お題:緑のガール 制限時間:30分 読者:104 人 文字数:758字

緑の少女 ※未完
広い広い宇宙のとある星。
そこにはさまざまな種族の人々が行き交っていた。

その中でもとても珍しい種族がいる。
もう絶滅してしまったのではないかとも云われていた。
その少女はどこから来たのかいつの間にかここにいたのだ。
その種族の名前はイス族食べ物がなくても光合成して生き延びられると知られている。
イス族が珍しいと言われるようになったのは1000年前に起きた星間戦争の後。
その戦争は長きにわたり、とても体の脆かった彼らは生き延びることができなかったのだ。

彼らは生き延びる為に他の星に移住することに決めたがその出発を見たものは誰もいない。
彼らが生きているのかどうか今は判らないのであった。
星間戦争は歴史として親から言い伝えられて今ではどの星も平和を保とうといろいろな対策を講じている。

しかし、平和は長くは続かないものである。
ある種族の内乱をきっかけに次々と小さな戦いが起こってしまったのである。
それを止めるために派遣された部隊がことごとく倒され、また反発を起が起こってしまう…
また昔のような星間戦争になるのは時間の問題となってしまっていた。

人々は緑の少女が争いを運んできたと口々に言うようになっていた。
彼女には行くところもなくただ逃げる事しかできなかった。
私はそんな時に彼女と出会った。
星間戦争に興味を持っていた私はその子がイス族だとすぐにわかった。
彼女に出逢ったときの感動は今でも忘れられないものだ。
逃げてきた彼女をかくまいながらなぜここに来たのか、イス族は今でも生きているのか気になっていることを全て質問していった。
しかし彼女にはあまり記憶が無く、ほぼ全ての答えはわからずじまいだ。
わかったのはエス=ステラという名前だけだった。
ステラはとても怯えていた。
話しをするのにも
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:緑のガール 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:1289字
彼女の生きる方針はグリーンライフだそうだ。いまいち想像がつかないかもしれないが、多分あてずっぽうに適当なことを言えばだそれが自然と当てはまると思う。車はエコカー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
光の日 ※未完
作者:減塩にぼし お題:運命の成熟 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:935字
今度開催される蚤の市で出品予定のパラコードブレスレットを作り終え、紅茶を飲もうとテーブルを離れる。何か不思議な予感がし、戸棚の上にしまってあったセカンドフラッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:日本式の勇者 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1547字
道の真ん中で人が倒れているのを見つけた。 倒れているのは老人で、しかも身なりがえらく悪い。匂いもかなりのものがあって、端的に言って浮浪者の類であるようだ。道行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:俺はエルボーロケットで行く お題:でかいわずらい 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:951字
煩いというものは、厄介なものである。精神的な、目に見えぬ悩み。それが表へ現れてくれれば、どれだけ相談しやすいか。そう思われていたのも、つい10年ほど前までである 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:か。@挙動不審 お題:でかいわずらい 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:2487字
それをどうしていけばいいのかわからなかった。 そのときも、そしていまも。「榛原、おまえ結局あれどうしたんだ」「あれってなんだよ」 放課後。 教室に残っている生 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:カササギリョーノ[文フリ岩手イ-12] お題:蓋然性のある錬金術 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1914字
雪子さんの教えてくれるそれはもはや錬金術というより錬猫術とでも呼んだほうがいいぐらい猫ばかりだった。やがて原子の段階から猫を一匹生み出す(これは宇宙をひとつ生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼と病気 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:2435字
「彼に会ってください。彼はもう長くありません。危篤状態なのです。あなたに会いたがっています。彼に会いに来てください」 はがきが届いた。暑中見舞いのくじがついて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:彼と病気 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1545字
「あなたの余命はあと1年です。残念ながら、この病気を治す術はありません」医者の宣告を聞き、彼は酷く蒼褪めた。幼子のように頼りなく、今にも泣きだしそうにみえたので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家たちのパラダイス 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1988字
何をしようと自由なのである。 赤松は斧を振り上げて、叩き付けた。相手は妻だったものだ。斧は頭蓋に食い込んで湿った音と人体の欠片が飛び散った。「成程」と赤松は呟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:黄色い秋 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:989字
黄色い。 秋は黄色い。 間違いない。 秋は黄色い。 学校からの帰るとき、並木道を通って思った。頭上には美しく黄色に染まった葉が、風になびかれて踊っている。 秋 〈続きを読む〉

そら@らくがきの即興 小説


ユーザーアイコン
緑の少女 ※未完
作者:そら@らくがき お題:緑のガール 制限時間:30分 読者:104 人 文字数:758字
広い広い宇宙のとある星。そこにはさまざまな種族の人々が行き交っていた。その中でもとても珍しい種族がいる。もう絶滅してしまったのではないかとも云われていた。その少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
その日 ※未完
作者:そら@らくがき お題:飢えた夫 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:361字
私たちが結婚して5年がたった。幸せになれると信じていたのにその平和は突然崩れ去ってしまった。隣国との緊張状態は改善されることなく月日だけが過ぎていた。王が替わり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:そら@らくがき お題:誰かと殺し屋 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:278字
寂れた町の一角にある小さな家に一流の殺し屋がいる--私はそんな噂を耳にした。両親を殺されて復讐しようとしていた私にはありがたい噂だった。その町は私の住んでいる町 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不思議な電車 ※未完
作者:そら@らくがき お題:暴かれた電車 制限時間:15分 読者:149 人 文字数:247字
私は通学で良くこの電車を使っている。中学から入学してずっと同じところに通っているのだ。大学生になった今私はこの電車の秘密を知ってしまった。ある日たまたま乗った時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
午後の光 ※未完
作者:そら@らくがき お題:昼のしきたり 制限時間:30分 読者:102 人 文字数:446字
太陽の光が降り注ぐなか私達は木陰に集まり輪になって座る。葉の間から光が漏れてキラキラとそれぞれの顔を照らしていた今日は何をするのだろう……私は恵理の手を取りなが 〈続きを読む〉