ユーザーアイコン
お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:182字

学生
 「勉強は将来への投資っていうよね?親とか、先生とか。あれはね、私、嘘だと思うんだ。」
僕の知り合いの中で一番の勉強家であろう彼女は、出し抜けにそう言った。
「誰か他の人が言うなら適当に聞き流すところだけど、君が言うなら聞かない訳にはね。というと?」
「勉強は人を幸せにしないもの。」
僕には彼女が何を言っているか分からなかった。つまりは、そういうことなのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:清水裕@テンションダウン お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:468字
「よし、やってやる……やってやるぞ……!」 残った生活費。それでどうやって食いつなぐか……悩みに悩んだ結果、オレは決めた。 投資だ! 今こそ投資を行うべきなんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:赤い父 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:465字
その男は常に赤い衣を身につけていた。家にいるときは常に赤い寝巻きで過ごし、外出するときは赤のガウンと赤のズボンに着替える。そして白い大きな袋にたくさんのプレゼン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放課後デート ※未完
作者:砂糖指輪 お題:馬鹿な彼女 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:599字
「葵ってさぁ、好きな曲とかってある?」 お腹がすいたとごねる彼女をつれて入ったらマックで、僕はポテトで彼女はハンバーガーを頼んだ。夕飯が入らなくなるよって言った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:寒い祖父 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:965字
祖父の訃報に接したのは、担当作家の締切に遅れた原稿を待ちながらイライラしている時だった。上京し、編集者として仕事に忙殺されて10年、一度も祖父に会いにいっていな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
涙の味 ※未完
作者:akishinohonobu お題:早い味 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:714字
速度が肝心だと何度も言い聞かせた。止まることはそれ敗北と知れ、とコーチが何度も言っていた。反芻する。リフレイン。繰り返す。鼓動は限界まで高まっていて、足はまるで 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
解散 ※未完
作者:匿名さん お題:男の解散 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:605字
「もう、今日で辞めにしよう」 俺たち四人が帰路を歩いているとき、そう口を開いたのはタクトだった。 誰も返事はしなかった。いつかこんな日は来るだろう、そうずっと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:僕の誤解 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:895字
認識の齟齬なんてよくあることだ例えば、君と僕が同じものを見ていたとしても、立場によって見え方は変わってくるそれこそ、僕らが洗脳されていて、同一の個体としてナンバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:僕の誤解 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:519字
電車がホームに入ってくる。そして今日も僕はホームから線路に飛び込むのだ。それは誤解だ。僕が見せている幻影にすぎない。それを分かっていてなお、僕は明日も飛び込むの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:気持ちいいサラリーマン 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1149字
なぜ仕事なんてものがあるのだろうか。 人間だけのものじゃないだろうか。そんな概念で動く生物は、他の生物は生存本能に従い、狩りをする。移動をする。群れをなす。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:気持ちいいサラリーマン 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:341字
不快でないよう、けれど退屈でもないように、注意深く調律された真夏の太陽模倣光。海からの風がさわさわと、立ち並ぶ椰子の木の葉を揺らし、輪郭の強い光と影がサンダル 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:急なパラダイス 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:305字
明らかに非日常的な轟音によって、彼は安らかな眠りから引き離された。「一体何の騒ぎだ?まったく近所迷惑もいいところだぞ。」安眠を妨げられたいらだちを隠さず、彼は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
晩秋の先客 ※未完
作者: お題:近い寒空 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:374字
いつも通りの帰り道だが、ふと足元に違和感を覚えた。示し合わせたかのように街路樹の葉が一斉に散り始め、歩道に急ごしらえの絨毯が敷かれていた。ようやく残暑が落ち着 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:小説の秀才 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:488字
「言ってみれば、連中は小説家として秀才なんだよ。」そんな風に言うのは自称天才、実際のところは無名作家である我が友人だ。彼とは大学時代からの付き合いで、同じ文芸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:汚い眠り 必須要素:イケメン 制限時間:1時間 読者:74 人 文字数:1221字 評価:0人
自分で言うのは何だが、僕はいわゆるイケメンだった。自分でも自分の顔が整っていると思っていたし、何より周囲の反応がそれを物語っていた。彼女が欲しいなどという悩み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:2つの野球 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:431字
僕は野球が嫌いだ。その原因は中学校時代に遡る。 僕は野球部に所属していたのだが、ひとつ上の先輩がとんでもない無法者ばかりだったのだ。最初の一年間は、毎日のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:182字
「勉強は将来への投資っていうよね?親とか、先生とか。あれはね、私、嘘だと思うんだ。」僕の知り合いの中で一番の勉強家であろう彼女は、出し抜けにそう言った。「誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:忘れたい狐 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:454字
大学生になって、自己紹介をする機会が増えた。これといって趣味も特技もない僕はしばしばこれに悩まされたが、ある時なぜ忘れていたのかわからないほどの、話のタネを思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:犯人はお天気雨 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:385字
「カミュの『異邦人』、犯人は太陽のせいで人を殺したんだっけ。」のんきにも僕はそんなことを思い出していた。まさか僕が殺人犯になるとは。それも、「お天気雨」なんか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:茶色い惑星 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:386字
世界の総人口はついに100億人を越え、地球が人類にとって窮屈になっていることは誰の目にも明らかだった。そんな地球人にとって、「茶色い惑星」の発見は天啓に違いな 〈続きを読む〉