お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:182字

学生
 「勉強は将来への投資っていうよね?親とか、先生とか。あれはね、私、嘘だと思うんだ。」
僕の知り合いの中で一番の勉強家であろう彼女は、出し抜けにそう言った。
「誰か他の人が言うなら適当に聞き流すところだけど、君が言うなら聞かない訳にはね。というと?」
「勉強は人を幸せにしないもの。」
僕には彼女が何を言っているか分からなかった。つまりは、そういうことなのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:清水裕@テンションダウン お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:468字
「よし、やってやる……やってやるぞ……!」 残った生活費。それでどうやって食いつなぐか……悩みに悩んだ結果、オレは決めた。 投資だ! 今こそ投資を行うべきなんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:運命のプロポーズ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:424字
「僕と結婚して下さい」「はい。喜んで」彼女にプロポーズをしたのが五年前。友人らの協力によるフラッシュモブを使い、派手なものにした一世一代のプロポーズは、無事成功 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:美しい敗北 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:472字
夜の帳が降りるとき僕は負けを認める。今日も何も生み出せずに終わってしまうと嘆きながら。この終わりが必然的に日々の焦燥感を生み出す。しかしそれでもなぜだか過去は美 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:同性愛の殺し 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:826字
男と女が愛を紡ぎ合い、新たな生命は生まれる。だからといって、男は女を愛し、女は男を愛しているわけではない。新たな生命を生むための条件として、ターゲットを予め絞っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモほっけ団 お題:楽しいうどん 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1139字
力強く生きてという姉さんの願いを無視して、ぼくは命を浪費し続けた。 一族の未来なんてしったこっちゃない。ぼくには姉さんが全てで、姉さんがない生活なんて考えられ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:肌寒い接吻 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:221字
あっという間に夏休みが終わって、秋が始まったと思ったらもう冬だ。 時間の流れが早く感じるのはやはり進路のことが頭にあるからだろうか。 大学に進学するか就職する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とちゅう ※未完
作者:匿名さん お題:素人の出会い 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:624字
大学生になれば、彼女が出来ると思っていた。そんな数多の純情な男子の思考の例に漏れず、俺もそう思っていた。まあ、結果として、彼女が出来ることはなく、大学生活ももう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐々木 お題:賢い食器 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:692字
あの方に、いつかは温かいお料理を食べて頂きたい。そんなことを考えるのは何度目のことだろうか。彼の為に自分は、毎日のように食事を運ぶ。美味しいものを召し上がって頂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:賢い食器 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:279字
うちの先祖代々伝わる古い食器がなぜかしゃべった。古くても大事に扱っているとその物に魂が宿るというが、そんな馬鹿な。「別に大事に扱ってた、というわけでもないしな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐々木 お題:悲観的な監禁 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:525字
「もう行かなくちゃ」マグカップの中身をまだ半分以上も残したまま、彼女は自分のバッグを引き寄せた。次の言葉はきっと、『ごめんね』が来る。「どうしても、もう駄目なの 〈続きを読む〉

落下物の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:落下物 お題:急なパラダイス 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:305字
明らかに非日常的な轟音によって、彼は安らかな眠りから引き離された。「一体何の騒ぎだ?まったく近所迷惑もいいところだぞ。」安眠を妨げられたいらだちを隠さず、彼は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
晩秋の先客 ※未完
作者:落下物 お題:近い寒空 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:374字
いつも通りの帰り道だが、ふと足元に違和感を覚えた。示し合わせたかのように街路樹の葉が一斉に散り始め、歩道に急ごしらえの絨毯が敷かれていた。ようやく残暑が落ち着 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:落下物 お題:小説の秀才 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:488字
「言ってみれば、連中は小説家として秀才なんだよ。」そんな風に言うのは自称天才、実際のところは無名作家である我が友人だ。彼とは大学時代からの付き合いで、同じ文芸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:落下物 お題:汚い眠り 必須要素:イケメン 制限時間:1時間 読者:67 人 文字数:1221字 評価:0人
自分で言うのは何だが、僕はいわゆるイケメンだった。自分でも自分の顔が整っていると思っていたし、何より周囲の反応がそれを物語っていた。彼女が欲しいなどという悩み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:落下物 お題:2つの野球 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:431字
僕は野球が嫌いだ。その原因は中学校時代に遡る。 僕は野球部に所属していたのだが、ひとつ上の先輩がとんでもない無法者ばかりだったのだ。最初の一年間は、毎日のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:落下物 お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:182字
「勉強は将来への投資っていうよね?親とか、先生とか。あれはね、私、嘘だと思うんだ。」僕の知り合いの中で一番の勉強家であろう彼女は、出し抜けにそう言った。「誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:落下物 お題:忘れたい狐 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:454字
大学生になって、自己紹介をする機会が増えた。これといって趣味も特技もない僕はしばしばこれに悩まされたが、ある時なぜ忘れていたのかわからないほどの、話のタネを思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:落下物 お題:犯人はお天気雨 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:385字
「カミュの『異邦人』、犯人は太陽のせいで人を殺したんだっけ。」のんきにも僕はそんなことを思い出していた。まさか僕が殺人犯になるとは。それも、「お天気雨」なんか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:落下物 お題:茶色い惑星 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:386字
世界の総人口はついに100億人を越え、地球が人類にとって窮屈になっていることは誰の目にも明らかだった。そんな地球人にとって、「茶色い惑星」の発見は天啓に違いな 〈続きを読む〉