お題:肌寒い凶器 必須要素:寿司 制限時間:2時間 読者:79 人 文字数:1459字

空気
四月の気層のひかりの底を
唾し はぎしりゆききする
おれはひとりの修羅なのだ
―『春と修羅』宮沢賢治―

「え~皆さん静粛に。このたびの第97プロジェクト完成を祝しまして、課長が全員に寿司をおごってくださるそうです」
「え~マジですか~」
「しかもですよ、皆さん聞いてください回る寿司ではありませんよ、ちゃんと職人さんが握ってくれる店だそうですよ?」
「課長マジですか財布は大丈夫なんですか」
「奥さまに怒られませんか」
「へへへへまあたまにはな、上司らしいこともしないとな」
「いよっ課長太っ腹!身も心も!!!」
「うるさい、本当のことを言いたい奴は自腹で食えや」
「いや~んそんな~。『腹』でまとめてくるとはさすが課長。」

いろんなことを言いながら皆机の上を片付け、三々五々目的地に移動する。
私も一次会にはついていく。

うちの課は今まで私が経験した中でも、特に課内の雰囲気の良い方だと思う。
私だって、雰囲気は悪いよりは良いにこしたことはないと思うくらいの良識はあるつもりだ。
だから、言いたいことはなるべく抑え、笑顔でその場を乗り切ることにしている、一次会くらいは。
それでも、ニコニコ笑いながら毒を吐くやつ、と思われているらしい。困ったことである。

プロジェクト完成までの苦労話など蒸し返しながら、一次会は和やかに終了した。
「二次会どうします~カラオケ行きますか?」
「おう俺はもう失礼するから。じゃあみんな気をつけて帰れよ。」
「課長ごちそうさまでした。お気をつけて」

「宮沢さんは二次会行くの?」
「えっ?私は…これで失礼します」
「ああ、おウチが厳しいんだったね。でもたまにはいいんじゃない?」
まだ誘ってくれる人がいるとは。我ながら驚いた。
「あ、宮沢さんうるさいところは嫌い?じゃあダーツとかはどう?やらない?」
珍しくしつこくくいさがってくる。この人はこんな人だっただろうか。私とダーツなどしてもなんも面白いことなどないと思うが。
ありがたいことだが、適当なところで断らなければ。私に気があるなどと誤解されては、彼にとって迷惑だ。
「ありがとうございます。でも、今日は親になにも言ってきておりませんので。また次の機会にでも」
「そうお?じゃあまた今度ね」
「よろしくお願いします。では失礼します」

きびすを返して、駅に向かう。
後ろで同僚たちが彼にささやいている。
「宮沢はさそっても無駄だよ。家が厳しいってことになってるけど、あれは本当は人嫌いなんだよ。しつこくすると会社でまで塩対応されるよ」

何もかんもバレとるがな…
苦笑しながら、駅へと向かう。
仕方ない、人に合せるのも下手な私は、ごまかすことも下手なのだろう。

長い時間、人の調子に合わせ続け、酒を飲み気分がもうろうとするなか、うるさいカラオケの音に耐えなきゃいけない、トライアスロン。なにがたのs特に私は、疲れてくると自分の中のなにかを抑えきれなくなる。
抑え切れる自信がない。
だから、人は私に酒を飲ませたがるのだろうか。
私の中の修羅を見たいのだろうか。
そんなものを見てどうするのだろうか。
随分と悪趣味だ。

今の時代は、実態のない、あやふやな「空気」というものを読まなければ生きていけない。
読めない者は、「空気読めない奴」といういばらの冠をかぶせられ、排除されるパージされる。
「空気」が人を殺す時代なのだ。

私はスプリングコートの襟を立てて、四月の夜の肌寒さから自分を守ることにした。

「終」



作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:早い船 必須要素:寿司 制限時間:2時間 読者:196 人 文字数:3307字
「面舵いっぱーい」「面舵なんてないですよー、こんな小さな船に」私達が乗ってるのは漁船でも海賊船でも難でもなんでもない、ただのオールつきボートだ。面舵なんてそもそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:バリタチフェニックス お題:彼女と沈黙 必須要素:寿司 制限時間:2時間 読者:178 人 文字数:803字
「ほら、食べないの?」僕が差し出したサンドイッチから、彼女は嫌そうに顔を背ける。無言の拒絶。なかなかに傷つくものである。しくじっちゃったかな、僕は困って、小さく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かっこいいボーイ 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:858字
ここはアメリカの廃れた荒野である。保安官は事務所で退屈そうに煙草を吸っている、ここはそんな無法地帯。今日も寿司屋の大将の客引き声が荒野いっぱいに響き渡る。「へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:光の紳士 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:230字
―夜―ビルの屋上に舞い降りた光の紳士(自称)は今夜も宝石を盗む…筈だった。ピッキングで鍵を開け、下見のときに確認した階へと向かう。階段を慎重に降り、扉を開けると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:僕が愛した内側 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:892字
西友でお寿司が半額だった。パックのお寿司だ。にーしーろー・・・二十巻入っていた。いくらも入っていた。二十巻入っていた為、半額でも結構なお値段だった。手軽に手を出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:ナウいパソコン 必須要素:寿司 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1544字
「そういえば先輩、なんでそんな旧式のPC使ってるんですか?」隣の金髪が話しかけてくる。私は思わず無視しようとした。こういうチャラいやつはあまり好みではない…いや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:寒い春 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:1133字
実家から救援物資が届いた。一人暮らしの私の生活を案じてのことである。「荷物送ったから、受け取ってね」父母は荷物という名で呼ぶが、私はそれを救援物資と呼んでいる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と食卓 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:791字
僕は今日も、夕飯を呼ばれ、食卓についた。食べる食べ物は美味しいものだらけ。…そう皆は思っているであろう。そんなことはない僕にとってはただの苦痛だ。食べる度、誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:スポーツの映画 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:753字
俺は、寿司を食っていた。 回らない寿司だ。奮発したのだ。 そうでもなければやってられない。 食べながら、今日の失敗を思い出す。 ずっとタイミングを見計らってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
父のお寿司 ※未完
作者:猫戸らび お題:秋の子犬 必須要素:寿司 制限時間:30分 読者:108 人 文字数:927字
いとこのだんなさんのお兄さん。兄嫁の弟の奥さん。付き合いの長かった元町内会会長の息子さん。それぞれが、既にこの場とは関係のない話で盛り上がり大きな声を張り上げて 〈続きを読む〉

金蓮花の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:金蓮花 お題:斬新な検察官 必須要素:ゴム 制限時間:2時間 読者:97 人 文字数:741字
「お前はアホか!”被告は自分の人体の一部をゴム状の物体に変化させてそれを被害者の首に巻きつけ、絞殺した”とか、ありえんだろ!!新米検察官が週刊少年漫画雑誌をぱく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金蓮花 お題:何かの絶望 必須要素:ジーンズ 制限時間:2時間 読者:83 人 文字数:930字
結婚して十余年、なんとかして夫をかっこよく見せたいと努力してきたのだが……無力感にさいなまれる昨今である。自分自身だってそんなセンスのよいほうではないし。本当に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金蓮花 お題:愛と憎しみの熱帯魚 必須要素:しいたけ 制限時間:2時間 読者:135 人 文字数:708字
沖縄の魚はまずいと言う方が多いらしいが、私はそうは思いません。大してグルメというわけでもないし、珍しさ+新鮮さでごまかされている部分もあると思うけど。牧の公設市 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金蓮花 お題:どこかの靴 必須要素:復讐劇 制限時間:2時間 読者:91 人 文字数:1171字
「シロ~、おいでー!ご飯だよ~ん」あれ?シロが出てこない。おかしいな。いつもならご飯の時は「待て」の姿勢で待機しているくらいの勢いなのに。「シロ~!ご飯だよ~。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金蓮花 お題:憧れの決別 必須要素:浦島太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:2時間 読者:98 人 文字数:562字
こうやって、駅から実家の最寄りのバス停までの路線バスに乗っていると、何も変わっていないような気がする。自分はまだ会社勤めをしていて、くたびれた頭のまま、社長にガ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金蓮花 お題:神の海風 必須要素:しいたけ 制限時間:2時間 読者:139 人 文字数:1391字
「じゃけえさー。しいたけの佃煮なんかねえ、今売ってもギャル(死語)には受けんのんよ、分かる~?!」おれは厚紙に指を通す穴をあけただけのうちわで長机をバシバシたた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金蓮花 お題:東京の女の子 必須要素:大道具さん 制限時間:2時間 読者:80 人 文字数:1341字
俺はその時、出張かなにかで、渋谷駅の横手にある交差点―ハチ公とかがいて人通りの多い交差点ではない、そのちょっと横の人通りが少し少ない場所にある交差点だ―を渡ろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
コロモの色 ※未完
作者:金蓮花 お題:真紅の怒りをまといし克服 必須要素:とんかつ 制限時間:2時間 読者:82 人 文字数:1025字
「あ~暑い。こう蒸し暑いと食欲なくなるよね~」短パンとユニシロのタンクトップでぐだぐだしていると、夫がにやにやしながら近寄ってきた。「そーかそーか。食欲がないの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金蓮花 お題:アルパカの海辺 必須要素:やかん 制限時間:2時間 読者:107 人 文字数:991字
今日は村おこしのために新しくデビューした地域アイドル「アル海パカ子」ちゃんの初コンサートだ。失敗は許されない。このために、アル海パカ子ちゃんとは毎日、産毛もちぎ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
草の一生 ※未完
作者:金蓮花 お題:生きている草 必須要素:四国 制限時間:2時間 読者:86 人 文字数:1017字
四国に『草』(間者の一種)としてもぐりこむことは比較的たやすいと言われている。それは、お遍路道があるからである。お遍路の途中行き倒れている者を、近所の者は親切に 〈続きを読む〉