ユーザーアイコン
お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:182字

学生
 「勉強は将来への投資っていうよね?親とか、先生とか。あれはね、私、嘘だと思うんだ。」
僕の知り合いの中で一番の勉強家であろう彼女は、出し抜けにそう言った。
「誰か他の人が言うなら適当に聞き流すところだけど、君が言うなら聞かない訳にはね。というと?」
「勉強は人を幸せにしないもの。」
僕には彼女が何を言っているか分からなかった。つまりは、そういうことなのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:清水裕@テンションダウン お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:468字
「よし、やってやる……やってやるぞ……!」 残った生活費。それでどうやって食いつなぐか……悩みに悩んだ結果、オレは決めた。 投資だ! 今こそ投資を行うべきなんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:聖女ミスリア巡礼紀行 お題:フォロワーの別居 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1000字
はずかしい話、顔も知らない相手に助けを求められたのは初めてだった。 もしかしたら世間のSNS利用者たちはこういった経験をよくしているのかもしれないが、ツイター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
八百万分の一 ※未完
作者:たまきっぱい お題:奇妙な民話 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:675字
祖母は優しい人で、物語が大好きだった。色々な話を聞かせてくれたのは自分が幼少期の話で、何年か前に祖母は亡くなっているのだが、好きだった話のひとつが「はぐれの唐傘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 お題:明日の笑い声 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:395字
「スマイルキーピングっていうから笑顔の押し売りか何かやってるのかなって」「そんなことはありません。皆さんにゆっくりくつろいで欲しいただのBARですよ」「ふふッ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼のヒロイン 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:464字
「みんなーっ!ドッジボールやろーっ!」「」 4限の授業を終わりを告げる鐘が鳴った、先生がまだ教材をまとめていて教室を出て行ってないような時によく響く声が教室を揺 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式のぺろぺろ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:924字
「あちっ!」 あれほど用心深く息を吹いて冷ましたにも関わらず、ビーフストロガノフは私の舌を焼いた。「そんなに熱いとは思わないけど……りっちゃんは猫舌だねえ」 恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:かたいところてん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1315字
もうあの男は許せない。一発殴って、すべて終わらせてやろうと決めた。 頭に血が上ったわたしが選んだ凶器は、レンガだった。ねずみ色の、つかむのにちょうどいいくらい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:見憶えのある極刑 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:938字
私刑を見るのはこれで何度目だろうか。『悪を滅ぼすために悪になる』 最後に見たお姉さまはそう言ってた。 弱い私を守る勇者がお姉さまだった。 いじめられっこを殴り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:早良しの お題:見憶えのある極刑 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:330字
誰かがボタンを押したらしい。一瞬のうちに地面がなくなり、喉にロープが喰いこんだ。 もうすぐ自分は死ぬのだ。 思考はクリアだった。苦しみは一瞬で終わるだろう。全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:賢いむきだし 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:235字
形の良い薄い唇が弧を描く。うっすらと薄められた両目は情欲に濡れていた。陳腐な例えだけれど、彼の揺れる瞳はわたしの胸を遠火で焦がす炎のようで、ほのかに暖かい指先 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:急なパラダイス 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:305字
明らかに非日常的な轟音によって、彼は安らかな眠りから引き離された。「一体何の騒ぎだ?まったく近所迷惑もいいところだぞ。」安眠を妨げられたいらだちを隠さず、彼は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
晩秋の先客 ※未完
作者: お題:近い寒空 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:374字
いつも通りの帰り道だが、ふと足元に違和感を覚えた。示し合わせたかのように街路樹の葉が一斉に散り始め、歩道に急ごしらえの絨毯が敷かれていた。ようやく残暑が落ち着 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:小説の秀才 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:488字
「言ってみれば、連中は小説家として秀才なんだよ。」そんな風に言うのは自称天才、実際のところは無名作家である我が友人だ。彼とは大学時代からの付き合いで、同じ文芸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:汚い眠り 必須要素:イケメン 制限時間:1時間 読者:70 人 文字数:1221字 評価:0人
自分で言うのは何だが、僕はいわゆるイケメンだった。自分でも自分の顔が整っていると思っていたし、何より周囲の反応がそれを物語っていた。彼女が欲しいなどという悩み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:2つの野球 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:431字
僕は野球が嫌いだ。その原因は中学校時代に遡る。 僕は野球部に所属していたのだが、ひとつ上の先輩がとんでもない無法者ばかりだったのだ。最初の一年間は、毎日のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:182字
「勉強は将来への投資っていうよね?親とか、先生とか。あれはね、私、嘘だと思うんだ。」僕の知り合いの中で一番の勉強家であろう彼女は、出し抜けにそう言った。「誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:忘れたい狐 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:454字
大学生になって、自己紹介をする機会が増えた。これといって趣味も特技もない僕はしばしばこれに悩まされたが、ある時なぜ忘れていたのかわからないほどの、話のタネを思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:犯人はお天気雨 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:385字
「カミュの『異邦人』、犯人は太陽のせいで人を殺したんだっけ。」のんきにも僕はそんなことを思い出していた。まさか僕が殺人犯になるとは。それも、「お天気雨」なんか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:茶色い惑星 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:386字
世界の総人口はついに100億人を越え、地球が人類にとって窮屈になっていることは誰の目にも明らかだった。そんな地球人にとって、「茶色い惑星」の発見は天啓に違いな 〈続きを読む〉