お題:緑のガール 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:758字

緑の少女 ※未完
広い広い宇宙のとある星。
そこにはさまざまな種族の人々が行き交っていた。

その中でもとても珍しい種族がいる。
もう絶滅してしまったのではないかとも云われていた。
その少女はどこから来たのかいつの間にかここにいたのだ。
その種族の名前はイス族食べ物がなくても光合成して生き延びられると知られている。
イス族が珍しいと言われるようになったのは1000年前に起きた星間戦争の後。
その戦争は長きにわたり、とても体の脆かった彼らは生き延びることができなかったのだ。

彼らは生き延びる為に他の星に移住することに決めたがその出発を見たものは誰もいない。
彼らが生きているのかどうか今は判らないのであった。
星間戦争は歴史として親から言い伝えられて今ではどの星も平和を保とうといろいろな対策を講じている。

しかし、平和は長くは続かないものである。
ある種族の内乱をきっかけに次々と小さな戦いが起こってしまったのである。
それを止めるために派遣された部隊がことごとく倒され、また反発を起が起こってしまう…
また昔のような星間戦争になるのは時間の問題となってしまっていた。

人々は緑の少女が争いを運んできたと口々に言うようになっていた。
彼女には行くところもなくただ逃げる事しかできなかった。
私はそんな時に彼女と出会った。
星間戦争に興味を持っていた私はその子がイス族だとすぐにわかった。
彼女に出逢ったときの感動は今でも忘れられないものだ。
逃げてきた彼女をかくまいながらなぜここに来たのか、イス族は今でも生きているのか気になっていることを全て質問していった。
しかし彼女にはあまり記憶が無く、ほぼ全ての答えはわからずじまいだ。
わかったのはエス=ステラという名前だけだった。
ステラはとても怯えていた。
話しをするのにも
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:緑のガール 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1289字
彼女の生きる方針はグリーンライフだそうだ。いまいち想像がつかないかもしれないが、多分あてずっぽうに適当なことを言えばだそれが自然と当てはまると思う。車はエコカー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハト(10%) お題:出来損ないの模倣犯 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:203字
パチン。ホッチキスで綴じるような音。遅れて耳朶の痛み。流れる血。これで大人になれるんだ、そう思った。左の耳たぶにちょこんとはまった、樹脂のピアスを撫でる。血が滲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぼーちょ お題:出来損ないの模倣犯 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1182字
憧れ、という感情は時と場合によっては毒となる。 聞いてくれ。憧れに毒された僕の友人の話を。 彼はとても穏やかで大人しい性格の優しい青年だ。しかし若干卑屈で自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葉月 弐斗一 お題:黒尽くめの正月 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:782字
新年初食事はお節料理の煮昆布だった。その後、黒豆を数個つまみながら、駅伝を眺める。「この人たち寒くないのかな」 外では大晦日からの雪が未だに止まないというのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:赤いユートピア 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:614字
血はもちろん僕のいた取調室の前で途切れているわけだが、この警察署は全部屋が中庭に面する構造になっているため小鉄もこの警察署の中にいることは間違いない。 電気が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
夜汽車 ※未完
作者:はるちか お題:穢された動機 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:606字
夜汽車に揺られる。車内の明るさに比べ、窓の外はたっぷりとした闇に沈み、街の灯りが溺れるように浮かんでいた。目を凝らさなければ窓には常に退屈そうな己の顔がぼんやり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
学校裏サイト ※未完
作者:匿名さん お題:子供のサイト 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1088字
最近子供たちの間である噂が広まっているという。短順に言ってしまえば、子供の噂程度にしか騒がれない、大人たちにとってはさして気になることでもない噂の一つに過ぎなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗い宿命 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:991字
絶対に前に進み続けなければならない。それが私の宿命なのだ。周りは開けた草原。空を見れば、雲一つない快晴。絵に描いたような素晴らしい景色だ。あるいは、この景色は本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
清廉の哭声 ※未完
作者:葉月 弐斗一 お題:すごい声 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:783字
およそ船というものには良い思い出がない。 小学生時代に友人たちと競った笹船流しではいつも一番最初に沈没していたし、中学生の頃に修学旅行で乗ったフェリーでは胃液 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぼーちょ お題:最強の年賀状 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:895字
「お、終わった…‼︎」 年末年始、ただでさえ忙しいこの季節。クリスマスを何となく祝い、年越しそばを食べながら紅白を見て除夜の鐘を聞き、人によっては御来光を眺めた 〈続きを読む〉

そら@らくがきの即興 小説


ユーザーアイコン
緑の少女 ※未完
作者:そら@らくがき お題:緑のガール 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:758字
広い広い宇宙のとある星。そこにはさまざまな種族の人々が行き交っていた。その中でもとても珍しい種族がいる。もう絶滅してしまったのではないかとも云われていた。その少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
その日 ※未完
作者:そら@らくがき お題:飢えた夫 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:361字
私たちが結婚して5年がたった。幸せになれると信じていたのにその平和は突然崩れ去ってしまった。隣国との緊張状態は改善されることなく月日だけが過ぎていた。王が替わり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:そら@らくがき お題:誰かと殺し屋 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:278字
寂れた町の一角にある小さな家に一流の殺し屋がいる--私はそんな噂を耳にした。両親を殺されて復讐しようとしていた私にはありがたい噂だった。その町は私の住んでいる町 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不思議な電車 ※未完
作者:そら@らくがき お題:暴かれた電車 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:247字
私は通学で良くこの電車を使っている。中学から入学してずっと同じところに通っているのだ。大学生になった今私はこの電車の秘密を知ってしまった。ある日たまたま乗った時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
午後の光 ※未完
作者:そら@らくがき お題:昼のしきたり 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:446字
太陽の光が降り注ぐなか私達は木陰に集まり輪になって座る。葉の間から光が漏れてキラキラとそれぞれの顔を照らしていた今日は何をするのだろう……私は恵理の手を取りなが 〈続きを読む〉