お題:緑のガール 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:758字

緑の少女 ※未完
広い広い宇宙のとある星。
そこにはさまざまな種族の人々が行き交っていた。

その中でもとても珍しい種族がいる。
もう絶滅してしまったのではないかとも云われていた。
その少女はどこから来たのかいつの間にかここにいたのだ。
その種族の名前はイス族食べ物がなくても光合成して生き延びられると知られている。
イス族が珍しいと言われるようになったのは1000年前に起きた星間戦争の後。
その戦争は長きにわたり、とても体の脆かった彼らは生き延びることができなかったのだ。

彼らは生き延びる為に他の星に移住することに決めたがその出発を見たものは誰もいない。
彼らが生きているのかどうか今は判らないのであった。
星間戦争は歴史として親から言い伝えられて今ではどの星も平和を保とうといろいろな対策を講じている。

しかし、平和は長くは続かないものである。
ある種族の内乱をきっかけに次々と小さな戦いが起こってしまったのである。
それを止めるために派遣された部隊がことごとく倒され、また反発を起が起こってしまう…
また昔のような星間戦争になるのは時間の問題となってしまっていた。

人々は緑の少女が争いを運んできたと口々に言うようになっていた。
彼女には行くところもなくただ逃げる事しかできなかった。
私はそんな時に彼女と出会った。
星間戦争に興味を持っていた私はその子がイス族だとすぐにわかった。
彼女に出逢ったときの感動は今でも忘れられないものだ。
逃げてきた彼女をかくまいながらなぜここに来たのか、イス族は今でも生きているのか気になっていることを全て質問していった。
しかし彼女にはあまり記憶が無く、ほぼ全ての答えはわからずじまいだ。
わかったのはエス=ステラという名前だけだった。
ステラはとても怯えていた。
話しをするのにも
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:緑のガール 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:1289字
彼女の生きる方針はグリーンライフだそうだ。いまいち想像がつかないかもしれないが、多分あてずっぽうに適当なことを言えばだそれが自然と当てはまると思う。車はエコカー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:昏月 うつろ お題:希望の螺旋 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:938字
螺旋階段を見たことがあるだろうか。渦を巻くようにぐるぐると上に上にと伸びていく様は普通の階段と違ってロマンを感じさせてくれる。普段やれ階段が長いだのやら非効率的 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:哀れな囚人 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:763字
草臥れた白と黒のボーダー服。中心からじくじくと、真っ黒な染みが浮き出で、広がっていく。 鼻孔に芳しい鉄と火薬の匂いがして、ぽつりと空いた穴を見る。 不思議と痛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:天国のサラリーマン 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1122字
地上でいうサラリーマンといえば、セットで社畜とついてくるのが昨今のイメージだ。 実際、俺の死因にしたってそれが原因である。ちなみに自殺ではなく、過労死の方だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此粕谷楼 お題:高い本 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1289字
「何これ。やけに高いじゃん」 そう言う先輩につられて、僕はその手にある本を覗き込む。背表紙には630円+税と書かれていた。 「文庫本なんてそんなもんですよ」 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
小規模な話 ※未完
作者:此粕谷楼 お題:くさい魚 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1660字
今日、調理実習で生まれて初めて魚を三枚におろした。 と言ってもそれはお世辞にも上手は言えないものだったけれども、普段お母さんに付き添って行くスーパーで見る魚の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:マンネリな声 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1825字
「・・・と、こうやってこの式を解けば、曲線と直線の共有点は求められるんだ」俺がノートの上で二次方程式をすらすら解くと、妹の優実は感心したような声をあげた。「わあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西 杞憂 お題:ナウい小説練習 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1401字
数学の時間です。いや、算数の時間です。 1+1は?答えは2だ。当たり前ですね。 じゃあ1×0は?答えは0。 小説の練習だってそう。地道な毎日の積み重ねが大事だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:notte お題:生きている本 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1093字
老人が言う。「では、今日は、『香』の話をしようか」 少年が「はい、先生」と答え、目を輝かせた。 その夜の老人 ―― 師の話は、そのものが少年 ―― 弟子への試 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いっつ お題:生きている本 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1348字
「い、いらっしゃい」「……どうも」 とある、夏の昼下がり。 カラン、という涼しげなベルの音と共に店の扉が開き、見覚えのない一人の男が入ってきた。その男は両手一杯 〈続きを読む〉

そら@らくがきの即興 小説


ユーザーアイコン
緑の少女 ※未完
作者:そら@らくがき お題:緑のガール 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:758字
広い広い宇宙のとある星。そこにはさまざまな種族の人々が行き交っていた。その中でもとても珍しい種族がいる。もう絶滅してしまったのではないかとも云われていた。その少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
その日 ※未完
作者:そら@らくがき お題:飢えた夫 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:361字
私たちが結婚して5年がたった。幸せになれると信じていたのにその平和は突然崩れ去ってしまった。隣国との緊張状態は改善されることなく月日だけが過ぎていた。王が替わり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:そら@らくがき お題:誰かと殺し屋 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:278字
寂れた町の一角にある小さな家に一流の殺し屋がいる--私はそんな噂を耳にした。両親を殺されて復讐しようとしていた私にはありがたい噂だった。その町は私の住んでいる町 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不思議な電車 ※未完
作者:そら@らくがき お題:暴かれた電車 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:247字
私は通学で良くこの電車を使っている。中学から入学してずっと同じところに通っているのだ。大学生になった今私はこの電車の秘密を知ってしまった。ある日たまたま乗った時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
午後の光 ※未完
作者:そら@らくがき お題:昼のしきたり 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:446字
太陽の光が降り注ぐなか私達は木陰に集まり輪になって座る。葉の間から光が漏れてキラキラとそれぞれの顔を照らしていた今日は何をするのだろう……私は恵理の手を取りなが 〈続きを読む〉