お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:491字

借金の形(可愛い)
「ご主人、ご主人、おかえりなさいです」
 小さな足をペチペチと床にうちつけながら、それはたった今帰宅したばかりの私に駆け寄ってきた。
 体長15cm。
 桃色の髪を腰まで伸ばし、私のお手製のクリーム色のワンピースを着ている。
 借金の形にと彼から渡された小人。
 この小ささながら、家事をそつなくこなす。
 真面目で勤勉、そして甘えん坊、加えてこの小ささ。
 可愛くない訳がない。
 目に入れたらさすがに痛いだろうが。
「コートをおかけするのです」
 私がコートを脱ぐと、彼女が両腕を空へと掲げる。
 すると、コートがふわりと宙に浮いた。
 腕を下ろしても、コートは浮いていた。
 この小ささで家事をこなせるのは、この能力が由縁だ。
 車ぐらいまでなら浮かせられるらしく、さらにはかなり器用なこんとろーる
「では、ご夕飯の準備をするのです」
 そう言って、彼女はコート掛けへと走っていく。
 ペチペチと足音を立てて、懸命に走るその姿は何とも愛らしい。
 コートは浮いたまま、その後をついていった。
「二千円の借金で、これは……なんとも得した気分」
 ぽつりと呟いて、私は頬を緩めた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:がしゃ お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:965字
「いいかい。よくお聞き。」おもむろに、話し始めたおばあちゃんの声は、厳かで、でもゆっくりとした優しい声だった。「かならず、まわりの声を大事にすること。かならず、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:雷藤和太郎 お題:猫の太陽 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:482字
人が向かうところに道はできる。しかし人が滅多に来ないところでも、目的がある限り道は道はできる。かつて必要だった道路は、その必要性を失ってもなかなか無くならない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:べに*創作* お題:アブノーマルな成熟 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:499字
僕はなんで周りの人と考え方が違うんだろう。なんで周りの人はこんな平凡な生活で満足していられるんだろう。終電を逃してしまった僕はそんなことを考えながら夜の街をさま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこもち お題:平和と事件 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:476字
21世紀も半ばを過ぎた頃、世界情勢は激変していた。かつての先進国の凋落、新興国の台頭、世界の警察を辞めたアメリカ、代わって世界を動かす中国、ロシア。そうした中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:猫の牢屋 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:792字
閉じ込められてからはや数週間。 衣服は剥ぎ取られペットのように扱われる毎日。いくら施設の中が広いとはいえ、人間という尊厳はもはや最初の段階で奪われてしまった。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:密室の事件録bot お題:最強の人 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:473字
ーー最強の先生と呼べ。呼ばないと○す。男が言った。ーーわかりました、最強の先生。私は答えた。しかし怖くて震えながらだったので、まちがえて「最小の先生」と言ってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:綺麗な絵描き 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1252字
同じゼミの安達さんのことを、柳は「美人画家」と呼んでいた。「大学の近くの高台に公園あるだろ? 街を見下せるぐらいの。あそこによくいて、指をこうして景色を眺めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
fafed ※未完
作者:オナ兄 お題:宿命の電話 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:144字
あの日、突然かかってきた一本の電話で、俺の人生は激変した。「――世界を、救ってはくれませんか?」男なのか女なのかわからない、よく通る高い声で、ハキハキとそう言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海野藻屑太郎 お題:マイナーな駄作 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:729字
もう五分もすれば会議が始まるな。自動ドアをくぐるとすぐ目に入る掛け時計を見て、自然に思い浮かんでしまってそんな言葉を意識の外に追い出す。知ったことか。どうせま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此粕谷楼 お題:今年の冒険 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:910字
夏休みになった。夏休みになると僕は毎年冒険に出る。去年は高原に行った。 夏休みになっったら冒険に行くといいと教えてくれたのはお父さんだった。お父さんも小学生の 〈続きを読む〉

秋華の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:ちっちゃな借金 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:491字
「ご主人、ご主人、おかえりなさいです」 小さな足をペチペチと床にうちつけながら、それはたった今帰宅したばかりの私に駆け寄ってきた。 体長15cm。 桃色の髪を腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:俺は栄光 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:973字
俺は最近、俺がいなくてもまぁ世界は回るのだろうなという事を痛感していた。 多分皆はもう俺のことなど忘れているだろうし、覚えていても「あー、そんな奴いたね」程度 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:誰かは犯人 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:948字
目の前に死体があった。 部屋は密室。ドアなし、窓なし、家具なし。 あるのは、死体と高校生の男女が二人。 そして、照明としてロウソクが何十本も点在している。 突 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ルナ ※未完
作者:秋華 お題:最後の雑踏 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:652字
「確かに、増えすぎだとは思うの」 ルナは城にある自室から、城下町を眺めた。 町には人、人、人、人が溢れ返っている。 月に人間が暮らすようになって、100年余りが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:天才の話 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:586字
「反則じゃないか、あんなの」 初めて千が本気で戦う姿を見て、魁人はそんな感想を漏らした。 ある昼下がり、廊下を歩いていたら外から声がした。なんとなしに覗くと、近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:輝く地下室 制限時間:15分 読者:164 人 文字数:485字
地下室に閉じ込められ、早数年が経ちました。 地下室のドアを閉めたら、鍵がかかってしまったのです。 オートロックってやつです。ただし、鍵は外からしか開けられない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:遠いヒーロー 制限時間:15分 読者:164 人 文字数:390字
少年の記憶に残ってるのは、ガラスの破片を手に戦う男の背中だった。 男は魔物と戦っていたが、男の攻撃はほとんど効いていなかった。 反対に魔物の攻撃は男の命を着実 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ロリ系祖母 ※未完
作者:秋華 お題:子供の祖母 制限時間:15分 読者:186 人 文字数:403字
「隆二! 綿あめあったぞ!」 祭り会場で、隆二の祖母(8歳)がはしゃいでいた。 隆二はそんな祖母の姿に手を引かれながら、祭り会場を歩く。 急かす祖母を前に、隆二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:小説家たちのアレ 制限時間:15分 読者:170 人 文字数:562字
「あれ、アウトレットモール。久々だねー」「私の名前はレラです! 確かに千歳に同名のアウトレットモールありますが! っていうか、ローカル過ぎでしょう!」 真っ白で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋華 お題:ぐちゃぐちゃの育毛 制限時間:30分 読者:189 人 文字数:1176字
「苦情? なんで。だって、完璧だっただろうあの育毛剤」「ええ、それはもう効果抜群で一晩でふさふさになったそうですよ」「だろう。なら、良いじゃないか」「ただ、くせ 〈続きを読む〉