お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:182字

学生
 「勉強は将来への投資っていうよね?親とか、先生とか。あれはね、私、嘘だと思うんだ。」
僕の知り合いの中で一番の勉強家であろう彼女は、出し抜けにそう言った。
「誰か他の人が言うなら適当に聞き流すところだけど、君が言うなら聞かない訳にはね。というと?」
「勉強は人を幸せにしないもの。」
僕には彼女が何を言っているか分からなかった。つまりは、そういうことなのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:清水裕@テンションダウン お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:468字
「よし、やってやる……やってやるぞ……!」 残った生活費。それでどうやって食いつなぐか……悩みに悩んだ結果、オレは決めた。 投資だ! 今こそ投資を行うべきなんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:783字
スマートスピーカーに連動してカーテンを開け閉めすることもできるようになった。各種家電製品がオンラインでコントロールできる世の中になるとは。 カーテンや部屋の電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:メルサイア お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1303字
「そんなバカな!」私は焦った。「この世の中が、すべて造りものだったとは…。」今、私の画面に表示されているのは、「Game over」の文字。どういうわけか、私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヴァレー@6/3音けっと お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1090字
私「あの落ち葉が散るとき、私の命も散ってしまうのね……」などと悲劇のヒロインを気取ってみても何もならない。私、白雪姫子(しらゆき ひめこ)、23歳独身。窓に映る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:とてつもない血痕 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:845字
警察に一本の電話が入った。近くで殺人事件が起きたらしい。 新米刑事の私は早速現場に急行した。先輩は後から合流するとのこと。不安しかない。 通報してきた人もそこ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ヴァレー@6/3音けっと お題:とてつもない血痕 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:822字
小さな田舎の駅。すでに午後10時を過ぎていて、田舎の小さな駅舎には誰もいなかった。この駅は無人駅で、駅員すらいない。私「トイレはどこだ・・・」突然催してきたので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:926字
めんどくさくなってきた。 緑と白の吹き出しが順番に、だらだらと画面に表示され続ける。綴られていることといえば中身があるようなないような、いつまでも同じところを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:944字
ベタ惚れした相手がメンヘラだった── 非モテの俺にもモテ期が来たと勘違いしていた。人生には三度モテ期が訪れるなんていう言葉を真に受けて、熱烈なアタックに舞い上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:たった一つの帰り道 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:5465字
真っ青な空、凍てついた空気。最後の力を振り絞るような、冬の朝。姉妹揃って玄関を出るのは、いつぶりだろう。もこもことしたレインは、ひなたの腕からぴょん、と飛び降り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:夜の夏 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:790字
ちょっと変わった機械が完成した。 一定の空間のみ温度と湿度を完璧に調整できるものだったのだが、それはエアコンと何が違うのかと問われそうである。炬燵だって湿度は 〈続きを読む〉

hrönirの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:hrönir お題:急なパラダイス 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:305字
明らかに非日常的な轟音によって、彼は安らかな眠りから引き離された。「一体何の騒ぎだ?まったく近所迷惑もいいところだぞ。」安眠を妨げられたいらだちを隠さず、彼は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
晩秋の先客 ※未完
作者:hrönir お題:近い寒空 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:374字
いつも通りの帰り道だが、ふと足元に違和感を覚えた。示し合わせたかのように街路樹の葉が一斉に散り始め、歩道に急ごしらえの絨毯が敷かれていた。ようやく残暑が落ち着 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hrönir お題:小説の秀才 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:488字
「言ってみれば、連中は小説家として秀才なんだよ。」そんな風に言うのは自称天才、実際のところは無名作家である我が友人だ。彼とは大学時代からの付き合いで、同じ文芸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hrönir お題:汚い眠り 必須要素:イケメン 制限時間:1時間 読者:83 人 文字数:1221字 評価:0人
自分で言うのは何だが、僕はいわゆるイケメンだった。自分でも自分の顔が整っていると思っていたし、何より周囲の反応がそれを物語っていた。彼女が欲しいなどという悩み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hrönir お題:2つの野球 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:431字
僕は野球が嫌いだ。その原因は中学校時代に遡る。 僕は野球部に所属していたのだが、ひとつ上の先輩がとんでもない無法者ばかりだったのだ。最初の一年間は、毎日のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hrönir お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:182字
「勉強は将来への投資っていうよね?親とか、先生とか。あれはね、私、嘘だと思うんだ。」僕の知り合いの中で一番の勉強家であろう彼女は、出し抜けにそう言った。「誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hrönir お題:忘れたい狐 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:454字
大学生になって、自己紹介をする機会が増えた。これといって趣味も特技もない僕はしばしばこれに悩まされたが、ある時なぜ忘れていたのかわからないほどの、話のタネを思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hrönir お題:犯人はお天気雨 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:385字
「カミュの『異邦人』、犯人は太陽のせいで人を殺したんだっけ。」のんきにも僕はそんなことを思い出していた。まさか僕が殺人犯になるとは。それも、「お天気雨」なんか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hrönir お題:茶色い惑星 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:386字
世界の総人口はついに100億人を越え、地球が人類にとって窮屈になっていることは誰の目にも明らかだった。そんな地球人にとって、「茶色い惑星」の発見は天啓に違いな 〈続きを読む〉