お題:緑のガール 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1289字

彼女の話
彼女の生きる方針はグリーンライフだそうだ。
いまいち想像がつかないかもしれないが、多分あてずっぽうに適当なことを言えばだそれが自然と当てはまると思う。
車はエコカーにのるとか、生活ゴミが出るのをできるだけ少なくするとかそういうの。
後はできるだけ肉、魚よりも野菜中心の生活にするとか、服装のちょいすが緑中心だったりとか。
デートに行くのも動物園とか公園とか山とか、とにかく自然の多いところだったりとか、
まぁ全部が全部そういう場所ばかりとは言わないが、大体そんなところである。
その理由が健康を大事にするとか環境を鑑みてエコライフ!とかとんな崇高なものじゃなく、
単に緑が好きだからってんだからそいつがよくわからない。

はたから見たらちょっと変人だ。
いや、彼氏の俺から見たって変人だ。
彼女はグリーンウーマンで変人だから、それに付き合ってる俺もきっと変人なんだと思う。


彼女と出会ったのは高校生の時だった。
その時の印象は、ちょっとインドアな眼鏡が似合う素朴美人って感じ。
友達は多くないけど、別に性格が暗いとかそういうんじゃなくて控えめな人って印象。
読書が好きで、休み時間には好きな本を読んでたり、教室でゆったりと談笑してたりする。
目の下のほくろと、笑った時に左側にちょっとだけできるえくぼが可愛らしい。そんな感じ。
普通。とっても普通。
恋の始まりもなんのことはない。
たまたま同じクラスになって、なんとなく一方的にいいなーって思ってたらいつの間にか本気になってきて、普通に恋をして普通に付き合いだしたってそれだけ。
変人相手でも恋の経緯は普通なのである。
っていうか別にその時は彼女のそういう偏向には気づかなかったし。
でも眼鏡のフレームはその頃から緑だった。
当時彼女から唯一垣間見えるグリーンガール要素がそれだったんでよく覚えている。
セーラー服で真っ黒なボブカットのヘアースタイルにそのチョイスってのが面白かったけど、
なんだか絶妙によく似合っていて不思議な感じの女の子だったのだ。


まぁとにかく、そうして付き合い始めてわかったのが、彼女の緑大好きっぷりだったわけだ。
付き合う前の俺のデート像は、映画観に行ったりカフェでお茶したりとかそういうの。
でもふたを開けてみればそんな事はなく、とにかく休日は朝から遠出して大自然のなかでってんだからその意外性がまた面白かった。
そもそも彼女の家族もそういうのが好きで、付き合う前から家族全員でアウトドアによく行くって話をよく聞いていたが、彼女の趣向がそもそもそういうものだったらしい。
でもそうした自分の趣向や価値観を俺に強要するでもなかったし、
俺もそんな彼女のおかげでそういうアウトドアが好きになった。
しかしそんな事ばっかりやってたおかげで、見た目の印象に反して体力あるんだな彼女。
それに付き合う俺はデート後半は毎回へばってたりするし、それを見て笑う彼女の笑顔がまた可愛かった。

俺の彼女の紹介はこんなところだ。
ノロケだって?いやただの紹介文だよ。
彼女と一緒にいると楽しいって、ただそれだけ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
緑の少女 ※未完
作者:そら@らくがき お題:緑のガール 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:758字
広い広い宇宙のとある星。そこにはさまざまな種族の人々が行き交っていた。その中でもとても珍しい種族がいる。もう絶滅してしまったのではないかとも云われていた。その少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎喜 お題:ゆるふわな冒険 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:859字
冒険に出たいんだってきみは笑った。それをぼくは笑えなくて、手を取って、きみがそれを望むならと不器用に笑った。 外に出てみよう。きみはぼくと手を繋いだまま言った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつの団地 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:634字
友人が団地に住んでいて、その友人宅に遊びに行くと毎回出くわすヤツがいる。そいつがやたら私に絡んできてめんどくさい。「また遊びに来たのかよ」「別にあんたに許可取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:すごい雨 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:437字
雨粒が窓を叩く音がする。湿った空気に、微睡みを誘う静寂。電気の点いていない放課後の教室は、とても静かで薄暗い。窓際の自分の席に座り、ぼんやりと外を眺める。分厚い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
loveかlikeか ※未完
作者:匿名さん お題:同性愛の感覚 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:497字
彼女はとても中性的な女性だ。切れ長で涼しげな目元、すっと通った綺麗な鼻筋、淡い桃色の薄い唇。猫のようにしなやかな長い手足に、思わず抱きつきたくなる魅惑の細腰。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:( awa ) お題:少女の夜風 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:1070字
タマオは一人で泣いていた。その時、タマオの胸にあったのは無惨に空けられた孤独と、埋まらない寂しさだけだった。親友のトラが死んでしまった。誰も頼れない中で、タマオ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:少女の夜風 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:398字
その夜はショパンの夜想曲が似合うくらい甘くせつなかった。少女は監視の目をくぐって2階の寝室窓からロープでおりると一目散で走った。履物もなしで。芝生から小石のちり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:傷だらけのサーブ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:731字
ただの体育の授業のはずだった。そのはずなのに、目の前の様子を見てげんなりした。「え……えー……」 この日はテニスの授業で、ふたり一組に分かれることになったのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トランプ お題:煙草と百合 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:999字
「ここも禁煙か。」「禁煙してたんじゃないっけ?」「21回目の失敗。」「そう。でも、イライラしてるのはわかるけどさ。」「ん?してないよ。ぜんぜん」「なら、その貧乏 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:来海 お題:煙草と百合 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1090字
「あ”つ”い”!”!”」なんていうことだ。アイツがあたしの身を焦がした。恋なんて生ぬるいものじゃあない。あいつの!投げ捨てたタバコが!あたしの!身を!焦がした! 〈続きを読む〉

chiko2の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:進撃の警察官 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:924字
俺は毎日大忙しだ。離島の派出所勤務の警察官なんて大した仕事もなくって楽そうだなー思ってるだろ?ところがどっこい、そうはいかないんだな。まず俺の一日の始まり。田辺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:反逆のライオン 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:400字
聞け、畜生共。貴様らの残虐非道な行いに、今この剣をもって天の裁きを下す時が来たのだ。神聖なる神々が貴様らの所業に鉄槌を下すため、この地に蔓延った悪魔の使い共を根 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:くだらない英霊 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:747字
少女「ねぇ、なんで今更になって出てきたの?」爺「出てきたのではない。おぬしが見えるようになったんじゃろ。そもそもとしてわしはおぬしの守護霊なんじゃから。」少女「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:今度の子犬 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:470字
私は今までにたくさんの事を夢見てきた。幼稚園に通っている頃、私は宇宙飛行士になりたかった。それが小学生にあがるにつれて、ケーキ職人にあこがれはじめ中学の時は水泳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:振り向けばそこに瞳 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:930字
私の事を誰も知らない場所に行きたい。それが私が家を出た理由の一つだった。それぐらい、私の故郷の町は小さかった。私が暮らしていたのは田舎町だった。日本でも有数の温 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:緩やかな嵐 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:440字
風が鳴り、白く染まった窓がカタカタと音を立てている。部屋の暖炉に揺れる炎だけが、ただ部屋を暖かく照らしている。ティーカップに仄かに残された紅茶の香りと暖かさが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:ぐふふ、笑顔 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:767字
女「あんたってなんか、変な顔して笑うわよね。なんていうかこう、ぐふふって。」男「してるかぁ?」女「してるわよ。なんか裏があるんじゃないかって感じ。」男「いや俺自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:緑のガール 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1289字
彼女の生きる方針はグリーンライフだそうだ。いまいち想像がつかないかもしれないが、多分あてずっぽうに適当なことを言えばだそれが自然と当てはまると思う。車はエコカー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:元気な動機 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:794字
元気ってなんだろう、と時々思う。私はよくハツラツとして清々しいとか言われるけど、正直よくわからない。わざわざ暗い気分で生きる必要がどこにあるのだろうか。憂鬱に支 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:どこかの会話 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:623字
「はぁなにそれ?ダッサ。アホじゃんそいつ。」ゆったりとしたジャズの音楽に、そんな言葉が時折混ざる。あーごめんちと言い過ぎたわ、とおざなりに付け足して、彼女飲み干 〈続きを読む〉