お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:182字

学生
 「勉強は将来への投資っていうよね?親とか、先生とか。あれはね、私、嘘だと思うんだ。」
僕の知り合いの中で一番の勉強家であろう彼女は、出し抜けにそう言った。
「誰か他の人が言うなら適当に聞き流すところだけど、君が言うなら聞かない訳にはね。というと?」
「勉強は人を幸せにしないもの。」
僕には彼女が何を言っているか分からなかった。つまりは、そういうことなのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:清水裕@テンションダウン お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:468字
「よし、やってやる……やってやるぞ……!」 残った生活費。それでどうやって食いつなぐか……悩みに悩んだ結果、オレは決めた。 投資だ! 今こそ投資を行うべきなんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:雷藤和太郎 お題:猫の太陽 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:482字
人が向かうところに道はできる。しかし人が滅多に来ないところでも、目的がある限り道は道はできる。かつて必要だった道路は、その必要性を失ってもなかなか無くならない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:べに*創作* お題:アブノーマルな成熟 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:499字
僕はなんで周りの人と考え方が違うんだろう。なんで周りの人はこんな平凡な生活で満足していられるんだろう。終電を逃してしまった僕はそんなことを考えながら夜の街をさま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこもち お題:平和と事件 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:476字
21世紀も半ばを過ぎた頃、世界情勢は激変していた。かつての先進国の凋落、新興国の台頭、世界の警察を辞めたアメリカ、代わって世界を動かす中国、ロシア。そうした中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:猫の牢屋 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:792字
閉じ込められてからはや数週間。 衣服は剥ぎ取られペットのように扱われる毎日。いくら施設の中が広いとはいえ、人間という尊厳はもはや最初の段階で奪われてしまった。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:密室の事件録bot お題:最強の人 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:473字
ーー最強の先生と呼べ。呼ばないと○す。男が言った。ーーわかりました、最強の先生。私は答えた。しかし怖くて震えながらだったので、まちがえて「最小の先生」と言ってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:綺麗な絵描き 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1252字
同じゼミの安達さんのことを、柳は「美人画家」と呼んでいた。「大学の近くの高台に公園あるだろ? 街を見下せるぐらいの。あそこによくいて、指をこうして景色を眺めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
fafed ※未完
作者:オナ兄 お題:宿命の電話 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:144字
あの日、突然かかってきた一本の電話で、俺の人生は激変した。「――世界を、救ってはくれませんか?」男なのか女なのかわからない、よく通る高い声で、ハキハキとそう言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海野藻屑太郎 お題:マイナーな駄作 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:729字
もう五分もすれば会議が始まるな。自動ドアをくぐるとすぐ目に入る掛け時計を見て、自然に思い浮かんでしまってそんな言葉を意識の外に追い出す。知ったことか。どうせま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此粕谷楼 お題:今年の冒険 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:910字
夏休みになった。夏休みになると僕は毎年冒険に出る。去年は高原に行った。 夏休みになっったら冒険に行くといいと教えてくれたのはお父さんだった。お父さんも小学生の 〈続きを読む〉

神籬の即興 小説


ユーザーアイコン
晩秋の先客 ※未完
作者:神籬 お題:近い寒空 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:374字
いつも通りの帰り道だが、ふと足元に違和感を覚えた。示し合わせたかのように街路樹の葉が一斉に散り始め、歩道に急ごしらえの絨毯が敷かれていた。ようやく残暑が落ち着 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神籬 お題:小説の秀才 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:488字
「言ってみれば、連中は小説家として秀才なんだよ。」そんな風に言うのは自称天才、実際のところは無名作家である我が友人だ。彼とは大学時代からの付き合いで、同じ文芸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神籬 お題:汚い眠り 必須要素:イケメン 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:1221字 評価:0人
自分で言うのは何だが、僕はいわゆるイケメンだった。自分でも自分の顔が整っていると思っていたし、何より周囲の反応がそれを物語っていた。彼女が欲しいなどという悩み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神籬 お題:2つの野球 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:431字
僕は野球が嫌いだ。その原因は中学校時代に遡る。 僕は野球部に所属していたのだが、ひとつ上の先輩がとんでもない無法者ばかりだったのだ。最初の一年間は、毎日のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神籬 お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:182字
「勉強は将来への投資っていうよね?親とか、先生とか。あれはね、私、嘘だと思うんだ。」僕の知り合いの中で一番の勉強家であろう彼女は、出し抜けにそう言った。「誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神籬 お題:忘れたい狐 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:454字
大学生になって、自己紹介をする機会が増えた。これといって趣味も特技もない僕はしばしばこれに悩まされたが、ある時なぜ忘れていたのかわからないほどの、話のタネを思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神籬 お題:犯人はお天気雨 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:385字
「カミュの『異邦人』、犯人は太陽のせいで人を殺したんだっけ。」のんきにも僕はそんなことを思い出していた。まさか僕が殺人犯になるとは。それも、「お天気雨」なんか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神籬 お題:茶色い惑星 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:386字
世界の総人口はついに100億人を越え、地球が人類にとって窮屈になっていることは誰の目にも明らかだった。そんな地球人にとって、「茶色い惑星」の発見は天啓に違いな 〈続きを読む〉