペチペチと床にうちつけながら、それはたった今帰宅したばかりの私に駆け寄ってきた。
 体長15cm。
 桃色の髪を腰まで伸ばし、私のお手製のクリーム色のワンピースを着ている。
 借金の形にと彼から渡された小人。
 この小ささながら、家事をそつなくこなす。
 真面目で勤勉、そして甘えん坊、加えてこの小ささ。
 可愛くない訳がない。
 目に入れたらさすがに痛いだろうが。
「コートをおかけするのです」
 私がコートを脱ぐと、彼女が両腕を空へと掲げる。
 すると、コートがふわりと宙に浮いた。
 腕を下ろしても、コートは浮いていた。
 この小ささで家事をこなせるのは、この能力が由縁だ。
 車ぐらいまでなら浮かせられるらしく、さらにはかなり器用なこんとろーる
「では、ご夕飯の準備をするのです」
 そう言って、彼女はコート掛けへと走っていく。
 ペチペチと足音を立てて、懸命に走るその姿は何とも愛らしい。
 コートは浮いたまま、その後をついていった。
「二千円の借金で、これは……なんとも得した気分」
 ぽつりと呟いて、私は頬を緩めた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:965字
「いいかい。よくお聞き。」おもむろに、話し始めたおばあちゃんの声は、厳かで、でもゆっくりとした優しい声だった。「かならず、まわりの声を大事にすること。かならず、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:赤い父 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:465字
その男は常に赤い衣を身につけていた。家にいるときは常に赤い寝巻きで過ごし、外出するときは赤のガウンと赤のズボンに着替える。そして白い大きな袋にたくさんのプレゼン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放課後デート ※未完
作者:砂糖指輪 お題:馬鹿な彼女 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:599字
「葵ってさぁ、好きな曲とかってある?」 お腹がすいたとごねる彼女をつれて入ったらマックで、僕はポテトで彼女はハンバーガーを頼んだ。夕飯が入らなくなるよって言った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:寒い祖父 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:965字
祖父の訃報に接したのは、担当作家の締切に遅れた原稿を待ちながらイライラしている時だった。上京し、編集者として仕事に忙殺されて10年、一度も祖父に会いにいっていな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
涙の味 ※未完
作者:akishinohonobu お題:早い味 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:714字
速度が肝心だと何度も言い聞かせた。止まることはそれ敗北と知れ、とコーチが何度も言っていた。反芻する。リフレイン。繰り返す。鼓動は限界まで高まっていて、足はまるで 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
解散 ※未完
作者:匿名さん お題:男の解散 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:605字
「もう、今日で辞めにしよう」 俺たち四人が帰路を歩いているとき、そう口を開いたのはタクトだった。 誰も返事はしなかった。いつかこんな日は来るだろう、そうずっと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:僕の誤解 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:895字
認識の齟齬なんてよくあることだ例えば、君と僕が同じものを見ていたとしても、立場によって見え方は変わってくるそれこそ、僕らが洗脳されていて、同一の個体としてナンバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:僕の誤解 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:519字
電車がホームに入ってくる。そして今日も僕はホームから線路に飛び込むのだ。それは誤解だ。僕が見せている幻影にすぎない。それを分かっていてなお、僕は明日も飛び込むの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:気持ちいいサラリーマン 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1149字
なぜ仕事なんてものがあるのだろうか。 人間だけのものじゃないだろうか。そんな概念で動く生物は、他の生物は生存本能に従い、狩りをする。移動をする。群れをなす。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:気持ちいいサラリーマン 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:341字
不快でないよう、けれど退屈でもないように、注意深く調律された真夏の太陽模倣光。海からの風がさわさわと、立ち並ぶ椰子の木の葉を揺らし、輪郭の強い光と影がサンダル 〈続きを読む〉

秋華の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:491字
「ご主人、ご主人、おかえりなさいです」 小さな足をペチペチと床にうちつけながら、それはたった今帰宅したばかりの私に駆け寄ってきた。 体長15cm。 桃色の髪を腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:俺は栄光 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:973字
俺は最近、俺がいなくてもまぁ世界は回るのだろうなという事を痛感していた。 多分皆はもう俺のことなど忘れているだろうし、覚えていても「あー、そんな奴いたね」程度 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:誰かは犯人 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:948字
目の前に死体があった。 部屋は密室。ドアなし、窓なし、家具なし。 あるのは、死体と高校生の男女が二人。 そして、照明としてロウソクが何十本も点在している。 突 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ルナ ※未完
作者:秋華 お題:最後の雑踏 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:652字
「確かに、増えすぎだとは思うの」 ルナは城にある自室から、城下町を眺めた。 町には人、人、人、人が溢れ返っている。 月に人間が暮らすようになって、100年余りが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:天才の話 制限時間:15分 読者:136 人 文字数:586字
「反則じゃないか、あんなの」 初めて千が本気で戦う姿を見て、魁人はそんな感想を漏らした。 ある昼下がり、廊下を歩いていたら外から声がした。なんとなしに覗くと、近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:輝く地下室 制限時間:15分 読者:198 人 文字数:485字
地下室に閉じ込められ、早数年が経ちました。 地下室のドアを閉めたら、鍵がかかってしまったのです。 オートロックってやつです。ただし、鍵は外からしか開けられない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:遠いヒーロー 制限時間:15分 読者:203 人 文字数:390字
少年の記憶に残ってるのは、ガラスの破片を手に戦う男の背中だった。 男は魔物と戦っていたが、男の攻撃はほとんど効いていなかった。 反対に魔物の攻撃は男の命を着実 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ロリ系祖母 ※未完
作者:秋華 お題:子供の祖母 制限時間:15分 読者:226 人 文字数:403字
「隆二! 綿あめあったぞ!」 祭り会場で、隆二の祖母(8歳)がはしゃいでいた。 隆二はそんな祖母の姿に手を引かれながら、祭り会場を歩く。 急かす祖母を前に、隆二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:小説家たちのアレ 制限時間:15分 読者:201 人 文字数:562字
「あれ、アウトレットモール。久々だねー」「私の名前はレラです! 確かに千歳に同名のアウトレットモールありますが! っていうか、ローカル過ぎでしょう!」 真っ白で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:ぐちゃぐちゃの育毛 制限時間:30分 読者:219 人 文字数:1176字
「苦情? なんで。だって、完璧だっただろうあの育毛剤」「ええ、それはもう効果抜群で一晩でふさふさになったそうですよ」「だろう。なら、良いじゃないか」「ただ、くせ 〈続きを読む〉